行橋市/行橋市デジタルアーカイブ

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 『行橋市史』 郷土のできごと 事項文 『行橋市史』 参考 事項文
1 旧石器時代(三~四〇〇〇〇年前) 0000 日本列島に人類の生活の跡が確認される
2 旧石器時代(三〇〇〇〇年前頃) 0000 稲童の台地に人が住み始める(渡築紫遺跡)
3 旧石器時代(一五〇〇〇年前頃) 0000 泉台地や平尾台の山麓部にも人が生活する(鬼熊遺跡・入覚大原遺跡)
4 縄文時代草創期(一二〇〇〇年前頃) 0000 気候温暖化で海面が上昇し大陸から切りはなされ日本列島が形成される
5 縄文時代草創期(一二〇〇〇年前頃) 0000 土器づくりが始まり、弓矢が使われる
6 縄文時代早期(七〇〇〇年前頃) 0000 椿市の台地や南泉の台地に押型文土器を使う人々が住む(福丸遺跡・竹並遺跡)
7 縄文時代晩期(三五〇〇年前頃) 0000 節丸の台地に人が住み、集落を作る(節丸西遺跡) 石囲炉や地床炉を備える円形や方形の竪穴住居が造られる
8 弥生時代前期(四〇〇年前頃) 0000 海岸部に近い祓川下流で稲作農耕の集落が生まれる(長井遺跡・辻垣遺跡) 九州北部に本格的な稲作、農耕文化が始まる(福岡市板付遺跡・唐津市菜畑遺跡)
9 弥生時代前期(三〇〇年前頃) 0000 下稗田の丘陵に大規模な集落が生まれる(下稗田遺跡) 青銅器と鉄器などの金属器が使用される
10 弥生時代中期(二〇〇年前頃) 0000 高床倉庫が普及する
11 弥生時代中期(二〇〇年前頃) 0000 河川流域の各地に農耕集落が広がる(前田山遺跡・下崎ヒガンデ遺跡など)
12 弥生時代後期(一〇〇年前頃) 0000 平野部の低丘陵上に集団墓地が造られる(下稗田遺跡・前田山遺跡)
13 弥生時代後期(一〇〇年前頃) 0000 倭に小国が成立する
14 弥生時代後期 0057 倭の奴国が後漢に遣使し、光武帝より印綬を受ける
15 弥生時代後期 0100 大規模集落の特定個人墓に中国鏡や鉄製品が副葬される(前田山遺跡)
16 弥生時代後期 0200 倭国大いに乱れる
17 弥生時代後期 0200 首長墓である墳丘墓が造られる(前田山遺跡・竹並遺跡)
18 弥生時代後期 0239 6 邪馬台国女王卑弥呼が魏に遣使する
19 弥生時代後期 0200 大和政権が成立する
20 弥生時代後期 0200 地方でも前方後円墳の築造が始まる
21 弥生時代後期 0200 竹並や稲童に豪族の古墳が造られる(竹並遺跡・稲童古墳群)
22 古墳時代前期 0300 石塚山古墳が造られる
23 古墳時代前期 0300 延永にビワノクマ古墳が造られる
24 古墳時代前期 0391 倭軍が渡海して高句麗と戦う(好太王碑)
25 古墳時代中期 0400 稲童に石並古墳(前方後円墳)が造られる
26 古墳時代中期 0400 この頃鉄製の甲冑類の副葬品が流行する(稲童21号墳・8号墳・馬場代2号墳)
27 古墳時代中期 0478 5 倭王武が宋に遣使する(宋書倭国伝)
28 古墳時代中期 0500 長木に八雷古墳、勝山町に扇八幡古墳が造られる
29 古墳時代中期 0527 6 磐井の乱がおこる
30 古墳時代中期 0535 5 磐井の乱平定後、豊前地域に五つの屯倉が設置される
31 古墳時代後期 0538 百済の聖明王が仏像と経論を献じる
32 古墳時代終末期 0500 群集墳や横穴墓群が盛んに造られる(渡築紫古墳群・福丸古墳群・竹並横穴墓群・前田山横穴墓群)
33 古墳時代終末期 0593 4 聖徳太子が摂政となる
34 古墳時代終末期 0596 11 法興寺(飛鳥寺)が完成する
35 古墳時代終末期 0600 勝山町に綾塚古墳が造られる
36 古墳時代終末期 0600 勝山町に橘塚古墳・豊津町に甲塚方墳など大規模な方墳が造られる
37 古墳時代終末期 0600 椿市に願光寺裏山古墳が造られる
38 大化元 0645 6 大化の改新
39 大化元 0645 12 孝徳天皇が「難波京」に遷都する
40 天智二 0663 8 日本軍白村江の戦いで大敗する
41 天智二 0663 この頃、古代山城である「御所ヶ谷神籠石」が造られる
42 天智九 0670 2 全国の戸籍(庚午年籍)を作成する
43 弘文元 0672 6 壬申の乱
44 持統八 0694 12 持統天皇が「藤原京」に遷都する
45 持統八 0694 椿市廃寺などの初期古代寺院が造営される
46 大宝元 0701 8 「大宝律令」が制定される
47 大宝二 0702 「豊前国」の名が初めて記録に現れ、仲津郡丁里などの戸籍が作られる
48 和銅三 0710 3 元明天皇が「平城京」に遷都する
49 和銅五 0712 1 太安万侶が「古事記」を編纂する
50 養老四 0720 5 舎人親王が「日本書紀」を編纂する
51 養老七 0723 4 「三世一身の法」が制定される
52 養老七 0723 この頃、豊前国府周辺が整備され始める
53 天平一二 0740 9 大宰少弐藤原広嗣が反乱する
54 天平一三 0741 2 「国分寺・国分尼寺建立の詔」を発する
55 天平勝宝四 0752 4 東大寺、大仏開眼供養を行う
56 天平勝宝八 0756 この頃、豊前国分寺が造られる
57 宝亀四 0773 この頃、和気清麻呂が豊前国司として着任する
58 延暦三 0784 11 桓武天皇が「長岡京」に遷都する
59 延暦三 0784 この頃「草野津」が豊前の要港として栄える
60 延暦一三 0794 11 桓武天皇が「平安京」に遷都する
61 承和元 0834 春日神社(金屋)、奈良より勧請、社殿を建立する
62 貞観元 0859 正八幡神社が草野(行事)の地に社殿を建立する
63 寛平六 0894 9 遣唐使が廃止される
64 延喜元 0901 1 菅原道真、大宰権帥となり筑紫へ下る
65 天慶元 0938 覗山城主高瀬太郎種忠が安浦神社(稲童)を建立する
66 天慶三 0940 馬ヶ岳城に大弐経基王が城柵を築く
67 天慶四 0941 5 藤原純友が太宰府を侵す
68 天暦二 0948 熊野神社(今井)、社殿を建立する
69 天元三 0980 菅原神社(真菰)、椎田町高塚の菅原神社から分祀する
70 長和五 1016 1 藤原道長が摂政となる
71 寛仁三 1019 3 刀伊の入寇
72 天喜元 1053 3 藤原頼通が平等院鳳凰堂を建立する
73 応徳三 1086 11 白河上皇による院政が始まる
74 保元元 1156 7 保元の乱がおこる
75 平治元 1159 12 平治の乱がおこる
76 仁安二 1167 2 平清盛が太政大臣となり政権をになう
77 治承四 1180 8 源頼朝が伊豆国で挙兵する
78 文治元 1185 3 源義経が壇ノ浦の戦で平家軍を破る
79 文治元 1185 11 源頼朝が全国に守護、地頭職を設置する
80 文治三 1187 宇都宮信房が豊前国の地頭職として城井谷に入る
81 建久三 1192 7 源頼朝が征夷大将軍となり鎌倉幕府を開く
82 建久五 1194 この頃「草野津」がおとろえ「今井津」が発達する
83 建久五 1194 蓑島が瀬戸内を支配する水軍の根拠地となる
84 承久元 1219 1 源実朝が没し、源氏三代で滅亡する
85 承久三 1221 5 承久の乱がおこる
86 建長六 1254 今井津須佐神社、京都八坂神社より分祀する
87 文永一一 1274 10 第一回蒙古襲来(文永の役)
88 文永一一 1274 豊前国の宇都宮一族が文永の役に参戦する
89 建治二 1276 幕府が豊前国などの御家人に命じ、元寇防塁を築かせる
90 弘安四 1281 7 第二回蒙古襲来(弘安の役)
91 弘安四 1281 宇都宮一族が弘安の役に参戦する
92 元弘三 1333 5 鎌倉幕府が滅亡する
93 建武元 1334 後醍醐天皇が新政府を開く(建武の新政)
94 延元三 1338 8 足利尊氏が征夷大将軍になる
95 正平三 1348 馬ヶ岳城主新田氏の一族が王埜八幡神社(宝山)を宇佐八幡宮より分祀する
96 正平一一 1356 長者原(新田原)で菊池武義が斯波氏経と戦いこれを破る
97 元中元 1384 稲童名が和布刈神社の所領となる
98 元中九 1392 10 南北朝が合一する
99 応永五 1398 大内義弘が大友氏鑑の軍と築城原で戦いこれを破る
100 応永五 1398 正八幡神社(草野)が大友の兵火に罹る