行橋市/行橋市デジタルアーカイブ

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 旧石器時代(三〇〇〇〇年前頃) 0000

稲童の台地に人が住み始める(渡築紫遺跡)

2 旧石器時代(一五〇〇〇年前頃) 0000

泉台地や平尾台の山麓部にも人が生活する(鬼熊遺跡・入覚大原遺跡)

3 縄文時代早期(七〇〇〇年前頃) 0000

椿市の台地や南泉の台地に押型文土器を使う人々が住む(福丸遺跡・竹並遺跡)

4 縄文時代晩期(三五〇〇年前頃) 0000

節丸の台地に人が住み、集落を作る(節丸西遺跡)

5 弥生時代前期(四〇〇年前頃) 0000

海岸部に近い祓川下流で稲作農耕の集落が生まれる(長井遺跡・辻垣遺跡)

6 弥生時代前期(三〇〇年前頃) 0000

下稗田の丘陵に大規模な集落が生まれる(下稗田遺跡)

7 弥生時代中期(二〇〇年前頃) 0000

河川流域の各地に農耕集落が広がる(前田山遺跡・下崎ヒガンデ遺跡など)

8 弥生時代後期(一〇〇年前頃) 0000

平野部の低丘陵上に集団墓地が造られる(下稗田遺跡・前田山遺跡)

9 弥生時代後期 0100

大規模集落の特定個人墓に中国鏡や鉄製品が副葬される(前田山遺跡)

10 弥生時代後期 0200

首長墓である墳丘墓が造られる(前田山遺跡・竹並遺跡)

11 弥生時代後期 0200

竹並や稲童に豪族の古墳が造られる(竹並遺跡・稲童古墳群)

12 古墳時代前期 0300

石塚山古墳が造られる

13 古墳時代前期 0300

延永にビワノクマ古墳が造られる

14 古墳時代中期 0400

稲童に石並古墳(前方後円墳)が造られる

15 古墳時代中期 0400

この頃鉄製の甲冑類の副葬品が流行する(稲童21号墳・8号墳・馬場代2号墳)

16 古墳時代中期 0500

長木に八雷古墳、勝山町に扇八幡古墳が造られる

17 古墳時代中期 0535

5

磐井の乱平定後、豊前地域に五つの屯倉が設置される

18 古墳時代終末期 0500

群集墳や横穴墓群が盛んに造られる(渡築紫古墳群・福丸古墳群・竹並横穴墓群・前田山横穴墓群)

19 古墳時代終末期 0600

勝山町に綾塚古墳が造られる

20 古墳時代終末期 0600

勝山町に橘塚古墳・豊津町に甲塚方墳など大規模な方墳が造られる

21 古墳時代終末期 0600

椿市に願光寺裏山古墳が造られる

22 天智二 0663

この頃、古代山城である「御所ヶ谷神籠石」が造られる

23 持統八 0694

椿市廃寺などの初期古代寺院が造営される

24 大宝二 0702

「豊前国」の名が初めて記録に現れ、仲津郡丁里などの戸籍が作られる

25 養老七 0723

この頃、豊前国府周辺が整備され始める

26 天平勝宝八 0756

この頃、豊前国分寺が造られる

27 宝亀四 0773

この頃、和気清麻呂が豊前国司として着任する

28 延暦三 0784

この頃「草野津」が豊前の要港として栄える

29 承和元 0834

春日神社(金屋)、奈良より勧請、社殿を建立する

30 貞観元 0859

正八幡神社が草野(行事)の地に社殿を建立する

31 天慶元 0938

覗山城主高瀬太郎種忠が安浦神社(稲童)を建立する

32 天慶三 0940

馬ヶ岳城に大弐経基王が城柵を築く

33 天暦二 0948

熊野神社(今井)、社殿を建立する

34 天元三 0980

菅原神社(真菰)、椎田町高塚の菅原神社から分祀する

35 文治三 1187

宇都宮信房が豊前国の地頭職として城井谷に入る

中巻p53

36 建久五 1194

この頃「草野津」がおとろえ「今井津」が発達する

37 建久五 1194

蓑島が瀬戸内を支配する水軍の根拠地となる

38 建長六 1254

今井津須佐神社、京都八坂神社より分祀する

中巻p186
中巻p537

39 文永一一 1274

豊前国の宇都宮一族が文永の役に参戦する

40 建治二 1276

幕府が豊前国などの御家人に命じ、元寇防塁を築かせる

中巻p56

41 弘安四 1281

宇都宮一族が弘安の役に参戦する

42 正平三 1348

馬ヶ岳城主新田氏の一族が王埜八幡神社(宝山)を宇佐八幡宮より分祀する

中巻p152

43 正平一一 1356

長者原(新田原)で菊池武義が斯波氏経と戦いこれを破る

44 元中元 1384

稲童名が和布刈神社の所領となる

中巻p121

45 応永五 1398

大内義弘が大友氏鑑の軍と築城原で戦いこれを破る

46 応永五 1398

正八幡神社(草野)が大友の兵火に罹る

47 応永五 1398

松山城主毛利氏が貴船神社(高来)を、遠之峰より今の地に遷す

48 応永一〇 1403

大内盛見が豊前国守護に任命される

中巻p71

49 応永二八 1421

今井(今居)の鋳物師藤原安氏が彦山霊仙寺の鐘を造る

中巻p188

50 応仁二 1468

蓑島海賊大将・玉野井藤原邦吉が朝鮮に使いを送る

中巻p79
中巻p190

51 文明八 1476

覗山で大内政弘が小弐、大友軍と戦う

中巻p77
中巻p78

52 文明一〇 1478

9

大内政弘が小弐政資を破って豊前、筑前を支配する

53 明応四 1495

村上良成が浄喜寺(今井)を創建する

中巻p86
中巻p192
中巻p538

54 文亀元 1501

7

大内義興軍が大友、少弐軍と京都平野で交戦する

中巻p84
中巻p191

55 享禄三 1530

今井津須佐神社で連歌奉納を始める

中巻p87
中巻p193
中巻p538

56 弘治三 1557

大友宗麟が豊前に攻め入り、馬ヶ岳城の長野吉辰らを討つ

57 永禄一二 1569

大友宗麟が北部九州六カ国を制覇する

中巻p105

58 天正元 1573

願光寺(福丸)が大友軍により罹災、廃絶する

59 天正年間 1573

今井祇園社が今井から元永の妙見山に遷座する

中巻p186
中巻p537

60 天正七 1579

杉重良の拠る蓑島城が高橋鑑種らに攻められ落城する

中巻p108

61 天正一四 1586

正受寺(二塚)が兵火により罹災する

62 天正一五 1587

豊臣秀吉が馬ヶ岳城に宿泊する

中巻p208
中巻p255

63 天正一五 1587

7

宇都宮鎮房、旧地奪回を企て挙兵、在地土豪(鬼木氏、山田氏、八屋氏)とともに黒田勢と戦う

中巻p242
中巻p262

64 天正一六 1588

4

宇都宮鎮房が中津城で謀殺され、城井一族が滅亡する

中巻p242
中巻p262

65 天正一九 1591

蓑島神社に大宮殿を建て、本宮と両宮を一社とする

66 慶長五 1600

細川忠興が丹波国宮津から豊前へ入部。中津城に入る

中巻p243
中巻p273
中巻p276
中巻p414

67 慶長六 1601

馬ヶ岳城主長野長右衛門が出家し、金屋に旧縁寺を建立する

68 慶長七 1602

細川忠興が小倉城へ移る

中巻p244
中巻p414

69 慶長一九 1614

細川忠興が領内のキリシタン改めを行う

70 元和六 1620

小倉藩が幕府から大坂城石垣普請を割当てられ沓尾山の花崗岩を大坂へ送る

中巻p275
中巻p727

71 元和七 1621

細川忠興が中津城へ移り、小倉城には長男忠利が藩主として入城する

中巻p244
中巻p280
中巻p295

72 元和八 1622

細川忠利が領内「人畜改帳」を作成する

中巻p246
中巻p281
中巻p297
中巻p301
中巻p448
中巻p464

73 寛永七 1630

津積大島八幡神社が建立される

74 寛永七 1630

旧縁寺が金屋から大橋に移転する

75 寛永七 1630

浄蓮寺が小倉から大橋に移転する

76 寛永九 1632

10

細川忠利が肥後国に転封される

中巻p245
中巻p275
中巻p318

77 寛永九 1632

10

小笠原忠真が播州明石から豊前小倉に転封される

中巻p245
中巻p318
中巻p414
中巻p565
中巻p617

78 寛永一〇 1633

正八幡神社(草野)が大橋村へ分祠する

79 寛永一五 1638

2

小倉藩が島原の乱へ出兵する

80 正保二 1645

貴船神社(行事)が再建される

81 正保四 1647

小倉藩が幕府へ「豊前国絵図」を提出する

中巻p425
中巻p428

82 万治元 1658

禅興寺(大橋)が開山する

83 万治元 1658

八雷神社(長江)が建立される

84 万治元 1658

小倉藩が四ツ高制を始める

中巻p362

85 寛文八 1668

春日神社が福丸から延永に移転する

86 寛文九 1669

正八幡神社(草野)が社殿を再建する

87 寛文一一 1671

幕府が小笠原真方に新田高一万石を分与する(のちの千束藩)

中巻p246
中巻p326

88 貞享元 1684

今川の河道付け替工事が始まる ~一六八七年

中巻p396
中巻p444

89 元禄元 1688

藩主小笠原忠雄が須佐神社の大祭に使者を派遣し幣帛をあげる

90 元禄二 1689

三代柏木勘八郎が大橋で木蝋商を開業し、屋号を柏屋と称する

中巻p469

91 元禄一一 1698

芭蕉門人各務支考が大橋の井上元翠を訪れる

中巻p462
中巻p551

92 一六〇〇年後半

大橋村の干拓が始まる(新開、内新地、壱番~四番、庄屋新地、大新地、沖新地) ~一七〇〇年後半

中巻p396
中巻p398

93 元禄一三 1700

小倉藩が幕府へ「豊前国絵図」を提出する

中巻p431
中巻p433

94 宝永元 1704

井上元翠が安楽寺墓地に「枯野塚」を建てる~一七一一

中巻p553

95 宝永五 1708

藩主小笠原忠雄が二塚に正受寺を創建する

96 宝永六 1709

三代玉江彦右衛門が行事に飴商を開く

中巻p469

97 正徳二 1712

大祖大神社・須佐神社(元永)に藩主小笠原家より社禄六石が寄付される

中巻p537

98 享保三 1718

普門寺が小倉城下篠崎に創建される

99 享保一三 1728

芭蕉門人志太野坡が大橋の井上元翠宅を訪ねる

中巻p554

100 享保一七 1732

享保の大飢饉で多数の餓死者(京都郡六〇九七人、仲津郡七七七六人)が出る ~一七三三

中巻p248
中巻p336
中巻p373
中巻p374