下松市/郷土資料・文化遺産デジタルアーカイブ

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 推古三年 0595

九月

十八日

大星降臨す

p23
p26
p39

2 推古五年 0597

三月

二日

琳聖太子多々良浜につく。

p25

3 推古五年 0597

四月

琳聖太子、灘波の宮にて聖徳太子と会見、灘波の生玉の宮をいただく。

p27
p29
p34

4 推古五年 0597

九月

九日~十八日

琳聖太子、下松にて日本最初の星供を修す。宮之洲に中宮・上宮を建立

p26
p28
p103

5 推古十一年 0603

冠位十二階全国制定

p36
p44

6 推古十一年 0603

高鹿垣嶺(茶臼山)上宮建立

p44

7 推古十一年 0603

秦造川勝、京都広隆寺建立

p51

8 推古十三年 0605

琳聖太子、推古天皇より多々良姓をいただく。

p45

9 推古十五年 0607

百済の帰化人鞍作福利を通訳として小野妹子を隋にやる。

p45

10 推古十七年 0609

上宮・中宮を鷲頭山に遷座

p48

11 推古三十年 0622

聖徳太子四十九歳で死ぬ

p50
p52

12 推古三十六年 0628

推古天皇七十五歳で亡くなる。

p52

13 舒明五年 0633

琳聖太子は推古天皇、聖徳太子像を彫刻、妙見社中宮に祀る。

p53

14 舒明十三年 0641

山背大兄王一族滅亡

p54

15 斉明六年 0660

七月

十八日

百済国滅亡

p56

16 天智六年 0667

六月

二十一日

琳聖太子九十六歳で入滅

p57

17 宝亀五年 0774

六月

十五日

弘法大師、空海生れる。(真言宗開祖)

18 承和二年 0835

三月

二十一日

弘法大師入定

19 寛平元年 0889

多々良正恒、宇多天皇の病気平兪を祈願し、大内姓を賜う。

p61
p62

20 寛平元年 0889

多々良正恒、上宮・中宮を再建

p65

21 昌泰二年 0899

十月

二十四日

宇多天皇仁和寺にて出家す。日本最初の法皇となる。

p61
p64

22 延喜三年 0903

菅原道真太宰府にて死す。五十九歳

p64

23 年代不詳

四代大内茂村、妙見社宮殿再建。
氷上山(山口市)妙見社建立

p67
p68
p68

24 年代不詳

十一代大内満盛、妙見社宮殿再建

p68

25 正平七年 1352

十七代大内弘世、鷲頭氏をほろぼす。

p69

26 正平七年 1352

大内弘世、下宮を赤坂に建立。中之坊・宮之坊・寳樹坊・寳積坊・寳蔵坊・寳泉坊・閼伽井坊(宮司坊)の七坊建立

p68

27 明徳二年 1391

大内義弘、内野合戦にて山名氏をほろぼし、南帝を補佐し、三種の神器を守護、鷲頭山に仁王門と五重塔を建立。

p70

28 応永元年 1394

大内義弘、仁王門・五重塔の落成式をおこなう。

p70

29 応永六年 1399

十八代義弘は朝鮮国王定宗に旧百済国の一部の土地をこう。

p70

30 享徳二年 1453

二十二代大内教弘、僧侶有栄を朝鮮国につかわす。

p75

31 年代不詳

二十六代大内義興、妙見社中宮を再建

p76

32 享禄元年 1528

十二月

大内義興、山口で死す。

p76

33 天文二十年 1551

九月

一日

二十八代大内義隆、長門市大寧寺で死す。四十五歳。
大内氏滅亡

p78
p81

34 永禄四年 1561

毛利元就の命により宮司坊あらため鷲頭寺となる。
御與三体・御太刀・木馬等を寄進する。

p82

35 永禄十二年 1569

十二月

十五日

毛利元就、鷲頭寺上宮建立、権大僧都源嘉法印代

p83

36 延寳六年 1678

八月

毛利就隆、上宮上屋建立、妙見山鷲頭寺法印増遍代

p85

37 延寶七年 1679

徳山藩主第十三代毛利元次・鐘樓門再建
増遍、文隆法印代

p85

38 享保二年 1717

毛利吉元、御神與再造・一峯法印代

p85

39 享保十年 1725

十月

観音堂建立、一峯法印代

40 寛保三年 1743

四月

毛利廣豊病気平兪のため上宮上屋再建
権大僧都海本法印代

p86

41 宝暦七年 1757

六月

十三日

毛利廣豊中宮上屋を建立、海本法印代

p86

42 明和元年 1764

八月

妙見宮宿殿を再建
権大僧都恵本法印代

p86

43 明和四年 1767

十一月

毛利就馴の病気平兪のため若宮社を再建
権大僧都恵本法印代

p86

44 安永元年 1772

十二月

十二日

若宮社燈籠台を建立
恵本法印代

p86

45 寛政二年 1790

十一月

中宮社鐘撞堂建立

p87

46 寛政二年 1790

中宮社石鳥居を建立
権大僧都恵實法印代

p86

47 寛政五年 1793

山城屋両家より中宮社通夜堂建設

p87

48 文化二年 1805

護摩堂(観音堂)再建、権大僧都恵實法印代

p87

49 文化三年 1806

中宮社大番固屋建設
大般若経再興

p87

50 文化八年 1811

八月

四日

妙見川に白亀出現

p87

51 文化十三年 1816

三月

二十一日

妙見社釣鐘を鑄替

p87

52 文化十四年 1817

二月

十八日

徳山藩江戸屋敷に北辰妙見尊を勧請。毛利就壽、恵實法印代

p87

53 明治三年 1870

神仏分離令により中宮の本尊妙見大菩薩上宮の本尊虚空蔵菩薩等を観音堂に遷座
河村明範住職代

p65

54 明治十二年 1879

十二月

十七日

上宮・中宮の御本尊ならびに鷲頭寺・下松町中市に遷座(河村明範住職代)

p66
p92
p96

55 明治二十四年 1891

一月

十一日

正福寺中村一現師鷲頭寺の住職となる。

p98

56 明治二十七年 1894

四月

十一日

鷲頭寺火災にあう。

p98

57 明治二十七年 1894

五月

二日

白松真應師住職となる。

p98

58 明治四十年 1907

一月

十四日

厚東旭應師住職となる。

p99

59 昭和三十年 1955

九月

厚東正宣師住職となる。

p99

60 昭和三十七年 1962

正福寺上田元夫師兼務住職となる。

p99

61 昭和四十三年 1968

寺澤大英師住職となる。

p99

62 昭和五十六年 1981

九月

十七日

杉原孝俊大僧都住職となり現在にいたる。

p99

63 昭和五十六年 1981

十一月

本堂・奥殿の屋根修理終わる。

p99

64 昭和五十七年 1982

五月

長門市、岡田清・悦子・和好親子により大黒天と大黒堂寄進
大僧都孝俊法印代

p100

65 昭和五十八年 1983

八月

本堂天井絵、清水勝一氏より書いていただく。

p100

66 昭和五十八年 1983

十一月

十七日

周南七福神霊場開創、大黒天

p100

67 昭和五十九年 1984

十二月

厄除堂建立
権少僧正孝俊法印代
厄除大師観音像造立・京仏師北宗俊
為住職杉原孝俊四十二歳厄除

p100

68 昭和六十年 1985

三月

妙見宮歴史絵完成(清水勝一氏筆)

p100

69 昭和六十年 1985

四月

七日

杉原孝俊僧正妙見宮鷲頭寺住職として晋山式をおこなう。
杉原孝俊住職の晋山式を記念して本堂水引・ミス・畳・サッシ等奉納
 一金百万円也 妙見宮奉賛会
御衣奉納
 一金百六十万円也 檀家一同

p101