津山郷土博物館/江戸一目図・津山藩江戸日記等

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文
1 延宝9年/天和元年 1681

6月

26日

越後高田藩主松平光長、家中騒動(越後騒動)を理由に領地召上げ・松平隠岐守(伊予松山藩主松平定直)へ御預け 【関連画像】:E2-1-1(画像3
2 延宝9年/天和元年 1681

7月

1日

光長、江戸を発駕し伊予松山へ向かう 【関連画像】:E2-1-1(画像5
3 延宝9年/天和元年 1681

8月

1日

松山に到着、松山城三ノ丸の屋敷に入居 【関連画像】:E2-1-1(画像6
4 天和2年 1682

4月

5日

松山城北郭の新居に移転 【関連画像】:E2-1-1(画像17
5 天和4年/貞享元年 1684

11月

1日

光長、定直より赦免の奉書を受領
6 天和4年/貞享元年 1684

11月

25日

光長、松山を発駕、江戸へ向かう
7 天和4年/貞享元年 1684

12月

15日

光長、江戸に到着
8 貞享4年 1687

12月

15日

光長、江戸の柳原屋敷に到着、一門の出迎えを受ける 【関連画像】:E2-1-2(画像3
9 貞享4年 1687

12月

27日

綱国も赦免 【関連画像】:E2-1-2(画像8
10 元禄元年 1688

2月

14日

綱国、江戸に到着 【関連画像】:E2-1-2(画像20
11 元禄7年 1694

12月

18日

光長嫡子源之助、左衛門督に任官 【関連画像】:E2-2-4(画像130
12 元禄7年 1694

12月

23日

源之助、元服して長矩と名乗る 【関連画像】:E2-2-4(画像145
13 元禄11年 1698

1月

14日

長矩、美作津山城と領地10万石を拝領 【関連画像】:E2-1-9(画像12) E2-1-10(画像22
14 元禄11年 1698

2月

25日

津山町奉行・使番・郡代・勘定奉行・代官・勘者に任命された者に誓紙提出を指示 【関連画像】:E2-1-10(画像60
15 元禄11年 1698

5月

25日

松平家、津山城受取…江戸屋敷では御用所で家中に吸物下賜 【関連画像】:E2-1-10(画像117
16 元禄11年 1698

5月

30日

城地受取完了を報ずる使者、江戸屋敷に到着 【関連画像】:E2-1-10(画像121
17 元禄11年 1698

6月

1日

城地受取完了につき長矩は老中邸を回礼 【関連画像】:E2-1-10(画像121
18 元禄11年 1698

9月

6日

数寄屋橋外より出火(勅額火事)、柳原屋敷も焼失 【関連画像】:E2-1-11(画像79
19 元禄11年 1698

9月

27日

鍛冶橋門内で新たに屋敷を拝領 【関連画像】:E2-1-11(画像109
20 元禄11年 1698

10月

27日

綱国、津山へ向けて発駕 【関連画像】:E2-1-11(画像146
21 元禄11年 1698

11月

22日

15日に綱国が津山に到着したことを報ずる飛脚、江戸屋敷に到着 【関連画像】:E2-1-11(画像178
22 元禄12年 1699

12月

25日

長矩、左近衛権少将に任官 【関連画像】:E2-1-13(画像210
23 元禄15年 1702

12月

15日

赤穂浪士、吉良邸に討ち入り 【関連画像】:E2-1-21(画像88
24 元禄16 1703

2月

4日

赤穂浪士、切腹 【関連画像】:E2-1-22(画像14
25 宝永2年 1705

11月

15日

鍛冶橋屋敷類焼
26 宝永4年 1707

11月

17日

元高田藩主・越後守光長、逝去 【関連画像】:E2-1-29(画像142
27 正徳6年 1716

1月

1日

鍛冶橋屋敷類焼 【関連画像】:E2-1-43(画像3
28 享保2年 1717

1月

22日

鍛冶橋屋敷類焼 【関連画像】:E2-1-45(画像16
29 享保5年 1720

4月

14日

絵師・狩野洞学を召抱え 【関連画像】:E2-1-51(画像101
30 享保6年 1721

2月

13日

藩主・越後守宣富、2月7日に津山で逝去 【関連画像】:E2-2-15(画像37
31 享保6年 1721

3月

26日

前藩主・宣富の嫡子・浅五郎、家督相続 【関連画像】:E2-2-15(画像74
32 享保11年 1726

11月

11日

藩主・浅五郎、逝去 【関連画像】:E2-1-62(画像117
33 享保11年 1726

11月

18日

前藩主・浅五郎の養子・又三郎(後の長熈)に5万石で家督相続(領知半減) 【関連画像】:E2-1-62(画像128
34 享保16年 1731

4月

15日

桜田中屋敷類焼 【関連画像】:E2-1-69(画像78
35 享保20年 1735

3月

15日

更山(もと三河守綱国)、3月5日に津山で逝去 【関連画像】:E2-2-18(画像76
36 享保20年 1735

10月

13日

藩主・越後守長熈、逝去 【関連画像】:E2-2-19(画像154
37 享保20年 1735

12月

2日

前藩主・長熈の養子・庄次郎(後の長孝)、家督相続 【関連画像】:E2-2-19(画像209
38 宝暦7年 1757

11月

19日

高田屋敷類焼 【関連画像】:E2-1-120(画像93
39 宝暦8年 1758

7月

3日

勝手向き立直しのため佐々木三郎右衛門を登用する旨、家中に申渡し(宝暦の藩政改革開始) 【関連画像】:E2-1-122(画像6
40 宝暦12年 1762

閏4月

4日

主・越後守長孝、逝去 【関連画像】:E2-1-129(画像113
41 宝暦12年 1762

5月

23日

前藩主・長孝の嫡子・光丸(後の康哉)、家督相続 【関連画像】:E2-1-129(画像162
42 明和8年 1771

8月

20日

藩主・康哉、祖霊礼拝の後、自ら人事異動を発令、勝手向き引締めを通達(明和の新政開始) 【関連画像】:E2-1-144(画像211
43 明和9年 1772

2月

29日

鍛冶橋屋敷類焼 【関連画像】:E2-1-145(画像46
44 寛政5年 1793

6月

8日

藩医・宇田川玄随に著述の手当として金15両下賜 【関連画像】:E2-2-32(画像300
45 寛政6年 1794

5月

26日

絵師・北尾三二(後の鍬形蕙斎)を召抱え 【関連画像】:E2-2-34(画像288
46 寛政6年 1794

8月

26日

藩主・越後守康哉、逝去 【関連画像】:E2-2-35(画像154
47 寛政6年 1794

10月

13日

前藩主・康哉の嫡子・仙千代(後の康乂)、家督相続 【関連画像】:E2-2-35(画像319
48 文化2年 1805

7月

20日

藩主・越後守康乂、逝去 【関連画像】:E2-2-57(画像76
49 文化2年 1805

閏8月

6日

藩主・康乂の養嗣子(実弟)・慎三郎(後の斉孝)、家督相続 【関連画像】:E2-2-57(画像216
50 文化3年 1806

3月

4日

鍛冶橋屋敷類焼 【関連画像】:E2-2-58(画像154
51 文化6年 1809

1月

28日

正月20日に津山城本丸御殿焼失 【関連画像】:E2-2-64(画像43
52 文化8年 1811

閏2月

20日

鍛冶橋屋敷より出火、屋敷内の厩・長屋を焼失 【関連画像】:E2-2-68(画像121
53 文化10年 1813

4月

24日

藩医・宇田川玄真に幕府より蛮書和解御用の下命 【関連画像】:E2-2-74(画像213
54 文化14年 1817

9月

18日

将軍・家斉の子息・銀之助(後の斉民)を藩主・越後守斉孝の聟養子とするよう下命 【関連画像】:E2-2-83(画像157
55 文化14年 1817

10月

7日

5万石加増(領知10万石に復帰) 【関連画像】:E2-2-83(画像257
56 文政9年 1826

11月

24日

藩医・宇田川榕菴に幕府より蛮書和解御用の下命 【関連画像】:E2-2-98(画像431
57 天保2年 1831

11月

22日

藩主・越後守斉孝、隠居を認められ、嫡子・三河守斉民、家督相続 【関連画像】:E2-2-106(画像420
58 天保5年 1834

2月

10日

鍛冶橋屋敷類焼 【関連画像】:E2-2-111(画像18
59 天保8年 1837

11月

18日

領地替えにより小豆島の一部が藩領となる(初めて海に面した土地を獲得) 【関連画像】:E2-2-118(画像453
60 天保9年 1838

2月

11日

前藩主・越後入道斉孝、2月4日に津山で逝去 【関連画像】:E2-2-119(画像165
61 天保10年 1839

6月

10日

藩医・箕作阮甫に幕府より蛮書和解御用の下命 【関連画像】:E2-2-121(画像451
62 天保14年 1843

12月

28日

鍛冶橋屋敷類焼 【関連画像】:E2-2-130(画像405
63 弘化3年 1846

2月

29日

藩医・宇田川興斎に幕府より蛮書和解御用の下命 【関連画像】:E2-2-135(画像104
64 嘉永6年 1853

6月

4日

蒸気軍艦を含む異国船、浦賀沖に来航(ペリー来航) 【関連画像】:E2-2-149(画像321
65 安政2年 1855

5月

3日

藩主・越後守斉民、隠居を認められ、嫡子・三河守慶倫、家督相続 【関連画像】:E2-2-151(画像263
66 安政3年 1856

4月

4日

藩医・箕作阮甫、幕府の蕃書調所出役教授職に任命 【関連画像】:E2-2-153(画像147
67 安政6年 1859

2月

22日

高田屋敷類焼 【関連画像】:E2-2-158(画像79
68 安政7年 1860

3月

3日

大老・井伊直弼、桜田門外で襲撃される(4日の記事には「鉄砲に当たり深手」とあり) 【関連画像】:E2-2-160(画像128
69 文久3年 1863

2月

1日

正月8日、朝廷より津山藩主に国事周旋の内勅が下る 【関連画像】:E2-2-166(画像84
70 元治元年 1864

10月

26日

8月23日~25日に小豆島停泊中の英船員、島民を射殺 【関連画像】:E2-2-169(画像176
71 元治元年 1864

11月

23日

11月9日、藩主・三河守慶倫、第1次幕長戦争に出陣 【関連画像】:E2-2-169(画像201
72 元治2年 1865

1月

14日

前年12月27日、出陣中の幕府軍に撤兵の下命 【関連画像】:E2-3-227(画像26
73 元治2年 1865

4月

2日

3月18日、江戸下向中の前藩主・確堂(斉民)、朝廷の招きにより参内、朝幕周旋の下命 【関連画像】:E2-3-230(画像6
74 慶応2年 1866

6月

17日

6月7日、藩主・三河守慶倫、第2次幕長戦争に出陣 【関連画像】:E2-3-245(画像24