豊橋市図書館/とよはしアーカイブ

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 10万年前 0000

加生沢遺跡(新城)

p11
p13

2   0000

牛川人

p10
p11
p12
p13

3   0000

嵩山蛇穴遺跡

p16
p17
p20

4 1万年前 0000

石塚貝塚

p18
p20

5   0000

小浜貝塚

p18
p20
p22

6   0000

吉胡貝塚(田原)

p19

7   0000

大蚊里貝塚

p18
p20
p22

8   0000

大西貝塚

p18
p22
p50

9   0000

水神平遺跡(一宮)

p18
p21
p22
p40

10 BC200 0000

白石遺跡

p22
p24
p29

11 AD1 0001

瓜郷遺跡

p25
p26

12   0001

橋良遺跡

p27

13 AD200 0200

高井遺跡

p9
p29
p30

14   0200

市杵嶋神社古墳

p18
p22
p33
p50

15   0200

権現山古墳

p33
p39
p41

16   0200

茶臼山一号墳

p13
p33
p39

17   0200

東田古墳

p34
p38

18   0200

馬越長火塚古墳

p34
p35
p39
p41

19   0200

磯辺王塚古墳

p36
p38

20   0200

牟呂王塚古墳

p36
p38
p50

21   0200

穂国から三河国となる

p41
p42

22 大宝元 0701

守務大肆許勢朝臣祖父、三河国の初代国司となる

p52

23 大宝2 0702

持統上皇、三河に行幸し、諸国の田租を免ずる

24 霊亀元 0715

三河国に地震、正倉47破壊、民家も被災

25 養老6 0722

入京に際し、三河等の国司に駅馬の使用を許可する

26 天平宝字6 0762

三河等9か国に旱魃

27 天平神護元 0765

三河等5か国に旱魃、窮民に米塩を賜る

28 延暦15 0796

三河国等、婦女を養蚕教育のため陸奥へ派遣

p242

29 仁寿元 0851

石巻神社、従五位下を授かる

30 貞観2 0860

渥美郡村松出土の銅鐸を朝廷に献上

31 天慶3 0940

三河国10戸、飽海神戸となる

p53

32 寛仁4 1020

更級日記の著者菅原孝標女、高師山・しかすがの渡を通る

33 寛仁4 1020

同年、能因法師もしかすがの渡を通る

34 長暦2 1038

三河国25戸、新たに神宮封戸となる

35 永久2 1114

常陸国の運上品、三河で盗まれる

36 永久2 1114

この頃、三河・遠江・尾張に海賊や強盗が多く、伊勢神宮への献上品を奪う

37 大治2 1127

普門寺僧明伊、大般若経を書写

38 保延元 1135

富永六郎親兼、賀茂神社へ大般若経を書写奉納

39 保延3 1137

三善友康、東観音寺へ大般若経を書写奉納

40 保元3 1158

平頼盛、三河国守となる

p60

41 治承3 1179

平知度、三河国守となる

p60

42 治承5 1181

源行家、告文と幣物を伊勢神宮へ贈る

p60

43 寿永3 1184

源範頼、三河国守となる

p52
p61

44 文治元 1185

大津神戸10戸、神宮封戸となる

p53

45 文治2 1186

源頼朝、小野田荘等3荘の地頭新儀を停止

p62

46 建久7 1196

奈良東大寺再興、伊良湖瓦場で瓦を焼く

p57

47 正治元 1199

幕府、飽海神戸・大津神戸等の地頭職を停止

p62

48 正治元 1199

同年、薑御厨・橋良御厨の地頭職も停止

p62

49 嘉禎元 1235

親鸞、三河地方巡行と伝えられる

50 文永8 1271

地頭安達泰盛、東観音寺へ金銅馬頭観音の懸仏を寄進

p62
p88

51 建武3 1336

結城宗弘、渥美郡高足・細谷・岩崎等諸郷を知行

52 貞和5 1349

足利直義、高師直が争い、三河の諸将二つに分かれて戦う

53 観応2 1351

仁木義長、三河国の守護となる

p68

54 延文5 1360

西郷弾正左衛門尉、仁木義長の要請を受けて矢作に出兵

p68

55 応安6 1373

一色範光、三河国守護となる

p68

56 応永3 1396

幕府、渥美郡を佐々木浄高に還付

57 永享12 1440

一色氏、60年余に及ぶ三河国守護の地位を失う

p67
p68
p69

58 文安元 1444

高足御厨、神税50疋を幣使米にあてる

59 寛正5 1464

庁宣で飽海神戸が神領であることを厳達

60 寛正6 1465

この頃から今川氏と三河国人との抗争が始まる

61 明応2 1493

戸田宗光、二連木城に移る

p71

62 明応2 1493

牧野古白、波多野全慶を討ち、一色城主となる

p72

63 永正2 1505

牧野古白、今橋城を築く

p72
p73
p85
p92
p113
p127

64 永正3 1506

今川氏親、今橋城を攻略 牧野古白、討死

p73

65 大永2 1522

古白の子、牧野信成、今橋を吉田と改める(1518年頃、兄の牧野成三と共に今橋城を奪回)

p74

66 享禄元 1528

藤田左京亮、東観音寺へ多宝塔を寄進

p88

67 享禄2 1529

松平清康、吉田城を攻略し、東三河を支配

p74

68 天文2 1533

普門寺、兵火により仏閣・僧坊のことごとくを焼失

p85

69 天文6 1537

戸田康光、吉田城を攻略

p75

70 天文15 1546

今川義元、吉田城を攻略し、戸田氏を追う

p75

71 天文16 1547

戸田康光、人質の竹千代を奪い、織田氏に送る

p75

72 天文16 1547

今川義元、田原城を攻略、田原戸田氏滅亡

p76

73 永禄7 1564

徳川家康、吉田城を攻略し、酒井忠次を城主とする

p80

74 元亀元 1570

豊川に土橋がかかる

p80
p95

75 元亀2 1571

武田信玄、吉田城を攻撃

p80

76 天正18 1590

池田輝政、吉田城主となる

p81
p90
p91
p92
p123
p153

77 天正18 1590

太閤検地、三河で始まる

p91
p123

78 文禄3 1594

輝政、家康の娘督姫との婚儀が成立

p91

79 慶長5 1600

輝政、姫路に転封となる

p91
p92
p93
p100

80 慶長6 1601

東海道に伝馬制、吉田に宿駅を設置

p96
p148
p149

81 慶長6 1601

松平家清、入封(竹谷松平)

p92
p97
p100

82 慶長6 1601

中島重好、大崎600石を領す

p92
p100

83 慶長9 1604

幕府、三河各地で検地を実施

p123

84 慶長11 1606

家康、上洛に際し吉田城に宿泊

p100

85 慶長17 1612

松平忠利、入封(深溝松平)

p94
p97
p100

86 元和7 1621

中原新田開発始まる

p101
p130

87 元和8 1622

吉田城本丸御殿完成

p94
p101

88 元和8 1622

暴風雨により、吉田大橋流失。翌年、修復

p122

89 寛永6 1629

吉田領検地

p101
p123

90 寛永9 1632

水野忠清、入封

p97
p101

91 寛永14 1637

吉田新銭座で寛永通宝の鋳造始まる

p102

92 寛永18 1641

吉田大橋の架替工事行われる

93 寛永19 1642

水野忠善、入封

p97
p102

94 寛永20 1643

二川宿を吉田領から天領に移す

p161

95 寛永20 1643

東上分一番所を設置

p156

96 正保元 1644

二川宿、大岩を加宿とする

p161
p163

97 正保2 1645

小笠原忠知、入封

p97
p102

98 承応3 1654

向山大池を築き、吉田城外堀に水を引く

p102

99 明暦元 1655

山田宗徧、小笠原家に仕える

p102
p133

100 寛文3 1663

清須新田の開発

p103
p130