高岡市雲龍山勝興寺/文化財デジタルアーカイブ

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 承久三 1221

5

承久の乱が起こる。鎌倉幕府討滅の企図が破れ、七月、順徳上皇は佐渡へ配流となる。【関連事項】真野御陵(火葬塚)上皇逝去の翌日、真野山で火葬、遺骨は京都の大原陵に収められたが、地元では火葬所を陵として崇敬し、真輪寺と国分寺で守護してきた、明治七年(一八七四)から政府が管理している。

【歴代住持】:

2 嘉禄元 1225

この年、上皇は親鸞の高弟正全房の教説を喜び、一宇を建立し殊勝誓願興行寺と名づける。

【歴代住持】:

3 嘉禄元 1225

同じ年、上皇の第三皇子彦成王、比叡山座主慈円大僧正を師として出家得度、法号成尊。

【歴代住持】:

4 貞永元 1232

慈円没後七年を経たこの年春、成尊は比叡山を出て親鸞の弟子となる。法号善空房信念。

【歴代住持】:

5 仁治三 1242

9

12

順徳上皇没。善空房信念は佐渡へ赴き、勅願所殊勝誓願興行寺開基と定まる。

【歴代住持】:

6 弘安九 1286

3

22

信念(順徳上皇第三皇子)佐渡国雑太郡竹田村(現真野町)の自坊で没する(六八歳)。 佐渡勝興寺は、雑太郡竹田村御堂坂(阿弥陀堂が残る)にあったが、羽茂郡小布勢村西三川金山笹川に移った同寺が衰微し越中の土山が法燈を継いだのち、寺跡に正覚坊を建てた。同寺はいま照覚寺と称し小木町にある。

【歴代住持】:開基信念没

7 徳治二 1307

7

19

信興(開基信念の子)没する。

【歴代住持】:第二世信興没

8 正和四 1315

7

27

信浄(第三世了信の子)没する。

【歴代住持】:第四世信浄没(早世)

9 元亨二 1322

4

21

了信(第二世信興の弟)没する。

【歴代住持】:第三世了信没

10 嘉暦元 1326

11

29

信源(第三世了信の子)没する。

【歴代住持】:第五世信源没(早世)

11 嘉吉二 1442

越中国利波郡井波瑞泉寺住持如乗(蓮如叔父)が加賀国河北郡二俣に本泉寺を創建する。【関連事項】蓮如十男実悟が記した『蓮如上人塵拾鈔』その他同時代の記録では、土山坊の開基を勝如尼とし土山・高木場両坊とも同尼の所有としている。蓮如は文明七年の吉崎退去までしばしば二俣を訪れ、勝如尼が住む土山坊へも訪れていたことであろう。本泉寺や土山の万兵衛屋敷跡には蓮如作の庭が残り、蓮如は蓮誓を深く信頼していた。こうした事情の中から土山御坊蓮如開基説が生まれてきたのではなかろうか。

【歴代住持】:歴代住持の代数は、土山御坊開創以後の住持代数に佐渡の殊勝誓願興行寺時代の代数五を加えて記す。

12 康正三 1457

6

蓮如が本願寺派八代宗主となる。

【歴代住持】:

13 寛正元 1460

1

如乗没し、室の勝如尼は薙髪得度し、本泉寺・瑞泉寺兼帯の住持代となる。

【歴代住持】:

14 寛正六 1465

蓮如二男蓮乗が本泉寺に婿養子として入寺し、本泉寺・瑞泉寺の兼帯住持となる。

【歴代住持】:

15 寛正六 1465

勝如尼は諸方に布教し加賀国で松尾寺、越中国蟹谷荘で土山坊を開き、土山に居住する。

【歴代住持】:

16 文明三 1471

7

蓮如が越前国の吉崎に坊舎を建てる(吉崎御坊)。※勝興寺の寺伝や系譜は、同寺の前身土山坊の開基は蓮如で、創建を文明三年とする。

【歴代住持】:

17 文明五 1473

本泉寺・瑞泉寺兼帯住持蓮乗は、土山御坊住持をも兼ねることになる。

【歴代住持】:

18 文明十一 1479

蓮乗が健康を害し、勝如尼と蓮乗の望みで、蓮如四男の蓮誓が土山御坊に入る。

【歴代住持】:

19 文明十三 1481

春 福光城主石黒光義が加賀国の富樫政親に党し、越中門徒衆を攻めて敗死する。

【歴代住持】:

20 文明十三 1481

戦後、蓮誓は般若野荘中田村に徳成寺(中田御坊)を創建し、教線を広げる。【関連事項】中田御坊は元禄六年(一六九三)、中田村御旅屋設置の際、瀧村に替地千三百六十坪を与えられ、当山の瀧村通坊となった(現運源寺)。

【歴代住持】:

21 文明十七 1485

この年頃、蓮誓は土山坊の寺基を露深き土山から交通に便な同荘高木場(高窪)へ移す。

【歴代住持】:

22 文明十八 1486

当年すでに蓮誓は加賀国江沼郡山田の光教寺住持で、蓮誓次男の実玄が高木場へ移った土山坊を継いでいることを『塵拾鈔』は記す。明応三年の高木場移転説は成立しない。

【歴代住持】:

23 明応四 1495

8

2

土山坊の実質的開基であり、土山坊・高木場坊所有者の本泉寺勝如尼が没する(六八歳)。

【歴代住持】:第六世勝如尼没

24 明応八 1499

3

25

本願寺派八代宗主蓮如、山科本願寺で没する(八五歳)。

【歴代住持】:(寺伝第六世蓮如没)

解説

25 永正元 1504

2

21

二俣から同国同郡の若松に移った本泉寺で籠居中の蓮乗が没する(五九歳)。

【歴代住持】:第七世蓮乗没

解説

26 永正十四 1517

7

本願寺が佐渡で衰頽した殊勝誓願興行寺を土山坊に継承再興させることとする。

【歴代住持】:

27 永正十六 1519

2

二月(九月ともいう)高木場の勝興寺が国人の争乱で炎上、安養寺村末友へ寺基を移す。

【歴代住持】:

28 永正十六 1519

11

十一月十日付で本願寺から安養寺の御坊へ送られてきた「親鸞聖人伝絵」(当山蔵)の裏に、現存史料中初見の「勝興寺」の寺号が認められる。

【歴代住持】:

解説

29 大永元 1521

8

7

加賀国江沼郡山田の光教寺で蓮誓が没する(六七歳)。

【歴代住持】:第八世蓮誓没

解説

30 享禄四 1531

「百姓の持ちたる国」となり全国の諸大名を震撼させた加賀で、門徒一揆や一国の支配権をめぐり、本願寺側と、加賀三か寺側とが争った「享禄の錯乱」(大小一揆)で、勝興寺は大一揆、本願寺側につき勝利した。勝興寺九世実玄はその室妙勝をとおし、本願寺派十代証如と密接な関係をつくり、証如が最も信頼を寄せる寺となった。反面、加賀三か寺の松岡寺・光教寺・本泉寺は没落した。【関連事項】実玄の室妙勝は蓮如六男蓮淳の娘であり、蓮淳は証如の外祖父として絶大な発言力をもっていた。

【歴代住持】:

解説

31 天文五 1536

1

年始の賀志として勝興寺実玄夫妻と子息が証如に二五〇疋を献じている(善徳寺は五〇疋)。

【歴代住持】:

32 天文十四 1545

3

15

実玄は安養寺村の自坊勝興寺で没する(六七歳)。母は前大納言持委息女。

【歴代住持】:第九世実玄没

解説

33 永禄二 1559

12

本願寺派十一代宗主顕如が勅許で門跡となる。【関連事項】勝興寺十世顕栄室は室町幕府管領細川晴元養女、実父は西三条大納言実隆の五人娘の一人である。五人の姉妹は、細川晴元の室、本願寺顕如室、武田信玄室、朝倉義景室、勝興寺顕栄室となり、期せずして反織田信長同盟関係を形成していた。

【歴代住持】:

34 永禄三 1560

門跡の近侍として勝興寺など八か寺に院家を勅許。当山は本願寺教団で北陸代表寺院の地位を得る。

【歴代住持】:

35 永禄十一 1568

7

武田信玄が勝興寺・瑞泉寺などに椎名康胤を援け、上杉輝虎の背後をうかがわせる。

【歴代住持】:

解説

36 元亀元 1570

9

石山本願寺顕如が織田信長に対抗する門徒一揆挙兵を呼びかけ、勝興寺・瑞泉寺は、石山本願寺へ兵を送り防戦につとめる。

【歴代住持】:

37 元亀三 1572

9

上杉謙信が越中門徒一揆の本拠安養寺村の勝興寺を覆滅させる。

【歴代住持】:

38 元亀三 1572

10

武田信玄が勝興寺に書を送り富山落城を惜しみ、出兵遅延を釈明する。

【歴代住持】:

解説

39 元亀四 1573

2

近江の浅井長政が勝興寺に対し、武田信玄と協議せず謙信と和議せぬよう書を送る。

【歴代住持】:

解説

40 天正五 1577

2

勝興寺が上杉謙信に歳首を賀し、謙信が答謝している。

【歴代住持】:

41 天正五 1577

12

上杉謙信の部将名の中に越中の神保氏張、石黒左近、勝興寺・瑞泉寺が見える。

【歴代住持】:

42 天正八 1580

4

石山本願寺顕如が織田信長と和し紀伊雑賀へ移った旨を勝興寺に知らせる。

【歴代住持】:

解説1
解説2

43 天正八 1580

5

顕如長子教如が信長への抵抗継続に門徒一揆を奮起させるよう勝興寺へ来信するとともに、六月には使者をつかわし、重ねて抵抗継続を呼びかける。

【歴代住持】:

解説

44 天正九 1581

4

四月(六月ともいう)石山を退去し紀伊鷺森に赴いた顕如に従っている当山顕栄の留守中、佐々成政方についた木舟城主石黒左近将監道之は安養寺の勝興寺を、また成政の部将前野小兵衛は井波瑞泉寺を急襲し、両寺伽藍は灰燼となる。

【歴代住持】:

45 天正十二 1584

4

羽柴秀吉が勝興寺・瑞泉寺に門徒一揆の結集と一味を条件に還住を保証する。

【歴代住持】:

46 天正十二 1584

11

佐々成政が勝興寺に還住を許し、守山城主神保氏張が射水郡古国府の分一円を当山に寄進し、国中の諸坊主に草坊建立その他諸事につき協力を命ずる。

【歴代住持】:

解説1
解説2
解説3

47 天正十二 1584

12

1

顕栄が和泉貝塚で頓死(七六歳)、四日同地で本願寺一家衆列して葬儀を執行する。

【歴代住持】:『真宗資料集成三』所収、顕如宗主右筆「宇野主水日記」では、天正十二年十二月一日を第十世顕栄没とし、近世末の記録「勝興寺御由緒抜書」では、没年を天正八年十二月二日としている。

解説

48 天正十三 1585

7

羽柴秀吉が在京中の勝興寺十一世顕幸に古国府寺内保護の禁制を与える。

【歴代住持】:

解説

49 天正十三 1585

8

佐々成政が羽柴秀吉に降伏する。

【歴代住持】:

50 天正十三 1585

閏8

前田利勝(以下利長と記す)が古国府勝興寺に禁制を与え保護を保証する。

【歴代住持】:

解説

51 天正十三 1585

9

前田利長が越中国の射水、砺波、婦負の三郡を所領とし、守山城主に付される。

【歴代住持】:

52 天正十四 1586

利長が利波郡大森村の当山掛所の地を軍用にあて、替地として今石動の現通坊の地を与える。

【歴代住持】:

53 天正十五 1587

二月 利長が九州島津攻めに出陣中、当山顕幸の姫、守山城に人質となり、五月に還る。

【歴代住持】:

54 天正十五 1587

10

利長は当山領、府の分一円を召上げ、百俵(五十石)分を寺領、残部に新しく古府村を設ける。

【歴代住持】:

55 慶長元 1596

当山蔵品中に「慶長元年勝興寺末寺利波郡蟹谷荘唯稱院安置の顕如上人影像」がある。

【歴代住持】:

56 慶長元 1596

利長が新川郡陀羅尼村動清水所在の当山掛所を富山に移し堂舎を再興させる(現富山正興寺)。

【歴代住持】:

57 慶長二 1597

藩が前田長種名で当山を越中の本願寺派総録司とし、門末諸道場の服務事項を公布。

【歴代住持】:

58 慶長九 1604

7

28

顕幸没する(五十歳)。顕幸室法妙は越前国守護朝倉義景息女、天正元年入輿。

【歴代住持】:第十一世顕幸没

解説1
解説2

59 慶長十三 1608

7

本願寺派十二代宗主准如、江戸からの帰途に富山城の利長、古国府の当山を訪問する。

【歴代住持】:

解説

60 元和三 1617

当山の梵鐘銘に「元和三年利波郡蟹谷荘安養寺村勝興寺唯稱院」と刻されている。(安養寺村の勝興寺旧地には暫く末寺が残り、廃絶して什物が本寺に渡ったのであろう。)

【歴代住持】:

61 元和四 1618

2

前田利光(以下利常と記す)が当山へ寺領二五石を加増し、保護条章三項を布告。【関連事項】前田利常と本願寺准如と勝興寺がトライアングルの関係を形成していることがわかる。

【歴代住持】:

解説

62 寛永五 1628

当山の富山掛所(慶長十四年類焼)復興に利常が立山杉数百本と糧米を寄附し再興成就する。【関連事項】掛所をのちに通坊という。支坊のことである。

【歴代住持】:

63 寛永十五 1638

4

14

顕称没する(六一歳)。

【歴代住持】:第十二世顕称没

解説

64 寛永十九 1642

当山古国府還住後建立の本堂の破損が甚しく大修理を施す。利常、黄金と必要分の立山木材を寄進する。

【歴代住持】:

65 正保元 1644

9

7

准教没する(四四歳)。准教室は西本願寺派十二代宗主准如の息女。

【歴代住持】:第十三世准教没

66 正保三 1646

4

西本願寺派十二代宗主准如六男良昌、第十四世住持として当山へ入寺する。

【歴代住持】:

67 正保四 1647

9

前田利常、当山へ寺領として一二五石を加増、先知と合わせ二百石となる。この頃に当山現本坊の大広間(対面所)が建造されたと考えられている。【関連事項】二百石のうち七五石は古国府寺内、一二五石は矢田村で給する。

【歴代住持】:

68 慶安二 1649

2

利常、その重臣神谷長治息女つるを利常養女とし、良昌のもとへ入輿させる。この時利常は、当山へ鉄砲(三匁玉)二十挺、弓二十張、長柄鑓等の武器を寄進する。【関連事項】五代藩主前田綱紀は、つるに二百石の化粧田を与えた。化粧田とは、持参金のような役割を果たした。化粧田は本人存命中のみ給付され、没後は藩へ返還した。

【歴代住持】:

69 慶安二 1649

6

井波瑞泉寺が勝興寺と寺格を争い、西本願寺派(本派)を離れ東本願寺側についた。この時、瑞泉寺とともに西派から二四三か寺が東派へ移ったという。西本願寺派では東方に一味せぬ寺を本山直参に昇格させ、越中国四郡総坊主に勝興寺への与力を申し渡す。

【歴代住持】:

70 慶安二 1649

同じ年、高岡町に当山の通坊(掛所=支坊)を設置する(現在の鴨島町教恩寺である)。

【歴代住持】:

71 承応年中頃か 1654

当山住持良昌が、京都興正寺の申立てる西本願寺派からの分派独立詮議にあたり、宗主の良如にかわり公義で理非を弁じて分派を留め、老中・寺社奉行を感服させる。

【歴代住持】:

72 寛文十一 1671

当山本坊建物のうち、表書院(松の間)と奥書院(金の間)が建てられた。

【歴代住持】:

73 寛文十一 1671

右の年頃、下段の間・花鳥の間ならびに式台(鉄砲の間とも呼ばれる)が建造された。

【歴代住持】:

74 延宝九 1681

4

2

良昌没する(五七歳)。

【歴代住持】:第十四世良昌没

75 貞享二 1685

2

当山住持寂聖が当寺の由来を書き上げ、六月には射水・砺波・新川三郡の浄土真宗本願寺派触下二四一か寺の由緒書き上げをまとめ帳册として寺社奉行に提出した。

【歴代住持】:

76 元禄元 1688

当山本坊内に御内仏が建立される。

【歴代住持】:

77 元禄元 1688

この年、江戸幕府は諸国の寺社家での鉄砲所持を厳禁し没収を発令、元禄四年には京都所司代が本山本願寺を経由して当山の鉄砲取上げをはかる。当山では特別由緒のある品とし、加賀前田藩主からもその旨伝奏し没収は取止めとなる(現在は宝蔵に十三挺残存)。

【歴代住持】:

78 宝永六 1709

閏8

23

寂聖没する(五九歳)。

【歴代住持】:第十五世寂聖没

79 正徳四 1714

5

7

寂了没する(二四歳)。

【歴代住持】:第十六世寂了没

80 享保十八 1732

この年、当山鼓堂を建立する。

【歴代住持】:

81 元文二 1737

この年、当山鐘楼を建立する(梵鐘は元和三年の鋳造、元は安養寺村当山末寺唯稱院什物)。

【歴代住持】:

82 寛保二 1742

12

21

京都にて住諦没する(三一歳)。

【歴代住持】:第十七世住諦没

83 宝暦六 1756

11

加賀六代藩主前田吉徳八男、当山へ入院、宝暦十一年得度、法暢と改名、当山住持となる。懸案の本堂再建に着手し、本願寺大工棟梁水口伊豆に基本設計依頼、作事所開設。

【歴代住持】:

84 明和六 1769

1

加賀藩嗣子早世。法暢、当山役人に後事を託し還俗、明和八年、十一代藩主治脩となる。【関連事項】還俗後、勝興寺へ毎年五百石の合力米給付が決まる。

【歴代住持】:第十八世法暢還俗

85 明和六 1769

9

京都七条堀川興正寺で唐門を建立(この門は明治二六年、当山へ移築される)。【関連事項】棟札・建立当時の獅子囗現存。

【歴代住持】:

86 明和六 1769

この年、当山の式台門を建立する。

【歴代住持】:

87 明和七 1770

6

西本願寺十七代宗主法如第十子常丸、法薫と改名、当山へ入院、本堂再建計画継承。

【歴代住持】:

88 安永四 1775

4

西本願寺宗主法如、越中国全坊主門徒にあて、勝興寺再建協力依頼の勧募消息を書く。

【歴代住持】:

89 安永四 1775

11

再興之規式(起工式)執行。

【歴代住持】:

90 天明元 1781

この年から境内をめぐる二重の濠の一重を埋め、整地を始める。同四年、本堂基礎工事を実施。 藩より莫大な財政援助と木材など現物支給。村々の寺院・門徒の募財、人夫手伝い応募勧募の催しは、藩が規制発動をしたほど。工事現地指導 藩の御大工 山上善五郎 本堂再建工事 棟梁御大工 瀧川喜右ヱ門正 脇棟梁大工 大指善右衛門【関連事項】京都西本願寺阿弥陀堂(一七五九建立)は本瓦葺 規模45.16mX42.11m 1901.69平方メートル。勝興寺本堂(一七九五建立)鉛板葺 規模39.34mX37.48m 1474.46平方メートル。

【歴代住持】:

91 寛政五 1793

5

柱立規式(立柱式)執行(本堂規模は西本願寺阿弥陀堂の七七・五パーセント)。

【歴代住持】:

92 寛政七 1795

6

19

御遷仏法要(事実上の竣工式)。同月二四日まで執行(内外の様相は阿弥陀堂に近似)。

【歴代住持】:

93 寛政七 1795

9

藩の重臣前田権佐妹芳明、藩主前田治脩養女として化粧田二百石をつけ法薫へ入輿。

【歴代住持】:

94 寛政七 1795

12

寛政六年決定の当山へ毎年給付される五百石の合力米が蔵出しされた。

【歴代住持】:

95 寛政八 1796

7

当山本堂再建への尽力に対し、西本願寺宗主文如の謝意消息が全坊主門徒宛に出る。【関連事項】本願寺は、本願寺自体が別院などの直属寺院を除く末寺のために、宗主自身、勧募や謝意の消息を当該国全寺院門徒に出す例はほとんどなく、勝興寺は希有な例である。勝興寺と越中門徒、本願寺、加賀藩がトライアングルの関係を形成して本堂建築を成就していることがわかる。

【歴代住持】:

96 文化二 1805

6

当山の経堂が建立される(棟札あり)。放生津・高岡・新川各講中溜りが建つ。

【歴代住持】:

97 文化二 1805

11

西本願寺派(本派)を二分する教義争論(三業惑乱)に係り、法薫江戸へ召喚、糾明される。

【歴代住持】:

98 文化三 1806

1

当山住持法薫の身を案じ、門徒百姓一万人が釈放願いのため金沢西末寺へ詰めかける。

【歴代住持】:

99 文化三 1806

11

幕府寺社奉行の訊問を受けた法薫、逼塞に処せられて帰国。程なく放免となる。

【歴代住持】:

100 文化六 1809

この年、当山本堂内外陣建具彫刻一切の荘厳が完成し現在の形に整う。

【歴代住持】: