多摩デジタル新選組資料館/新選組関連資料

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 文政10 1827

[佐藤家]佐藤家の彦右衛門とマサの長男として生まれる。幼名は庫太、弘化年代は広俊、通称は彦五郎、明治5年からは俊正。

2 天保5 1834

10

9

[佐藤家]近藤勇、多摩上石原村で出生。

3 天保6 1835

5

5

[佐藤家]土方歳三、石田村で出生。

4 天保6 1835

11

天然理心流目録 小島増吉作

5 天保8 1837

[佐藤家]正月に父が亡くなった為11歳で名主役を継ぐ。日野本郷3000石を管理した。

6 天保15 1844

[佐藤家]文化、文政頃の権力争の騒動も奉行所の裁許で決着する。

7 弘化2 1845

[佐藤家]歳三の姉ノブ、14歳で彦五郎(18歳)に嫁ぐ。

8 弘化2 1845

3

調布玉川絵図出版

9 弘化3 1846

7

1

石田村土方隼人方の土蔵流される

10 嘉永1 1848

7

20

[小島家]小島鹿之助近藤周助に剣術入門

11 嘉永1 1848

11

11

宮川兄弟周助に剣術入門(勝五郎)

12 嘉永2 1849

正月

18

[佐藤家]日野宿の火災で本陣、脇本陣をはじめ10余軒を類焼、この騒ぎに乗じ暴れた男が斬りつけ、祖母他1名が斬り殺された。治安維持を痛感する。21歳、人生の転機。

13 嘉永2 1849

1

20

日野宿佐藤彦五郎家類焼、祖母斬られる

14 嘉永2 1849

9

天然理心流切紙目録 鹿之助宛

15 嘉永2 1849

11

8

[小島家]日野宿佐藤彦五郎等来る、剣術稽古

16 嘉永3 1850

[佐藤家]天然理心流三代目近藤周助邦武に入門する。屋敷東側に佐藤道場を作る。

17 嘉永3 1850

佐藤彦五郎周助に入門(『聞きがき新選組』)

18 嘉永3 1850

8

[佐藤家]天然理心流「切紙」「目録」を許される。(23歳)

19 嘉永4 1851

土方歳三周助に入門(『両雄士傳』)

20 嘉永5 1852

3

20

[小島家]嶋崎勝太、福田平馬、染谷先生剣術稽古に来る

21 嘉永5 1852

10

27

[小島家]嶋崎勝太来る

22 嘉永7 1854

2

[佐藤家]「中極意」と「極意皆伝」の奥義を許される。(27歳)

23 嘉永7 1854

2

[佐藤家]天然理心流中極位目録免許 彦五郎宛

24 嘉永7 1854

[佐藤家]月1回位江戸試衛舘から近藤勇・沖田総司らが稽古をつけに来る。歳三との出会い。

25 嘉永7 1854

[佐藤家]天然理心流極意皆伝、近藤勇とは兄弟弟子、町田小野路の小島為政と三人で義兄弟となる。

26 嘉永7 1854

[佐藤家]自宅長屋門を改造し道場とする。近隣の若者がこぞって入門。幕府が品川沖砲台築造時献金

27 安政2 1855

9

20

[小島家]近藤周助、嶋崎勝太来る

28 安政3 1856

6

12

[小島家]日野宿本陣佐藤彦五郎石田村鍋屋伊十郎等来る

29 安政4 1857

4

26

島崎勇小島家に泊まる。

30 安政4 1857

7

19

[小島家]染谷修斎兄来る

31 安政4 1857

[佐藤家]八王子糸会所肝煎を勤める。(慶応3年4月15日お役御免)

32 安政4 1857

[佐藤家]近藤勇、彦五郎宅に宿泊し、欣浄寺などで出稽古する。

33 安政5 1858

8

日野宿八坂神社奉額

34 安政5 1858

8

[佐藤家]牛頭天王社(現・日野八坂神社)へ天然理心流門人の懸額を奉納する。

35 安政6 1859

3

29

[小島家]島崎勇来る

36 安政6 1859

4

13

[小島家]近藤門人阿部侯藩惣二郎来る

37 安政6 1859

4

28

[佐藤家]府中六所宮(現・大国魂神社)へ奉納額の心願。

38 安政6 1859

6

9

[佐藤家]近藤周助に同伴して沖田総司来る。(~6月10日)

39 安政6 1859

10

18

[小島家]近藤門人惣二郎、嶌崎勇のSOS書簡届ける

40 安政6 1859

11

7

[小島家]島崎勇来る

41 万延1 1860

3

29

近藤勇結婚

42 万延1 1860

4

30

[佐藤家]府中六所宮で近藤周助門人による奉納額の参会で、彦五郎が受付と会計を一人で担当する。寄付金を募る。

43 万延1 1860

5

27

[佐藤家]府中六所宮、額木三本車三丁、谷保、書家で医者の本田家に届く。(覚庵日記より)

44 万延1 1860

9

5

石田村 土方隼人 死去40歳

45 万延1 1860

9

5

[佐藤家]歳三の兄、土方喜六40歳で病死。(覚庵日記より)

46 万延1 1860

9

30

府中六所宮へ奉額

47 万延1 1860

9

30

[佐藤家]近藤勇天然理心流宗家4代目襲名披露が府中六所宮(大国魂神社)で行なわれる。

48 万延1 1860

[小島家]つね、近藤勇の稽古着に髑髏を刺繍

49 万延2 1861

正月

14

[佐藤家]近藤勇に同行して沖田総司、山南啓助ら17日まで投宿する。

50 文久1 1861

3

15

[小島家]沖田房正来る 

51 文久1 1861

4

小野路村各方角絵図面

52 文久1 1861

4

20

[小島家]近藤勇に鎖帷子を依頼

53 文久1 1861

6

近藤勇書簡 児島鹿之介宛(作成年月は推定)

54 文久1 1861

8

27

[佐藤家]第二回目の近藤勇天然理心流4代目襲名試合が、府中六所宮で行なわれ、彦五郎が大将を勤めた白軍が勝利。

55 文久1 1861

11

6

[小島家]糟谷良循来たり泊る、石田歳造大病之由

56 文久1 1861

11

14

[小島家]石田策輔来る、日野より見舞として菓子折貰う也

57 文久2 1862

7

15

[小島家]沖田惣次郎麻疹につき門人佐十郎布田宿迄馬にて送る

58 文久2 1862

[佐藤家]コレラが蔓延し100余人、仏棺が街道に列をなした。この時米穀、薬財を広く施与し将軍家より白銀を給わった

59 文久3 1863

正月

土方歳三年賀状 小島鹿之助宛

60 文久3 1863

1

15

[小島家]近藤勇、石田歳造年始来る、土産、年玉貰う

61 文久3 1863

1

16

[小島家]石阪主人、道助同道にて府中より石田迄年礼に行く

62 文久3 1863

近藤勇へ鉄衣(鎖着込み)を貸す、土方歳三へ昨日一刀を貸す

63 文久3 1863

1

17

[小島家]近藤門人山南啓助、澳田惣次来る

64 文久3 1863

1

18

[小島家]恩田へ清川八郎一件申し送る、惣次、啓助帰る

65 文久3 1863

2

5

鹿之助近藤餞別に行く

66 文久3 1863

2

7

鹿之助帰宅

67 文久3 1863

3

16

[小島家]旗本山口近江守(直邦)の写真もらう

68 文久3 1863

[佐藤家]近藤勇から浪士組参加の相談を受ける。将軍警護浪士組募集には名主の仕事の為義弟の土方歳三を推挙自らは江戸と多摩の新選組隊士の世話と剣の指導を引き受ける。農兵隊を組織する。

69 文久3 1863

4

15

[佐藤家]母屋上棟する(36歳)。元治元年(1864)11月完成。

70 文久3 1863

6

3

近藤勇・芹沢鴨書簡

71 文久3 1863

6

近藤勇書簡18名連名宛(新選組結成時の事件)

72 文久3 1863

10

20

近藤勇書簡、佐藤彦五郎宛(刀剣談)

73 文久3 1863

11

29

近藤勇書簡 佐藤彦五郎、他7名宛

74 文久3 1863

11

土方歳三書簡(女性自慢)

75 文久3 1863

11

近藤勇の神文血判帳

76 文久3 1863

12

尽忠報国之士

77 文久3 1863

「異聞録」山南敬助の折れた刀の絵

78 文久3 1863

沖田林太郎留書写(浪士英名録入り)

79 元治1 1864

3

天然理心流神文血判帳

80 元治1 1864

4

12

土方歳三書簡

81 元治1 1864

5

20

近藤勇書簡 児島鹿之助・橋本道輔宛

82 元治1 1864

8

12

佐藤彦五郎書簡 宮川音五郎宛

83 元治1 1864

9

土方歳三書簡(営中御沙汰書) 佐藤彦五郎宛

84 元治1 1864

10

9

[佐藤家]土方歳三書簡、近藤勇・佐藤彦五郎宛

85 元治1 1864

12

25

土方歳三書簡(軍中法度) 佐藤彦五郎宛

86 元治1 1864

歳三、佐藤彦五郎に佐久間象山の書を贈る

87 元治2 1865

1

25

[佐藤家]日野宿として宮子久兵衛の持ち田で調練。

88 元治2 1865

正月

21

[佐藤家]宝泉寺境内に於いて、宿方と組合村人の農兵出席し、初めての調練。

89 元治2 1865

2

12

小島家の木刀の鍔できる

90 慶應1 1865

3

1

土方歳三書簡 佐藤彦五郎宛

91 慶応1 1865

3

18

近藤勇書簡 児嶋鹿之助宛(作成年月日は推定)

92 慶応1 1865

3

21

沖田総司書簡 佐藤彦五郎宛

93 慶応1 1865

4

10

[佐藤家]土方歳三帰郷、佐藤家に泊る(~4月18日)。沖田総司書簡

94 慶応1 1865

8

1

[佐藤家]彦五郎、持地の宮子堤内に東西40間、南北23間の調練所を築き稽古初めをする。(彦五郎の長男、源之助(俊宣)が指南役)

95 慶応1 1865

8

18

近藤勇書簡 小島鹿之助・橋本道輔宛(作成年月日は推定)

96 慶応1 1865

10

26

宮川惣兵衛書簡

97 慶応1 1865

10

29

近藤勇書簡 佐藤彦五郎・小島鹿之助宛(作成年月日は推定)

98 慶応1 1865

11

4

近藤勇書簡(広島出張の予定)

99 慶応1 1865

[佐藤家]新選組近藤勇、土方歳三、大石鍬次郎等、彦五郎と頻繁に面会する。

100 慶応1 1865

土方歳三詩書