昭島市デジタルアーカイブズ/あきしま 水と記憶の物語

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 B.C.30000 0000

市北部の立川段丘上に石槍(昭島に最初の人間活動)

29

2 B.C.8000 0000

林ノ上遺跡・上川原遺跡(縄文人の居住始まる)

8
30
34
36

3 B.C.6000 0000

拝島第三小学校西遺跡(縄文早期末)

4 B.C.4000 0000

西上遺跡・広福寺台遺跡・龍津寺東遺跡(縄文中期昭島縄文人の活動最盛期)

30
36
57

5 B.C.2000 0000

龍津寺東遺跡の敷石住居(縄文後期の遺跡減少・衰退期)

30
38
40

6 B.C.1000 0000

坂上遺跡(縄文晩期の小規模集落)

30
40

7 B.C.300 0000

〔この頃、関東地方へ農耕波及〕

8 B.C.300 0000

多摩川中流域には遺跡がほとんど発見されていない

9 古墳時代 0400

〔多摩川下流域に大形古墳〕

10 古墳時代 0512

この頃、山ノ神遺跡営まれる

9
44

11 安閑元年 0531

〔大和政権の東国進出〕

9

12 宣化三年(欽明七年) 0538

〔多摩川下流域に横穴式石室及び横穴現われる〕

42

13 推古一二年 0604

〔この頃、多摩川流域に横穴式石室・横穴が盛行〕

9
42
48

14 大化元年 0645

この頃、大神古墳が営まれる

9

15 天武元年 0672

この頃、浄土古墳・経塚下古墳営まれる

9
46
47
48

16 天武一二年 0683

〔この頃、武蔵国の国郡の境界が定まる〕

17 和銅元年 0708

〔秩父郡より銅が献上される〕

18 和銅六年 0713

この頃、多磨郡名公式に定まる

57

19 霊亀二年 0716

〔高麗郡の設置〕

20 養老二年 0718

養老律令制が施行される

21 養老四年 0720

この頃、玉川町火葬墓が営まれる

51

22 天平一三年 0741

〔この頃、武蔵国分寺の建立開始〕

50

23 天平一三年 0741

この頃、熊野神社東遺跡に集落

11

24 天平宝字二年 0758

〔新羅郡の設置〕

25 宝亀二年 0771

〔武蔵国、東山道から東海道へ転属〕

26 宝亀二年 0771

この頃、啓明学園・偕生園・経塚下遺跡に集落(平安時代前期に継続)

11
57

27 延暦一四年 0795

〔東国の防人を廃止〕

28 貞観三年 0861

〔群盗の横行に対し、武蔵国の郡ごとに検非違使を配置〕

58

29 貞観九年 0867

〔右大臣藤原良相、多磨郡の弓削荘の荘園を山城国貞観寺領として寄進〕

30 貞観九年 0867

〔この頃、武蔵国に勅旨牧・官牧を設置〕

31 貞観 0877

この頃、武蔵七党が形成される。昭島周辺は村山党・西党の勢力下

11
12
65

32 承平五年 0935

〔平将門の乱はじまる〕

33 天暦六年 0952

大日堂建立の伝説あり

72
74

34 安和二年 0969

この頃、経塚下遺跡・滝ノ上遺跡・東耕地遺跡に集落

51
54

35 久寿元年 1154

〔中山白山神社(八王子)経文に船木田荘名、八王子・日野地域が摂関家荘園〕

36 治承元年 1180

〔頼朝、武蔵国府へ進出〕

37 元暦元年 1184

〔平賀義信、武蔵守となる〕

38 文治元年 1185

平氏一門滅亡

39 建久元年 1190

頼朝、上洛する

63

40 建久六年 1195

頼朝、上洛する

63

41 建永二年 1207

〔幕府、武蔵国荒野の開発にのリ出す〕

42 承元四年 1210

武蔵国の田文を作る

43 嘉祿二年 1226

〔河越重員、武蔵国留守所総検校職に任ぜられる〕

44 仁治二年 1241

〔幕府、武蔵野に多摩川の水を引き水田を開く〕

12
65

45 建治三年 1277

昭島市内の現存板碑最上限年代。以後、延徳二年(一四九〇)銘のものまで五十二枚現存

66
67
68
70

46 永仁五年 1297

この頃の瓦が大日堂下遺跡より出土

12
67

47 正和三年 1314

大日堂仁王門の金剛力士像(阿形像)造立。この年以前に浄土寺創建される

74

48 正和四年 1315

大日堂仁王門の金剛力士像(吽形像)造立

74

49 元弘三年 1333

〔新田義貞、分倍河原の戦いに北条軍を破る〕

78

50 建武四年 1337

広福寺に「建武四」の銘の板碑あリ

51 観応二年 1351

阿弥陀寺「六字名号」板碑立つ

52 文和元年 1352

〔武蔵野合戦〕

53 延文元年 1356

観音寺に「延文元年」銘の板碑あリ

70

54 延文五年 1360

熊野神社(中神)創建と伝える

55 貞治二年 1363

広福寺(福島)創建と伝える

67

56 貞治年間 1367

普済寺版経典に福島の名がみえる。市域地名の史料上の初見

78

57 至徳元年 1384

〔大石信重、案下城を築く〕

58 明徳三年 1392

南北朝時代の板碑十一基が現存する。すべて北朝年号である

78

59 応永一八年 1411

広福寺開山直庵啓端没

60 応永二三年 1416

〔この頃、立河郷の立河氏没落〕

65

61 康正元年 1455

〔第一次立河原合戦おこる〕

13
80

62 長禄元年 1457

大田道灌、江戸城を築く

63 文明一七年 1485

〔この頃、堯恵・道興淮后東国歴遊〕(『北国紀行』・『廻国雑記』)

64 永正元年 1504

〔第二次立河原合戦おこる〕

13
80

65 永正六年 1509

〔連歌師宗長東国旅行『東路のつと』〕

66 大永元年 1521

大石定重、滝山城を築城。

70
82

67 大永元年 1521

この頃、大神にあった浄土寺を拝島に移すと伝う

70
72

68 天文一五年 1546

〔立河郷に立川氏台頭〕

65

69 天文年間 1555

龍津寺(拝島)・稲荷神社(郷地)・福島神社(福島)創建と伝う

70 永祿三年 1560

北条氏照、滝山城に入城

70
82
84

71 永祿四年 1561

〔氏照、青梅の三田氏を攻略〕

70
82
84

72 永祿六年 1563

龍津寺開山説翁星訓没

73 永祿一二年 1569

甲斐の武田軍、滝山城を攻撃、拝島の森に陣取る、この時、大神の東勝寺焼失と伝う

70

74 元亀二年 1571

紅林八兵衛宛、北条氏政感状あり。(紅林家文書)

84

75 元亀三年 1572

この頃、北条氏照、城を八王子に移す

14
70

76 天正六年 1578

拝島の元三大師開創と伝う

72

77 天正一八年 1590

〔徳川家康関東に入部する〕

15
87

78 天正一九年 1591

〔家康、武蔵国を検地す〕この頃、旗本内藤正経・鎌田正久が、それぞれ福島村・宮沢村の領主となる

80

79 慶長五年 1600

〔八王子千人同心成立〕

80 元和元年 1615

大坂夏の陣で福島村領主内藤正経討死

81 寛永元年 1624

中神村福厳寺開創

82 寛永一〇年 1633

旗本中川忠次郎郷地村を知行す

83 正保二年 1645

市域十ヶ村の名『武蔵田園簿』にみえる

89

84 承応二年 1653

玉川上水通水

15
103

85 寛文七年 1667

市域各村検地が実施さる

93

86 寛文八年 1668

武蔵野新田検地 この頃より武蔵野台地の開発が進む

97
100
101

87 貞享二年 1685

作目村流失と伝う(『桑都日記』)

100

88 元祿一〇年 1697

旗本土岐定武が大神村、坪内定鑑が中神村を知行する

90

89 宝永元年 1704

宮沢・上川原村の村境争論がおこる

90 宝永四年 1707

旗本岡部長興、宮沢・拝島村両村を、太田政資、拝島・田中両村を、曽雌定勇中神村を知行する

91 宝永七年 1710

拝島領九ヶ村と日野領七ヶ村用水堰争論

92 正徳三年 1713

宮沢・上川原村間で、土地所属権をめぐる争論おこる

93 享保五年 1720

上川原村家数二六軒・人数一三七人

94 享保八年 1723

〔武蔵野台地開発の指令発布〕

101

95 享保九年 1724

市域の各村に開発地が、割り渡される

102

96 享保一八年 1733

上川原村をはじめ市域各村畑地大凶作

97 元文元年 1736

開発地に新田検地帳交付さる

87
93

98 元文三年 1738

武蔵野新田大凶作

99 元文五年 1740

拝島村宿内に玉川上水分水を引き入れる

15
103

100 宝暦五年 1755

〔この頃、多摩地方大飢饉〕