豊島区/としまひすとりぃ

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 できごと
1 昭和1 1926

12月

31日

村松時計労働者、解雇・賃下げ反対争議をおこす。25日解決 【社会政策時報】
2 昭和2 1927

1月

3日

西巣鴨町大字池袋字蟹ヶ窪642の池袋病院で火事(1926年11月10日開院) 【朝日】
3 昭和2 1927

1月

6日

一友会創立 【高田町政史】
4 昭和2 1927

1月

7日

高田本町会創立 【高田町政史】
5 昭和2 1927

1月

12日

城西学園中学校設置認可を文部大臣に申請。4月6日認可。4月長崎町字地蔵堂1008に開校 【校史】
6 昭和2 1927

1月

15日

長崎町会、土木常設委員設置規程を議決 【町村及町村組合例規類集】
7 昭和2 1927

1月

16日

巣鴨町火事、159戸焼失 【日本の大火】
8 昭和2 1927

1月

五郎窪町会創立 【長崎町誌】
9 昭和2 1927

2月

25日

日本労農党京北支部結成 【資4-681~2】
10 昭和2 1927

2月

27日

高田町、汚物掃除規則を定め、4月1日から塵芥処理の直営を実施、上板橋の捨場に搬出 【高田町史】
11 昭和2 1927

2月

28日

西巣鴨町会、町会議長に関する条例を議決 【西巣鴨町例規類集】
12 昭和2 1927

2月

中央合同労働組合池袋支部、細沼万年筆工場の労働者により組織される 【産業労働時報】
13 昭和2 1927

2月

昭和会創立 【高田町政概要】
14 昭和2 1927

3月

10日

西巣鴨町会、町公報発行規程議決。4月1日より施行 【西巣鴨町例規類集】
15 昭和2 1927

3月

17日

長崎町会、議決の年功加俸給与条例を府知事許可。23日告示 【町村及町村組合例規類集】
16 昭和2 1927

3月

西向及西原の長親会創立 【長崎町誌】
17 昭和2 1927

4月

1日

第6巣鴨尋常小学校、西巣鴨町大字池袋字本村246に設置 【西巣鴨町誌】
18 昭和2 1927

4月

1日

巣鴨宮仲橋郵便局、西巣鴨町大字巣鴨字宮仲2573に設置 【法令全書】
19 昭和2 1927

4月

5日

財団法人城西学園中学校設置により、私立城西学園廃止 【校史】
20 昭和2 1927

4月

16日

西武鉄道、高田馬場・東村山間開通 【T】
21 昭和2 1927

4月

29日

養育院巣鴨分院、改築落成 【養育院六十年史】
22 昭和2 1927

4月

日本共産党中央委員会、大塚駅付近で行われる 【思想月報】
23 昭和2 1927

4月

古木田会創立 【高田町政概要】
24 昭和2 1927

5月

1日

雑司が谷浅井原郵便局、高田町大字雑司ケ谷字御堂杉730に設置 【法令全書】
25 昭和2 1927

5月

2日

婦人解放運動家福田英子没、染井霊園に墓あり 【朝日】
26 昭和2 1927

5月

5日

善誠舎、西巣鴨町大字池袋字本村322に設立 【東京府管内社会事業施設要覧】
27 昭和2 1927

5月

9日

長崎町長崎第2耕地整理組合設立を府知事認可 【府公報】
28 昭和2 1927

5月

25日

長崎町会、町税徴収期限規程を議決 【町村及町村組合例規類集】
29 昭和2 1927

6月

15日

川村女学院付属幼稚園設置を府知事が認可。9月7日開園(1944年休園、1948年6月廃止) 【校史】
30 昭和2 1927

7月

24日

芥川竜之介自殺、慈眼寺に墓あり 【日本人名大事典】
31 昭和2 1927

7月

水原親交会創立 【高田町政概要】
32 昭和2 1927

9月

2日

逓友同志会巣鴨支部、豊島消費組合をつくる 【特高関係半年報】
33 昭和2 1927

9月

6日

東京女子高等ミシン学校、西巣鴨町大字巣鴨字宮仲2222に設置を府知事認可 【文部省公文書】
34 昭和2 1927

9月

15日

川崎第百銀行池袋出張所、西巣鴨町大字池袋字原893に開業 【社史】
35 昭和2 1927

9月

高田町和会創立 【高田町政概要】
36 昭和2 1927

10月

14日

長崎町会、吏員分限規程と給仕使丁給料支給規程を議決 【町村及町村組合例規類集】
37 昭和2 1927

10月

15日

高砂睦会創立 【高田町政史】
38 昭和2 1927

10月

16日

巣鴨郵便局巣鴨町大字巣鴨3丁目16へ新築移転 【T】
39 昭和2 1927

11月

7日

白陽社自動車製作所労働者、工場閉鎖反対争議をおこす。20日解決 【労働時報】
40 昭和2 1927

11月

18日

巣鴨町会、下水道部設置規程を決議 【町村及町村組合例規類集】
41 昭和2 1927

11月

24日

東京女子高等洋服学校、巣鴨町大字巣鴨に設立認可を府知事からうける(1930年9月蒲田区に移転) 【文部省公文書】
42 昭和2 1927

11月

28日

王子電気軌道労働者、監督制度に関する争議をおこす。12月27日解決 【社会政策時報】
43 昭和2 1927

12月

10日

麹町銀行大塚支店、合併により川崎第百銀行大塚支店になる 【社史】
44 昭和2 1927

12月

13日

高田警察署、高田町大字高田字金久保沢1057に移転 【府公報】
45 昭和2 1927

12月

豊島師範学校付属小学校舎再築竣工 【校史】
46 昭和2 1927

高田会館、法明寺境内二王門脇に設置 【高田町史】
47 昭和2 1927

西方寺、浅草区聖天町より、西巣鴨町大字巣鴨字庚申塚362に移転 【T】
48 昭和3 1928

1月

6日

並木製作所労働者、解雇反対争議をおこす。16日解決 【社会政策時報】
49 昭和3 1928

1月

17日

西巣鴨町長に田中初太郎就職。1929年2月25日退職 【府公報】
50 昭和3 1928

1月

20日

高田町長に中山屻三就職。1929年9月7日退職 【府公報】
51 昭和3 1928

1月

22日

西巣鴨大原郵便局、高田町大字雑司ケ谷字西谷戸大門原1122に移転し高田上り屋敷郵便局と改称 【法令全書】
52 昭和3 1928

1月

31日

関東合同労働組合城西繊維工支部、関東合同から除名される 【資4-1209~10】
53 昭和3 1928

2月

6日

第84銀行、昭和銀行にひきつがれ、その目白支店も昭和銀行目白支店になる 【社史】
54 昭和3 1928

2月

10日

荒玉水道町村組合、給水条例を定める 【町村及町村組合例規類集】
55 昭和3 1928

2月

10日

巣鴨高等商業学校設立を文部大臣認可。4月1日西巣鴨町大字巣鴨字宮仲2639に開校 【法令全書】
56 昭和3 1928

2月

14日

西巣鴨町大字巣鴨字向原で火事、52戸を焼く 【日本の大火】
57 昭和3 1928

2月

16日

日本女子割烹専修学校設立を府知事認可。西巣鴨町大字池袋字丸山1532に開校 【文部省公文書】
58 昭和3 1928

2月

20日

第16回衆議院議員総選挙、男子普通選挙第1回。東京6区で中村継男、前田米蔵、中島守利、鶴岡和文、佐藤正が当選 【衆議院議員選挙の実績】
59 昭和3 1928

2月

中央婦人会、長崎町字大和田1919に設置 【区史年表】
60 昭和3 1928

3月

6日

高田町女子青年団発会式 【高田町史】
61 昭和3 1928

3月

15日

市電自治会大塚車庫の小林信吉、共産党弾圧の3.15事件で検挙 【東京交通労働組合史】
62 昭和3 1928

3月

31日

同潤啓成社、内務大臣の許可を受け、財団法人啓成社として独立 【T】
63 昭和3 1928

3月

31日

大塚公園(養育院跡、小石川区大塚辻町・仲町と巣鴨町大字巣鴨字宮下1843・1844にまたがる)開園 【市公報】
64 昭和3 1928

3月

東京聖労院、浅草区から高田町大字雑司ケ谷字威光534に移転。同年5月、同516番地に移転 【東京市内外社会事業施設概要】
65 昭和3 1928

3月

本妙寺の遠山景元墓、府標識史跡に指定 【東京都の文化財】
66 昭和3 1928

4月

1日

第1、2、3、4、5、6の各巣鴨尋常小学校、それぞれ西巣鴨第1、2、3、4、5、6の各尋常小学校と改称 【西巣鴨町誌】
67 昭和3 1928

4月

1日

長崎第2尋常小学校、長崎町字北荒井475に設置 【長崎町誌】
68 昭和3 1928

4月

1日

観光幼稚園、東福寺境内に開設 【区勢要覧】
69 昭和3 1928

4月

1日

西池袋郵便局、西巣鴨町大字池袋字上1041に設置 【法令全書】
70 昭和3 1928

4月

11日

巣鴨染井下郵便局、巣鴨町大字上駒込字大畔下691に設置 【法令全書】
71 昭和3 1928

4月

15日

荒玉水道組合役場、西巣鴨町大字池袋字蟹ケ窪642へ移転 【府公報】
72 昭和3 1928

4月

18日

川崎第百銀行池袋出張所、支店に昇格 【社史】
73 昭和3 1928

4月

21日

栄和幼稚園、西巣鴨町大字池袋字西山606に開設 【西巣鴨町誌】
74 昭和3 1928

4月

26日

東京市立聾学校、麹町区から巣鴨町大字巣鴨字宮下1849へ移転を文部大臣認可 【法令全書】
75 昭和3 1928

4月

本教寺の服部嵐雪の墓、府標識史跡に指定 【東京都の文化財】
76 昭和3 1928

5月

1日

並木製作所従業員の自治組織「憂喜和会」設立 【社史】
77 昭和3 1928

5月

2日

高田町大字高田字八反目の煙火工場から出火57戸を焼く 【日本の大火】
78 昭和3 1928

5月

5日

株式会社大正製薬所創立、高田町大字高田に工場をおく 【社史】
79 昭和3 1928

5月

15日

逓友同志会落合支部結成 【全逓労働運動前史】
80 昭和3 1928

5月

武蔵野鉄道株式会社、旭出より護国寺に至る支線敷設出願。年末、鉄道省特許。高田町会1929年1月22日特許取消方に関し意見書・陳情書議決、府知事・鉄道大臣に送付 【資4-380】
81 昭和3 1928

6月

3日

日本労農党北豊島南部支部創立 【資4-666~7】
82 昭和3 1928

6月

10日

府会議員選挙。北豊島郡選挙区で中村梅吉、有島浅雄、林連、大木金兵衛、山口久太郎、石川光孝、為藤五郎(住所西巣鴨町大字巣鴨字宮仲2401)、篠房輔、石井武一郎、佐藤久太郎(住所巣鴨町大字巣鴨字下新田1135)、近藤誠一郎(住所西巣鴨町大字巣鴨字新田732)、丸山秀夫、小袋惣九郎が当選 【府公報】
83 昭和3 1928

6月

18日

日本電業社労働者、待遇改善要求争議をおこす。27日解決 【資4-1211~2】
84 昭和3 1928

6月

22日

日本労農党京北支部1928年度大会開催 【資4-677~81】
85 昭和3 1928

6月

23日

仰高北尋常小学校、巣鴨町大字巣鴨字下新田1023に開校 【区史、1941】
86 昭和3 1928

6月

24日

斉藤孝一郎、府会議員選挙異議申立、7月5日東京府参事会却下決定 【府公報】
87 昭和3 1928

6月

巣鴨脳病院、巣鴨病院と改称(1945年4月13日空襲で焼失) 【東京の私立精神病院史】
88 昭和3 1928

7月

19日

昭和洋服学校、高田町大字高田字四ッ家336に設置を府知事認可。のち中野区宮園通5-52に移転し、1939年4月30日廃止 【文部省公文書】
89 昭和3 1928

7月

19日

城西繊維工支部、関東合同復帰承認される 【資4-1215~6】
90 昭和3 1928

7月

27日

西巣鴨町、西巣鴨町職業紹介所規程を定める 【資4-1173~4】
91 昭和3 1928

8月

1日

西巣鴨町、西巣鴨町職業紹介所処務規程を定める 【資4-1174~5】
92 昭和3 1928

8月

11日

武蔵野鉄道、池袋・練馬間複線運転開始 【T】
93 昭和3 1928

8月

17日

王子電気軌道株式会社、電気料金改正を逓信大臣に届出る 【資4-761~3】
94 昭和3 1928

8月

25日

西巣鴨町が西巣鴨町職業紹介所を西巣鴨町大字巣鴨字宮仲2801に竣工 【西巣鴨町誌】
95 昭和3 1928

8月

滝野川学園、谷保村に移転 【滝野川学園の歴史】
96 昭和3 1928

9月

1日

日本昼夜銀行江戸川支店池袋出張所、支店に昇格 【社史】
97 昭和3 1928

9月

6日

府県道27号、西巣鴨・本郷線と府県道34号、西巣鴨・戸塚線の一部新しくなり、供用開始(大塚辻町から下り谷の交差点をへて池袋駅まで) 【府公報】
98 昭和3 1928

9月

11日

桜楓会、巣鴨託児所閉鎖。丸山ちよ、巣鴨託児所の施設を使用して、従来の事業を個人経営として引き継ぎ、西窓学園を創設(1945年空襲で焼失) 【丸山先生の生涯】
99 昭和3 1928

9月

16日

東京市長、市電板橋線軌道工事施行認可申請を内務大臣・鉄道大臣に出す。1929年3月19日認可 【資4-829~30】
100 昭和3 1928

9月

日本労農党北豊島南部支部高田分会、町営実費診療所に関する建議案を高田町会に提出 【資4-671~5】