港区教育委員会/デジタル港区教育史

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 明治元(慶応4)年 1868

閏4月

福沢諭吉、学塾を築地鉄砲洲より芝新銭座に移転、慶応義塾と改称

2 明治元(慶応4)年 1868

明治以前より芝・麻布・赤坂地区に、私塾・寺子屋が多く存続。明治六年の「開学願書・開学期細調」及び明治二三~二六年刊の「日本教育史資料」によると明治以前からのものは五六に達していた。 これを開業年別にみると、江戸晩期、芝には慶応義塾をはじめ一〇の私塾・龍江堂はじめ二七の寺子屋文久のころ、赤坂には二四の塾江戸末期、赤坂には歳泉堂(慶応のころ生徒数三八〇)明治初年、麻布には端塾はじめ一〇の私塾・三峡堂はじめ一三の寺子屋維新後、芝には慶応義塾、攻玉塾はじめ一四の私塾と区(郷)学校はじめ三五の寺子屋

3 明治3年 1870

3月

増上寺内源流院に東京府学六校のうち仮小学第一校として認可(鞆絵学校前身)

4 明治3年 1870

4月

区学所培其根 飯倉町に開所

5 明治3年 1870

6月

増上寺内源流院に文部省直轄仮小学第一校として開校(鞆絵小学校前身)

6 明治3年 1870

6月

赤坂裏伝馬町二の自身番跡 習学所開設(赤坂小学校の前身)

7 明治4年 1871

3月

慶応義塾、芝三田の旧島原藩邸に移転

8 明治4年 1871

3月

三田四国町二、春林寺本堂で授業開始(南海小学校前身)

9 明治4年 1871

3月

攻玉塾が慶応義塾あと新銭座に移る。

10 明治4年 1871

8月

工部省所属学舎「工学寮」虎ノ門内、日向延岡藩邸内に置く。寄宿寮を赤坂潮見坂下の松平大和守邸内「現大倉集古館」付近に設置

11 明治4年 1871

12月

小学第一校(鞆絵小学校前身)西久保巴町三五(四五)に移転 府内の他の五校とも文部省直轄となる。

12 明治5年 1872

4月

芝増上寺内に開拓使仮学校を開設(札幌農学校の前身 明治八年に北海道に移転)

13 明治5年 1872

4月

小学舎三田四丁目春林寺に開舎

14 明治5年 1872

5月

芝増上寺内の開拓使仮学校に開拓使女学校を併設(明治九年廃校)

15 明治5年 1872

5月

愛宕下町四丁目三 木下邸に育幼社開設(桜川小学校前身)

16 明治5年 1872

5月

私学開業願 芝九・麻布二・赤坂一

17 明治5年 1872

10月

三田台裏町薬王寺内 開蒙舎開校(児童数約一〇〇)(御田小学校前身)

18 明治5年 1872

11月

小学第一校 第一大学区第二中学区第一番小学校と称する。(鞆絵小学校前身)

19 明治5年 1872

11月

小学第一校(鞆絵小学校前身)他の五校とともに東京府管轄となる。

20 明治6年 1873

3月

春林寺幼童学所開設(児童数一〇〇)(南海小学校前身)

21 明治6年 1873

3月

第一大学区第二中学区第三小学御田学校開校(開蒙社引き継ぐ。)

22 明治6年 1873

4月

木下侯郷塾 育幼社跡に公立桜川学校開校(育幼社引き継ぐ。)

23 明治6年 1873

4月

幼童学所三田三丁目木村宅に開所

24 明治6年 1873

4月

幼童学所本芝三丁目今井宅に開所

25 明治6年 1873

5月

生活困窮家庭子弟学校(幼童学所)飯倉町に設立

26 明治6年 1873

8月

逓信官吏練習所の前身芝汐留に開校

27 明治6年 1873

9月

第一大学区第三中学区第三番小学茜陵学校開校(赤坂小学校前身)(一ッ木町七五)

28 明治6年 1873

10月

慶応義塾医科開業(明治一三年廃止)

29 明治7年 1874

1月

和田義郎、慶応義塾内に和田塾開設(幼稚舎前身)

30 明治7年 1874

2月

慶応幼稚舎幼童教育開始(三田四の三六)

31 明治7年 1874

6月

第一大区第二中学区第七番小学南海学校開校(春林寺幼童学所引き継ぐ。)

32 明治7年 1874

9月

第三中学区第七番小学氷川学校 私立として設立(赤坂氷川町一二番地泰林堂塾改称)(明治四一年赤坂区公立小学校となる。)

33 明治7年 1874

10月

海軍経理学校の前身「会計学舎」芝公園地内に開校(明治二一年築地に移転)

34 明治7年 1874

10月

私学開業願 芝二・赤坂二             `

35 明治7年 1874

10月

家塾開業願 芝九・麻布八・赤坂二

36 明治7年 1874

11月

小学第一校 第一大学区第二中学区第一番小学鞆絵学校と称し、校舎改築

37 明治7年 1874

11月

津田仙の協力で青山学院の前身「女子小学校」麻布新堀町に開校

38 明治7年 1874

11月

私立小学校開業願 芝五・麻布一・赤坂一

39 明治8年 1875

1月

南海小学校 三田四国町五 校舎新築移転(明治九年寄付により三教室増設)

40 明治8年 1875

5月

慶応義塾演説館開館

41 明治8年 1875

6月

曹洞宗専門校開校(芝青松寺獅子窟学寮内)

42 明治8年 1875

6月

私学開業願 芝二四・麻布五・赤坂三

43 明治8年 1875

6月

私立小学校開業願 芝二

44 明治8年 1875

6月

桜川学校 第一大学区第二中学区第二番公立小学桜川女学校と改称、男子は全部鞆絵小学校に移す。

45 明治8年 1875

6月

第一大学区第二中学区第一五番小学麻布学校開校 麻布市兵衛町二の六三 教員数三 児童数一〇〇余 木造二階家建増校舎

46 明治8年 1875

7月

津田仙、学農社学校開校 麻布東町二三

47 明治8年 1875

11月

茜陵学校を赤坂学校と改称 教員数四 児童数七五

48 明治8年 1875

11月

第一大学区第三中学区第一七番小学青山学校開校 青山南町四の四 教員数五 児童数一九四

49 明治9年 1876

1月

第一大学区第二中学区第二二番小学白金学校開校 荏原郡白金村(後の上三光町)教員数三児童数三〇余 当初白金村小学校と称し大鳥圭介長屋借用

50 明治9年 1876

2月

河村女校開設(芝森元町一一)

51 明治9年 1876

2月

私学開業願 芝二七・麻布三・赤坂三

52 明治9年 1876

2月

私立小学校開業願 芝一・麻布一

53 明治9年 1876

10月

第一大学区第三中学区第二八番小学棲霞学校開校 青山南町六の六三

54 明治9年 1876

11月

青山小学校分教場開設 青山南町六の一二九

55 明治9年 1876

12月

第一大学区第二中学区第二七番小学南山学校開校 麻布宮村町八 教員数七 児童数一九六(明七年一〇月より開設運動、校舎建築)

56 明治10年 1877

4月

第一大学区第二中学区第二六番小学桜田学校開校 芝新幸町五 児童数男子四九(男子校)

57 明治10年 1877

4月

鞆絵小学校に東京府師範学校分校を設置

58 明治10年 1877

4月

私学開業願 芝三四・麻布三・赤坂二

59 明治10年 1877

4月

私立小学校開業願 芝六・麻布二

60 明治10年 1877

10月

御田小学校、三田台一の六に校舎新築、一の二〇に運動場設置(五二八坪)

61 明治10年 1877

10月

棲霞学校 青山学校と合併

62 明治10年 1877

10月

桜田女子小学設立開校 芝南佐久間町二(前南桜小学校前身・現桜小学校)

63 明治10年 1877

10月

東京一致神学校授業開始 築地一七番地(明治学院の前身)

64 明治10年 1877

10月

桜田小学校に商業夜学校設置

65 明治11年 1878

4月

私学開業願 芝二三・麻布五・赤坂五

66 明治11年 1878

4月

私立小学校開業願 芝一・赤坂一

67 明治11年 1878

9月

東京大学理学部観象台(後の東京天文台)麻布飯倉町三の一七・一八に設置される

68 明治11年 1878

10月

第一大学区第二中学区第三二番公立小学飯倉学校開校(私立田辺小学校合併) 教員数五 児童数八五

69 明治11年 1878

11月

鞆絵小学校、芝区より麻布区に移管(区画改正のため。)

70 明治11年 1878

12月

白金小学校、荏原郡より芝区の管理下となる。

71 明治12年 1879

2月

第一大学区第二中学区第三九番公立小学芝学校開校 教員数四 児童数五八(新堀町三織田氏邸購入改修開校)

72 明治12年 1879

4月

以後、各校 各区公立の学校となる。

73 明治12年 1879

9月

商業夜学校を廃し、府立の庶民夜学校を各区に一校設置

74 明治12年 1879

9月

飯倉小学校内に夜間庶民夜学校開設(後に深仁夜学校)

75 明治12年 1879

9月

赤坂小学校内に府立の庶民夜学校開設

76 明治12年 1879

9月

桜川女学校内に府立の庶民夜学校開設

77 明治12年 1879

9月

私学開業願 芝二四・麻布七・赤坂一

78 明治13年 1880

1月

鞆絵小学校 麻布区より芝区へ移管

79 明治13年 1880

1月

東京府令により赤坂区私立小学組合が成立

80 明治13年 1880

1月

慶応義塾内旧和田塾(幼年局)を幼稚舎と改称

81 明治13年 1880

4月

桜川女学校を桜川小学校と改称 男子入学許可

82 明治13年 1880

5月

赤坂小学校 校地拡張

83 明治13年 1880

5月

慶応義塾旧医学校跡に私立三田英語学校開校

84 明治13年 1880

11月

鞆絵小学校芝区管理に帰し、東京府芝区鞆絵小学校と改称

85 明治13年 1880

11月

私学開業願 芝一七・麻布七・赤坂二

86 明治13年 1880

11月

私立小 芝七(夜二)麻布三(夜一)赤坂二(夜一)

87 明治13年 1880

11月

南海小学校 地域住民による庶民夜学校開設

88 明治14年 1881

4月

芝区教育会創立

89 明治14年 1881

5月

東京英和学校 青山南町七の一に転入開校(青山学院の前身)

90 明治14年 1881

5月

成医会講習所開所 京橋区鎗屋町(東京慈恵会医科大学の前身)

91 明治14年 1881

7月

府立の庶民夜学校廃止に伴い南山小学校 夜学校開設 南山小学附属庶民夜学校と称する。

92 明治14年 1881

7月

赤坂小学校内 府立の庶民夜学校廃止

93 明治14年 1881

8月

桜川・南海小学校に公立庶民夜学校開設(従来の夜学校生徒引継ぐ)

94 明治14年 1881

8月

麻布・飯倉小学校内に区立庶民夜学校設置(実業補修学校)(三河台尋常夜学校)

95 明治14年 1881

9月

青山小学校 分教場開設 青山南町四の二八

96 明治14年 1881

10月

赤坂小学校に区立附属夜学校開校

97 明治14年 1881

10月

私学開業願 芝一六・麻布五・赤坂二

98 明治14年 1881

10月

私立小 芝一・麻布一・赤坂二

99 明治15年 1882

3月

麻布庶民夜学校閉校

100 明治15年 1882

4月

麻布区南山・飯倉小学校 初等・中等科設置、麻布小学校 初等科・高等科設置と改正 初等科三年、中等科二年、高等科二年制となる。