多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 多古町史 郷土史年表 事項文 多古町史 参考事項 事項文
1 前二〇〇〇頃 0000 多古町の各地から縄文土器が出土し、貝塚があり、数千年前から人々が生活していたことがわかる
2 前三世紀頃 0000 町内各地から弥生式土器が出土、丸木舟や石器の出土(金石併用時代)、住居跡などにより村落があったことがわかる
3 五七 0057 倭の奴国王が後漢に朝貢し、光武帝から印綬を授けられる(後漢書)
4 一三五 0135 成務天皇の時、須恵・馬来田・伊甚・上海上・菊麻・武社・阿波の七国造をおき、この地方は武社に属した
5 二三九 0239 倭の女王卑弥呼、魏の明帝から親魏倭王に任ぜられる(魏志)
6 二八五 0285 応神天皇の時、下海上・印波、両国造をおき、この地方は下海上に属した
7 三世紀後半~七世紀 0700 この頃の古墳が、町内に三〇〇基以上見られる
8 四八八~五〇六 0506 仁賢・武烈天皇の頃、物部小事大連によって匝瑳郡が建てられる(続日本後記)
9 宣化三 0538 仏教伝来
10 推古元 0593 聖徳太子摂政となる
11 推古一二 0604 十七条憲法制定
12 推古一五 0607 小野妹子らを隋に遣わす
13 推古一五 0607 法隆寺建立
14 推古三四 0626 この年、霖雨、大飢饉がおこる
15 舒明八 0636 この年、大旱で天下飢える
16 大化元 0645 諸国に国司を置き、下総国府を東葛飾郡国府台におく(文化史年表)
17 大化二 0646 大化改新の詔を宣する
18 大化五 0649 海上・印波、両国造の部門をさいて香取郡をたて、香取神宮の神郡とす(文化史年表)
19 大宝元 0701 大宝律令成る
20 大宝三 0703 上毛野朝臣男足、下総国司となる。長官任命の最初である
21 慶雲元 0704 この年から三年間、水旱・飢饉が続き、百姓多く死亡する
22 和銅元 0708 和同開珎を発行する
23 和銅三 0710 平城(奈良)遷都
24 和銅五 0712 「古事記」ができる
25 和銅六 0713 「風土記」をつくらせる
26 養老四 0720 「日本書紀」ができる
27 天平元 0729 飯笹瀧門寺建立といわれる
28 天平七 0735 天然痘により多数死亡する
29 天平一三 0741 諸国に国分寺を建てる
30 天平宝字中 0764 寺作に律宗土橋阿弥陀院(後に東禅寺)、北場に東燿寺(現在の浄妙寺)建立といわれる
31 宝亀元 0770 この頃、大伴家持万葉集を編す
32 宝亀三 0772 東松崎字稲荷山に松崎神社創建と伝えられる(社伝)
33 延暦一三 0794 平安(京都)遷都
34 延暦一六 0797 次浦惣躰神社創建といわれる(社伝)
35 延暦一六 0797 坂上田村麻呂が東北地方の蝦夷を平定
36 大同元 0806 空海、多古に妙薬寺を建立と伝えられるも不詳
37 大同元 0806 多古、大宮大神創建と伝えられる(社伝)
38 大同三 0808 東松崎顕実寺創建といわれる。牛尾白幡神社勧請(社伝)
39 弘仁二 0811 空海、多古地方巡歴の伝説あり
40 弘仁七 0816 空海、高野山を開く
41 承和中 0847 仁明天皇の時、北中に六所大神創建と伝えられる(社伝)
42 貞観一五 0873 清和天皇が皇子・皇女などに源姓を与える(清和源氏)
43 元慶二 0878 関東地震
44 仁和三 0887 藤原基経を関白とする
45 仁和三 0887 諸国大地震
46 寛平元 0889 桓武天皇の曾孫高望王に平姓を与える(桓武平氏)
47 寛平六 0894 遣唐使派遣中止
48 承平五 0935 平将門の乱始まる
49 天慶元 0938 林に小島政国あり(長者屋敷)
50 天慶三 0940 平将門が討伐された
51 天徳元 0957 夏に飢饉、穀価騰貴す
52 長保二 1000 疫病流行、翌年の春・夏に及ぶ
53 長元元 1028 良文の孫忠常反乱、誅せられる。その子常将始めて千葉氏を姓とする
54 長元元 1028 松崎神社兵火にかかりしを再建す
55 長元四 1031 坂並・公ガ辺田台に城を構え、太太長者といわれた忠常の二子中村太郎忠将、父の叛乱に党して源頼義のために滅ぼされる(中村誌)
56 永承元 1046 中村小太郎常方(忠将の嫡子)が、中城(鴻の巣台)にいた(中村誌)
57 永承二 1047 諸国旱害
58 永承六 1051 常方、源頼義に従い前九年の役に参加、勲功ありと伝えられる(中村誌) 良文より五世の常長及びその子常兼(大椎城)常晴(相馬五郎)・常房(鴨根次郎)頼常(原四郎)常益(岩部五郎)常余(栗源太郎)も頼義に従って同戦に参加(千葉伝考記他) なお、大原内の妙見宮は常長の勧請といわれる(多古由来記)
59 永保三 1083 後三年の役(常長・常兼父子大功)
60 寛治七 1093 この冬、疱瘡が流行し、多数の小児が死亡する
61 長承三 1134 この年、洪水・飢饉・咳病が流行する
62 保延元 1135 千葉常胤が家督を継ぎ下総介となる(千葉大系図)
63 保元元 1156 保元の乱(崇徳上皇、讃岐へ)
64 平治元 1159 平治の乱(平氏勢力増大)
65 永暦元 1160 源頼朝伊豆に流される
66 仁安二 1167 平清盛太政大臣となる
67 安元元 1175 長雨により諸国に被害
68 治承四 1180 常胤その孫成胤と共に、平忠盛の女婿千田庄領家判官代・千田親政を攻めてこれを捕虜とし頼朝に献ず
69 治承四 1180 常胤弟(或は胤政九男ともいう)胤幹・その子胤氏千田庄領主となると伝えられる
70 治承四 1180 源頼朝千田字仮屋に来り、数日滞留せりと、不詳
71 治承四 1180 頼朝、伊豆に挙兵
72 寿永元 1182 この年、飢饉により、餓死者数万人におよぶ
73 文治元 1185 平氏一門滅亡
74 文治五 1189 頼朝、安房・上総・下総等諸国の地頭に命じて荒地を開墾せしむ(吾妻鏡)
75 建久三 1192 頼朝、征夷大将軍となる
76 正治元 1199 頼朝没し、頼家嗣ぐ
77 正治二 1200 この頃多古附近は千葉氏一族の支配となる、多古城主妙見を勧請す
78 建仁三 1203 頼家病のため、弟実朝に譲る
79 承久元 1219 実朝甥公暁に殺され、源氏の正統滅ぶ
80 貞応元 1222 日蓮、房州小湊に生まれる
81 元仁元 1224 北条泰時が執権となる
82 寛喜二 1230 諸国に寒冷異常気象。大風雨、この年、大凶作
83 貞永元 1232 貞永式目をつくる
84 仁治元 1240 林愛児塚古碑あり
85 建長五 1253 日蓮宗を開く
86 正嘉二 1258 大暴風雨により諸国不作
87 正元元 1259 この年、諸国に飢饉・疫病つづき死者多数
88 文永二 1265 谷三倉に板碑あり
89 文永一一 1274 元軍来襲(文永の役)
90 建治元 1275 九月 北条時宗は元の使者を龍の口に斬り、関東の兵馬をして北九州沿海の警備に当たらせる
91 建治元 1275 この頃十三代千葉介頼胤その嫡男宗胤、九州に下り肥前国(佐賀県)小城郡晴気城に居住、関東千葉介は宗胤の弟、胤宗となる
92 弘安四 1281 元軍再来(弘安の役)
93 弘安五 1282 日蓮、池上にて没(六一)
94 正応二 1289 出沼に板碑あり
95 永仁元 1293 この頃、千田胤貞(宗胤嫡男)が香取郡千田庄飯土井城に在城と伝えられている
96 永仁元 1293 関東大地震、死者二万三千余人
97 正安二 1300 横宿に正峰山妙興寺建立、開基日弁(寺伝)
98 応長元 1311 全国に疫病大流行(三日病)
99 元応元 1319 西谷に正東山日本寺建立、開基日祐(寺伝)
100 元弘三 1333 鎌倉幕府(北条)滅亡