多古(たこ)町/多古町デジタルアーカイブ

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 前二〇〇〇頃 0000

多古町の各地から縄文土器が出土し、貝塚があり、数千年前から人々が生活していたことがわかる

2 前三世紀頃 0000

町内各地から弥生式土器が出土、丸木舟や石器の出土(金石併用時代)、住居跡などにより村落があったことがわかる

3 一三五 0135

成務天皇の時、須恵・馬来田・伊甚・上海上・菊麻・武社・阿波の七国造をおき、この地方は武社に属した

4 二八五 0285

応神天皇の時、下海上・印波、両国造をおき、この地方は下海上に属した

5 三世紀後半~七世紀 0700

この頃の古墳が、町内に三〇〇基以上見られる

6 四八八~五〇六 0506

仁賢・武烈天皇の頃、物部小事大連によって匝瑳郡が建てられる(続日本後記)

7 大化元 0645

諸国に国司を置き、下総国府を東葛飾郡国府台におく(文化史年表)

8 大化五 0649

海上・印波、両国造の部門をさいて香取郡をたて、香取神宮の神郡とす(文化史年表)

9 大宝三 0703

上毛野朝臣男足、下総国司となる。長官任命の最初である

10 天平元 0729

飯笹瀧門寺建立といわれる

11 天平宝字中 0764

寺作に律宗土橋阿弥陀院(後に東禅寺)、北場に東燿寺(現在の浄妙寺)建立といわれる

12 宝亀三 0772

東松崎字稲荷山に松崎神社創建と伝えられる(社伝)

13 延暦一六 0797

次浦惣躰神社創建といわれる(社伝)

14 大同元 0806

空海、多古に妙薬寺を建立と伝えられるも不詳

15 大同元 0806

多古、大宮大神創建と伝えられる(社伝)

16 大同三 0808

東松崎顕実寺創建といわれる。牛尾白幡神社勧請(社伝)

17 弘仁二 0811

空海、多古地方巡歴の伝説あり

18 承和中 0847

仁明天皇の時、北中に六所大神創建と伝えられる(社伝)

19 天慶元 0938

林に小島政国あり(長者屋敷)

20 長元元 1028

良文の孫忠常反乱、誅せられる。その子常将始めて千葉氏を姓とする

21 長元元 1028

松崎神社兵火にかかりしを再建す

22 長元四 1031

坂並・公ガ辺田台に城を構え、太太長者といわれた忠常の二子中村太郎忠将、父の叛乱に党して源頼義のために滅ぼされる(中村誌)

23 永承元 1046

中村小太郎常方(忠将の嫡子)が、中城(鴻の巣台)にいた(中村誌)

24 永承六 1051

常方、源頼義に従い前九年の役に参加、勲功ありと伝えられる(中村誌) 良文より五世の常長及びその子常兼(大椎城)常晴(相馬五郎)・常房(鴨根次郎)頼常(原四郎)常益(岩部五郎)常余(栗源太郎)も頼義に従って同戦に参加(千葉伝考記他) なお、大原内の妙見宮は常長の勧請といわれる(多古由来記)

25 保延元 1135

千葉常胤が家督を継ぎ下総介となる(千葉大系図)

26 治承四 1180

常胤その孫成胤と共に、平忠盛の女婿千田庄領家判官代・千田親政を攻めてこれを捕虜とし頼朝に献ず

27 治承四 1180

常胤弟(或は胤政九男ともいう)胤幹・その子胤氏千田庄領主となると伝えられる

28 治承四 1180

源頼朝千田字仮屋に来り、数日滞留せりと、不詳

29 文治五 1189

頼朝、安房・上総・下総等諸国の地頭に命じて荒地を開墾せしむ(吾妻鏡)

30 正治二 1200

この頃多古附近は千葉氏一族の支配となる、多古城主妙見を勧請す

31 仁治元 1240

林愛児塚古碑あり

32 文永二 1265

谷三倉に板碑あり

33 建治元 1275

九月

北条時宗は元の使者を龍の口に斬り、関東の兵馬をして北九州沿海の警備に当たらせる

34 建治元 1275

この頃十三代千葉介頼胤その嫡男宗胤、九州に下り肥前国(佐賀県)小城郡晴気城に居住、関東千葉介は宗胤の弟、胤宗となる

35 正応二 1289

出沼に板碑あり

36 永仁元 1293

この頃、千田胤貞(宗胤嫡男)が香取郡千田庄飯土井城に在城と伝えられている

37 正安二 1300

横宿に正峰山妙興寺建立、開基日弁(寺伝)

38 元応元 1319

西谷に正東山日本寺建立、開基日祐(寺伝)

39 延元元 1336

この頃、建武中興の失政により関東大動乱となる 七月、千葉介貞胤方は大原に国中の軍勢を集め、在地武将胤貞方の所領なる並木・大嶋・土橋(御所台)の諸城を攻む、土橋城遂に陥落す(金沢文庫古文書)。十月、貞胤木の芽峠で足利軍に降る なお当時、湛睿和尚が金沢文庫のある称名寺と、寺作東禅寺の長老を兼任、東禅寺は関東学僧の学問所として隆盛を極めたが、この動乱によって次第に衰えた(同上湛睿書簡)

40 正平元 1346

称名寺三世長老湛睿入寂(金沢文庫文書)

41 正平元 1346

北中東耀寺了整、日祐に帰依し寺名を法性山浄妙寺と改め日蓮宗となる(中村誌)

42 正平一二 1357

日祐下総に布教し、真言宗その他の寺院にして日蓮宗に改宗するもの多くなる(中村誌)

43 正平一四 1359

日祐、染井原法華堂(後妙光寺となる)開堂式に臨み供養を行う(妙光寺伝)

44 文中三 1374

中山法華経寺三世日祐が入寂

45 天授二 1376

ひげの祖師像、円城寺胤朝多古妙光寺へ寄進(寺伝)

46 応永一〇 1403

飯笹宇賀神社創建(社伝)

47 永享二 1430

千葉介胤直千葉城主となる

48 享徳三 1454

この頃、中村但馬守が中城に居り、胤直に従って上杉党となる(中村誌)

49 享徳三 1454

千葉胤直上杉氏に党し、これより千葉氏の諸族成氏党、上杉党に分かれて争う

50 康正元 1455

成氏党、原胤房・原胤茂、千葉城を攻む、遂に落城。城主胤直その子胤宣逃れて多古城、島の砦に拠り上杉勢の来援を求む。幕張城主馬加康胤、原氏に加勢し、八月十二日多古落城、十四日島落城。胤宣は武佐阿弥陀堂で、胤直は土橋如来堂で自刃。馬加康胤千葉介となる

51 康正元 1455

上杉党、多古にて兄胤直と運命を共にせる弟胤賢の遺児実胤・自胤を市川城に擁立する

52 文明三 1471

古河落城、成氏上杉勢の攻撃を避け輔胤の子孝胤を頼る。成氏は御所台に約一年間滞在せりと伝えらるるも不詳。上杉実正来攻するに及び孝胤臼井城に拠る

53 文明一〇 1478

千葉一族の内戦があり、多古城から宮川に出陣して戦闘があった

54 長享元 1487

香取神刀流の祖飯篠長威斎家直、飯笹に地福寺を建立といわれる

55 長享二 1488

飯篠長威斎歿す(常総遺文)

56 永正一四 1517

古河公方政氏の三子義明(成氏孫)千葉郡小弓の城主原胤隆を攻めてこれを滅ぼし、同城に入る。里見義堯始め房総の将士属するもの多し

57 天文元 1532

山武郡山室の城主氏勝、飯櫃城を築いてここに移る

58 天文七 1538

義明、里見義堯等、小田原城主北条氏綱と国府台に戦う。敗れて義明戦死、千葉氏の諸族多く北条氏に属す。以後里見氏下総上総に出兵し、千葉氏の諸城大半侵掠される

59 弘治三 1557

原胤貞島妙光寺へ安堵状下す(正覚寺文書)

60 永禄一〇 1567

中村檀林開祖日円生まる(日本寺文書)

61 元亀三 1572

正木時茂が中村の妙興寺に兵士達が寺中の乱暴を禁止する制札を下した(妙興寺文書)

62 元亀三 1572

中村の六所大神が、兵火のため焼失、旧記も焼失した

63 天正三 1575

牛尾胤仲能登守となる

64 天正四 1576

原胤栄、峰妙興寺へ制札を下す(妙興寺文書)

65 天正五 1577

胤仲、染井妙印山妙光寺に鰐口寄付北中浄妙寺に制札を下す(同寺文書)

66 天正一〇 1582

この頃多古城主飯土井氏、飯高城主平山刑部と飯土井沼において数次合戦と伝えられるも不詳 その後牛尾能登守胤仲、飯土井氏を亡ぼして多古城主となる(多古由来記)

67 天正一一 1583

多古藩主始祖豊後守松平康俊(徳川家康の異父弟)駿河国久能城主となる

68 天正一三 1585

多古城主胤仲、山武郡飯櫃城主山室氏勝(常隆)と戦って敗れる 多古落城、胤仲及び長子熊太郎胤長自殺、この時妙光寺焼失し後多古に移ったと伝えられる(多古由来記) またこの合戦は弘治元年(一五五五年)のこととも(山室譜伝記) なお胤仲は小田原の北条氏に従わなかったため、北条氏の命により、坂田城主三谷大膳、山中城主和田伊賀守のため滅ぼされたとの伝説もある(香取郡誌)

69 天正一四 1586

松平康俊娘(勝政妻)、徳川家康より龗蛇頭を賜う(寛政重修諸家譜)

70 天正一五 1587

北条氏政、南中日本寺へ安堵状下す(日本寺文書)

71 天正一六 1588

玉造城主野平伊賀守常茂(または常弘)が矢作城主国分氏のために攻略されて、古小玉に隠棲した(本橋氏)

72 天正一八 1590

秀吉、小田原城を攻めてこれを陥る。秀吉の臣石田三成、家康の臣本多忠勝、房総に攻め入り、千葉氏の四十八城悉く落城または降服

73 天正一八 1590

保科正光、多胡において一万石を賜う(寛政重修諸家譜)

74 天正一八 1590

保科正光、飯櫃城を攻めてこれを陥る

75 天正一九 1591

「天正十九年六月九日、胤仲花押、郡司新次郎殿」の牛尾胤仲の親筆が、島・郡司勘右衛門家にある

76 文禄元 1592

松崎村に縄打検地が行われた(本橋氏)

77 慶長四 1599

正東山日本寺日円、中村檀林創設(社伝)

78 慶長五 1600

保科正光、関原御陣ののち、十一月多古を転じて信濃国高遠の旧領二万五千石を賜う(寛政重修諸家譜)

79 慶長九 1604

土方雄久、下総国田子に五千石の加増を受く(寛政重修諸家譜)

80 慶長一〇 1605

六月

四日

中村檀林開祖日円暗殺される(日本寺文書)

81 慶長一四 1609

松崎村に佐倉領の検地が行われた(本橋氏)

82 慶長一五 1610

土井利勝、佐倉藩主となり多古も領す(諸家譜)この時代大炊堤築く

83 慶長一七 1612

三月

八日

牛尾胤仲死去(高根権現記録)

84 慶長一九 1614

高根親社建立(多古由来記)

85 元和八 1622

土方雄重、封地を陸奥へ改められる(諸家譜)

86 寛永七 1630

二月

身延久遠寺などとの対決の結果、邪教として中村檀林の日充などが追放された(身池対論と寛永法難)

87 寛永一〇 1633

六月

十六日

千葉重胤は豊臣秀吉のために佐倉城を焼き払われ、落人となって江戸で客死した。これで千葉氏の正統は断絶した(文化史年表)

88 寛永一〇 1633

土井利勝、古河へ移り、石川忠総佐倉藩主となる(諸家譜)

89 寛永一一 1634

石川忠総近江へ移る(諸家譜)

90 寛永一二 1635

十一月

九日

駿河国久能城主松平(後に久松)勝義、多古城主となる。八千石

91 寛永一四 1637

三月

二日

日遵、玉造檀林を開く(房総禁制宗門史)

92 慶安元 1648

湖沼地帯の椿海、干潟になり始める

93 寛文五 1665

寛文の惣滅と呼ばれる不受不施派弾圧が行われる

94 寛文七 1667

十月

木食上人俊弁小松(神崎町)に生まる

95 寛文九 1669

辻内刑部右衛門白井治郎右衛門椿沼開鑿の工を起す(文化史年表)

96 寛文一〇 1670

椿新田の開鑿が完成した。同新田は俗に干潟八万石といわれ、現在の干潟町地方で、僧鉄牛の努力が大きかった(文化史年表)

97 寛文一〇 1670

牛尾胤仲霊屋高根権現が、領主松平氏により破却を命ぜられた(高根権現記録)

98 寛文一一 1671

多古領主松平勝義が、多古本町・牛尾・宿(南中)に京都の八坂神社を勧請、祇園祭の始まり

99 延宝元 1673

中村新田入植、二軒

100 延宝二 1674

椿新田売渡開始(文化史年表)