大網白里市/大網白里市デジタル博物館

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 掲載ページ
1 先土器時代 0000

沓掛遺跡(貝塚)からこの頃使用した石器など出土。

2 先土器時代 0000

大網山田台No.3遺跡から多くの石器類出土。

3 縄文時代(B.C.7000) 0000

西方台地においてこの頃の土器片採集される。

4 縄文時代(B.C.4000) 0000

海進のピーク。大網の丘陵地帯に海が入る。

5 縄文時代(B.C.3000) 0000

大網山田台No.5遺跡においてこの頃の住居跡発見される。

6 縄文時代(B.C.2500) 0000

海退が進み、平野部にも人が住み始める。増穂上貝塚。

7 縄文時代(B.C.1500) 0000

定住生活を強める。小西養安寺遺跡・金谷郷沓掛貝塚・萱野平台遺跡(貝塚)。

8 縄文時代(B.C.500) 0000

白里地区まで海岸線が後退。

9 弥生時代(A.D.200) 0000

増穂地区各地からこの頃の土器片採集される。

10 古墳時代(A.D.300) 0000

大網山田台No.3遺跡でこの期の集落跡・墓跡が発見される。

11 古墳時代(A.D.350) 0000

沓掛遺跡、小西宮山遺跡、増穂上貝塚で集落跡・土器発見される。

12 古墳時代(A.D.500) 0000

大網山田台遺跡群を始めとして、本町西方の台地・丘陵地帯の多くの場所に集落があらわれた。

13 古墳時代 0000

県神社古墳群築かれる。

14 古墳時代 0000

高海横穴群を始めとして丘陵のあちこちに横穴群が築かれる。

15 奈良時代 0000

引き続いて台地・丘陵地帯に集落が営まれる。

16 奈良時代 0000

引き続いて横穴が丘陵に多く築かれる。

17 平安時代 0000

大網山田台No.3遺跡において「山口万」の墨書土器出土。

18 平安時代 0000

九十九里平野に多くの集落が成立。海岸平野の本格的な開発が始まる。

19 寛平2 0890

藤原菅根ら、藻原荘を興福寺に施入。

20 天慶2 0939

平将門の乱おこる。

21 万寿4 1027

平忠常の乱おこる。

22 長元4 1031

平忠常、京都に護送される途中、美濃にて死亡。

23 大治元 1126

千葉常重、千葉庄亥鼻山に築城するという。

24 保延6 1140

橘木庄、比丘尼蓮西の父である藤原通憲により安楽寿院に寄進。

25 治承4 1180

源頼朝の挙兵、千葉常胤ら房総の武士が活躍する。

26 治承4 1180

「源平闘諍録」の記載によれば、十月一日平広常は頼朝を安房から上総国府に迎えている。

27 寿永2 1183

上総権介広常、鎌倉の営中で誅される。

28 建長5 1253

日蓮、法華宗を始む。

29 建武2 1335

南北朝内乱の余波で、千葉一族分裂して、千田庄で合戦。

30 延元元 1336

「後醍醐天皇倫旨」によれば山辺南北とあり、山辺南郡・北郡の春日部判官重行跡の地頭職が若法師以下に安堵されている。

31 天授元 1375

山辺南北・武射南北の四郡は国衙領として市原八幡宮の左右六所宮二宇造営の国役を負担。

32 応永23 1416

上杉禅秀の乱おこる。

33 応永25 1418

褝秀余党の上総本一揆が蜂起する。

34 応永26 1419

鎌倉公方足利持氏の御教書に「同国土気郡堀代郷駒込・赤荻両村」とある。

35 康正元 1455

千葉氏の内紛(多古合戦)。

36 長禄2 1458

原胤継、小西正法寺を創建。

37 長享2 1488

土気城主酒井定隆、領内の寺院を日蓮宗に改宗させる(上総七里法華)。

38 天文7 1538

国府台前役おこる。

39 永禄7 1564

国府台後役おこる。

40 永禄8 1565

酒井胤治書状中に「金谷郷」の名が見える。

41 永禄12 1569

「土気古城再興伝来記」所収の酒井康治願文に、康治が願主となり「土気郡大網郷宮谷本国寺鎮守社春日神社」の造営を行う、とある。

42 永禄13 1570

原能登守(小西殿)、千葉寺下にて討死。

43 天正18 1590

豊臣秀吉、小田原城を攻略し、北条氏を滅ぼす。北条氏傘下の土気酒井氏、東金酒井氏も滅亡する。

44 天正18 1590

徳川家康、関東に入国し、領国支配に着手する。

45 天正18 1590

小西檀林開設。

46 天正19 1591

三浦監物重成が本佐倉を本拠に大網村などを含め一万石を所領する。

47 天正19 1591

家康、蓮照寺(一〇石)など町域の寺社に朱印地を寄進する。それらの朱印状に、「土気本郷」(本寿寺)、「土気之郷」(県神社)などの記載がある。

48 天正19 1591

仏島村・経田村・清名幸谷村で徳川天正検地が実施される。

49 慶長2 1597

常楽院日経、お塚山に方墳寺を建立し、寺院境内に五輪塔一基を造立する。

50 慶長5 1600

三浦監物重成、佐倉から一万三〇〇〇石に加増されて、近江国に移封される。大網村などとの支配関係は、その後も続く。

51 慶長11 1606

幕府により大網・長南・一宮・茂原・本納の五か村が組市として開設される。

52 慶長12 1607

富田村富田彦兵衛、南玉村で富田堤を築造する。

53 慶長18 1613

家康の鷹狩りのため、東金御殿や御成街道の普請が始まる。

54 元和2 1616

このころ池田村に将軍鷹狩りの際の休息所が設けられる。

55 元和2 1616

宮谷檀林開設。

56 寛永4 1627

三浦監物重勝、不受不施宗派弾圧のため方墳寺を焼き払う。

57 寛永8 1631

三浦監物重勝の死去により、三浦氏は無嗣子絶家となる。

58 寛永10 1633

木崎村で寛永の地方直しに伴う分郷が行われる。

59 寛永13 1636

金谷・山口・養安寺・餅木・大竹の五か村と、大和田村との間で猿橋野をめぐり入会秣場出入が起こる。以後、町域各村でも野論が続発するようになる。

60 寛永14 1637

上谷新田が開発され新田村となる。

61 寛永19 1642

細草檀林開設。

62 寛文2 1662

猿橋野秣場出入が再発し、この年に取り決められた約定が、以後明治初年まで慣行として遵守される。

63 寛文8 1668

木崎村で田地の永代売りが行われる。

64 延宝5 1677

小西村に陣屋を置く総州代官関口作左衛門が、子息二人とともに贜罪で切腹させられる。

65 元禄3 1690

四天木村と浜宿村とが塩場頭の帰属をめぐって争う。

66 元禄7 1694

真行村・名村と、長谷村・小沼村との間で堰をめぐり用水出入が起こる。以後、町域各村で水論が多発するようになる。

67 元禄11 1698

清名幸谷村で元禄の地方直しに伴う分郷が実施され、杉田氏、中川氏、遠山氏の三旗本が分割支配する。

68 元禄16 1703

房総沖を震源地とする大地震が発生し、関東一円に大きな被害をもたらす。九十九里地域で二三八七人の水死者を出し、うち北今泉村では六三人、四天木村では二四五人を数え、両村内に犠牲者供養の津波塚が一基ずつ建てられる。

69 享保2 1717

一時中断されていた鷹狩制度が復活し、鷹場組織も旧来の五郷組合を拡大して霞組合が組織される。

70 享保10 1725

八代将軍吉宗、下総国小金原から六方野に至る大原野で鹿狩りを挙行する。その後、歴代将軍主催の鹿狩りが三度行われ、寛政七年の十代将軍家斉の鹿狩りで、町域村々のうち四三か村から一四四八名の勢子人足が動員される。

71 享保13 1728

木崎村旗本服部知行所において、年貢の検見取りから定免制の切り替えが行われる。

72 享保20 1735

星谷村が代官見立新田として開発され、高入れされて新田村となる。このころ各村で新田開発が行われ、この年までに町域二〇か村で三三四町余の原野が新田開発される。

73 享保20 1735

享保度、金谷・長谷・真行・名・小沼・餅木・小西・池田・南玉・大竹の町域一〇か村が土気町の定助郷となる。

74 元文4 1739

富田村から粟生野村に至る二〇〇〇間余の用水路の引水をめぐり南横川村・南飯塚村と、北吉田村・粟生野村とで堰論が発生する。

75 元文4 1739

桂山村で年貢減免を要求して百姓一揆が起こり、傘連判状が作成される。

76 元文4 1739

行信(日進)、不受不施派の立義を布教した廉で捕えられ、三宅島に遠島される。

77 宝暦2 1752

稲葉黙斎、清名幸谷へ移住。

78 宝暦7 1757

稲葉黙斎、三木の荘(清名幸谷)に孤松庵を建て、移り住む。

79 寛政3 1791

不受不施信仰の内信心が発覚し、幕府から厳罰をうける。

80 寛政5 1793

町域村々の全戸数二八一六戸。

81 寛政7 1795

経田村・仏島村を分給支配する旗本酒井氏が、知行村々へ八五か条からなる「名主勤役帳」を下付する。

82 寛政11 1799

稲葉黙斎没する。

83 享和3 1803

このころ、南飯塚村富塚主静が農事に関する「家政行事」を著述し、実子惺斎が天保十二年に表装して一冊にまとめる。

84 文化5 1808

この年以降、永田村で全村七~八給を一括した「郷五人組帳」が散見されるようになる。

85 文化頃 1808

このころ、九十九里浜の鰯地引網漁業が大型化し、今泉村上代家や四天木村斎藤家が大規模な漁業経営を行う。

86 文政10 1827

萱野村で入札によって名主を選ぶ約定が取り交わされる。

87 文政11 1828

改革組合村の設置により、町域村々は、土気町組合、大網村組合、片貝村組合、東金町組合のいずれかに編成される。

88 天保4 1833

南飯塚村で天満大自在天神の奉社議定が結ばれる。

89 天保5 1834

餅木村で連年の旱魃に対し、三一七坪の新規溜池の築造工事に取りかかる。

90 天保8 1837

天保の飢饉により桂山村が年貢半分減免の訴願を差し出す。南飯塚村では有力農民が中心となり夫食米や金銭を調達、融通して困窮人を救う。

91 天保14 1843

清名幸谷村大原与重郎、旗本杉田氏より勝手元改革のため給人格兼知行所勘定取締役を命じられる。

92 天保15 1844

南飯塚村富塚惺斎、箱根・熱海への湯治出立に際し、実子へ農作業の内容、手順を記した「留守中看防法」を書き残す。

93 文久3 1863

山辺郡小関村新開を本拠に九十九里一帯で真忠組騒動が起こる。本館となった大村屋旅館の女将が大網村出身者であるなど、この騒動と町域村々との関係は深い。

94 明治元 1868

永田村・南横川村・北吉田村ほか各村へ村高一〇〇〇石につき白米三俵と金三両が、官軍兵糧米として供出を申し付けられる。

95 明治元 1868

7

2

久留米藩士柴山典(文平)安房上総知県事に任命される。

96 明治元 1868

11

2

当町萱野、横田栄彦家所蔵文書に、房総県の公印ある文書あり。一時期「房総県」が存在したことを示す。

97 明治元 1868

12

16

安房上総知県事柴山典(文平)長南に井上正直が遠州浜松より入封のため大網宿宮谷の本国寺に庁舎を移す。

98 明治2 1869

2

9

安房上総知県事の管轄地を宮谷県と称し、柴山典が権知事に任命された(二月二十日の説あり)。

99 明治2 1869

8

15

米津政敏、羽前長瀞から大網に入り、大網藩と称し、蓮照寺に藩庁を置いた。

100 明治2 1869

10

22

米津政敏、大網藩知事に任ぜられる。