東金市/東金市デジタル歴史館

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 東金市史 房総の歴史 事項文 東金市史 全国の歴史 事項文
1 (垂仁)二九 0001 11月 殉死を禁ずる(稿本)
2 (垂仁)三二 0003 7月 埴輪を以て殉死に代える(稿本)
3 (景行)四〇 0110 10月 日本武尊、東夷を征服せんとして相模より上総にわたる(稿本)
4 (景行)四一 0111 5月 5日 大所神社が市川にたてられた(稿本)
5 (景行)四二 0112 日本武尊、本納の橘神社を創建する(稿本)
6 (景行)四三 0113 日本武尊、東夷征服を終り、帰途伊勢国、能褒野で没す(稿本)
7 (景行)五三 0123 10月 天皇、上総に到着(稿本)
8 (景行)五三 0123 天皇、日本武尊の遺跡を巡狩しようとして一〇月淡水門を出て、下総・葛飾、常陸をへて都に帰る(稿本)
9 (景行)五七 0127 10月 諸国に田部屯倉を置く(稿本)
10 (成務)三 0133 1月 武内宿祢を大臣とす(大臣の始)(稿本)
11 (成務)四 0134 2月 国郡に長を立て、県邑に首をおく(稿本)
12 (成務)五 0135 2月 総の国に、須恵、馬来田、伊甚、上海上、菊間、武社、阿波の七国造をおく(稿本)
13 (成務)五 0135 9月 国郡に造長を立て、県邑に稲置を置き、又山河を界として、国県を分ち阡陌に随って邑里を定む(稿本)
14 (成務)五四 0184 この一八四~一八八年頃を中平といったらしく、「中平□年」の紀元銘をもつ大刀が、天理市東大寺山古墳から出土された(日本)
この後、卑弥呼が共立されて王となる。魏志倭人伝によれば、卑弥呼は、邪馬台国の女王、鬼道につかえ、夫なく、弟が統治を助けたという(日本)
15 (神功)元 0201 印波の国造、下海上の国造を定める(稿本)
16 (神功)三八 0238 倭の邪馬台国女王卑弥呼、使を中国の魏王朝に送る(稿本)
17 (応神)一六 0285 下海上、印波、両国造をおく 長狭国造、千葉国造は建置の時代不明(稿本)
18 (仁徳)四 0316 2月 6日 天皇高台に登り、百姓の窮乏を察す(日本)
19 大化元 0645 8月 上総国府を市原郡能満に、下総国府を国府台におく 上総は大国で守介大椽大目少目の司を置く(稿本)
20 大化元 0645 上総の国の国府は市原字能満にあり、その先「也未乃倍郡」という(開拓) 大化改新、初めて年号ができる
21 白雉三 0652 東西諸国に洪水あり
22 天武二 0673 銚子市飯沼円福寺開基(百科)
23 文武二 0698 下総に大風あり、盧舎を倒す(稿本)(百科) 諸国旱ばつに苦しむ
24 大宝元 0701 大宝令により、房総の地に五軍団をおく(平群、市原、葛飾等(稿本)(百科) 旱害、蝗害、風害各地に起る
25 慶雲元 0704 7月 3日 下総国守から天皇に白馬を献じた(稿本)(百科)
26 慶雲元 0704 旱害あり各地飢荒す
27 和同三 0710 平城宮出土木簡により上総国に安房郡が含まれ、七時代があったことがわかる(百科) 奈良平城に都をうつす(百科)
28 霊亀元 0715 5月 30日 上総他五か国の農民一〇〇〇戸を、陸奥開拓のため移住させる(稿本)(百科)
29 霊亀二 0716 5月 16日 上総他六か国の高麗人一七九九人を武蔵国に移し、高麗郡をおく(百科)
30 養老二 0718 5月 2日 上総の平群、安房、朝夷、長狭四郡を安房国とした(百科)
31 養老二 0718 養老律令ができる
32 養老三 0719 7月 常陸の国守正五位上藤原朝臣宇合、安房・上総・下総三国を管轄する
33 養老三 0719 諸国旱魃
34 養老六 0722 諸国旱魃に見舞われ、稲熟さず
35 神亀元 0724 配流の遠近を定め、伊豆、安房、常陸、佐渡、隠岐、土佐の六か国をもって遠流の地とする(百科)
36 天平八 0736 諸国調布の規定を改める。上総は望陀の細貲(きよみ)、安房は細布及び〓を出す(百科)
37 天平九 0737 上総下総等六か国の騎兵一〇〇〇名、山海両道を開く(百科)(稿本)
行基が真間山の山麓、に手児奈の霊をなぐさめる為寺をたてる(百科)
38 天平一三 0741 12月 安房国を上総国に合併する(稿本)
39 天平一三 0741 諸国に国分寺建つ、安房国分市原総社、葛飾国府に国分寺建設(稿本)(百科) 国分寺建立の詔出る(百科)
40 天平一八 0746 下総地方旱魃、いなごの害ひどし(稿本)(百科)
百済敬福、上総国の守に任ぜらる(市原)
41 天平勝宝七 0755 2月 9日 長狭郡の上丁丈部与呂麿らが出征に際し、和歌を大伴家持に贈った。その中一三首は万葉集巻二〇にある(稿本)(百科)
42 天平宝字元 0757 5月 8日 安房国再び分立する(稿本)
43 天平宝字元 0757 8月 22日 千葉の大日寺が建立される(稿本)(百科)
44 天平宝字三 0759 9月 27日 上総等七か国より送られる軍使の器杖を雄勝、桃生(出羽国)の二城に貯える(百科)
45 天平宝字三 0759 万葉集に上総国人の歌一九首、下総国人の歌二〇首がのる(稿本)
46 天平宝字七 0763 大旱魃、疫病各地におこる(稿本)
47 天平神護元 0765 下総国等六か国の干害ひどく、被害調査により七割くらいと判明(稿本)(百科) 道鏡が太政大臣禅師、翌年法王となる(百科)
関東各地大旱魃(稿本)
48 神護景雲三 0769 3月 19日 下総地方飢饉に対し、朝廷から大量の救恤品下賜される(稿本)(百科)
49 宝亀二 0771 2月 全国の神社が大社、中社、小社にわけられた伊勢大神宮、豊受宮を除いて神宮は香取、鹿島であった(百科)
50 宝亀七 0776 7月 14日 安房、上総、下総、常陸四か国に命じて船五〇隻を建造させる(百科)
51 宝亀七 0776 諸国に蝗害あり
52 宝亀八 0777 5月 25日 下総等五か国より、甲二〇〇領を出羽の鎮戍府に送らせる(稿本)(百科)
53 宝亀一一 0780 7月 22日 奥州征軍の兵糧として下総国に六〇〇〇斗の供出命令が下る(稿本)(百科)
54 宝亀一一 0780 天応山観音寺(仁王尊)芝山に立つ(市史五)
55 天応元 0781 2月 30日 上総、下総、安房、相模、武蔵、常陸などの国々、陸奥の軍所に一〇万石を漕送命ぜられる(百科)(稿本)
56 天応元 0781 8月 藤原継縄が上総国芝山に観音寺を創建するという(稿本)(百科)
57 延暦三 0784 笠森寺建立(最澄)(稿本)(百科) 都を長岡に移す
58 延暦七 0788 最澄延暦寺を建立す
59 延暦一三 0794 都を山城平安京にうつす
60 延暦一五 0796 11月 21日 上総国など八か国の人民九〇〇〇人を陸奥国伊治城に遷す(稿本)(百科)
61 延暦一七 0798 上総国長南に、三途台長福寿寺創立(稿本) 諸国旱魃に見まわる
62 延暦一九 0800 富士山噴火す
63 延暦二一 0802 1月 11日 上総、下総等十か国より四〇〇〇人を胆沢城に配置させる(百科)
64 延暦二三 0804 上総、下総等の国に命じ、糒(ホシイイ)一四三一五石、米九六八五石を陸奥国中山柵に運び蝦夷を征伐させる(稿本)(百科)
65 大同二 0807 このころから官制の改革につとめる
66 大同四 0809 7月 24日 下横地村(現成東町)に円頓寺建つ(空海)(稿本)(百科)
67 弘仁元 0810 7月 従五位下大野真澄、下総守となる(百科)
68 弘仁元 0810 8月 従五位下佐伯宿弥長継、下総介兼務となる(百科)
69 弘仁四 0813 諸国旱害、荒損のため租調等を免ず(百科)
70 弘仁七 0816 空海、高野山に金剛峯寺を建てる(百科)
71 弘仁一〇 0819 弘法大師真間山上に手児奈の堂を移す 後天慶五年天台宗に改められ、弘法寺と名づけられた(百科)
72 天長三 0826 9月 上総国を親王の任国と定め、国守は特に大守と称す(百科)
73 天長一〇 0833 3月 正五位下滋野貞主、下総守に任命(百科)
74 天長一〇 0833 5月 上総下総安房等に令し膂力あるものを貢進させる(百科)
75 承和二 0835 下総地方飢饉にみまわれる(百科)
76 承和三 0836 12月 安房の孝子伴直家主、孝道を以て、三階に叙し、終身租税を免ぜられる(稿本)(百科)
77 承和五 0838 7月 伊豆大島噴火、降灰をうける(百科)
78 承和五 0838 11月 香取神宮、神事の相模大饗の両祭祀始まる(百科)
79 嘉祥元 0848 上総の俘囚叛乱す(稿本)(百科)
上総国司、叛逆の俘囚五七人を斬獲した旨、朝廷に奏上(市原)
80 貞観六 0864 6月 従五位下、賀陽宗成、安房守となる(百科)
81 貞観六 0864 11月 下総の葛飾ほか四郡の百姓の租税を免じる(ひでりや水害がつづいたため)(百科)
82 貞観九 0867 4月 上総夷隅郡の節婦、春部真黒生売を二階に叙し、戸田の役を免じ門閭に旌表される(百科)
83 貞観一〇 0868 7月 27日 一宮の玉前神社へ神位従四位下が贈られ、二階に叙し、戸田の役を免ぜられ門閭に旌表される(稿本)(百科)
84 貞観一七 0875 5月 10日 下総の俘囚反乱、役所、社寺を焼き良民を殺す 上総等関東諸国より勅をうけ兵三〇〇之をうつ(稿本)(百科)
85 元慶三 0879 上総地方窮弊す
86 元慶七 0883 2月 9日 上総市原郡の俘囚三〇余人反乱、諸郡より一〇〇〇の兵之を平定(稿本)
87 仁和三 0887 上総、下総、安房に強度の地震あり(稿本)
88 寛平元 0889 高望王、姓平氏を賜り、上総介に任ぜられ、この地方を統治す。その時上堺村屋形(今の横芝町)に政務所をつくるという(前半市原)
89 延喜一七 0917 勘解由使をして、前上総介紀真助等の勘解由を勘判せしむ(稿本)
90 延長元 0923 和名抄に、上総国の田地二二八四六町九段二百五歩とあり(稿本)(百科)
延長年間に野田愛宕山に、山城愛宕山より加具土命の神霊を分ち、これを祀る(百科)
91 延長五 0927 6月 大旱魃あり上総介平高望、水神社に雨乞祈願をするという
92 承平元 0931 平将門、叔父下総介良兼と不和となる(稿本) 奈良大仏の台石にこの年号を刻す(市原)
93 承平三 0933 2月 2日 平将門、伯父大椽国香を殺す
94 承平三 0933 2月 29日 源護の告状により平将門を召す(稿本)
95 承平六 0936 6月 平良兼兵を出して上総より常陸水守に至り、良正、貞盛らと会し、将門と戦い、敗戦す(稿本)
96 承平六 0936 土佐日記できる(日本)
97 承平七 0937 4月 平将門の罪赦される(百科)
98 天慶元 0938 5月 13日 上総国悪疫流行、多数死亡の為朝廷より救恤品下賜
99 天慶元 0938 空也念仏宗を始める(日本)
100 天慶二 0939 3月 源経基の密告により、平将門謀叛の実否を訊ねさせる(百科)