鶴ヶ島市立図書館/鶴ヶ島市デジタル郷土資料

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 約15000年前 0000

大谷川沿岸に生活が営み始める(三ツ木青棚、横田遺跡)

【区分】:原始
【時代】:旧石器

2 約8000年前 0000

飯盛川沿いや雷電池周辺に人々が住み始める

【区分】:原始
【時代】:縄文

3 約4500年前 0000

脚折地区に人々が生活を営み始める

【区分】:原始
【時代】:縄文

4 約2500年前 0000

人々が生活した跡がほとんど見られなくなる(遺跡の数が減少)

【区分】:原始
【時代】:縄文

5 約1800年前(後期) 0200

高倉地区に弥生式土器を使う集落ができる(高倉小屋天神前遺跡)

【区分】:原始
【時代】:弥生

6 約1500年前 0500

羽折地区に集落が形成される

【区分】:古代
【時代】:古墳

7   0500

脚折地区に大きな集落ができる(山田遺跡)

【区分】:古代
【時代】:古墳

8   0500

鶴ヶ島古墳群が形成される

【区分】:古代
【時代】:古墳

9 天平13 0714

聖武天皇が国分寺・国分尼寺の造営を発願する(武蔵国分寺)

【区分】:古代
【時代】:奈良

10 霊亀2 0716

駿河など7力国の高麗人1799人を武蔵の国に移し高麗郡を置く

【区分】:古代
【時代】:奈良

11 霊亀2 0794

市内各所に大集落が形成される(若葉台遺跡・一天狗遺跡等)

【区分】:古代
【時代】:奈良

12 1100年代 1100

同族的在地地主が連合した武士団をつくった(武蔵七党)

【区分】:古代
【時代】:平安

13 建久2 1192

鎌倉幕府開かれる

【区分】:中世
【時代】:鎌倉

14 正応元 1288

市内最古の板碑が脚折に造立される。このころ、高倉高福寺の不動明王画像が描かれる

【区分】:中世
【時代】:鎌倉

15 1350~90 1390

板碑が数多く造立される

【区分】:中世
【時代】:南北朝

16   1392

白髭神社十一面観音像が造られる

【区分】:中世
【時代】:室町(戦国)

17 文明18 1486

川越城主太田道灌が上杉定正に殺害される

【区分】:中世
【時代】:室町(戦国)

18 天正18 1590

徳川家康関東に移封される

【区分】:近世
【時代】:安土桃山

19 慶長5 1600

関ヶ原の戦い。徳川氏の覇権決定的になる

【区分】:近世
【時代】:安土桃山

20 慶長8 1603

江戸幕府開かれる

【区分】:近世
【時代】:江戸

21 慶安元 1648

川越藩で総検地。市域では脚折、太田ヶ谷、三ツ木、高倉村の検地帳が残る

【区分】:近世
【時代】:江戸

22 慶安元 1648

広谷村上・下2村に分村

【区分】:近世
【時代】:江戸

23 元禄10 1697

市域の村の多くが藩領から幕府領と旗本領となる

【区分】:近世
【時代】:江戸

24 享保7 1722

江戸日本橋に新田開発奨励の高札立てられる

【区分】:近世
【時代】:江戸

25 元保4 1739

川崎平右衛門、武蔵野新田世話役に命ぜられ、新田開発にあたる

【区分】:近世
【時代】:江戸

26 明和元 1764

伝馬騒動。村内の名主宅打毀しにあう

【区分】:近世
【時代】:江戸

27 天明6 1786

天明の大飢謹

【区分】:近世
【時代】:江戸

28 文化2 1805

関東の農村治安乱れる。関東取締出役設置

【区分】:近世
【時代】:江戸

29 文政10 1827

文政改革により組合村設置。市域の村々は石井村(坂戸市)寄場組合に入る

【区分】:近世
【時代】:江戸

30 安政2 1855

安政大地震(10月)。市域の村でも家屋倒壊、出火等の被害

【区分】:近世
【時代】:江戸

31 慶応2 1866

武州一揆。上新田村や脚折村で打毀し

【区分】:近世
【時代】:江戸

32 慶応4 1867

大政奉還

【区分】:近世
【時代】:江戸

33 慶応4 1867

神仏分離令。高倉村の高福寺・長泉寺、上新田村の長福寺、下新田の宝泉寺、太田ヶ谷村の常福寺、藤金村の長龍寺が廃寺になる

【区分】:近世
【時代】:江戸

34 明治4 1871

廃藩置県(7月)。市域の村は、人間・前橋・古河の三県に属した

【区分】:近代
【時代】:明治

35 明治5 1872

学制公布

【区分】:近代
【時代】:明治

36 明治6 1873

太田ヶ谷学校設立

【区分】:近代
【時代】:明治

37 明治7 1874

広谷学校設立

【区分】:近代
【時代】:明治

38 明治8 1875

鶴ヶ島小学校設立

【区分】:近代
【時代】:明治

39 明治9 1876

熊谷県廃止。村々は埼玉県に属す

【区分】:近代
【時代】:明治

40 明治11 1878

三新法体制下で村が復活。戸長や学務委員が民選になる

【区分】:近代
【時代】:明治

41 明治17 1884

連合戸長役場を脚折村に置く

【区分】:近代
【時代】:明治

42 明治17 1884

太田ヶ谷学校、鶴ヶ島小学校に合併。上広谷分教室(正音寺)、上新田分教室(長福寺跡)が開かれる

【区分】:近代
【時代】:明治

43 明治17 1884

14の村が連合して上広谷村連合成立(7月)

【区分】:近代
【時代】:明治

44 明治22 1889

鶴ヶ島村誕生(4月1日)

【区分】:近代
【時代】:明治

45 明治22 1889

上新田分教室が、鶴ヶ島尋常小学校(旧鶴ヶ島小学校)に統合される(7月)

【区分】:近代
【時代】:明治

46 明治23 1890

第1回帝国議会招集

【区分】:近代
【時代】:明治

47 明治25 1892

上広谷分教室、第二鶴ヶ島尋常小学校として開校

【区分】:近代
【時代】:明治

48 明治26 1893

鶴ヶ島尋常高等小学校開校

【区分】:近代
【時代】:明治

49 明治27 1894

日清戦争始まる。村から15人出征、内1名戦死

【区分】:近代
【時代】:明治

50 明治29 1896

高麗郡廃止され、鶴が島村は入間郡に編入される

【区分】:近代
【時代】:明治

51 明治37 1904

日露戦争始まる。村から81人出征、内9名戦病死

【区分】:近代
【時代】:明治

52 大正3 1914

東上鉄道(現東武東上線)池袋―川越間開通

【区分】:近代
【時代】:大正

53 大正3 1914

村庁舎落成(現在の鶴ヶ島第一小学校内)

【区分】:近代
【時代】:大正

54 大正7 1918

米騒動おこる。村内でも富裕層が米や麦を廉売した

【区分】:近代
【時代】:大正

55 大正7 1918

シベリア出兵。村出征者の内5名戦死

【区分】:近代
【時代】:大正

56 大正9 1920

第1回国勢調査実施(人口4022人)

【区分】:近代
【時代】:大正

57 大正12 1923

関東大震災おこる。村でも家や土蔵を中心に大きな被害がある

【区分】:近代
【時代】:大正

58 大正14 1925

東武東上線寄居まで延長

【区分】:近代
【時代】:大正

59 昭和6 1931

満州事変

【区分】:近代
【時代】:昭和

60 昭和7 1932

東上線鶴ヶ島駅開設(4月)

【区分】:近代
【時代】:昭和

61 昭和9 1934

越生鉄道旅客輸送を始め、村内に一本松、大家(昭和20年12月廃止)の2停留所が設置される

【区分】:近代
【時代】:昭和

62 昭和15 1940

陸軍坂戸飛行場用地として大塚野新田のすべてと五味ヶ谷の一部が陸軍に買収される

【区分】:近代
【時代】:昭和

63 昭和16 1941

小学校は国民学校と改称(昭和22年まで)

【区分】:近代
【時代】:昭和

64 昭和16 1941

坂戸飛行場完成(5月) 

【区分】:近代
【時代】:昭和

65 昭和16 1941

太平洋戦争始まる(12月)

【区分】:近代
【時代】:昭和

66 昭和17 1942

戸宮地区が、勝呂村(現坂戸市)に編入される

【区分】:近代
【時代】:昭和

67 昭和20 1945

埼玉県農業経営伝習所開設(現農業大学校)

【区分】:近代
【時代】:昭和

68 昭和20 1945

太平洋戦争終わる(8月)

【区分】:近代
【時代】:昭和

69 昭和22 1947

日本国憲法施行

【区分】:現代
【時代】:昭和

70 昭和34 1959

村制施行70周年記念祭実施(4月)

【区分】:現代
【時代】:昭和

71 昭和40 1965

鶴ヶ島村章決定

【区分】:現代
【時代】:昭和

72 昭和40 1965

村庁舎落成・開庁(現教育センター)

【区分】:現代
【時代】:昭和

73 昭和41 1966

町制施行(4月1日)人口1万人を超える

【区分】:現代
【時代】:昭和

74 昭和48 1973

新熊谷・入間線(現在の国道407号)開通

【区分】:現代
【時代】:昭和

75 昭和50 1975

関越自動車道(川越―東松山間)が開通

【区分】:現代
【時代】:昭和

76 昭和50 1975

インターチェンジできる

【区分】:現代
【時代】:昭和

77 昭和53 1978

学校給食センター業務開始(4月)

【区分】:現代
【時代】:昭和

78 昭和54 1979

東武東上線若葉駅開設(4月)

【区分】:現代
【時代】:昭和

79 昭和55 1980

町の木「マツ」と花「ツツジ」を決定

【区分】:現代
【時代】:昭和

80 昭和60 1985

町民憲章の制定

【区分】:現代
【時代】:昭和

81 昭和61 1986

人口5万人を超える

【区分】:現代
【時代】:昭和

82 平成2 1990

国勢調査実施(人口63062人)

【区分】:現代
【時代】:平成

83 平成3 1991

市制施行(9月1日)

【区分】:現代
【時代】:平成

84 平成8 1996

首都圏中央連絡自動車道(鶴ヶ島~青梅間)開通

【区分】:現代
【時代】:平成

85 平成8 1996

中央図書館開館(10月)

【区分】:現代
【時代】:平成