高根沢町図書館/高根沢町史ほか

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 先土器時代 4万5千年前 0000

中柏崎.上山遺跡でナイフ形石器

関連

2 縄文時代草創期 約1万年前 0000

上高根沢.西根B遺跡で有舌尖頭器

関連

3 縄文時代前期 6000年前 0000

亀梨.大用地A遺跡で黒浜式槌器と地床炉をもった竪穴式住居跡

関連(1)
関連(2)

4 縄文時代中期 4000年前 0000

上高根沢.上の原遺跡で竪穴住居跡19と袋状土坑群

関連(1)
関連(2)
関連(3)

5 縄文時代中期 4001年前 0000

宝積寺.石神遺跡で竪穴住居跡5、二段床住居跡1、袋状土坑4など

関連

6 縄文時代後期 3000年前 0000

亀梨.上柏崎の遺跡で中後期の土器片、打製石器、小型磨製石器出土

7 縄文時代晩期 2000年前 0000

亀梨.東谷津遺跡で浅鉢、蛤刃状磨製石斧、石錘、土偶片、前期~晩期にまたがる土器出土

関連

8 古墳時代後期 0000

太田.砂部遺跡=前期住居跡5、中期住居跡45、後期住居跡2、土坑8基、土師器、須恵器石製模造品、石製紡錘車、砥石、鉄製品出土

関連(1)
関連(2)

9 古墳時代後期 0000

上柏崎.愛宕塚古墳(40メートル級の県北最大級の円墳)で円筒埴輪片採集

関連(1)
関連(2)

10 飛鳥時代 0000

飯室.台新田古墳群(円墳6基)

関連

11 飛鳥時代 0000

上柏崎.甲塚古墳群(8基)

関連

12 弥生時代中期 0057

五行川低地と喜連川丘陵の沢地に弥生後期遺跡が現れる 上柏崎.横場A遺跡、下柏崎.斧窪遺跡、亀梨.東谷津遺跡など

関連

13 古墳時代前期 0300

亀梨.上の台遺跡で方形周溝墓

関連

14 飛鳥時代 0630

上高根沢.上の原B遺跡で竪穴式住居址4、掘立柱建物跡1、土師器、須恵器など出土

関連

15 天武1 0672

亀梨古墳群地域に箱式石棺群、1基を発掘調査、直刀、鉄鏃、管玉、棗玉など出土

関連(1)
関連(2)

16 和銅3 0710

上高根沢.金井遺跡で竪穴住居跡8、掘立柱建物跡4、土師器、須恵器、灰釉陶器など出土、奈良平安期の集落跡と判明

関連

17 霊亀2 0716

太田.砂部遺跡で奈良平安期の住居跡78、掘立柱建物跡49、柵列10、土坑40、井戸2など発掘.土師器、須恵器、灰釉陶器、石製紡錘車、鉄製品(刀子、小刀、鎌、釘、紡錘車など)出土

関連

18 延暦25 0806

西高谷で星宮神社を祀ると伝わる

19 大同3 0808

桑窪の大安寺を徳一和尚が創建と伝わる、伝徳一作「十一面観音立像」、「伝軍荼利明王立像」、「吉祥天立像」(鉈彫り、榧1木造り)

関連

20 承和5 0838

飯室.大野遺跡の蔵骨器(町域最古の仏教文化の遺品)

関連

21 昌泰2 0899

上高根沢の安住神社創建と伝わる

22 康平5 1062

上柏崎に智潁和尚が真言宗善光寺創建(後の日蓮宗明顕寺)と伝わる

23 建久3 1192

建久年間に桑窪城が造られる

関連

24 建久8 1197

中柏崎の高尾神社創建と伝わる

25 元久1 1204

一説に木曽義仲の妻妙清尼が妙清山宝蔵院宝積寺を開くという

26 嘉禄1 1225

「銅造双身毘沙門天立像」(像高10.6センチ)伏久.広林寺蔵

関連

27 弘長1 1261

亀梨妙福寺蔵「十界曼陀羅」がこの頃作られる

28 弘長2 1262

石居山医王院大聖寺が石上和尚により開基とつたわる

29 文永11 1274

栗ケ島.鈴木 平家敷地でこの頃流通の銅銭約8,400余枚発掘(昭和28)

関連

30 弘安4 1281

「銅造十一面観音立像」(像高6.7センチ)上高根沢 木田岩美家蔵

関連

31 正安2 1300

今宮神社神事の頭役を関俣郷、橘次左衛門尉が勤める

関連

32 正安3 1301

今宮神社神事の頭役を平田郷の六郎入道が勤める

関連

33 嘉元1 1303

妙福寺蔵「題目板碑」(乾元2年銘)

関連(1)
関連(2)

34 正和2 1313

宝積寺の白髭神社創建と伝わる

35 元徳2 1330

妙福寺蔵「題目板碑」(元徳2年銘)

関連(1)
関連(2)

36 建武1 1334

桑窪.大安寺所在の板碑造られる

関連

37 建武3 1336

「銅造菩薩座像」(像高4.5センチ)上高根沢.木田岩美家蔵

関連

38 貞和4 1348

この頃、阿久津城築城と伝わる

関連

39 観応2 1351

高根沢新右衛門尉兼吉、宇都宮公綱に従い薩捶山の合戦で討死

関連

40 延文4 1359

禅可に従い高根沢備中守上洛

関連

41 永和1 1375

亀梨.妙福寺を日什上人創建と伝わる

42 康暦2 1380

高根沢新左衛門、基綱の先隊で戦う

関連

43 応永10 1403

今宮神社神事の頭役を上石礎郷の若色掃部助が勤める

関連

44 応永11 1404

今宮神社神事の頭役を平田郷の袮宜右衛門太郎頼信が勤める

関連

45 応永12 1405

宇都宮二荒神社神事の頭役を阿久津和泉守が勤める

関連

46 応永15 1408

今宮神社神事の頭役を文挟郷の高根沢六郎が勤める

関連

47 応永20 1413

今宮神社神事の頭役を上阿久津郷の阿久津五郎が勤める

関連

48 応永23 1416

応永年間、有徳人(富豪)太田彦清次、法光、石末弥次、下阿久津の孫八が今宮祭祀録に記載されている

関連

49 永享11 1439

「銅造地蔵菩薩立像」(像高4.2センチ)上高根沢 木田岩美家蔵

関連

50 文安4 1447

今宮神社神事の頭役を平田郷の岡本修理亮が勤める

関連

51 文安5 1448

宇都宮二荒神社神事の頭役を文挟の高根沢宗衛門尉が勤める

関連

52 文安5 1448

室町後期(15世紀半ば)から栗ヶ島が伊勢神宮領となる(~1597迄)

関連

53 宝徳3 1451

上高根沢 浄蓮寺が恵海和尚により創建と伝わる

54 享徳1 1452

今宮神社神事の頭役を文挟郷の高根沢宗衛門尉が勤める

関連

55 享徳2 1453

宇都宮二荒神社神事の頭役を下阿久津の大長井八郎が勤める

関連

56 享徳3 1454

今宮神社神事の頭役を上阿久津の阿久津五郎が勤める

関連

57 明応1 1492

石末の大館城、この頃築城、野沢若狭守在城と伝わる

関連

58 永正11 1514

大谷、高龗神社社殿建立と伝わる

59 大永5 1525

今宮神社神事の頭役を中阿久津郷の岡本兵庫が勤める

関連

60 大永7 1527

今宮神社神事の頭役を上石末村の若色掃部助が勤める

関連

61 享禄3 1530

今宮神社神事の頭役を上阿久津の岡本但馬守が勤める

関連

62 天文3 1534

上阿久津、高尾神社創建と伝わる

63 天文3 1534

栗ヶ島郷、伊勢神領のため、今宮神社神役の負担を軽減される

関連

64 天文3 1534

今宮神社神事の頭役を粟島郷の桑窪修理亮が勤める

関連

65 天文6 1537

今宮神社神事の頭役を中阿久津の岡本兵庫助が勤める

関連

66 天文8 1539

今宮神社神事の頭役を石礎村の若色玄番が勤める

関連

67 天文12 1543

今宮神社神事の頭役を上阿久津郷の岡本但馬守が勤める

関連

68 天文18 1549

谷口筑前守、五月女坂の合戦で奮戦感状を与えられたという

69 天文18 1549

今宮神社神事の頭役を平田郷の太田中務少輔が勤める

関連

70 天文20 1551

亀梨村が千本領となる

関連

71 弘治1 1555

石末で壬生綱雄と芳賀高定が合戦

関連

72 永禄2 1559

今宮神社神事の頭役を中阿久津郷の岡本兵庫助が勤める

関連

73 永禄3 1560

宝積寺.白髭神社社殿建築と伝わる

74 永禄3 1560

今宮神社神事の頭役を栗ヶ島の谷口大学助が勤める

関連

75 永禄7 1564

今宮神社神事の頭役を石礎村の若色隠岐守が勤める

関連

76 元亀1 1570

亀梨の量山寺が大安啓奕和尚により開基と伝わる

77 元亀1 1570

今宮神社神事の頭役を玉生村の岡本筑後守が勤める

関連

78 元亀2 1571

花岡、白鳥神社が祀られたと伝わる

79 元亀3 1572

今宮神社神事の頭役を関俣村の若色大膳が勤める

関連

80 天正4 1576

上高根沢城主高根沢信濃守、下高根沢城主平八郎、弥八郎、栗賀島城主直井淡路守、小和久保城主矢口筑前守、石居城主野沢若狭守ら随従して多気山城に入る

81 天正4 1576

今宮神社神事の頭役を平田郷の舟生彦六が勤める

関連

82 天正7 1579

今宮神社神事の頭役を上阿久津郷の今泉但馬守が勤める

関連

83 天正9 1581

今宮神社神事の頭役を栗ヶ島の谷口但馬守が勤める

関連

84 天正9 1581

花岡.福田正雄家蔵「熊野神社勧請 建築時の棟札」(日蓮十界曼陀羅形)

関連

85 天正11 1583

今宮神社神事の頭役を石礎村の若色大膳が勤める

関連

86 天正13 1585

那須衆が高根沢侵攻、石末城在陣の岡本、野沢氏ら奮戦し撃退、恩賞をうける

関連

87 天正18 1590

今宮神社神事の頭役を関俣村の若色隠岐守が勤める

関連

88 天正18 1590

文挟村の支配につき岡本讃岐守と喜連川城主足利国朝が争う、秀吉が喜連川領と裁定

関連

89 文禄1 1592

平田神明宮創建と伝わる

90 文禄3 1594

花岡星宮神社創建と伝わる

91 文禄4 1595

寺渡戸村(9月)、大谷村(11月)で「太閤検地」実施される

関連(1)
関連(2)

92 慶長2 1597

宇都宮氏家臣の多くは帰農土着 栗ヶ島が伊勢神宮領から離れる

関連(1)
関連(2)

93 慶長2 1597

花岡地蔵寺創建と伝わる

94 慶長2 1597

一説に宇都宮国綱姉、この年宝積寺月馬場に尼寺宝積寺を建立、居住すという

関連

95 慶長2 1597

この頃高根沢町域の諸城が廃城となる

関連

96 慶長3 1598

3

宇都宮国綱朝鮮渡海、高根沢新右衛門従軍するも宇都宮氏再興ならず

97 慶長6 1601

町域の村々は宇都宮藩城付き領となる(但し、亀梨は千本領、文挟は喜連川領)

関連(1)
関連(2)

98 慶長8 1604

一説に宝積寺の尼鎌倉に移転、廃寺となるが、下阿久津の村名を宝積寺と改称すという

関連

99 慶長8 1604

妙福寺蔵「日蓮上人座像」

関連

100 慶長12 1607

阿久津河岸開かれ、江戸-奥州間の交通と運輸の要所となる

関連