那須塩原市図書館/那須塩原市デジタルアーカイブ

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 天保年間 1830

~44年 大田原宿の商人若林善兵衛が南郷屋を開墾

2 天保13 1842

この頃米沢藩士加勢友助ら一区辺りを開墾

3 明治元 1868

戊辰戦争、板室塩ノ崎・三斗小屋の戦い

4 明治2 1869

7

大田原藩、那須野が原開拓計画を民部省に呈出

5 明治3 1870

8

県内士族数名が「奉乞開墾那須原書」を衆議院に呈出

6 明治3 1870

12

大田原藩・烏山藩士ら「那須原開墾測量書」を民部省に呈出

7 明治4 1871

6

~7月 民部省による那須野が原検分実施

8 明治8 1875

12

那須西原が「関八州大三角測量」の基線測量の場所に選定される

9 明治9 1876

8

那須西原基線場の測量開始

10 明治9 1876

11

29

栃木県令鍋島幹が那珂川から鬼怒川に至る運河構想を打ち出す

11 明治10 1877

1

5

~9 勧業課附属らが運河予定路線を実地踏査

12 明治11 1878

6

~7月頃 那須西原が官有地に編入される

13 明治11 1878

11

那須東原に栃木県那須牧場開設

14 明治12 1879

6

28

鍋島幹、伊藤博文に「那須原水路開鑿之儀上申」

15 明治12 1879

11

14

伊藤博文・松方正義が那須野が原視察で烏が森の丘に登る

16 明治13 1880

3

20

三島弥太郎名義で、那須西原1千町歩の払下げ願提出

17 明治13 1880

5

1

那須開墾社、那須西原3千町歩の貸下げ願提出

18 明治13 1880

6

1

内務省勧農局、那須西原1千町歩を模範混同農場の仮用地とする

19 明治13 1880

8

3

三島弥太郎らに貸下げ許可

20 明治13 1880

9

17

那須開墾社に貸下げ許可

21 明治13 1880

9

肇耕社発足

22 明治13 1880

12

18

那須原飲用水路開削許可

23 明治13 1880

伊佐野の官有地に渋沢栄一・益田教らが貸下げ願提出

24 明治14 1881

3

29

郡司開墾に貸下げ願許可

25 明治14 1881

6

成田久八ら大田原宿西方の官有地の貸下げ願を出す

26 明治14 1881

9

17

那須開墾社に那須西原900町歩の追加貸下げが許可される

27 明治14 1881

10

18

成田久八らの願が認められる

28 明治14 1881

加治屋開墾場開設

29 明治14 1881

漸進社開設

30 明治14 1881

那須東原開墾社開設

31 明治14 1881

東肇耕社開設

32 明治14 1881

佐野農場開設

33 明治14 1881

青木農場開設

34 明治15 1882

8

15

肇耕社の第1回土地払下が許可される

35 明治15 1882

11

15

那須原飲用水路通水

36 明治15 1882

石丸農場・深川農場開設

37 明治16 1883

3

14

肇耕社の第2回土地払下げが許可される

38 明治16 1883

共墾社開設

39 明治16 1883

品川開墾開設

40 明治17 1884

5

~6月 加治屋開墾場の土地が払下げられる

41 明治17 1884

山縣農場開設

42 明治18 1885

3

~4月 那須開墾社の土地払下が許可される

43 明治18 1885

4

1

那須疏水開削認可

44 明治18 1885

4

15

那須疏水起工式

45 明治18 1885

9

15

那須疏水本幹水路開通

46 明治18 1885

毛利(豊浦)農場開設

47 明治19 1886

7

13

肇耕社の第3回土地払下げが許可される

48 明治19 1886

9

肇耕社が解散し、三島農場成立

49 明治19 1886

10

1

那須(西那須野)駅が開業

50 明治19 1886

12

1

黒磯駅が開業

51 明治19 1886

12

16

那須疏水を管理する那須水組設立

52 明治19 1886

長地農場開設

53 明治20 1887

2

那須開墾社の土地が払下げられる

54 明治20 1887

2

加治屋開墾場の土地が払下げられる

55 明治20 1887

戸田農場開設

56 明治20 1887

大沼渉が奥沢の官有地の貸下げを受ける

57 明治20 1887

豊浦農場で緬羊の飼育を始める

58 明治21 1888

1

7

印南丈作歿す

59 明治21 1888

1

那須開墾社植林事務所設置

60 明治21 1888

1

那須開墾社、経営方針を転換し、移住人分与地・植林地を除いて株主に分配

61 明治21 1888

矢板農場開設

62 明治21 1888

大島農場開設

63 明治21 1888

佐々木農場開設

64 明治21 1888

鳥山農場開設

65 明治21 1888

山田農場開設

66 明治21 1888

渡辺農場開設

67 明治21 1888

千坂農場開設

68 明治22 1889

那須開墾社、力役代人料の制度を導入

69 明治22 1889

品川開墾が片岡政次の名で払い下げられる

70 明治22 1889

町村制施行により西那須野村・狩野村他誕生

71 明治22 1889

この頃、糠塚原に野村農場ができる

72 明治23 1890

11

田嶋農場開設

73 明治24 1891

9

黒田原駅が開設

74 明治24 1891

乃木希典、石林に土地を購入

75 明治24 1891

共墾社の土地約104町歩を払下げられる

76 明治25 1892

乃木希典、農家風の別荘を建築

77 明治26 1893

4

12

那須開墾社、千本松の植林地を松方家に売却

78 明治26 1893

12

31

那須開墾社解散

79 明治26 1893

千本松農場開設

80 明治26 1893

鍋島農場開設

81 明治26 1893

新木ノ俣用水が開かれる

82 明治27 1894

5

6

那須開墾社成業式挙行

83 明治27 1894

伊東農場開設

84 明治27 1894

傘松農場地内に品川信用組合が設立

85 明治28 1895

大島農場、ぶどう酒醸造開始

86 明治28 1895

戸田農場大農制を廃止

87 明治29 1896

3

24

郡司開墾、開墾地払下げ申請

88 明治29 1896

若林農場開設

89 明治30 1897

1

27

郡司開墾43町歩の払下許可される

90 明治30 1897

6

30

那須開墾記念会において、那須開墾社の清算事務完了が報告される

91 明治30 1897

この頃若林農場開設

92 明治30 1897

この頃から戸田農場は林業中心の経営に転換

93 明治31 1898

10

4

西那須野村配水法制定

94 明治31 1898

10

20

印南丈作の頌徳碑が建つ

95 明治32 1899

龍尾用水が開かれる

96 明治32 1899

野村農場の払下を受け、植竹三右衛門に売却

97 明治33 1900

10

傘松農場が平田東助の単独農場となる

98 明治33 1900

大島農場を高田慎蔵に売却、高田農場開設

99 明治33 1900

藤田農場開設

100 明治34 1901

10

28

那須疏水第四分水普通水利組合設立