大田原市/地域史資料デジタルアーカイブ

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1   0000

二ツ室塚、下侍塚から先土器時代の石器が発見されている

【時代】:先土器

2 〔縄文〕中期 0000

岩船台、品川台、片府田富士山遺跡外

【時代】:縄文

3 〔縄文〕後期 0000

岩船台、品川台、片府田富士山遺跡外

【時代】:縄文

4 〔弥生〕晩期 0000

岩船台、品川台、片府田富士山遺跡外

【時代】:弥生

5 〔弥生〕晩期 0000

稲作の開始と金属器使用

【時代】:弥生

6 三世紀 0201

高野(こうや)、坊の内、高内(たこうじ)から土師器(はじき)出土

【時代】:大和

7 四世紀 0301

豊城入彦命に東国を支配させたという

【時代】:大和

8 五世紀 0401

侍塚古墳築造さる(古墳が次第に大型化する)

【時代】:大和

9 朱鳥一 0686

この年佐良土温泉神社創建されたといわれる

【時代】:飛鳥

10 〔持統一〕 0687

帰化した新羅人を下野に住まわせる

【時代】:飛鳥

11 (文武)四 0700

那須国造韋提死す

【時代】:飛鳥

12 (文武)四 0700

国造の碑を建てる

【時代】:飛鳥

13 宝亀二 0771

東山道通ずる(三和、磐上、黒川を通過奥州に入る)

【時代】:奈良

14 宝亀二 0771

小松原遺跡

【時代】:平安

15 貞観二 0860

光丸山・法輪寺創建

【時代】:平安

16 延久四 1069

那須氏の祖須藤貞信那須郡を賜わり、湯津上村もその治下となる

【時代】:平安

17 大治五 1130

湯津上威徳院創建(一説に嘉吉二年ともいう)

【時代】:平安

18 文治三 1185

蛭田温泉神社、佐良土諏訪神社、新宿温泉神社、蛭畑温泉神社、片府田温泉神社創建

【時代】:平安

19 建久一 1190

上蛭田十二神社創建

【時代】:鎌倉

20 貞和一 1345

頂蓮寺の板碑に貞和元年(北朝)同二年のものあり

【時代】:南北朝

21 貞和四 1348

小船渡二荒神社創建

【時代】:南北朝

22 嘉吉三 1443

片府田宝寿院創建

【時代】:戦国室町

23 明応七 1498

蛭田頂蓮寺創建

【時代】:戦国室町

24 永正一一 1514

大田原備前守外上那須勢蛭田原より福原の資永を攻め亡ぼす(上那須氏ほろぶ)

【時代】:戦国室町

25 永正一七 1520

白河の義永佐良土の民家を焼き浄法寺に那須資房と戦って敗退す

【時代】:戦国室町

26 永禄九 1566

高ノ巣城主大金豊後守、烏山治部内山にて戦死す

【時代】:戦国室町

27 永禄一〇 1567

那須資胤、佐良土河原より大金備後守を広瀬に攻める

【時代】:戦国室町

28 天正一八 1590

那須資晴、秀吉の小田原攻めに不参加の故をもって烏山八万石を没収され、五千石にて佐良土に閉居させらる

【時代】:安土桃山

29 文禄一 1592

資晴、九州名護屋に従軍す

【時代】:安土桃山

30 慶長五 1600

資晴家康方につく

【時代】:安土桃山

31 慶長一四 1609

資晴死す五十四才

【時代】:江戸

32 寛永四 1627

真理谷清雲死す

【時代】:江戸

33 寛永一五 1638

狭原温泉神社創建

【時代】:江戸

34 明暦一 1655

那珂川黒羽河岸開設

【時代】:江戸

35 延宝四 1676

僧円順国造碑のことを大金重貞に知らす、大金重貞那須記十六巻を著作

【時代】:江戸

36 天和三 1683

大金重貞、水戸光圀に那須記を贈り、国造碑のことを報告する

【時代】:江戸

37 貞享四 1687

水戸光圀碑堂建立を重貞に命ず

【時代】:江戸

38 元禄四 1691

碑堂建立のため敷地買収等準備に着手す、光圀の命により上・下侍塚を発掘調査す

【時代】:江戸

39 元禄五 1692

4

碑堂完成

【時代】:江戸

40 元禄五 1692

6

光圀来村

【時代】:江戸

41 元禄一四 1701

真理谷八郎右術門信広死す

【時代】:江戸

42 享保一八 1733

木曽武元、那須拾遺記十六巻を著す

【時代】:江戸

43 寛延一 1748

2

諸葛琴台蛭田に生る

【時代】:江戸

44 文化七 1810

11

琴台死す

【時代】:江戸

45 明治一 1868

片府田、佐良土にて大田原、黒羽軍水戸脱藩兵(諸生党)を討つ

【時代】:江戸

46 明治一 1868

佐良土田宿水戸兵の兵火により火災

【時代】:江戸

47 明治二 1869

ヤアヤア騒動あり、片府田吉成文平参加す(近郷農民による騒動)

【時代】:江戸

48 明治四 1871

湯津上村が宇都宮県に属する

【時代】:江戸

49 明治六 1873

栃木県の制度ができる

【時代】:江戸

50 明治七 1874

湯津上小学校(温習学校)蛭田小学校(正風舎)が設立される(片府田宝寿院内)

【時代】:江戸

51 明治八 1875

佐良土小学校(小川修斉学校分校として)設立
毓(育)民学校と称す

【時代】:江戸

52 明治九 1876

蛭畑村に咲山学校分校設立

【時代】:江戸

53 明治一二 1879

正風舎新宿に移転(済美学校と改称)

【時代】:江戸

54 明治一二 1879

蛭畑学校が新宿学校の分校となる

【時代】:江戸

55 明治一六 1883

品川弥二郎、蛭田の官有地を払下げる

【時代】:江戸

56 明治一六 1883

巡査駐在所佐良土村に設置さる

【時代】:江戸

57 明治一九 1886

3

学区改正により倉骨村を分離奥沢学校に入る

【時代】:江戸

58 明治二〇 1887

済美学校を新宿尋常小学校と改称

【時代】:江戸

59 明治二二 1889

湯津上村として各村(字)一つにまとまる

【時代】:江戸

60 明治二七 1894

11

新宿尋常小学校を蛭田に移転、蛭田尋常小学校と改称す

【時代】:江戸

61 明治二七 1894

品川信用組合(農協の前身)設立

【時代】:江戸

62 明治二八 1895

現在の役場敷地に佐良土小学校を建てる

【時代】:江戸

63 明治三三 1900

品川(傘松)農場平田東助の単独経営となる

【時代】:江戸

64 明治三六 1903

野口藤作聚星館創設

【時代】:江戸

65 明治四一 1908

佐良土仲宿大火

【時代】:江戸

66 明治四四 1911

9

田中正造聚星館で講演す

【時代】:江戸

67 大正五 1916

佐良土駐在所を湯津上に移し、蛭田に駐在所を新設す

【時代】:大正

68 大正七 1918

佐良土学校に高等科を併置し湯津上尋常高等小学校と改称する

【時代】:大正

69 大正九 1920

佐良土小学校仲宿より佐良土竜光寺に移転

【時代】:大正

70 大正一二 1923

摂政宮殿下、笠石神社、傘松農場へ行啓

【時代】:大正

71 大正一三 1924

東野鉄道黒羽―小川間開通

【時代】:大正

72 昭和二 1927

役場火災

【時代】:昭和

73 昭和五 1930

村役場が湯津上から佐良土に移る

【時代】:昭和

74 昭和五 1930

湯津上小学東校火災

【時代】:昭和

75 昭和六 1931

箒川に箒橋がかかる(佐良土―小川間)

【時代】:昭和

76 昭和六 1931

佐良土郵便取扱所開設

【時代】:昭和

77 昭和八 1933

湯津上に腸チフス流行 患者三二名

【時代】:昭和

78 昭和八 1933

湯津上駐在所を佐良土に移す

【時代】:昭和

79 昭和九 1934

佐良土郵便取扱所、郵便局(無集配)に昇格

【時代】:昭和

80 昭和一二 1937

大田原・小川間バス路線新井自動車商会より東野鉄道株式会社買収す

【時代】:昭和

81 昭和一三 1938

佐良土郵便局配達業務開始

【時代】:昭和

82 昭和一四 1939

東野鉄道、黒羽―小川間撤去

【時代】:昭和

83 昭和一六 1941

小学校が国民学校となる

【時代】:昭和

84 昭和一九 1944

各小学校に軍隊駐留す

【時代】:昭和

85 昭和二二 1947

新しい制度の小学校中学校ができる

【時代】:昭和

86 昭和二五 1950

湯津上中学校の校舎ができる

【時代】:昭和

87 昭和二七 1952

蛭田簡易郵便局新設

【時代】:昭和

88 昭和二八 1953

野島が開墾される

【時代】:昭和

89 昭和三三 1958

中学校火災にあう

【時代】:昭和

90 昭和三九 1964

佐良土に第一保育所設置

【時代】:昭和

91 昭和四〇 1965

品川に第二保育所設置

【時代】:昭和

92 昭和四一 1966

有線放送はじまる

【時代】:昭和

93 昭和四一 1966

湯津上岩舟台幼稚園開設

【時代】:昭和

94 昭和四四 1969

圃場整備事業はじまる(西部地区)

【時代】:昭和

95 昭和四四 1969

大田原広域消防組合できる

【時代】:昭和

96 昭和四七 1972

三笠宮殿下を光風荘に迎える。殿下より老人達にお言葉あり、江崎博夫村長村の状況を説明す蜂巣丈平絵額一面を贈る、笠石神社、大野牧場に案内す

【時代】:昭和

97 昭和四九 1974

湯津上村公民館完成

【時代】:昭和

98 昭和五〇 1975

黒羽―小川間バス路線廃止

【時代】:昭和

99 昭和五〇 1975

蛭田小学校を現在地に新築移転

【時代】:昭和

100 昭和五〇 1975

湯津上村内の三農協一つに合併する

【時代】:昭和