大田原市/地域史資料デジタルアーカイブ

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 縄文時代中期 0000

築地・浅香内・不動院裏遺跡

2 古墳時代後期 0500

鉢木遺跡

3 古墳時代後期 0550

錢室塚古墳

4 大化一 0645

この頃東山道がおかれる

5 和銅一 0708

多治比広成下野守になる

6 大同二 0807

北野上温泉神社創建する

7 大同二 0807

堀之内に岩谷観音を創建する

8 大同二 0807

寒井三島神社創建(藤原房麿建立)

9 延喜三 0903

大豆田に磯豊為、鬼一大明神を勧請する

10 延喜一三 0913

余瀬加茂神社創建

11 天慶三 0940

3

『願文写』に「下野国那須郡三輪庄全倉郷高温神」とある

12 永承六 1051

源頼義・義家奥州征伐に下向の途次、粟野宿に来り西の丘に白旗を飜えし勢揃えをする

13 永長一 1096

須佐木州崎神社創建

14 大治年間 1126

(~一一三〇) 初叟元和尚雲巌寺をひらく

15 大治二 1127

12

川上温泉神社創建

16 治承四 1180

10

那須資隆の子十郎為隆・余一宗隆白旗山において義経に仕える

17 元暦二 1185

2

那須余一屋島の戦に扇の的を射る

18 文治一 1185

3

片田温泉神社創建

19 元暦二 1185

この頃中野内温泉神社(大宮)創建

20 文治三 1187

亀山城(山田城)那須義隆により築かれる

21 文冶五 1189

那須余一伏見即成院にて病死す(二十四歳)

22 建久四 1193

3

9

那須光資、那須野狩に功あり下野国北條郡の一村を拝領

23 仁治二 1241

後嵯峨天皇の皇子仏国応供広済国師誕生

24 建長六 1254

阿弥陀仏像を東余瀬道場坪の新善光寺に安置

25 康元一 1256

この頃仏国国師が出家し鎌倉に入る

26 正嘉一 1257

正覚山実相院光厳寺長谷田より寺宿にうつる

27 文応二 1261

このころ仏国国師は鎌倉を離れ、八溝山中に入り、草庵を結ぶ

28 建治二 1276

仏応禅師大豆田礒家にて誕生

29 弘安一 1278

大久保に仏師堯尊作十一面観音を安置する

30 弘安六 1283

執権北條時宗大檀那となり雲巌禅寺の大禅刹を建立

31 正応三 1290

源心和尚臨済宗浄居寺を開山する

32 正安一 1299

新善光寺(余瀬)に板碑を建てる(明治年間出土)

33 応長一 1311

那須資家、光巌寺に梵鐘を寄進する

34 正和一 1312

南方温泉神社創建

35 正和五 1316

10

20

仏国国師遷化(七十六歳)

36 嘉暦二 1327

9

24

仏応禅師遷化(五十二歳)

37 正平六 1351

大関家清、足利氏に属し、戦功あり松野・大桶二邑を賜わる

38 応永年中 1394

この頃大関増清、白旗丘陵上に居城を構える

39 応永一一 1404

余瀬に大雄寺創建

40 応永一五 1408

黒羽藩右衛門大夫増信小山義政を攻める

41 応永二三 1416

光厳寺総門建立

42 応永三三 1426

那須資之と五郎資重との不和による争乱あり

43 応永三三 1426

大雄寺焼ける(三十五年再建)

44 永享二 1430

7

大輪山元寿院光雲寺快光法印により開基される

45 文明三 1471

前田飯縄神社創建

46 明応年中 1492

大関宗増居城を黒羽より堅田郷山田に移す

47 永正一一 1514

8

大関宗増は那須と白河勢の相剋により蛭田原に戦う

48 永正一七 1520

白河結城義永に攻められ那須資房破る

49 永正一七 1520

磯豊由、黒岩河岸を開設する

50 享禄三 1530

余瀬(白旗山)愛宕神社創建

51 天文二 1533

高岩山和光院明王寺興乗法印により石井沢に創建

52 天文二 1533

烏山城主那須高資、前田愛宕山に愛宕神社創建

53 天文一一 1542

大田原資清に討たれ大関増次、石井沢に死す。資清の子高増大関氏の名跡を継ぐ

54 天文一八 1549

5

大関高増、那須高資に従い、五月女坂で宇都宮尚綱と戦い大功をたてる

55 永禄三 1560

大関高増、小田倉で戦う

56 永禄四 1561

大関高増、佐竹義昭に通じ、那須資胤と対立する

57 永禄八 1565

4

光明山称名院常念寺笈興大和尚により余瀬の地に勧進

58 永禄一一 1568

9

大関高増、那須資胤と和し入道して安碩と号す

59 天正四 1576

3

28

大関高増居城を白旗より黒羽城にうつす

60 天正四 1576

高増長子晴増を白河結城義親の養子とする

61 天正四 1576

大関高増八幡館跡に北八幡宮(鎮国社の前身)を建立

62 天正五 1577

12

藤原資勝、野上温泉神社に鰐口を奉納する

63 天正六 1578

大虫禅師雲巌寺に住山する

64 天正九 1581

大関氏多治比姓を改め丹治とする

65 天正一〇 1582

12

8

大関高増千本氏を攻める

66 天正一三 1585

大関清増伊王野氏と戦い北野上など東郷大半黒羽領となる

67 天正一三 1585

大関高増、大田原綱清らと千本一族を滝の太平寺に討つ

68 天正一八 1590

9

豊臣秀吉雲巌寺を焼く(山門、勅使門、難をまぬかると伝う)

69 天正一八 1590

豊臣秀吉、小田原征伐大関高増参会する

70 天正一八 1590

豊臣秀吉小田原の役に大関高増・晴増参陣し高増一万石、晴増三千石を賜わり本領安堵の書をうく

71 天正一八 1590

このころ黒羽向町は荒宿と称し、町屋の形成期であった

72 文禄一 1592

豊太閤朝鮮征討に際し大関増晴後備として肥前名護屋に屯する

73 文禄年中 1592

(~一五九五) 雲巌寺三仏堂再建する

74 文禄三 1594

1

寺宿熊野神社創建

75 慶長三 1598

11

14

大関高増卒す(七十三歳)

76 慶長五 1600

会津上杉氏に備えて黒羽城を改修し人質を家康に差出し籠城する。これを賞され八百石加増される。

77 慶長五 1600

八雲神社大宿より阿久津村(現在地)に移る

78 慶長七 1602

12

大関資増に関ヶ原の恩賞として七千石加増

79 慶長七 1602

会津の陣の功により下の庄(益子)外五千四百石加増される

80 慶長八 1603

大関氏江戸に上屋敷をたまわる

81 慶長一〇 1605

政増は八塩に長渓寺を建て千本氏の霊をとむらう

82 慶長一九 1614

10

大関政増大阪冬の陣に加わり戦功をたてる

83 元和二 1616

大関政増卒す

84 元和八 1622

大関土佐守高増日光廟の普請役を命ぜらる

85 元和九 1623

礒家は黒岩河岸を領主に献上する

86 寛永四 1627

関街道(東山道)を改めて奥州道中をひらく

87 寛永六 1629

5

9

戸田茂睡江戸に生まる

88 寛永七 1630

5

常念寺大関高増により良安上人の代に現在地にうつる

89 寛永一六 1639

光厳寺の梵鐘を黒羽藩士浄法寺一郎資明が改鋳する

90 寛永一六 1639

黒羽藩くじ取により家臣十七騎を一時に召し放つ

91 正保四 1647

4

久野又大日堂に大日如来を安置す

92 明暦一 1655

黒羽河岸開設される

93 明暦二 1656

常念寺本堂火災で焼失する

94 〔万治一〕 1658

(~一六六〇) 黒羽河岸運送開始する

95 万治三 1660

黒羽藩本年より寛文二年にかけて検地が行われる

96 万治三 1660

大関増親日光廟普請役を命ぜらる

97 万治三 1660

高雄山川田院源昌寺創建

98 寛文一 1661

12

14

大関政増室シヤム姫卒す(七十歳)

99 寛文一 1661

大関氏江戸箕輪に下屋敷を賜う

100 寛文一 1661

鹿子畑翠桃生まる