弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 約三五~二五万年前 000

"先岩木火山の噴火活動が発生(十面沢小丘群・兼平石・溶岩円頂丘群が形成)。"

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p33

2 約二〇~二五万年前 000

古岩木山の噴火活動(馬蹄形カルデラの形成)。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p24/通史編1(自然・原始)p33/通史編1(自然・原始)p40

3 おおむね二〇万年前 000

再び古岩木山の噴火。カルデラ内を埋積するように新岩木火山体が形成。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p40

4 旧石器時代 000

氷河期が訪れ、津軽海峡の水位が下がり、三本の陸橋ができる。

【本文参照ページ】:

5 旧石器時代 000

ナウマン象・アオモリ象・オオツノジカ・ヒグマ・ニホンシカ・原牛などの化石骨が出土(七戸町・小川原湖岸、東通村の石灰岩地帯)。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p301

6 旧石器時代 000

弘前盆地では、扇状地が形成・拡大。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p12

7 旧石器時代 000

二万年前頃、ナイフ形石器などを用いた生活が始まる(大森勝山遺跡、東通村物見台遺跡、外ヶ浜町大平山元Ⅲ遺跡、三沢市淋平遺跡、東北町長者久保遺跡など)。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p272/通史編1(自然・原始)p304/通史編1(自然・原始)p305

8 縄文時代
草創期
(一万二〇〇〇
~九〇〇〇年前)
000

土器の製作が始まる(外ヶ浜町大平山元Ⅰ遺跡、六ヶ所村表館遺跡、八戸市是川鴨平遺跡など)。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p272/通史編1(自然・原始)p305/通史編1(自然・原始)p309

9 縄文時代
草創期
(一万二〇〇〇
~九〇〇〇年前)
000

新岩木火山体の頂上部で崩壊、陥没(外輪山の形成)。その後の噴火で御倉石火口丘および岩木山(狭義)が形成。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p44

10 縄文時代
早期
(九〇〇〇
~六〇〇〇年前)
0000

ムラが存在し、太平洋岸に貝塚がつくられ始め、モリや釣針など骨角器も使用(八戸市日計遺跡、同見立山遺跡、三沢市早稲田貝塚など)。

【本文参照ページ】:

11 縄文時代
前期
(六〇〇〇
~五〇〇〇年前)
000

東北北部中心に円筒土器文化が繁栄(青森市三内丸山遺跡、六ヶ所村富ノ沢遺跡、つがる市石神遺跡、七戸町二ツ森貝塚など)。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p311

12 縄文時代
前期
(六〇〇〇
~五〇〇〇年前)
000

気候が温暖化、縄文海進が起こり、豊かな自然環境が出現。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p13/通史編1(自然・原始)p76/通史編1(自然・原始)p104/通史編1(自然・原始)p308/通史編1(自然・原始)p322

13 縄文時代
中期
(五〇〇〇
~四〇〇〇年前)
000

円筒土器文化が引き継がれ、この頃、三内丸山文化が最も繁栄。後半には、東北南部の大木式土器文化が北上。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p312/通史編1(自然・原始)p314/通史編1(自然・原始)p326

14 縄文時代
後期
(四〇〇〇
~三〇〇〇年前)
000

十腰内文化が出現。環状列石、配石遺構、石棺、甕棺などがつくられる(十腰内遺跡など)。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p318/通史編1(自然・原始)p333/通史編1(自然・原始)p336/通史編1(自然・原始)p337

15 縄文時代
晩期
(三〇〇〇
~二三〇〇年前)
000

亀ヶ岡土器文化が繁栄。呪術的な土偶などが出土(つがる市亀ヶ岡遺跡、八戸市是川中居遺跡など)。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p339/通史編1(自然・原始)p340

16 弥生時代
(約二三〇〇年前~)
000

砂沢遺跡で水田稲作農業始まる。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p95/通史編1(自然・原始)p274/通史編1(自然・原始)p353

17 弥生時代
(約二三〇〇年前~)
000

田舎館村垂柳遺跡でも大規模な水田経営。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p63/通史編1(自然・原始)p273/通史編1(自然・原始)p352

18 古墳時代 000

小氷河期の気候寒冷化により稲作農耕が後退、東北地方北部では、食料採集が生活基盤の続縄文文化が南下(続縄文文化と南からの古墳文化の両者の混交文化形成)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p3/通史編1(古代・中世)p12/通史編1(古代・中世)p15/通史編1(古代・中世)p43

19 斉明元 655

七月

難波宮にて津軽の蝦夷六人に官位が与えられる。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p45

20 斉明四 658

四月

大和朝廷の阿倍比羅夫、齶田の蝦夷を征し、協力した淳代・津軽二郡の郡領に冠位授ける。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p56/通史編1(古代・中世)p59

21 斉明五 659

三月

阿倍比羅夫、船一八〇艘(?)を率いて渡島を討ち、郡領を置く。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p57/通史編1(古代・中世)p60

22 斉明五 659

遣唐使が蝦夷男女二人を唐の皇帝に献じる。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p355/通史編1(古代・中世)p24

23 斉明六 660

三月

阿倍比羅夫、船二〇〇艘(?)を率いて粛慎を討つ。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p58/通史編1(古代・中世)p60

24 和銅元 708

九月

律令国家により、越後国に出羽郡が建郡。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p76

25 和銅五 712

九月

二十三日

出羽郡を出羽国とする。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p77

26 養老四 720

渡島津軽の律司従七位上諸君鞍男ら六人を靺鞨国へ派遣。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p77

27 神亀元 724

この頃、律令政府により多賀城が築かれる。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p75/通史編1(古代・中世)p81

28 天平五 733

十二月

二十六日

出羽柵を秋田に移す。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p81

29 天平宝字四 760

雄勝城、桃生城造営。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p82

30 神護景雲元 767

伊治城造営。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p83

31 宝亀五 774

七月

海道蝦夷が桃生城を焼き討ち、律令国家との三十八年戦争へと突入。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p83

32 宝亀一一 780

蝦夷の首長伊治公呰麻呂、俘囚の軍を率い、伊治城を攻め、多賀城を焼き討つ。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p84

33 延暦八 789

阿弖流為の率いる蝦夷軍、征夷軍を破る。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p87

34 延暦二〇 801

九月

二十七日

坂上田村麻呂、征夷を奏上。胆沢城(八〇二年、この年、阿弖流為、同族五百人と共に投降)・志波城(八〇三年)を築く。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p89/通史編1(古代・中世)p89/通史編1(古代・中世)p91

35 延暦二〇 801

この頃、岩木山神社・和徳稲荷神社、胸肩神社、鬼神社が開山したと伝えられる。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p344

36 大同二 807

熊野奥照神社開山の年と伝えられる。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p345

37 大同五 810

厳鬼山神社開山の年と伝えられる。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p345

38 弘仁二 811

征夷大将軍文室綿麻呂、俘囚の軍を利用し、爾薩体(岩手県北西部から青森県東南部地域)・閉伊の蝦夷を平定(三八年戦争の終結)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p94

39 九世紀頃 830

平川市李平下安原遺跡・黒石市浅瀬石遺跡・大釈迦川流域遺跡(稲作主体の大規模集落)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p106

40 九世紀後半頃 860

下恋塚遺跡(竪穴住居、堀立柱建物、外周溝)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p108

41 九世紀後半頃 860

青森市松元遺跡・野尻遺跡。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p106

42 元慶二 878

三月

国司の苛政に抵抗し、蝦夷の反乱(出羽元慶の乱)起こる。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p100

43 元慶二 878

持子沢に登窯が築かれ、須恵器が生産される(五所川原窯跡群)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p108

44 延喜一五 915

七月

十和田火山噴火し、出羽に火山灰。農作物に被害。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p105/通史編1(古代・中世)p143

45 天慶二 939

四月

俘囚による出羽天慶の乱始まる。北方の異類も反乱に加わるという(~九四一)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p142

46 天暦元 947

狄坂丸の乱。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p146

47 十世紀中葉から
十一世紀初頭
950

鰺ヶ沢町杢沢遺跡(鉄生産)。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p275/通史編1(古代・中世)p112

48 永承六 1051

前九年の役始まる(~一〇六二年)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p154

49 十世紀後半から
十一世紀
1060

荼毘館遺跡・小友遺跡・石川長者森遺跡(竪穴住居群を空堀などで区画)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p118

50 延久元 1069

延久蝦夷合戦(朝廷による北方蝦夷征討戦)起こる。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p172/通史編1(古代・中世)p173/通史編1(古代・中世)p178

51 永暦二 1078

乳井福王寺建立の年と伝えられる。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p179/通史編1(古代・中世)p253

52 永保三 1083

九月

後三年の役始まる(~一〇八七年)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p181/通史編1(古代・中世)p182

53 大治元 1126

三月

中尊寺金色堂落慶。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p184

54 大治元 1126

藤原清衡、中尊寺落慶の供養願文に「東夷の遠酋」「俘囚の上頭」と記し、藤原氏の支配津軽にも及ぶ(推定)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p183

55 文治五 1189

八月

奥州合戦の末、八月、平泉の藤原氏滅亡。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p230

56 文治五 1189

暮れごろ

八郎潟の大河兼任による反乱(~一一九〇年鎮定)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p234

57 建久二 1191

十一月

最初の京都官人(強盗)の夷島流刑。安藤氏が執行。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p280/通史編1(古代・中世)p299

58 建保七 1219

四月

北条義時、曽我広忠を平賀郡岩楯村の地頭代職に任命。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p255

59 十二世紀後半から
十三世紀前半
1220

中崎館遺跡(堀立柱建物跡、かわらけ、陶磁器、鉄製品)。

【本文参照ページ】:通史編1(自然・原始)p275/通史編1(古代・中世)p137/通史編1(古代・中世)p193/通史編1(古代・中世)p199/通史編1(古代・中世)p202/通史編1(古代・中世)p203/通史編1(古代・中世)p421

60 承久から仁治頃 1230

この頃、安藤(安東)氏、蝦夷管領に。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p298/通史編1(古代・中世)p352

61 仁治三 1242

十月

北条時頼、兄の得宗経時に代わって平賀郡大平賀村地頭代職を引き続き曽我惟重に与える。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p351

62 寛元四 1246

十二月

五日

北条時頼、三浦盛時を五戸の地頭代職に任命。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p351

63 文永五 1268

アイヌ民族蜂起による文永の蝦夷の乱。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p307

64 文永一一 1274

十一月

五戸の検注(土地調査)が行われ、各田数と公田数が記録される。

【本文参照ページ】:

65 正応元 1288

七月

源光氏ら、中別所の板碑建立。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p252/通史編1(古代・中世)p361

66 嘉元四 1306

八月

嘉元鐘鋳造。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p248/通史編1(古代・中世)p361

67 元応二 1320

出羽の蝦夷蜂起する(元応の蝦夷の乱)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p308

68 元亨二 1322

この年から、安藤(安東)氏の内紛。幕府軍の出動によって和議成立(~一三二八年)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p310

69 正中二 1325

九月

十一日

安藤宗季、長子犬法師に他の所領の地頭代職と共に蝦夷管領職を譲る。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p298/通史編1(古代・中世)p305

70 元弘三
正慶二
1333

八月

北畠顕成、陸奥守に。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p313/通史編1(古代・中世)p370

71 元弘三
正慶二
1333

この頃から朝廷方と幕府方が争い、津軽では大光寺・石川・持寄等の合戦起こる。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p314/通史編1(古代・中世)p315/通史編1(古代・中世)p315

72 延元元
建武三
1336

一月

曽我貞光ら、藤崎・平内などで南部氏と交戦。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p373

73 延元元
建武三
1336

曽我貞光、小栗山楯を襲い奮戦、田舎楯を攻め、新里楯・堀越楯を築く。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p374

74 延元三
暦応元
1338

五月

北畠顕成・南部師行ら和泉の石津で戦死。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p375

75 延元四
暦応二
1339

六月

南朝に寝返った安藤四郎が尻八楯(現三世寺あたり)に攻め入り、安藤師季・曽我貞光が奮戦。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p375/通史編1(古代・中世)p382

76 興国二
暦応四
1341

曽我貞光・師助、南部政長の立てこもる糠部を攻撃。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p376

77 興国二
暦応四
1341

曽我光頼、加土計郷(現門外付近)を得る。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p266/通史編1(古代・中世)p377

78 正平一六
康安元
1361

この頃、曽我氏が南部氏に滅ぼされる(推)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p377

79 正平一六
康安元
1361

この頃、根城南部氏、八戸根城を築く。

【本文参照ページ】:

80 正平二一
貞治五
1366

八月

十五日

門と戸が同等の並列語として記録され、九部(戸)四門制の存在が確認できる。

【本文参照ページ】:

81 明徳四 1393

この年、南部政光ら、八戸根城を本拠とする。

【本文参照ページ】:

82 応永元 1394

北海夷荻の動乱が起こり、翌年、安藤康季・鹿季が鎮圧。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p388/通史編1(古代・中世)p390

83 応永元 1394

安藤鹿季が秋田城介を滅ぼし、これに替わる。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p389

84 応永一八 1411

南部師行が葛西持信の支援を受けて、秋田湊の安藤鹿季と仙北刈場戦で戦う。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p392

85 応永三〇 1423

四月

安藤陸奥守(康季か)、幕府へ馬二〇頭・鳥五〇〇〇羽・鷲眼(銭の異称)二万匹・猟虎皮三〇枚・昆布五〇〇把を献上。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p393

86 永享四 1432

十月

二十一日

南部義政、安藤(安東)盛季を北海道へ追う(嘉吉三年〈一四四三〉とも)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p393

87 永享八 1436

安倍康季、若狭羽賀寺の再建に莫大な費用を寄進。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p393/通史編1(古代・中世)p531

88 文安二 1445

安藤盛季の子康季、夷島から津軽へ戻るが、引根城で病死。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p394/通史編1(古代・中世)p436

89 亨徳二 1453

安藤義季、津軽大浦狼倉に拠って南部勢と戦い討死。下国の惣領家が断絶。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p394/通史編1(古代・中世)p436

90 康正三 1457

四月

南部政経、蠣崎蔵人(松前氏の祖)を北海道に追う。

【本文参照ページ】:

91 応仁二 1468

檜山の安藤師季、紀伊国熊野那智大社に津軽・外浜・宇楚里・鶴子遍地の回復を祈願。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p437/通史編1(古代・中世)p527

92 文明一四 1482

夷千島王(安藤政季か)、朝鮮に使者を遣わし、大蔵経の頒賜を願う。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p386/通史編1(古代・中世)p437

93 長享二 1488

安藤政季、森山飛騨守の謀反に遭い、出羽河北郡糠野城で自害。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p438

94 延徳三 1491

この年、大浦光信が津軽西浜種里に入部。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p444/通史編1(古代・中世)p463/通史編1(古代・中世)p482

95 明応四 1495

安藤忠季、檜山城を築く。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p438

96 明応七 1498

南部信時四男の光康が、外浜堤ヶ浦に入部し、津軽郡代に。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p447

97 文亀二 1502

この年、大浦光信が賀田城を築き、盛信を置く(津軽の資料)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p444/通史編1(古代・中世)p463/通史編1(古代・中世)p469

98 天文二 1533

南部安信、藤崎城主安藤教季・大光寺城主葛西頼清を討ち、弟高信を石川城に置く(文亀二年の説もあり)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p447/通史編1(古代・中世)p481/通史編1(古代・中世)p492

99 天文一五 1546

この頃、浪岡北畠氏「津軽郡中名字」をつくる(一五三六〈天文五〉とも)。

【本文参照ページ】:通史編1(古代・中世)p438/通史編1(古代・中世)p459

100 天文一九 1550

一月

後の津軽為信誕生。

【本文参照ページ】: