弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 天平宝字7 0763

陸奥国飢饉。五穀など実らず。(日本凶荒史考)

【災害】:飢饉

2 天平神護2 0766

陸奥国等飢饉。勅して負租を免じる。(古今凶饉誌)

【災害】:飢饉

3 天長7 0830

陸奥・出羽国疫病。死者多数。

【災害】:疫病

4 承和10 0843

陸奥国など飢饉。疫病流行。賑給を給う。

【災害】:飢饉

5 斉衡元 0854

陸奥国など飢荒する。

【災害】:飢饉

6 貞観11 0869

五月(七月)

二十六日(十三日)

陸奥国で大地震。陸奥国地大いに震い、海嘯哮吼して溺死者一〇〇〇余人。推定M八・六、青森県震度五~六。

【災害】:三陸津波

7 貞観15 0873

陸奥国飢饉。農民困窮し、餓死者数万人に達する。

【災害】:飢饉

8 元慶元 0877

天下大旱にして凶作。農民飢弊する。

【災害】:干ばつ

9 正元元 1259

二月

飢民に山野および河海自然物の捕獲・採取を許可する。

【災害】:飢饉

10 暦応3 1340

伝承によると、津軽北西部十三湊周辺被害大。推定震源は渡島沖、推定M七・五。死者一〇万人といわれる。

【災害】:地震・津波

11 明徳3 1392

四月より十一月にかけて陸奥国大旱(不作か)。

【災害】:干ばつ

12 応永9 1402

三月より七月まで雨降らず草木枯れる。また、秋霖ありて民飢える。七歳以下の孤児を水に投げる。(大日本農史)

【災害】:飢饉

13 応仁2 1468

四月(五月)

(二日)

陸奥国大風雨洪水にて、民飢える。

【災害】:洪水

14 文明5 1473

陸奥国飢饉。

【災害】:飢饉

15 元亀2 1571

一月(二月)

二十一日(二十五日)

岩木山より光物飛ぶ。(平山日記)

【災害】:噴火

16 1474
~1582
1474

(室町時代後期から戦国時代)凶饉記録不明。

【災害】:

17 天正11 1583

大凶作。春夏の霖雨冷害による。

【災害】:飢饉

18 慶長2 1597

一月(二月)

岩木山噴火。岩木山崩れ、昼夜の区別なく土石雨のごとく降る。(津軽藩史)

【災害】:噴火

19 慶長5 1600

一月

八日

岩木山の鳥の海火口爆裂。土石砂塵を飛ばし、白昼暗し。(岩木山神社史料)

【災害】:噴火

20 慶長5 1600

六月(七月)

十三日(二十三日)

岩木山噴火。山の南側が焼き崩れ、津軽近傍地震強し。

【災害】:噴火

21 慶長9 1604

一月

八日

岩木山西方の鳥海口破裂。湖水流失し、以後水なし。(百沢寺縁起)

【災害】:噴火

22 慶長10 1605

二月(四月)

二十二日(十日)

岩木山より怪光飛ぶ。(封内事実秘苑)

【災害】:噴火

23 慶長16 1611

陸羽その他諸国凶する。

【災害】:凶作

24 慶長16 1611

十月(十二月)

二十八日(二日)

三陸沖地震。津波により南部・津軽で人馬三〇〇〇余溺死。推定M八・一、震度四~五。

【災害】:三陸津波

25 元和元 1615

霖雨・冷夏。領内凶作にて餓死するもの多し。令して酒造を禁ずる。

【災害】:飢饉

26 元和2 1616

餓死者多し。三月に二〇〇俵、七月に七〇〇俵の越後米を移入。四月幕府から拝領米一万石到着。

【災害】:飢饉

27 元和4 1618

一月

五日

津軽に降灰。(津軽秘鑑)

【災害】:降灰

28 寛永4 1627

六月

津軽領内で稲虫大発生。在方で虫祭を行う。

【災害】:虫害

29 寛永4 1627

九月

五日

弘前城天守閣、落雷で焼失。

【災害】:落雷

30 寛永7 1630

九月

十八日

大光寺の三重塔焼失。

【災害】:落雷

31 寛永15 1638

六月(七月)

十四日(二十五日)

有珠岳噴火し、降灰津軽その他に及ぶ。津軽地震強し。

【災害】:噴火

32 寛永17 1640

六月(七月)

十三(三十一日)~十六日

北海道恵山岳噴火し降灰三日に及ぶ。十三日の大地震二〇回。(津軽震災資料)

【災害】:噴火

33 寛永17 1640

春以来不照にて皆無作。死者多数。

【災害】:飢饉

34 寛永18 1641

六月より八月まで霖雨・寒冷にて大凶作。死者多数。

【災害】:飢饉

35 寛永19 1642

霖雨・早冷。気候不順のため凶作。五月、幕府からの拝領米が越後より弘前に到着。

【災害】:飢饉

36 正保2 1645

領内知行高を幕府へ報告(文禄の四万五〇〇〇石のほか、増収分四万二〇〇〇石、村数二〇二村)。

【災害】:豊作

37 慶安2 1649

八月

十六~十七日

領内大雨洪水。死者多数。

【災害】:洪水

38 承応2 1653

十二月

十八日

津軽領内大地震。

【災害】:地震

39 明暦2 1656

凶作により庶民難渋する。

【災害】:凶作

40 明暦3 1657

十三湊大火。

【災害】:火災

41 寛文3 1663

七月

十六日

北海道松前臼岳の噴火で、震動弘前に及ぶ。

【災害】:噴火

42 寛文6 1666

大干ばつのため田畑とも不作。

【災害】:凶作

43 寛文7 1667

米穀実らず飢饉。諸国で飢民多く、奥羽で顕著。

【災害】:飢饉

44 寛文8 1668

六~七月

寒冷冬のごとく、諸国飢饉。奥羽でとくに顕著。また、六月十六日、洪水で領内の田畑多く荒廃。

【災害】:飢饉

45 寛文10 1670

六月(七月)

三日(十九日)

大雨・洪水により領内散々にて不作。

【災害】:洪水

46 寛文12 1672

六月(七月)

五日(二十八日)

津軽地震強く、岩木山南方崩れる。(津軽藩日記)

【災害】:地震

47 延宝2 1674

四月より六・七月に至り寒冷、諸国飢饉。津軽夏干ばつ、凶作。餓死者多数。

【災害】:凶作

48 延宝2 1674

八月

六日

領内大風雨。屋敷・樹林に大被害。

【災害】:暴風雨

49 延宝5 1677

六月十五日より東風雨天にて暑気薄く、七月三日朝、水霜降り手足凍え、七月二十二日・二十八日またまた水霜降り、稲実入らず青立ちで飢饉。

【災害】:飢饉

50 延宝8 1680

八月

二日

弘前をはじめ領内で大雨・洪水による被害大。このため、米穀実らず凶作。

【災害】:洪水

51 天和元 1681

津軽大凶作。七月十六日、藩士の衣食住の奢侈を禁ずる。

【災害】:飢饉

52 貞享元 1684

津軽凶作。

【災害】:凶作

53 貞享3 1686

二月

二十九日

津軽地方大地震(岩木山周辺局発地震か)。

【災害】:地震

54 元禄4 1691

十月

二十四日

青森大洪水。

【災害】:洪水

55 元禄5 1692

冷夏。七月二日、水霜降り手足寒く、八日、朝夜とも霜降り、稲実入らず青立ちで飢饉。

【災害】:凶作

56 元禄5 1692

五〇年来の寒冬。大雪のため人家多く倒壊する。

【災害】:寒冬

57 元禄6 1693

二月

十三日

大雨・融雪・洪水による被害大。

【災害】:洪水

58 元禄7 1694

五月(六月)

二十七日(十九日)

羽後国能代およびその周辺で地震。推定M七・〇。能代・津軽地方一帯に被害。死者三九〇〇余人。津軽も震度四~五の強い地震。また、岩木山硫黄坑発火。

【災害】:地震

59 元禄7 1694

霖雨・低温。春以来、気候不順で大凶作。

【災害】:凶作

60 元禄8 1695

気候不順。霖雨・冷夏のため南部四大飢饉の一つに数えられる大飢饉となる。餓死者は、四万余人という。津軽では、六月九日の土用でも冷たい東風のため寒く、日中は帷子布、朝夕は袷を着た。岩木山の中ほどには六月二十八日になっても雪があり、南の沢には七月十七日にも雪が残る。早冷も重なる。この年、領内の餓死者は三万人。藩士の禄を半減。町医者以下諸職人まで二〇〇人ばかり解雇。幕府より、米三万俵分の八〇〇〇両貸与される。

【災害】:飢饉

61 元禄9 1696

気候不順のため凶作。八月十九日大風。藩士二二四人、与力六七人、足軽三二人を解職。

【災害】:凶作

62 元禄11 1698

五月

岩木川大雨融雪のため出水、駒越堤破れる。領内大被害。

【災害】:洪水

63 元禄12 1699

春以来天候不良のうえ、七月下旬より風害・雨害が交互に来襲。諸作実らず大飢饉となる。

【災害】:飢饉

64 元禄15 1702

夏以来、北東風吹き、寒くして穀物実らず。

【災害】:飢饉

65 元禄16 1703

前年の災害が影響し、凶作(八戸領の死者・離散者一万六七〇〇余人)。

【災害】:飢饉

66 宝永元 1704

四月(五月)

二十四日(二十七日)

津軽地方で地震。震度四か五。津軽・能代地方一帯に被害。西海岸の一部で震度六の所があったと推定される。家屋破損、堰堤決壊があった。特に海岸付近で地震被害が大きく、黒崎から大間越に至る海岸では、一尺~二尺の地盤隆起があった。死者五八人、家屋損失四三七棟、焼失七五九棟。推定M六・九、震度四~五。西海岸の一部で震度六。

【災害】:地震・津波

67 宝永元 1704

六月

十日

青森大火。

【災害】:火災

68 宝永元 1704

八月

三日

大雨のため岩木山で山津波(土砂・山崖崩れ)が起きる。岩木川洪水被害。

【災害】:洪水

69 宝永2 1705

霖雨・冷夏。六月から七月まで東風多く、九月十一日より二十日まで風雨やあられ降る。二十一日、雪が降り稲の刈り取りできず。

【災害】:凶作

70 宝永4 1707

霖雨・低温、春になってから東風が吹き続き苗が成長できず、五月十一日より大雨、その後も雨が続き不作。粟は四~五寸にて出穂せず。

【災害】:凶作

71 宝永4 1707

八月

十九日

強風で領内被害大。

【災害】:大雨

72 宝永6 1709

岩木山硫黄坑より噴火。

【災害】:噴火

73 正徳4 1714

四月

十六日

深浦で大火。

【災害】:火災

74 享保元 1716

春より六月土用中まで雨が降り続く。霖雨にて凶作。

【災害】:凶作

75 享保元 1716

十月

十六日

鯵ヶ沢で大風被害大。

【災害】:大風

76 享保3 1718

六月

十三日

疫病流行のため、在・町・九浦に施薬。

【災害】:疫病

77 享保4 1719

十二月

大雪で倒壊家屋多数。

【災害】:大雪

78 享保5 1720

九月

一日

岩木山へ雪降り天候不順。稲青立ちで実入りなし。十月二日、降雪のため刈り残しの稲が雪の下になる。早冷。

【災害】:飢饉

79 享保10 1725

天候不順。干ばつのため五分作。

【災害】:凶作

80 享保13 1728

この年は雨が多く、七月二十七日の大雨で岩木川が洪水となり、弘前の橋が残らず流失。

【災害】:洪水

81 享保17 1732

九月

二十八日

弘前本町大火。

【災害】:火災

82 享保17 1732

十一月(十二月)

五日(二十一日)

津軽地方で地震。記事は永禄日記のみで、津軽地方の中でも弘前だけが取り上げられている。これらから津軽地方の内陸局地地震と考えられる。推定震度四。「十一月五日大地震にて、御城処々痛み候而巾四尺厚二尺長大間之挽物折申候、」

【災害】:地震

83 享保17 1732

田畑虫害。不作になる。

【災害】:虫害

84 享保18 1733

三月

二十九日

津軽領大地震(岩手県花巻地方で午後十時ころ強震の記録あり)。

【災害】:地震

85 享保18 1733

七月

はやり風邪や疫病流行して死者多数。

【災害】:疫病

86 元文元 1736

小泊村大火。

【災害】:火災

87 元文2 1737

三月

二十一日

青森大火。

【災害】:火災

88 元文2 1737

気候不順。しばしば東風吹き凶作。七月十六日、岩木川洪水。

【災害】:凶作

89 元文5 1740

東風寒冷。領内凶作で餓死者四三八人余。倹約令や藩士の衣服省略令が出される。

【災害】:飢饉

90 寛保元 1741

領内大火相次ぐ。一月二十三日小泊村、二月二十日青森、二月二十七日蟹田で大火。

【災害】:火災

91 寛保元 1741

北海道渡島半島西方沖の大島噴火。地震発生し推定M六・九。津軽地方西浜通りに津波押し寄せ、死者八人、家屋流失八二棟、軽負傷者多数の被害。

【災害】:噴火・津波

92 寛保2 1742

津軽地方に降灰三~四寸、黒い砂鉄のようなもの(鳥海山噴火か)。

【災害】:降灰

93 延享元 1744

五月

十一日

本町一丁目より土手町大橋ぎわまでを焼く大火。(四月から四〇日余降雨なく、諸寺に雨乞い祈祷を命ずる。)

【災害】:火災

94 延享元 1744

四月から五月にかけての水不足に加え、五月二十九日の大雨による洪水被害甚大で二万余石減収。領内の富豪七名に米四万一〇〇〇俵の調達を命ずる。

【災害】:不作

95 延享4 1747

四月

二十日

黒石で三二軒焼失。なお、この年三月青森で一〇〇余軒焼失の大火あり。

【災害】:火災

96 延享4 1747

春の気候不順で、苗薄く不足し出穂も遅く、ことに度々洪水あり。八月十五日、水霜降り稲に当たり惣検見願い出る。夏から領内疫病流行。

【災害】:凶作

97 寛延2 1749

二月

二十日

蟹田大火。二月二十一日、今別大火。

【災害】:火災

98 寛延2 1749

五月下旬より雨ならびに北東風にて六月も綿入れを着る。七月未出穂のところ、夜南西の大風に吹きつけられ、翌日西風吹き、この風にて凶作になる。天候不順凶作のため乞食・非人多く、所々小屋掛けし救米するも餓死者一万人という。

【災害】:飢饉

99 寛延3 1750

二月から三月にかけて飢えと寒さで領内餓死者多数。向う三年間藩士の禄を半減、倹約令を出す。前年の余殃がことに強く、凶作。 (注)当秋豊作につき云々と記載の文献もある。

【災害】:凶作

100 宝暦4 1754

田畑検見なしに上納とする。藩士の借上米をやめ、本知に復す。

【災害】:豊作