恵庭市教育委員会/カリンバ遺跡と恵庭市史料 DIGITAL ARCHIVE

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 寛文9年 1669

シャクシャイン蜂起する

20

2 一七世紀中期 1700

イザリ・シママップ場所このころ成立か

19

3 元禄13年 1700

「松前藩支配所持名前帳」にシュマ満布鳥屋・伊茶利布登鳥屋の名が見える

20

4 宝暦年間 1764

飛騨屋武川久兵衛がイザリ川上流でエゾマツの造材を始める

21

5 文化2年 1805

勇払場所惣支配人山田文右衛門が漁太に漁場を設ける

6 文化3年 1806

遠山金四郎景晋、西蝦夷地見分。シママップ・イザリを巡視

22

7 文化4年 1807

田草川伝次郎、西蝦夷地巡視の帰路に千歳越え

8 文化5年 1808

石狩アイヌのシレマウカ、イサリ・ムイサリの漁業権を訴願

21

9 弘化3年 1846

松浦武四郎が千歳川をさかのぼり、漁太番屋に小憩

10 安政5年 1858

松浦武四郎が石狩から札幌を経て千歳まで陸路調査

11 明治元年 1868

明治維新で江戸幕府倒れる。幕府脱走軍「蝦夷共和国」を宣言

23

12 明治2年 1869

開拓使設置。千歳郡・勇払郡が高知藩の支配下に入る

23

13 明治3年 1870

5

高知藩七〇余人が勇払・千歳両郡に入植

23

14 明治4年 1871

3

中山久蔵が島松沢(島松川の南側)に入植

24
24

15 明治4年 1871

12

25

樽前山大噴火

36

16 明治6年 1873

中山久蔵が水稲(赤毛種)を試作、一反歩二石三斗を収穫

25

17 明治5年 1872

東京牛込出身の村上芳三郎が茂漁橋付近に来住

24

18 明治6年 1873

6

島松沢(島松川右岸)に駅逓が設けられる

25

19 明治6年 1873

6

室蘭~札幌間の札幌本道が開通

25

20 明治6年 1873

8

漁利村、漁太村がイサリ村に合併し、島松村と二つの村となる

25

21 明治7年 1874

2

8

樽前山が噴火

26
36

22 明治7年 1874

茂漁地区住民が札幌神社遥拝所として小堂を建立

23 明治9年 1876

6

島松沢に郵便局が設置され、山口安五郎が取扱人となる

31

24 明治9年 1876

7

今の駒場町、恵南地区に官営の真駒内牧牛場漁村牧場を開設

26

25 明治9年 1876

漁村~苫小牧間道路六間半に拡幅

26 明治10年 1877

4

札幌農学校のクラーク博士が島松沢で教え子たちと別れる

26

27 明治11年 1878

鮭鱒捕獲禁止令によって漁川・島松川のサケ漁に終止符

27

28 明治13年 1880

3

9

千歳に「千歳郡千歳村、鳥柵舞村、蘭越村、長都村、漁村、島松村戸長役場」を設置

27

29 明治13年 1880

十勝でバッタ大発生。大群、勇払から札幌へぬける

27

30 明治14年 1881

9

2

明治天皇、北海道巡幸の途中、漁村で休憩

27

31 明治16年 1883

11

15

樽前山噴火

36

32 明治18年 1885

1

4

樽前山噴火

36

33 明治18年 1885

3

26

樽前山噴火

36

34 明治19年 1886

4

13~28

樽前山噴火

36

35 明治19年 1886

北海道庁が設置される。恵庭は胆振国から石狩国の管内に移る

28

36 明治19年 1886

山口県玖珂郡和木村、小瀬川村(現和木町)と麻里布村、装束村(現岩国市)から四〇戸が漁村に、二五戸が島松村に集団入植

28

37 明治20年 1887

4

医師山森丹宮が漁村に移住

28

38 明治20年 1887

5

浄土真宗大谷派札幌別院が漁村の布教を開始。(天融寺の前身)

39 明治20年 1887

私立洞門小学校(恵庭小学校の前身)を漁村の今の大安寺境内に開設

29
36

40 明治20年 1887

長州(萩)藩士四九戸が集団入植

28

41 明治21年 1888

茂漁に曹洞宗苫小牧中央院の説教所(後の大安寺)を設置

42 明治22年 1889

10

江別~恵庭間の道路開通

43 明治22年 1889

12

18

南島松に私立松園小学校を開設

29
36

44 明治23年 1890

5

31

浄土真宗大谷派説教所(後の天融寺)を漁村二四号に設置

45 明治23年 1890

山森丹宮敷地を寄付、有志の寄付金で巡査駐在所庁舎を設置

35

46 明治24年 1891

8

25

茂漁の絵庭神社(豊栄神社の前身)が新築、大祭を行う

47 明治24年 1891

10

盤尻用水組合を設立、漁川盤尻地区から取水して約三六ヘクタールを開田

48 明治26年 1893

5

加越能開耕社が加賀、越中、能登から移民七八戸を募集して漁太に集団入植

30

49 明治26年 1893

9

1

島松村住民が小堂(島松神社の前身)を建立してまつる

50 明治26年 1893

島松の住人大阪与太郎が下島松北の広島街道筋で、寺子屋式の児童教育を開始(島松小学校の前身)

関連

51 明治26年 1893

富山県(越中)や石川県(加賀、能登)からの自費移民が島松村に相つぎ入植

30

52 明治26年 1893

千歳原野の植民地区画割設定

30

53 明治26年 1893

加越能移民が漁川左岸(西三線南一五号)にヒモロギをまつって守護神とし、翌年小社を建立して春日神社と称する(恵庭神社の前身)

54 明治27年 1894

4

漁村番外地に浄土真宗本願寺派説教所(後の敬念寺)を設置

55 明治27年 1894

12

島松村西五線南一九号に浄土真宗本願寺派説教所(後の本誓寺)を創立する

56 明治27年 1894

南一八号道路開削

57 明治27年 1894

島松村共同用水組合を結成

58 明治27年 1894

西八線南一八号に私立島松小学校を開校

29
36

59 明治28年 1895

漁共同用水組合を結成

60 明治30年 1897

7

15

千歳郡千歳村ほか五箇村戸長役場から独立し「漁外一箇村(島松村)戸長役場」設置。初代戸長は橘完爾

31

61 明治30年 1897

8

第一回総代選挙

62 明治30年 1897

9

13

私立洞門小学校を公立恵庭尋常小学校に、私立島松小学校を公立島松尋常小学校に、私立松園小学校を公立恵庭尋常小学校松園分校に改称

63 明治30年 1897

恵庭尋常小学校、島松尋常小学校の校舎新築

64 明治30年 1897

島松村西六線南一八号に浄土真宗大谷派説教所(後の島松寺)を設置

65 明治30年 1897

漁本通りに漁郵便局が開局

31

66 明治31年 1898

1

28

漁村と長都村の境界をカリンバ川から植民地区画東三線に改正

67 明治31年 1898

8

1

橘完爾戸長退職し、新戸長に管田省三が就任

68 明治31年 1898

9

8

豪雨で千歳川、漁川が大はんらん

31

69 明治32年 1899

3

23

恵庭小学校松園分校が独立し、公立松園尋常小学校となる

29

70 明治32年 1899

4

13

管田省三戸長転出し、佐藤宗正が戸長となる

71 明治32年 1899

10

降雨はげしく千歳川沿岸の各河川がはんらんして田畑に浸水、前年からの水害の連続に将来を悲観して多くの離農者を出す。収穫皆無の大凶作

31
36

72 明治32年 1899

12

20

戸長佐藤宗正が転出し、江刺家唯吉が戸長となる

73 明治34年 1901

2

陸軍省が島松村国道西側約三、六〇〇ヘクタールを陸軍演習場として指定

33

74 明治34年 1901

9

1

漁太西三線南一三号に松鶴尋常小学校が開校

29
36

75 明治34年 1901

9

25

絵庭神社に「恵庭神社」の公称許可

76 明治34年 1901

10

2

島松神社の社殿落成し、公称許可

77 明治34年 1901

7

本派本願寺派の敬念寺、富山県中新川郡二杉村から漁村番外地に移転

78 明治34年 1901

恵庭に地酒メーカー誕生。幻の酒「豊漁」、愛飲される

33

79 明治35年 1902

4

9

豊栄神社社殿を漁村中島に建立

80 明治35年 1902

冷害大凶作

81 明治36年 1903

1

19

「豊栄神社」の公称認可

82 明治36年 1903

4

御料局札幌支庁札幌出張所が茂漁に漁分担区員駐在所(恵庭営林署の前身)を設置

83 明治36年 1903

5

28

江刺家戸長転出、百瀬俊清が戸長となる

84 明治36年 1903

8

舞鶴橋架橋

85 明治37年 1904

7

2

本派本願寺派「本誓寺」の寺号公称許可

86 明治37年 1904

8

8

大谷派「天融寺」の寺号公称許可

87 明治37年 1904

日露戦争はじまる。恵庭からも多くの兵士が出征

34

88 明治39年 1906

2

22

漁・島松両村を管内として「恵庭村」が誕生

34

89 明治39年 1906

3

16

大谷派「島松寺」の寺号公称許可

90 明治39年 1906

4

1

中央地区に恵庭村役場を開庁、初代村長に山崎初吉

34

91 明治39年 1906

6

1

第一回村会議員選挙

34

92 明治40年 1907

3

松園尋常小学校校舎新築

93 明治41年 1908

8

10

恵庭小学校盤尻分教場を設置

36

94 明治41年 1908

11

3

柏木に相馬神社を造営し、札幌豊平の相馬神社から分祠

95 明治41年 1908

12

3

松鶴尋常小学校が松園小学校松鶴分教場となる

96 明治41年 1908

島松陸軍演習場にへい舎建築

97 明治42年 1909

1

11

樽前山大噴火

35
36

98 明治42年 1909

4

17

前夜来のはげしい噴火とともに突如として、頂上に巨大なドームが出現

35

99 明治42年 1909

札幌警察署が茂漁に恵庭、広島、千歳の三村を管轄とする漁村巡査部長派出所を新設

35

100 明治43年 1910

4

18

恵庭村役場全焼。文書その他一切を失う

35