函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 下
年表一覧
年表1   年表2
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 旧石器時代 前期 30,000年前 0000

臼尻B遺跡クリーヴァー(直刃斧(ちょくじんふ))

2 旧石器時代 後期 12,000年前 0000

臼尻小学校遺跡グレーヴァー(彫刻刀型石器)

3 繩文時代 早期 8,000年前 0000

川汲B遺跡

4 繩文時代 早期 8,000年前 0000

電々公社合宿舎遺跡

5 繩文時代 前期 6,000年前 0000

八木遺跡

6 繩文時代 前期 5,000年前 0000

ハマナス野遺跡

7 繩文時代 中期 4,000年前 0000

精進川遺跡

8 繩文時代 中期 4,000年前 0000

臼尻B遺跡

9 繩文時代 中期 3,800年前 0000

木直B遺跡

10 繩文時代 中期 3,800年前 0000

豊崎202遺跡

11 繩文時代 後期 3,500年前 0000

臼尻小学校遺跡

12 繩文時代 後期 3,500年前 0000

著保内野遺跡 中空土偶(重要文化財指定)

13 繩文時代 晩期 2,300年前 0000

大船遺跡

14 続繩文時代 2,000年前 0000

美呂泊貝塚

15 続繩文時代 2,000年前 0000

見日二遺跡

16 擦文時代 1,000年前 0000

<鉄器の使用〉未確認

17 中世アイヌ文化 0000

未確認

18 近世アイヌ
和人文化
0000

臼尻B遺跡アイヌ墳墓

19 近世アイヌ
和人文化
0000

岩戸アイヌ墳墓

20 近世アイヌ
和人文化
0000

尾札部アイヌ墳墓

21 建武年間 1334

「庭訓往来」に宇賀昆布の名記される。

22 享徳3 1454

8

下国政季、相原政胤・河野政道・武田信広等を従え大畑を経て蝦夷島に渡海。

23 永正初め 1504

若狭の商船が毎年3回箱館に来航。

24 文禄2 1593

1

蛎崎慶広、肥前名護屋の陣営で秀吉に拝謁、志摩守に任じられる。

25 文禄2 1593

1

慶広、秀吉より蝦夷島支配を認める朱印状(1月5日付)を受ける。

26 慶長4 1599

11

慶広、大坂城西の丸で家康に拝謁。この時、氏を松前に改める。

27 慶長11 1606

秋 新城落成、この地を福山と改める。徳山館を廃す。

28 慶長16 1611

10

東蝦夷地の海岸に大津波。

29 元和元 1615

四司馬宇兵衛、本別に移住、鹿部の和人来住の始め。(小林・鹿部村年表)

30 寛永17 1640

6

東蝦夷地の内浦岳(駒ヶ岳)噴火、津波により昆布採り船100余隻遭難、和人・アイヌ等の死者・行方不明700人余。

31 明暦元 1655

この年 能登の人、初代飯田屋与五左衛門が、津軽の蟹田村より渡海、砂原に来住、漁業を営む。

32 寛文年間 1661

鹿部温泉鹿の湯発見される。

33 寛文9 1669

「おさつへ2~3、アイツライ持分。かっくみ、ほろい滝迄昆布あり」(津軽一統志)

34 寛文11 1671

7

幕府、河村瑞賢に東廻航路を開発させる。

35 延宝元 1673

この年 越後国荒浜村の牧口庄三郎が手船で松前に渡海、漁網を販売した。

36 延宝2 1674

6

松前藩主より亀田八幡宮に昆布商売祈禱御神楽を永久仰付けられる。この初穂料は尻沢部より野田追まで1軒につき昆布1駄を差出すものとした。

37 延宝5 1677

初代飯田屋与五左衛門、砂原より尾札部に来住。尾札部村和人定住の始め。

38 延宝6 1678

与五左衛門、生国能登国飯田村より西谷(西屋)太右衛門を招き尾札部漁場の支配を任せる。

39 延宝7 1679

与五左衛門、陸奥国福岡の呑香稲荷の分霊を勧請して尾札部稲荷神社を創建。

40 元禄年間 1688

この頃 東蝦夷地六箇場所(場所請負)が成立。尾札部場所知行主新井田知貞(恵山岬から松屋崎までを所領)。

41 元禄7 1694

この年ころ 駒ヶ岳噴火(新北海道史・「松前蝦夷記」)。

42 正徳年間 1711

この頃 小安から野田追まで六箇場所を箱館の商人角屋吉右衛門が請負っていた。

43 享保3 1718

この年 下北郡佐井村(青森県)の人東出屋多五右衛門が臼尻に来住、漁業を営む。

44 享保12 1727

この年 飯田屋与五左衛門が南部・津軽から漁家7、8戸を尾札部に移住させ漁業を営む。

45 寛保元 1741

この年 亀田番所、箱館に移す。

46 寛延4 1751

この年 二代目飯田屋与五左衛門、元椴法華漁場を開く。

47 寛延4 1751

10

(改元)

48 宝暦2 1752

この年 陸奥国酒井屋重兵衛、仙石屋喜八郎が川汲に来住して漁業を営む。

49 宝暦3 1753

この年 臼尻に福山(松前)から相木屋久右衛門、某宗右衛門等が来住して漁業を営む。

50 宝暦3 1753

4

安芸国宮島の厳島神社祭神市杵島姫命の分霊を勧請して臼尻の弁天島に厳島大明神を祀り社殿創建。

51 明和3 1766

この年 石崎(上ノ国)佐藤屋彦太郎、福山(松前)松村屋団治が木直に来住。

52 明和5 1768

佐藤屋彦太郎が下北郡易国澗村(風間浦村)大石神社の分霊を勧請して木直に祀り社殿創建。

53 安永2 1773

この年 能登国七尾村から加我屋金左衛門が川汲に来住。このとき七尾稲荷の分霊を勧請して庭内神として祀る。のち川汲稲荷神社として祀る。

54 安永2 1773

安永年間、川汲温泉鶴の湯発見。

55 天明4 1784

この年 江差から高田屋彦右衛門が熊泊(大船)に来住。

56 寛政1 1789

この年 東蝦夷地尾札部場所の塩鱈(新鱈といわれる)初めて江戸に送られる。

57 寛政1 1789

5

国後・目梨蝦夷乱(寛政蝦夷乱)勃発し、6月1日アイヌ反乱の報が城下に達する。

58 寛政1 1789

6

新井田孫三郎(尾札部場所知行主)等諸士にアイヌの鎮撫が命じられ、6月11日城下を出発。

59 寛政1 1789

7

新井田以下260余人、ノツカマフ到着。反乱が治まり9月5日鎮撫隊、城下に帰る。このとき新井田孫三郎の記録「寛政蝦夷乱取調日記」(日本庶民生活史料集成4)がのこされる。

60 寛政2 1790

この年 福山(松前)から工藤屋八太郎、小川某が古部に来住。

61 寛政3 1791

5

菅江真澄、城下より恵山を経てアイヌの搔き送り舟で尾札部に来村。尾札部運上屋に泊る。

62 寛政3 1791

5

小舟で臼尻へ送られて鹿部に泊る。霊山臼岳に参詣して「えぞのてぶり」を著す。

63 寛政4 1792

この年 高田屋彦右衛門が奉斎する笹山稲荷の神霊を熊泊の氏神として祀り熊泊稲荷神社を創建。

64 寛政6 1794

この年 下北郡佐井村(青森県)小川屋幸吉、同郷の東出屋多五右衛門を訪ね臼尻に来住、漁業を営む。

65 寛政8 1796

この年 小川屋幸吉、独立して漁業を自営。

66 寛政8 1796

 〃  工藤屋八太郎、出羽国大久保稲荷に参詣、分霊を勧請して古部稲荷神社を創建。

67 寛政9 1796

7

ブロートン、再びエトモに来航。

68 寛政9 1796

7

恵山沖の水深を測定する。

69 寛政9 1796

閏7

箱館沖を航行、白神岬を経て同9日福山城下沖に現われる。

70 寛政8 1796

8

英船プロビデンス号、虻田沖に来航。

71 寛政8 1796

8

プロビデンス号、エトモ湊を調査。船長ブロートンはこの湾を噴火湾と命名。

72 寛政9 1796

9

幕府、松前に度たび異国船が渡来するため、津軽藩に箱館派遣方を命じる。

73 寛政10 1798

11

松前、蝦夷地に疱瘡流行。

74 寛政11 1799

この年 村上島之丞「蝦夷嶋奇観」成る。「御上り昆布・天下昆布」と記される。

75 寛政11 1799

1

幕府、東蝦夷地を仮上知とし、松前藩に通達。浦川より知床および東奥島々まで(7ヵ年)。

76 寛政11 1799

3

幕府奥詰医師渋江長伯ら幕命をうけて蝦夷地採薬調査に江戸を出発。

77 寛政11 1799

4

福山に渡海。東海岸を厚岸まで調査。このとき箱館・恵山を踏査。随行の絵師谷元旦は「蝦夷蓋開日記」、長泊は「東遊奇勝」13巻、同行の薩摩の医師曾槃士攷は「蝦夷草木志」などを著わした。

78 寛政11 1799

8

幕府、知内川以東の追上知を松前藩に通達。

79 寛政11 1799

11

幕府、箱館表の警護を罷め、サハラ(砂原)、クスリ辺に勤番所を取建てる。南部・津軽両藩に蝦夷地勤番を命じられる。

80 寛政12 1800

この年 箱館の高龍寺11世華重禅海和尚が臼尻に末寺龍宮庵を創建。(覚王寺の前身)

81 寛政12 1800

4

幕府、口蝦夷ノタオイまでの箱館付六箇場所(小安・戸井・尻岸内・尾札部・茅部・野田追)を箱館在々同様と認める。村役人をおき村並となる。東蝦夷地の運上屋は会所と改称される。

82 寛政12 1800

閏4

伊能忠敬、蝦夷地測量を許されて江戸を出発。

83 寛政12 1800

5

三厩より渡海、吉岡に上陸。東蝦夷地ニシベツまで丈量。

84 寛政12 1800

5

近藤重蔵ら、高田屋嘉兵衛直乗の同人手船辰悦丸1500石積でエトロフ島に渡海。大船のエトロフ渡海の航路をひらく。

85 寛政12 1800

10

江戸に帰着。

86 寛政12 1800

9

福山を帰帆。

87 享和元 1801

2

高田屋嘉兵衛、蝦夷地御用定雇船頭を命じられ、苗字帯刀御免を許される。

88 享和2 1802

2

幕府、蝦夷地奉行を置く。

89 享和2 1802

5

蝦夷地奉行を箱館奉行と改称。

90 享和2 1802

7

幕府、東蝦夷地の仮上知を改め、永上知とする旨、松前藩に申渡す。

91 享和3 1803

春 箱館奉行所竣工(建坪630坪余)

92 享和3 1803

11

南部牛滝村源右衛門持船慶祥丸582石積が、臼尻の塩鱈3万1160本を積取り臼尻湊を出帆、江戸へ航海。

93 享和3 1803

11

慶祥丸、上総沖で難風に遭い、沖船頭継右衛門ほか14名の乗組、漂流。

94 文化元 1804

7

ホロムシリ島に漂着、継右衛門ほか5名が生存。のち露船の保護をうけカムチャツカに渡る。

95 文化2 1805

箱館奉行は箱館ほか9ヵ所に制札「正徳の制令」を掲げる。

96 文化3 1806

7

慶祥丸船頭継右衛門ほか6名、エトロフ島シベトロに帰着。

97 文化4  1807 1807

3

西蝦夷地一円召上。

98 文化4  1807 1807

3

道広永蟄居となる。松前氏岩代梁川へ転封の報、4月2日福山に到着した。

99 文化4  1807 1807

8

箱館奉行より南部藩士に、船頭継右衛門ら6名を南部藩に引渡す旨、申し渡される。

100 文化6 1809

8

東蝦夷地ヲサッヘ村へ城州紀伊郡より、正一位稲荷大明神を勧請安鎮。尾札部に天然痘流行し、アイヌ7~8割死亡。