函館市/函館市地域史料アーカイブ

椴法華村史
年表一覧
年表1   年表2
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 文治5年 1189

源頼朝奥州平定、藤原泰衡の残党及び糠部、津軽の人、蝦夷地に渡る者あり

関連

2 元久2年 1205

この頃、津軽の安東氏、蝦夷地の代官として置かれる。

3 健保4年 1216

鎌倉幕府、強盗、海賊の徒五十余人を蝦夷島に追放すべき旨沙汰する。「吾妻鏡」

4 永仁4年 1296

日蓮宗の僧日持渡来、石崎に来り布教の伝説あり、(日持に関する伝説は多数あり、その一つに、永仁7年(1299)又は徳治元年(1306)椴法華より唐土へ出発するの伝説がある。)

関連

5 元弘4年 1334

僧玄恵著「庭訓往来」に、宇賀昆布、夷鮭の名が記される。(宇賀は、現在の函館市志苔銭亀沢地域を示しており、ここで採れた昆布が、この頃すでに京都、大阪方面に運ばれ珍重されていたことが知られる。

関連

6 正平11年 1356

諏訪大明神絵詞(スワダイミヨウジンエコトバ)完成

7 正平22年 1367

貞治6年の板碑、函館の称名寺に現存

8 永享11年 1439

平氏盛阿弥、夷島脇沢山神に鰐口(わにぐち)を寄進、(函館市石崎八幡宮神社所蔵)

関連

9 享徳3年 1454

安東政季、南部より、武田信広、相原政胤、河野政道に守られ本道へ逃れる。(この後河野政通、宇須岸(ウスケシ)(現函館)に河野館を築く)

関連

10 康正2年 1456

蝦夷蜂起し東は、鵡川、西は余市以内の和人多数殺害される。

11 長禄1年 1457

5月

コシャマイン大挙して攻撃、当時、道南に在った12館のうち10館が陥落、かろうじて上ノ国花沢の館・下国茂別の館だけが残る。

関連

12 長禄1年 1457

6月

武田信広が奮戦し、コシヤマインを七重浜で討ち、蝦夷の乱ようやく静まると伝えられる。

13 長禄2年 1458

この年、津軽の蠣崎蔵人、八戸政経に攻められ、蝦夷地に逃げる。「東北太平記」

14 文明1年 1469

8月

12日

尻岸内蝦夷蜂起「北海道旧纂図絵」(真偽不詳、参考として記す。)

関連

15 文明3年 1471

夷乱、風災飢饉、人夷死亡多数あり、「福山秘府」

16 永正9年 1512

4月

蝦夷反乱し、箱館、志濃里、与倉の各館陥落、このため箱館地方久しく荒廃。

17 大永5年 1525

春、東西蝦夷蜂起し和人を殺害する。このため生き残りの者、松前、天の川の地域に集合する。

18 天文20年 1551

春、蠣崎季広、蝦夷と講和し、瀬田内のハシタインを西の酋長、知内のチコモタインを東の酋長として俸米を与え、交易の制度を定める。

19 天正18年 1590

12月

蠣崎慶広、京都において豊臣秀吉に会い、従五位下民部大輔に任せられ蝦夷島主として安東氏より独立

20 文禄2年 1593

1月

2日

蠣崎慶広、肥前名護屋の陣営において豊臣秀吉に会い、志摩守に任じられる。 「新道史年表」

21 慶長4年 1599

11月

7日

蠣崎慶広、大坂城で家康に会い、系譜、蝦夷地図を呈上、この時、氏を蠣崎から松前と改める。

22 慶長年間 1599

松前藩、亀田番所を設置、白鳥孫三郎に近郷を治めさせる。(~1615年)

23 慶長5年 1600

9月

関が原の戦いがおきる。

24 慶長8年 1603

徳川家康、幕府開設

25 慶長9年 1604

1月

27日

松前慶広、徳川家康より黒印の制書を頂戴する。(徳川氏の家臣となる。)

26 寛永10年 1633

7月

巡見使分部左京佐光信等、東は、石崎、汐泊から、西は乙部、瀬茂内までを巡見

関連

27 寛永10年 1633

この年、亀田に高龍寺建立

28 寛永17年 1640

6月

13日

駒ヶ岳大噴火、大津波発生、昆布取船百余艘遭難、和人、蝦夷など700余人溺死、降灰津軽、南部にまでおよぶ

関連

29 正保3年 1646

松前景広「新羅之記録」を三井寺園城寺境内の新羅大明神に奉納

30 慶安1年 1648

シブチャリのシャクシャインとハエのオニビシが戦う。(この年より争い6年続く)

31 明暦1年 1655

シブチャリの酋長シャクシャインとハエの酋長オニビシ、福山城で和解

32 寛文3年 1663

7月

東蝦夷地宇須岳噴火 7月14日より16日まで、松前のえさんと申し嶽噴火、海の表鳴り渡り、塩の指引さして海上の船まで難義、浜中さはぎ山々へにげ登る。「青森市史年表」

33 寛文5年 1665

この頃、僧円空蝦夷地に渡来、恵山にも仏像を祭ると云い伝えられる。

34 寛文6年 1666

この年、風向きが悪く入船途絶のため飢饉となる。

35 寛文6年 1666

シャクシャインとオニビシまた争いを起こす。

36 寛文7年 1667

6月

巡見使佐々又兵衛等渡来、7月帰帆

37 寛文9年 1669

シャクシャインに率いられた日高シブチャリのメナシクル蜂起、商船19隻を破壊当時東蝦夷地に居た、侍鷹師、通事、船乗など273人を殺害、大乱となる

38 寛文9年 1669

8月

16日

松前藩士卒千余人、蝦夷地へ向け出兵

39 寛文9年 1669

9月

8日

松前藩加勢のため津軽藩の侍48人、雑兵七百余人この日福山に到着。

40 寛文9年 1669

10月

シャクシャイン斬殺される。

41 寛文9年 1669

この年、尾札部周辺のアイヌ人、東蝦夷地の動静について亀田番所(松前勢)に通報する。この時、尻岸内より尾札部、落部までを持場とするアイヌ酋長アイツライ(別名アイコライン)は、松前側に味方するが、和人側が敗れそうになった場合は、アイヌ人側に味方しようと考えていた。「榊氏系譜」、「寛文拾年蝦夷蜂起集書」

42 寛文10年 1670

5月

津軽藩、西蝦夷地へ牧村只右衛門、東蝦夷地へ秋元六左衛門にそれぞれ鉄砲打と通詞を従えて派遣し、窃かに蝦夷地の情勢をさぐらせる。後にこの時の記事が「津軽一統志」に記される。ゑさんの崎、焼山あり、屋志ろの浜、よき間有と「津軽一統志」に記される。

43 延宝8年 1680

津軽、南部地方大凶作のため蝦夷地飢饉となる。

44 延宝年間 1681

飯田与五左衛門、宇佐八幡より勧請して神社を恵山絶頂に奉祀、社号を恵山八幡宮と称す。「椴法華八幡宮明細書」(~1681年)

45 元禄4年 1691

他国の者がかってに昆布場所に入ることや、採取期間よりも早く昆布を採ったり売買することを禁止

関連

46 元禄5年 1692

5月

1日

尻岸内のアイヌ、松前矩広に拝謁

47 元禄5年 1692

この年、飢饉のための米価高騰

48 元禄5年 1692

この年、亀田に水田が開かれるが2、3年にして廃絶「松前蝦夷記」

49 元禄6年 1693

2月

2日

アイヌ人を下僕として使用することを禁止

50 元禄7年 1694

この年ころ、駒ヶ岳噴火「新道史年表」

51 元禄7年 1694

戸切地(上磯町)にて新田を試作し、藩主に新米を献上する者あり

52 元禄8年 1695

この年、茅部場所、野田追場所境界争い発生

53 元禄8年 1695

奥州地方大凶作のため、蝦夷地米不足

54 元禄9年 1696

3月

松前藩、アワ、ソバ、大豆等の種を南部藩より購入

55 元禄13年 1700

2月

4日

松前藩、松前島絵図及び郷帳2冊を幕府に呈上、この地図には「汐くひの崎是より蝦夷地」と記されるが、椴法華関係の地名見られず

56 元禄14年 1701

松前藩戸口調査実施

57 元禄15年 1702

7月

29日

亀田村大洪水のため民家多数破壊

58 元禄15年 1702

この年、秋より冬にかけて大飢饉

59 元禄16年 1703

1月

前年からの飢饉ますます悪化

60 元禄16年 1703

6月

7日

亀田村大洪水のため亀田番所半分流失、高龍寺境内の闕寺倒壊、道路所々切断、付近民家30軒流失「新道史年表」

61 宝永元年 1704

3月

17日

越前国府中正光寺の僧、空念蝦夷地に渡来、その後、蝦夷地の各地をまわり経を奉納恵山にも来たらしく「正光空念納経記」に 江山大権現 5月17日  本地千手観音  6月17日奉勧請地神3代増々杵尊 東嶽沙竭羅龍玉第2豊玉姫尊と記される(月日は祭りの日らしい)

関連

62 宝永3年 1706

国下山高龍寺、亀田より箱館に移転

63 宝永7年 1710

6月

23日

幕府巡見使細井佐次右衛門等、福山に到着7月12日帰帆

64 正徳1年 1711

箱館の角屋吉右衛門、年に960両で、6カ場所の海産物一手買上を請負う

関連

65 享保2年 1717

1月

3日

速須佐之男命(ハヤスサノオノミコト)右毘沙門(ビシヤモン)を椴法華に安置す。藤山四代右京奉祀(ホウシ)「北海道旧纂図絵」

66 享保2年 1717

6月

23日

幕府巡見使有間内膳等福山に到着、7月14日帰帆

67 享保2年 1717

この年「松前蝦夷記」記される。

68 享保3年 1718

南部佐井甚右衛門手船夷地クスリヘ漂流「下北の海運と文化」

69 享保7年 1722

9月

2日

松前藩、甲屋安兵衛方より訴願の東部焼巻と汐泊の村境争論に裁決、古来より村境の定めなしと下命。「新道史年表」

70 享保9年 1724

松前藩飢饉のため倹約令を出す。「松前福山諸掟」

71 享保年間 1736

松前藩、東西村落耕地見分のうえ73の穀役を課す(従来穀役は、亀田支配の百姓以外には賦課されず)。「新道史年表」(~1736年)

72 元文1年 1736

松前より三百石積縄緘船(ナハトジブネ)入津(大畑港)「原始謾筆風土年表」野呂平吉、椴法華村へ移住すると言い伝えられる。

73 元文4年 1739

7月

14日

樽前山大噴火、近傍2-3日の間昼夜暗く、震動津軽に及ぶ「新道史年表」

74 元文4年 1739

このころ「蝦夷商賣聞書」にはじめてトトホッケの地名使用される。また椴法華より尾札部まで、松前藩士新井田公内の知行地で、箱館の者が約二百石屯積みの船で椴法華に来航することが記される。

関連(1)
関連(2)

75 元文4年 1739

この年、坂倉源次郎、「北海随筆」を著す。

76 元文5年 1740

松前藩、幕命により、蝦夷地の昆布・煎海鼠、身欠鰊、寒心天草・串鮑、シュリ貝を長崎に移出(順風なく翌寛保元年箱館を出航、長崎に売立てる。)これを契機として蝦夷地の昆布、長崎俵物として需要増加。

関連

77 寛保1年 1741

松前藩、亀田番所を箱館に移す。「福山秘府」

関連

78 延享1年 1744

11月

14日

南部佐井村の竹内徳兵衛の持船多賀丸、大豆・昆布・鰯粕を積み南部大畑を出船、翌2年千島のオンネコタン島に漂着。後に乗組員の幾人かはペテルブルグ、ついでイルクーツクの日本語学校の教師となる。「新道史年表」

関連

79 延亨3年 1746

5月

29日

幕府巡見使山口勘兵衛等一行、福山到着、6月20日帰帆。

80 寛延1年 1748

5月

22日

松前藩、箱館に問屋株6軒、小宿株16軒を許可する旨申渡す。「新道史年表」

81 寛延3年 1750

4月

7日

 「亀田郷中馬、船、網改」の覚によれば、亀田郷中に、網3226枚、船168隻、馬893匹が存在していたことが記されている。(上の日付は、提出日を示す。)

82 宝暦1年 1751

蝦夷2人、大畑へ漂着、水糧を与えてかえす。「原始謾筆風土年表六」

関連

83 宝暦3年 1753

高橋七郎左衛門安信、東部小安村夏漁を賜る。戸井知行主佐藤権左衛門「北藩記略」尻岸内知行主木村又八「北藩記略」

84 宝暦5年 1755

5月

29日

佐藤加茂左衛門、戸井・原木を五ヵ年間拝領

85 宝暦5年 1755

この年飢饉をのがれ、南部、津軽より松前に移動する者多数。

86 宝暦5年 1755

奥羽地方冷害凶作のため、蝦夷地・和人地ともに飢饉。

87 宝暦7年 1757

5月

茅部にニシン供養塔が建立される。「森町史」(新道史年表では、宝暦10年5月茅部場所に「鰊供養塔」建立と記す。)

88 宝暦8年 1758

この年、「津軽紀聞」が著される。

89 宝暦10年 1760

2月

17日

旧冬志村善右衛門が訴え出た北見文七との茅部場所出入一件、却下される。「新道史年表」

90 宝暦11年 1761

2月

20日

松前藩、箱館亀田辺の縄作船が夏以降城下福山に到る時は諸国船並の役金を徴収。「新道史年表」

91 宝暦11年 1761

6月

8日

幕府巡見使、榊原左兵衛等一行福山到着、6月28日帰帆。

92 宝暦13年 1763

7月

28日

新井田金右衛門所領尾札部と北見文七所領茅部境界につき双方より申立。8月12日内済「新道史年表」

93 宝暦13年 1763

この年頃、恵山硫黄白鳥屋新十郎開発。

関連

94 宝暦13年 1763

尾札部領(椴法華より尾札部まで)知行主新井田金右衛門、諸負人6月より白鳥屋新十郎。

95 明和1年 1764

3月

長崎貿易不振のため、イリコ、干鮑等の長崎俵物の生産を奨励。「松前史年表」

96 明和1年 1764

7月

7月下旬(恵山)硫黄の気発動して工夷多く死亡せり。「蝦夷旧聞」

関連

97 明和2年 1765

駒ヶ岳噴火。

98 明和6年 1769

明和6年から安永4年まで尾札部領請負人恵比須屋三右衛門運上金年90両。「渡島国状況報文」

99 安永4年 1775

ヲサツベ領知行主新井田金右衛門、運上金九十両。

100 安永8年 1779

5月

19日

茅部地方漁民三百人、亀田に参集翌日は五、六百人余が箱館に集合し、亀田番所に漁船の役金免除、長崎俵物昆布の一手買いの中止を訴える。亀田奉行工藤平右衛門はこの願いを松前に伝えることを約束。

関連