函館市/函館市地域史料アーカイブ

年表一覧
年表1   年表2

西暦    :       ~               
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 文治5年 1189

9月

3日

源義経を討った藤原泰衡が、頼朝に攻められ、敗れて比内に逃れ、河田次郎の柵に立寄り河田のために殺され、泰衡の従者がちりぢりになって蝦夷地に逃れたという。

関連(1)
関連(2)
関連(3)
関連(4)

2 建保4年 1216

6月

14日

東寺を襲った凶賊、海賊の類五十余人が捕えられ、一度奥州に送られ、後蝦夷が島に放遂された。

関連(1)
関連(2)

3 文暦2年 1235

7月

23日

この年九月十七日に嘉禎と改元された。「夜討、強盗の張本人は直ちに断罪し、枝葉罪者(従犯者)は、関東に召し集め、夷島に遣わすべし」と定めた。犯罪人は汐首以東に流したというが明確ではない。

関連(1)
関連(2)

4 永仁4年 1296

5月

日蓮上人の高弟日持上人がウスケシ(函館)を経て黒岩に立ち寄り、石崎の白石に滞留して小庵を結んで和人や蝦夷を教化し、椴法華から唐に渡ったと伝えられている。小庵は後に経石庵と称され、日持山妙応寺の前身である。

関連(1)
関連(2)

5 元弘4年 1334

この年に書かれた『庭訓往来』に「宇賀昆布」の名が出ている。「宇賀」は旧銭亀沢の宇賀だという妄説を唱える者もあるが、「庭訓往来」の「宇賀」は、釜谷の運荷川附近を指したものである。昔はウカ、雲加(うんか)、運賀などと呼ばれていた。(僧玄恵著)

関連(1)
関連(2)
関連(3)
関連(4)

6 応永21年 1414

2月

安東盛季、茂別にて歿す。(秋田家系図)松前史では盛季の渡島が嘉吉三年(一四四三)になっている。『満済准后日記』に「幕府が南部氏と安東氏の和睦をすすめる使者を再び派遣した」という記録があるので盛季の渡島は永享四年以前とも考えられる。

関連(1)
関連(2)
関連(3)

7 永享4年 1432

12月

10日

安東盛季が南部義政に攻められ、敗れて十三湊から蝦夷地に逃れ、茂別に拠った。この時永喜坊(道明)山王坊、万願寺、実相などの僧侶が随従して渡海したと伝えられている。(新羅之記録等では嘉吉三年になっている。)

関連

8 永享4年 1432

幕府は南部氏と蝦夷地に逃れた安東氏との和睦をすすめる使者を再び派遣した。(満済准后日記)

関連

9 嘉吉3年 1443

小山四郎隆政が一族の者八人を引連れて、南部の野辺地から上の国に渡って館を築いたという。

関連

10 嘉吉3年 1443

蠣崎修理大夫季繁が蝦夷地に渡り、上の国に拠ったという。松前史では若狭国から渡島したとなっているが疑問である。下北から渡島したものと思われる。康正の頃下北に蠣崎主税、蠣崎三郎右衛門などという者がいたが、この一族であろう。

関連

11 文安3年 1447

安東盛季の二男安東康季が、津軽奪還を図って茂別から津軽に渡ったが、志を果さずして、病死した。

12 享徳2年 1451

下国安東盛季の孫、安東義季津軽奪還を図って、大浦郷狼の倉、高館にたてこもり、南部の軍勢に攻め落されて、生害し、二男政季が南部に捕えられた。コシャマインの乱の時は政季の弟家政が茂別に居り、同族定季が大館に居た。

関連

13 享徳3年 1454

8月

28日

安東政季、蠣崎信広等が南部を逃れ、大畑から蝦夷地に渡ったという。これは新羅之記録など松前側のものであるが南部側の記録は康正三年となっている。前後の事蹟から松前側の享徳三年は疑わしい。

関連(1)
関連(2)

14 康正2年 1456

5月

志濃里(しのり)の鍛治屋にアイヌの酋長がマキリ(小刀)を頼み、その利鈍(りどん)についての口論から、鍛治屋が酋長の使いのアイヌを刺殺したことが発端になり、東部の総酋長コシャマインが衆夷を糾合して乱を起し、和人の諸館を次々と攻め落した。(乱の終結は長禄元年)

15 康正2年 1456

安東政季が湊安東家の招きにより、茂別から秋田に渡り、湊家の援助を受けて、河北郡を従えた。

16 長禄元年 1457

5月

花沢館を守っていた武田信広(蠣崎信純)が、長馳してコシャマインの本拠箱館を襲い、七重浜にコシャマイン父子をおびき出し、コシャマイン父子を打ち殺して、蝦夷の大乱を平定した。

関連(1)
関連(2)

17 康正3年 1457

下北城が沢の北部王家五代義純の順法寺城を攻め、北部王家を滅した蠣崎錦帯城の蠣崎信純が、根城南部十三代の南部政経に攻められ、大敗して、安東政季と共に大畑から蝦夷地に逃れた。この頃南の各所に和人の館があった。(九月二十八日長禄と改元)

関連(1)
関連(2)
関連(3)

18 康正3年 1457

波多城主、畑因幡(いなば)が帰農して大畑順右衛門と称した。

19 長禄2年 1458

恐山の僧大諦が蠣崎信純に味方したため、金剛念寺を破壊され寺を迫われた。

20 長禄3年 1459

6月

1日

嘉峰(かほう)和尚が戦乱を避けるために随岸寺を宇須岸(うすけし)(亀田及び近村の古名)から大館(松前)に移し、一宇を建立した。随岸寺は北海道最古の寺といわれ、開山嘉峰和尚は若狭国から渡島したという。

21 寛正3年 1462

5月

蠣崎季繁、上の国に歿す。

22 文明元年 1469

8月

3日

汐首岬以東のアイヌが大挙して箱館を攻撃した。この年から三年間アイヌの反乱が続いた。この頃道南に疫病が流行し、多くの和人やアイヌが死んだ。

23 文明7年 1475

2月

安東盛季に随従して渡島した永善坊道明が死去した。享年九十才。(実地検考録には九十二才とある)

24 長享2年 1488

安東政季、津軽奪還を図り、南部軍に攻められて敗れ、河北郡糠野城において討死した。

25 明応3年 1494

5月

蠣崎信広が桧山勝山館で死去し、夷王山に葬られた。享年六十四才。

26 明応年間 1501

嘉永元年(一八四八)八月二日、戸井の宮川大明神、拝殿再建の棟札に「明応年中鰐口有之」と書かれている。道南の鰐口では、石崎村字脇の沢(宮の沢)の土中から堀り出された永享十一年(一四三九)銘のあるものの次に古いものであるが現存していない。

関連(1)
関連(2)

27 永正9年 1512

4月

志苔(しのり)以東のアイヌが反乱し、箱館、志苔、与倉前(よくらまい)の三館を攻め落し、附近の村落は焼かれ荒廃に帰し、和人無住の地になった。この乱で箱館々主河野季通、志苔館主小林良定、与倉前館主小林季景等が悉く討死した。

28 大永3年 1521

和人がアイヌに乱暴を加え、アイヌを殺傷させた事件があり、これに怒った東西のアイヌが蜂起し多くの和人を殺した。勢に乗じたアイヌの集団が松前に迫ったので、松前附近の和人は上の国に避難した。

29 天文19年 1550

蠣崎季広はアイヌと和睦し、和人の居住地を箱館と江差附近に限定し、アイヌとの紛争を避ける方策をとり、コシャマインの乱以来百年の久しきに亘った道南における和人とアイヌの争乱が完全に終熄(しゅうそく)した。

30 永禄8年 1565

2月

20日

日本に滞留していたヤソ会士ルイス・フロイズが本国に送った報告書に「日本国の北方殆んど北陸の直下に藩人の大いなる国あり。彼等は動物の毛皮を着し、毛全身に生じ、長き鬚髯あり(中略)彼等の中、ゲワ(出羽)の国の大いなる町アキタと称する日本の地に来り、交易をなす者多し」とある。

関連

31 天正18年 1590

蠣崎季広の和蝦の紛争を回避する方策を受け継いだ、松前五代藩主蠣崎慶広は、和蝦居住の現状により、熊石から汐首岬までの間を和人地とし、それ以外を蝦夷地とした。即ち下海岸は汐首岬以西が和人地、以東が蝦夷地になった。

関連(1)
関連(2)
関連(3)

32 慶長9年 1609

1月

徳川家康から松前藩主に黒印の制度が出された。その趣意は「①志摩守(松前藩主)に無断でアイヌと直商買をすることを厳禁すること。②無断で渡海して売買する者は言上すること。③アイヌに対し無体のことを言わないこと。以上のことに違背した者は厳科に処する」というものであった。

33 慶長16年 1611

東海岸に大津浪が起り、多くのアイヌが死んだ。

34 慶長17年 1612

この頃、漁期間だけ和人が、原木、鎌歌へ来て昆布などを採っていた。この頃は原木、鎌歌はまだ蝦夷地であったので、隠れるようにして来ていたのである。

35 寛永元年 1624

この年疱瘡が大流行し、多くの和人やアイヌが死亡した。松前藩主公広の子兼広や、慶広の第八子満広も疱瘡にかかって死亡しているくらいなので、その流行の程が知られる。

36 寛永2年 1625

小安地域に和人の定住する者が増加し、部落民相諮(はか)り八幡神社を創建した。戸井六社のうちで最も早く創建された神社で、和人定住の年代を物語る神社である。

関連(1)
関連(2)
関連(3)

37 寛永10年 1633

7月

徳川三代将軍家光の派遣した巡見使が渡島した。第一回目の巡見使で、将軍の変る度に派遣されたが、その範囲と経路はすべて第一回目と同じであった。下海岸は代々石崎まで来た。黒岩でアイヌの代表が謁見(えっけん)を許された。

関連(1)
関連(2)
関連(3)
関連(4)

38 寛永17年 1639

8月

九州天草の乱に敗れて蝦夷地に逃れ、福島の千軒金山に隠れていたキリスト教徒一〇六人が捕えられ、千軒金山附近の沢で斬首された。このころ幕府の命令により、全国の僻地にかくれていたキリスト教徒が処刑された。

39 寛永17年 1640

6月

13日

この日正午、駒ヶ岳が噴火して大津波が起り、噴火湾で昆布取をしていた百余艘の磯舟が転覆し、和人とアイヌ合わせて七百余人が溺死した。噴火による降灰は道南地方だけでなく、津軽、南部、秋田、越後にまで及んだ。

関連

40 正保3年 1646

9月

18日

松前家三代藩主慶広の六男景広が、松前家が幕府に提出した家譜をもとにして『新羅之記録』を編纂した。

関連

41 明暦元年 1655

争乱中のシブチャリの酋長シャクシャインとハエの酋長オニビシが、福山城に会して講(こう)和談判を行い、松前藩の調停で和睦した。

42 万治元年 1658

この年の夏に、和人地、蝦夷地に疱瘡が大流行し、和人やアイヌが多く死んだ。

43 万治2年 1659

松前欣求院で千体仏供養が行われた。この仏像の作者は僧大蓮といわれ、大蓮作と思われる木造仏が道南各地にある。「この仏像の作者は目定(もくじょう)である」という妄説を唱えた者があって一時素人を迷わせた。目定という名は円空を草書で書いた原稿を誤植した印刷物から生れたということが判明した。

関連

44 寛文3年 1663

7月

有珠岳が大爆発を起した。

45 寛文6年 1666

美濃の僧円空が汐首を訪れ、鉈彫りの観音像を残して行った。この木造観音は汐首観音堂に伝承され、現在も観音堂に安置され、村人に尊信されている。

関連(1)
関連(2)

46 寛文9年 1669

6月

シブチャリの酋長シャクシャインが、東西のアイヌを糾合して反乱を起し、和人二八〇余人を殺した。松前藩は蝦夷討伐の軍勢を派遣し、幕府は津軽藩に松前藩の蝦夷討伐の支援を指示し、津軽藩は軍兵を渡海させた。

関連(1)
関連(2)

47 寛文9年 1669

シャクシャインの反乱鎮圧の支援に渡海した津軽藩士が、蝦夷地の様子を逐一藩主に報告した。この時の記録が「津軽一統志」の中に残っており、この時代の蝦夷地の事情を知る重要な資料になっている。

関連(1)
関連(2)

48 寛文10年 1670

「このころの百姓の年貢は、昆布二〇駄(だ)から三〇駄であった」という記録があるが、昔は漁師をも百姓と称し、昆布漁村の漁民の年貢はすべて昆布の物納であった。昆布の一駄とは長さ三尺の昆布五〇枚を東ねたもの四把を称した。即ち昆布二〇〇枚であった。

49 延宝8年 1680

12月

柏厳峯樹門昌が熊石で斬られた。

50 元禄元年 1688

釜谷地域に定住する和人が増加し、釜谷神社が創建された。祭神は大己貴(おおなむち)命(大黒様)である。小安八幡神社創建の六三年後である。後世になって汐首神社に安置されていた二体の木造神体の一体が釜石神社に移されたと伝えられている。

関連(1)
関連(2)

51 元禄4年 1691

松前藩から亀田奉行に対して 一、他国から昆布場所に来た船は留めおくこと。 二、新昆布を自由に販売させぬこと。 と指示した。

52 元禄4年 1691

汐首に汐首神社が創建された。祭神は事代主(ことしろぬし)命(恵比須様)である。瀬田来に稲荷神社が創建された。祭神は倉稲魂命である。

関連(1)
関連(2)
関連(3)
関連(4)

53 元禄10年 1697

松前藩主矩広が藩士に命じ、東方は松前の泊川から汐首まで、西方は松前の不動川から熊石までの行程を測量させた。

54 元禄13年 1700

幕府から「領内の村々の名を報告せよ」という指示を受けた松前藩は、村々の名を書いた「松前島郷帳」並に村々の名を絵図に書き入れた「元禄御国絵図」を提出した。このいずれにも「とい」という地名が記されていない。

関連

55 元禄15年 1702

7月

29日

この日暴風激浪が下海岸一帯を襲い、各部落に被害があった。八月にも大暴風雨があり、各村に洪水が起り、畑作物は皆無の状態であり、秋から飢饉となり、住民は飢餓に苦しんだ。

56 宝永元年 1704

修行僧正光空念が渡島して、道南各地を行脚して納経した。下海岸は箱館から湯の川、銭亀沢、戸井を通り恵山まで来て、各所に納経した。空念は正徳五年に生れ、元禄三年から宝永二年まで諸国を巡錫し、享保十六年七月十五日、七十七才で歿した。

57 享保2年 1712

このころ松前藩は蝦夷地に場所請負制度をつくり、各場所の区画をきめ、場所毎に運上屋をつくり、漁業の指導と統制、一般行政、徴税等を行わせた。当初の頃は藩士がその業務を行ったが、後には松前在住の豪商にその業務を行わせるようになった。

関連(1)
関連(2)
関連(3)

58 正徳5年 1715

4月

明和年代汐首岬附近で遭難した船の船主が、寄進したと伝えられ、汐首観音堂に伝承されている大鐘鼓に「正徳五乙未天卯月吉祥日、西村和泉守作」と刻まれている。下北大畑の心光寺に「元文三年、江戸西村和泉守作」と刻銘された延命地蔵尊像が安置されている。

関連(1)
関連(2)
関連(3)

59 正徳5年 1715

松前藩書が幕府に提出した書類の一節に  「蝦夷地より島々への渡り、十四、五里隔たり候ところの渡海船は、高瀬船(たかせぶね)ほどの縄とじの蝦夷船にて渡海仕り候」とある。これによって当時縄綴(なわとじ)船が使用されたことがわかる。

関連

60 享保2年 1717

この年刊行された『松前蝦夷記』に  「昆布は、東郷亀田村志野利浜という処より東蝦夷地、内浦岳(一名駒ケ岳) 前まで、海辺二十里外の所にて取り申し候。もっとも献上昆布は志野利浜、宇加と申す処の海、とりわけ能き故、取り申す由」とある。

関連

61 享保5年 1720

この頃、献上昆布の船役は船の大小にかかわらず、船一艘について、昆布五駄の外に、赤昆布五十枚であった。又、移入酒及び移出魚油の税は、一樽について三分と定められた。

関連

62 享保12年 1727

津軽、今別村本覚寺五世貞伝(ていでん)上人が、一寸八分の金銅阿弥陀仏一万体を鋳造した。仏像の背面に「貞伝作」と刻まれ「貞伝の万体仏」といわれている。貞伝は元禄三年今別に生れ、享保十六年、四十二才で病歿した。

関連(1)
関連(2)

63 元文元年 1736

幕府はイリコ、昆布等を支那との交易品に指定し、松前藩に対して、支那向昆布六〇駄を長崎に移出することを命じた。

関連

64 元文3年 1738

松前藩は幕府の命により、領内の和人の人口を調査し一八、九八六人と報告した。

65 元文3年 1738

下北の大畑町心光寺に、元文三年江戸西村和泉守作の銘を刻んだ延命地蔵尊像がある。戸井町汐首観音堂にあるも西村和泉守の作で宝暦四年の銘がある。

関連

66 元文4年 1739

北海随筆に  「東方亀田を関とすれども、今は箱館を東関とす。然れどもハラキ(原木) より夷地たり、城下(福山)より是まで三十里あり」とある。このころは和夷の境界が、汐首岬から原木に移ったことがわかる。

関連(1)
関連(2)

67 寛保元年 1741

7月

七月十五日から離島大島が噴火を始め、その後連日噴火を繰り返し、十九日払暁、大爆発を起し大津波が襲来した。根部田から熊石に至る三十里の沿岸で、死者一四六七人、流失家屋七二九戸、大小船舶の破壊一五二一隻という大被害を与えた。

68 寛保元年 1741

 「亀田番所を箱館に移転した」という記録があるが、番所というのは関所のことなので、『北海随筆』の書かれた元文四年には、番所が亀田から箱館に移転していたものと思われる。

69 宝暦2年 1752

箱館大町の角屋、榊(さかき)伝四郎が自宅附近に井戸を堀ったところ髑髏(どくろ)のはいった小祠などと共に板碑が一基堀り出された。板碑には「貞治(じょうじ)六年丁未二月日旦那道海為慈父悲母同尼公敬白」と刻まれていた。

70 宝暦5年 1755

この年は津軽、南部地方が大凶作となり、秋には飢饉となり、翌年奥羽地方の飢民が続々と渡島した。

71 宝暦6年 1756

長崎俵物支配方、寺井平次郎が松前藩の許可を得て道南のイリコ、白アワビを一手に買入れることになった。

72 宝暦8年 1758

5月

この年刊行された『松前蝦夷聞書』に  「箱館六十五、六戸、問屋、小宿あり、しりさび、大森村、いくら前十二、三戸、銭亀 約二十戸、おやす、塩首、とい(○○)、はらき、」とある。古書に「とい」の名の書かれているのはこれが始めてではなかろうか。

関連(1)
関連(2)
関連(3)

73 宝暦11年 1761

幕府の巡見使が石崎まで来た。巡見使に随行して来た宮川直之の書いた『奥羽松前日記』の中に、黒岩でのアイヌの代表の演ずる余興の様子が述べられている。

関連

74 宝暦12年 1762

12月

16日

夜地震あり、津波が起った。

75 宝暦12年 1762

この年調査した全蝦夷地の人口は、和人二一、六五〇人、アイヌ人口約三万人であった。このころでも、アイヌの人口が和人の人口よりも多かったのである。

76 明和2年 1765

館鼻に宮川神社が創建された。祭神は大日霊貴命である。岡部館時代に館の近くに建てられた祠が、この神社の草創と思われるが、全然記録がない。最も古いと思われる棟札に「奉納宮川大明神、講中豊井村」記されているのは注目すべきである。

関連(1)
関連(2)
関連(3)
関連(4)
関連(5)

77 明和4年 1767

この年鎌歌に稲荷神社が創建された。祭神は倉稲魂命である。この神社は昭和二十六年、宮川神社に合併され、御神体並に棟札が宮川神社に移された。

関連(1)
関連(2)

78 明和5年 1768

12月

有珠山が噴火した。

79 明和6年 1769

原木に稲荷神社が創建された。祭神は倉稲魂命である。戸井で最後に創建された神社である。戸井の神社の創建の順序は、和人時代にはいってから、小安から順次に東部に和人が定住し発展して行ったことを物語っている。

関連(1)
関連(2)

80 明和7年 1770

この年の和人の総人口は二六、六〇四人である。宝暦十二年から八年間で五千人増加している。

81 安永6年 1777

この年松前広長の書いた『松前志第三巻』に次の地名が載っている。  「小安村、しおくび、せらら、しづがうた、よもぎない、かわしり、しすん、  よこどまり、とい(○○)、おかべとまり、くまべつ、むいのしま、かまがうた、はらき、かねかした」

関連(1)
関連(2)

82 安永7年 1778

僧木食五行(もくじきごぎょう)が松前に渡り、江差、熊石地方まで行脚し各地に木造仏を納め、安永九年に退島した。木食は享保三年甲州に生れ、寛政十二年、九十三で歿した。蝦夷地へ渡ったのは六十一才の時で、行道(ぎょうどう)と称し、晩年は明満仙人と称した。

83 安永7年 1778

 『松前志』に昆布のことについて、次の記述がある。  「コンブ並にアラメ、即ち昆布なり。和名ヒロメ或はエビスメともいう。庭訓に宇賀昆布といえども、東部夷地オサツベ辺を最上とす。宇賀は即ち東部ウカカワにて福山城下より三十里(○○○○○○○○○)ばかりあり」

関連

84 安永8年 1779

5月

20日

茅部地方の漁民が役金と昆布の一手買入れに反対して、五百余人の漁民代表が亀田番所に強訴し、大騒ぎになった。奉行が一旦漁民の要求を容れて騒ぎは納ったが、後に亀田奉行は職を免ぜられ、知行を取上げられ、徒党の主魁は行衛をくらました。

85 安永8年 1779

この年から翌安永九年にかけて、天然痘が流行し、アイヌが六四七人も死んだ。

86 安永9年 1780

8月

この年以降小安、汐首の近海で鰤(ぶり)の大漁が続いた。

87 安永9年 1780

12月

安永五年(一七七六)十一月、家老松前広長が、藩主道広の命により、従来の松前藩の資料を集大成し『福山秘府』六十巻を編纂した。

関連

88 天明4年 1783

2月

大雪のため鹿がおびただしく死に、鹿の肉を主要な食糧にしていたアイヌが三、四百人も餓死した。このころも奥地から戸井に移動して来る鹿が人里近くに出て来ていた。

関連

89 天明3年 1783

この年から数年、奥羽地方に凶作が続き、大飢饉となり、多数の餓死者を出し、飢民が続々と蝦夷地に渡り、中には松前海岸、下海岸、蔭海岸の村々に安住の地を求めて土着した者もいた。

関連

90 天明3年 1783

奥羽地方の凶作のため、米の移入が激減し、米一升の値段が百文に昂騰し、松前藩は造酒を禁止し、更に蝦夷地の産物の移出を制限した。

91 天明5年 1785

幕府が普請役山口鉄五郎等五人を松前に派遣し、東西蝦夷地を調査させた。

92 天明5年 1785

蝦夷地の和人の戸数約六、八〇〇戸、人口約二六、〇〇〇人。

93 天明6年 1786

4月

三本マストの国籍不明の異国船が、恵山沖、汐首沖、箱館沖を通過して、江良町沖に仮泊して上陸し、五月には瀬棚のスッキに仮泊して上陸し、アイヌにパンや酒を与え、再び茂草沖に現われ、離島大島と小島の間を通過して、南方に姿を消した。

94 天明6年 1786

この頃東蝦夷地六ケ場所は、箱館の白鳥家の請負場所であった。

95 天明6年 1786

この年佐藤行信の書いた『蝦夷拾遺』に、  「小安村四十戸足らず、百六十余人 世多良村十戸足らず  二十人足らず トイ、運上屋一戸、世多良村と境を接し、このうち海岸里数三里余」とある。

関連(1)
関連(2)
関連(3)

96 天明7年 1787

この年、平秩東作の書いた『東遊記』に  「志野利浜の昆布は、上品に非ざれども、長崎の俵物にて、異国人懇望する 故、金高なり。『庭訓往来』に雲加の昆布というは、東方雲加といえる所より 出る。この物、大阪表に積み上げて、諸国に廻る。献上にもなる」

関連

97 天明8年 1788

7月

幕府の巡見使が石崎まで来た。巡見使に随行した地理学者古川古松軒が、巡見の様子を『東遊雑記』にくわしく書いた。『東遊雑記』には、乙部、黒岩でアイヌの代表に謁見したこと。上磯で巡見使の馬が熊にとられたことなども書いている。

関連(1)
関連(2)

98 天明8年 1788

駒ケ岳が噴火した。

99 寛政元年 1789

7月

菅江真澄が下海岸の昆布取を見に来て書いた『ひろめかり』に次の一文がある。  「七月十七日某地(戸井)の運上屋をたって海岸をゆく、横泊、弁才澗、川 尻、斉藤澗、水無、シヅカウタ、ヨモギナイ、セタライ、石子積、エゾムラ、 汐首、シロイハマ」

関連

100 寛政元年 1789

箱館村高竜寺十世住職燕嶺豊眠大和尚が小安地域に来て布教し、翌寛政二年、十一世住職華重浄海大和尚が小安川のほとりに、草庵を建て、能化庵と名づけた。これが小安広福寺の草創である。能化庵は下海岸の曹洞宗の寺院の草分けである。

関連(1)
関連(2)