函館市/函館市地域史料アーカイブ

恵山町史
年表一覧
年表1   年表2
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 永仁4年 1296

日持上人宇須岸に上陸、石崎に小庵を結び布教したという。小庵は後に経石庵(妙応寺前身)とよんだ。

2 建武元年 1334

この年書かれた「庭訓往来」に宇賀昆布の名が出ている。宇賀昆布は釜谷の運荷川(昔はウカ・雲加・運賀と呼んでいた)の附近産の昆布を指唱したものである。

関連(1)
関連(2)
関連(3)

3 延元元年 1336

敗戦の豪族や志を得ない武士達が渡来し、道南各地に館を築く。

関連

4 延元4年 1339

当時の尻岸内は豪族相原周防守の所領といい、戸井、椴法華の両村は岡部六郎左エ門の所領地であったと伝えられる。

関連

5 正平11年 1356

尊氏の祐筆小坂円忠の「諏訪大明神絵詞」成る。

6 永享11年 1439

蝦夷島脇沢山神(銭亀沢石崎)に鰐口を寄進したものがある。

7 享徳3年 1454

8月

武田信広大畑より遁れて奥尻島に渡り、後ち上ノ国の花沢館主蛎崎季繁のもとに身を寄せた。

関連

8 享徳3年 1454

河野政通が箱館に館を築いた。

9 長禄元年 1457

5月

夷酋コシヤマインが衆夷を糾合して乱を起こし、道南の諸館を襲った。

関連

10 長禄元年 1457

6月

武田信広コシヤマイン父子を倒して乱を鎮定した。

関連

11 応仁元年 1467

松前地、大風と飢饉のため多く死んだ。

12 文明元年 1469

8月

12日

尻岸内のアイヌが汐首以東のアイヌを糾合して反乱、箱館を攻めた。この年から3年間反乱が続いた。

13 天文19年 1550

季広東西の蝦夷と和睦し、箱館・江差を和人地と定め、また夷地との交易の制を樹立。

14 天正18年 1590

熊石から汐首岬までの間を和人地とし、それ以外を蝦夷地とした。(即ち、下海岸は汐首岬以西が和人地、以東が蝦夷地とされたのである。)

15 文禄元年 1592

近江商人福山に往来し、江差もまた大いに繁栄した。

16 慶長16年 1611

東蝦夷地に大津波が起り多くのアイヌが死んだ。

17 慶長17年 1612

漁期になると和人が来て伊岸内川の東側に仮住して漁をした。(伊岸内川とは現在の尻岸内川をいう。)

18 寛永17年 1640

6月

13日

正午駒ヶ岳が噴火、津波のため昆布船100余艘がこわれ、和人とアイヌ合わせて700人の溺死を出した。降灰は遠く越後におよんだ。

関連(1)
関連(2)
関連(3)
関連(4)

19 天和2年 1682

尻岸内八幡社創建。

20 貞享4年 1687

仙台船日浦で遭難破船。

21 元禄4年 1691

4月

12日

夜地震あり、翌日日光に異状を認む。

22 元禄4年 1691

松前藩主、亀田奉行へ昆布採取の規則を指示。

関連

23 元禄5年 1692

5月

尻岸内アイヌ、藩主矩広(のりひろ)に拝謁を賜る。

24 元禄15年 1702

7月

29日

暴風、8月もまた大暴風雨となり秋は飢饉に見舞われた。

25 宝永元年 1704

修行僧正光空念が渡島し道南各地を行脚して納経、下海岸は箱館から汐首岬を越え恵山を訪れた。「正光空念納経記」に江山大権現、本地千手観音、奉勧請地神三代増々杵尊、東嶽沙竭羅龍玉第二豊玉姫尊、と記されている。

関連

26 享保5年 1720

6月

西村善次郎陸奥国南部より初移住。

関連(1)
関連(2)
関連(3)
関連(4)
関連(5)
関連(6)
関連(7)

27 元文3年 1738

野呂平四郎ら津軽黒石から移住。

関連(1)
関連(2)
関連(3)
関連(4)

28 元文4年 1739

7月

日浦、尻岸内にそれぞれ2戸移住。

29 元文4年 1739

北海随筆に「東方亀田を関とすれども今は箱館を東関とす。然れどもハラキ(原木)より夷地たり」とある。

30 元文5年 1740

松前藩、幕命により蝦夷地の昆布、煎海鼠(いりこ)・身欠鰊(みがきにしん)・天草・串鮑(あわび)を移出、これを契機として昆布・イリコ・串貝は「長崎俵物」と称し、支那向の重要な貿易品となる。

関連

31 寛保元年 1741

亀田番所を箱館に移転。

32 宝暦2年 1752

9月

根田内に巌島神社創建。

関連

33 宝暦3年 1753

4月

古武井に海積(わたづみ)神社創建。

関連

34 宝暦3年 1753

船役、図合船は1両、三半船で3分、持符船で2分、保津船1分とされた。

35 宝暦6年 1756

長崎俵物支配方寺井平次郎が、松前藩の許可を得て道南の炒子(いりこ)・白鮑(あわび)を一手に買入れることになった。

36 宝暦10年 1760

大畑の菊地忠右エ門が尻岸内から木材を伐り出し移出した。

37 明和元年 1764

7月

下旬−恵山硫黄の気発動して工夷多く死亡せり。(蝦夷旧聞)

関連(1)
関連(2)

38 安永7年 1778

この頃、尻岸内場所は春漁のみを松前藩士の木村知八が知行。

39 安永8年 1779

5月

19日

茅部地方の漁民300人が亀田に集まり、翌日600人余が箱館に集合し、亀田番所に漁船の役金免除、長崎俵物の一手買いの中止を訴えた。亀田奉行工藤平右エ門はこの願いを松前に伝えると約束。

40 安永8年 1779

7月

22日

松前藩士蛎崎、牧村がこの日より亀田番所で強訴の一件につき取り調べ、7月25日昆布一手買い上げの命があったとき、背反しないよう申渡し証文を取った。強訴の首謀者は2人、妻子を連れて逃亡。

41 安永8年 1779

8月

20日

亀田奉行工藤平右エ門免職、逼塞(ひっそく)を命ぜられ一家もまた差控えとなった。

42 安永9年 1780

白鳥新十郎恵山の硫黄を採掘。

関連(1)
関連(2)

43 安永9年 1780

この年より小安、汐首の辺で豊漁続く。

44 天明3年 1783

江差海岸鰊薄漁となり、西蝦夷地へ魚群が移動し始め、漁民は西蝦夷地へ出稼ぎした。これを「追鰊」という。

45 天明3年 1783

奥羽地方大飢饉となる。この年から数年凶作が続き多数の餓死者を出し「津軽旧記」によれば12月1日より23日までに弘前居住者での死人997人、その外浦々より罷上(ひあが)り侯て死亡せしもの数万となる、とあり。従って米の移入も急激に減り、米1升の値段が100文に昂騰したので、松前藩は造酒を禁止し更に蝦夷地の産物の移出を制限した。

46 天明3年 1783

恵山の硫黄採鉱を福山の藤七理三郎ら出願。

関連(1)
関連(2)

47 天明5年 1785

長崎俵物請負人を廃止、長崎会所直買入となる。

48 天明6年 1786

4月

3本マストの異国船が、恵山沖・汐首沖・箱館沖を通り、江良町沖に仮泊して上陸し、5月には瀬棚のスッキに仮泊して上陸し、アイヌにパンや酒を与え、再び茂草沖に現れ、離島大島と小島の間を通って南方に姿を消した。

49 天明6年 1786

この頃、下在六箇場所は箱館の白鳥家の請負場所であった。

50 天明7年 1787

この年、平秩東作の書いた「東遊記」に“志野利浜の昆布は、上品に非ざれども、長崎の俵物にて異国人懇望する故金高なり”と。

関連

51 天明8年 1788

7月

幕府巡見使藤枝要人ら石崎においてアイヌの代表を謁見。随行の古川古松軒が著書「東遊雑記」で、当時の様子を伝えている。

52 天明8年 1788

夏、駒ヶ岳噴火。

53 寛政元年 1789

7月

菅江真澄(すがえますみ)が下海岸を旅して恵山へ登り、紀行文「ひろめかり」を遺した。

関連(1)
関連(2)
関連(3)

54 寛政元年 1789

「松前史略」によると、尾札部産の塩鱈(ツボヌキ)が初めて江戸に送られた。

関連

55 寛政2年 1790

「蝦夷草紙」に“明礬(みょうばん)、エサンに多し、製法いまだ知らず工夷これを捨て置けり”と。

56 寛政3年 1791

5月

菅江真澄有珠登山の途中、下海岸を通り、恵山岬を蝦夷舟で越えた。紀行文「えぞのてぶり」に当時の様子が記されている。

57 寛政8年 1796

8月

英国の探検船プロヴィデンス号が虻田、室蘭方面に現れ、29日「内浦湾」に「噴火湾」と命名している。この頃から異国船がしばしば姿を見せるようになった。

58 寛政8年 1796

この年高田屋嘉兵衛、北前船「辰悦丸」で箱館へ入港。

関連

59 寛政11年 1799

8月

渋江長伯ら一行恵山を訪れる。長伯「東遊奇勝」を著す。谷元旦恵山を描く(8月14日)

関連

60 寛政11年 1799

11月

幕府は南部・津軽の藩兵1千人を出動させ箱館に警備本部を置き東蝦夷各地の警衛(けいえい)に当らせた。

61 寛政11年 1799

幕府は米価を1升56文と定めた。

62 寛政11年 1799

尻岸内は他の和人地並に人口増加。

63 寛政11年 1799

夏、鮪(まぐろ)大漁、これをもて余し1貫目100文で売る。

64 寛政12年 1800

幕命により馬60頭、牛4頭を南部から移入して各場所に配置した。「この馬廻りたる時、蝦夷人ども始めて見るが故、驚き恐れて近よる者なく、後にはいつしか馴れて、悦ぶこと限りなし。」(休明光記)

関連

65 寛政12年 1800

五有司商議、尻岸内に箱館の町人による製鉄「タタラ吹」を計画。

関連

66 寛政12年 1800

松平忠明、羽太正養(はぶとまさやす)、石川忠房箱館に来り、東西に道を分けて巡視。

67 享和元年 1801

この年、尻岸内は六ヶ場所諸村と共に「村並」となる。

関連(1)
関連(2)

68 享和元年 1801

六ヶ場所の和人居住者増加のため山越内を蝦夷地の境とする。

関連

69 享和2年 1802

7月

24日

幕府は東蝦夷地の仮支配を改めて幕府の直轄地とし、箱館奉行に戸川安論(とがわやすのぶ)、羽太正養(はぶとまさやす)を任命。銭相場をたて1両を銭6メ500文とした。

関連

70 享和2年 1802

官船隼丸250石積尻岸内にて破船。

71 文化元年 1804

谷元旦(たにげんたん)(文人画家、谷文晁(たにぶんちょう)の末弟)恵山及び駒ヶ岳など(蝦夷五山)、谷文晁によって「日本名山図絵」に掲載される。

72 文化元年 1804

高田屋嘉兵衛、秋田茂吉が、恵山絶頂より恵山八幡社を椴法華村の現在地へ移したという。(椴法華八幡宮明細書)

73 文化2年 1805

7月

19日

日浦村の漁師清十郎の長男伊之助の妻れんが、夫の死後舅清十郎に孝養を尽していたため、将軍から孝女の褒美として白銀7枚、清十郎の生涯一人扶持を賜った。

関連

74 文化4年 1807

5月

19日

異国船汐首岬沖合に停泊、南部・津軽藩兵警戒に当たる。

75 文化5年 1808

松前奉行は蝦夷地は雲や霧が深く、烽火(ほうか)が役立たないので、早船、早鳥、早走りをもってこれに代えることとした。しかし汐首岬には烽火台を置いて南部大間との連絡を図った。

関連(1)
関連(2)

76 文化5年 1808

この年児玉紀成の書いた「蝦夷紀行」に東蝦夷地六ヶ場所を次のように記している。『小安、釜谷、汐首一所、戸井一所、尻岸内、根田内一所、椴法華、尾札部、鹿部一所、砂原、尾白内、森、鷲ノ木茅部、石倉一所、落部、野田追一所』これは当時の場所の受持区域を示している。

77 文化6年 1809

正月

高田屋船中が海上安全を祈願して恵山の賽の河原に十一面観音の石佛を安置した。

関連(1)
関連(2)
関連(3)
関連(4)

78 文化6年 1809

9月

27日

高田屋嘉兵衛の持船、貞宝丸1千200石積、根室場所より鱈や鱈粕を積み、箱館へ向けて航行中、恵山沖で大時化に遭い臼尻領ホンヘツ沖で破船、9人が溺死した。

79 文化6年 1809

この年尾札部に天然痘流行アイヌの死亡多く、その人口の2、3割にも達した。このため夷人歩役を12両1分から8両に減額した。

80 文化6年 1809

高田屋嘉兵衛が汐首岬の観音堂に海上安全を祈願して御影石の鳥居を寄進したのは、この頃と推測される。

81 文化7年 1810

官船帰徳丸500石積尻岸内で遭難破船。

82 文化8年 1811

9月

7日

尻岸内村根田内に豊国寺の前身となった地蔵庵が建立された。

関連(1)
関連(2)

83 文化8年 1811

箱館大火のため高田屋の借家40戸焼失。

84 文化8年 1811

この年箱館市中と六箇場所合せての戸口は、戸数2千419軒、人口1万622人となる。

85 文化9年 1812

8月

尻岸内の住民重助が磯谷の温泉を発見。

86 文化9年 1812

昆布浜役金納となる。

87 文化9年 1812

ロシアに捕えられていた中川五郎治が釈放されて帰国し、ロシアで習得した種痘法により松前で種痘を行った。

88 文化10年 1813

9月

16日

銭亀沢石崎で地中より鰐口が発見された。「夷島脇沢山神御宝前、永享十一年三月□日施主平氏盛阿弥敬白」と刻まれていた。

89 文化10年 1813

津軽、南部凶作のため蝦夷地の米価が騰貴した。

90 文化10年 1813

箱館の鱈釣船2艘尻労(大畑)へ漂着。

関連

91 文化10年 1813

秋田屋茂吉、恵山の賽ノ河原に地蔵尊(石像)を寄進。

92 文化13年 1816

この年恵山硫黄掘取るため領主松前公へ毎年金5両上納とある。

93 文化13年 1816

蝦夷国私記胤明「江山年中焼るヒバ材仙人など南部大畑より此処に渡り是より山通し山小屋へ行也」とある。

94 文化14年 1817

根田内の鱈釣船乗組3人は南部領石持浜に漂着、同日長浜へも1艘漂着。

関連

95 文政2年 1819

この年から翌年にかけて箱館より茅部海岸不漁のため小前(こまえ)(零細)漁民難渋。

96 文政3年 1820

この年長折昆布が長崎交易定式昆布から除かれたので箱館俵物問屋請負の定式買上を、この年から長折500石、駄昆布500石、三ツ石昆布1千石とした。

97 文政4年 1821

7月

村々困窮しているので御用地以来の人馬賃銭をこの月から1里につき人足1人20文を26文に、馬1匹40文を50文とする。

関連

98 文政5年 1822

この頃椴法華村中で硫黄を採掘し、松前氏へ石切金5両で上納した。

関連

99 文政6年 1823

6月

26日

越前三国養寿丸510石積、9人乗組外、水先案内1人、エトモ崎にて風波と霧のため針路を失い、尻岸内領ヲタ浜(現在の日ノ浜海岸)にて破船。

100 文政6年 1823

松前藩、銭の相場を1両につき6貫500文と定めた。