函館市/函館市地域史料アーカイブ

函館市史 亀田市編
年表一覧
年表1   年表2
No 元号年 西暦年 事項文 備考 関連
1 斉明5年 0659

阿部比羅夫、蝦夷および粛慎を討ち郡領を後方羊蹄に置く。

関連

2 文治5年 1189

源頼朝、奥羽の藤原泰衡を滅し、その部下蝦夷地へ逃れ、移住したといわれる。

関連

3 建保4年 1216

6

鎌倉幕府、強盗海賊の徒を蝦夷地に流す。「吾妻鏡」

関連

4 永仁4年 1296

日蓮の高弟日持上人蝦夷地に渡来、石崎に住み布教。(函館をはじめ各地に口碑伝説あり)

5 元弘4年/建武元年 1334

「宇賀昆布」の名が、「庭訓往来」に載る。

関連(1)
関連(2)

6 貞治6年 1367

貞治の板碑、函館の称名寺に現存。

関連

7 嘉吉3年 1443

安東盛季、南部氏に攻められ、津軽から蝦夷島に逃れる。

関連

8 享徳3年 1454

安東政季が武田信広、相原政胤、河野政通に守られ蝦夷地に渡来。

9 享徳3年 1454

河野政通、宇須岸に館を築きこれによる。

10 康正2年 1456

志苔の鍛冶屋村の鍛冶と夷人、小刀のことについて争う。(東は鵡川西は余市以南の和人多く殺される)一説「各村創立聞取書亀田村外七ヶ村 明治十九年」には亀田の鍛冶村という。しかし時代的に相違があるので疑問である

関連

11 康正2年 1456

蝦夷蜂起、河野政通の居館陥る。

関連

12 長禄元年 1457

5

コシャマイン大挙して攻撃、志濃里箱館の館など諸館陥落、上の国花沢の館、下の国茂別の館だけが残る。

関連

13 長禄元年 1457

6

武田信広、奮戦コシャマインを討ち和人の窮地を救う。信広、のちに蠣崎家を継ぐ。

関連

14 長禄3年 1459

随岸寺を松前の大館に移す。(亀田にあったといわれる) 「北海道旧纂図絵」

15 文明3年 1471

蝦夷人に疫病流行、風災飢饉重なり死亡するもの多数。

16 明応元年 1492

亀田八幡宮建立。

17 明応元年 1492

亀田村の戸数二〇戸。

18 明応3年 1494

蠣崎信広没し、光広第二代を継ぐ。

19 永正9年 1512

蝦夷蜂起し、箱館、志濃里、与倉前の館が陥落、河野季通敗死。(これより箱館の荒廃久しく、亀田に中心が移る)

関連

20 永正10年 1513

蠣崎光広、大館を攻め相原氏を討つ。

21 永正11年 1514

蠣崎光広、大館に移り修築して徳山と名づける。(安東氏に従属して蝦夷島を管理)

22 天文19年 1550

蠣崎季広、東西の蝦夷と講和し、瀬田内のハシタインを西の酋長、知内のチコモタインを東の酋長として俸米を給し、交易の制度を定めた。渡島南部における和人の勢力が固まる。

関連

23 天正10年 1582

鍛冶村へ小柳善右衛門の祖、善右衛門という者津軽地方より移住。「鍛冶村起源」

関連

24 天正18年 1590

蠣崎慶広、京にのぼり秀吉と会見。安東氏より独立。この年、和、夷の地を定め江差、熊石、亀田に番所を設ける。

25 文禄2年 1593

正月

蠣崎慶広、名護屋で秀吉と会見し、蝦夷に関する制書を与えられる。(商船に対する徴税権の確認、このときより蝦夷島の領主となる)

関連(1)
関連(2)

26 文禄3年 1594

亀田八幡宮、松前家の祈願所となる。

関連

27 文禄5年/慶長元年 1596

慶広、長子盛広とともに京にのぼり徳川家康と会見。

28 慶長4年 1599

慶広、大阪で家康に会い地図および系図を献じ、このときより蠣崎氏を松前氏と改める。

29 慶長4年 1599

3

小柳善右衛門、鍛冶村に山城国紀伊郡の稲荷神社分霊を移し、小祠を建立。(現鍛冶村稲荷神社のはじまり)「鍛冶村起源」

関連(1)
関連(2)

30 慶長8年 1603

10

亀田八幡宮本殿および拝殿を建立。

関連(1)
関連(2)

31 慶長9年 1604

慶広、将軍家康と会見し、黒印の制書を受ける。

関連

32 慶長18年 1613

亀田番所設置、松前藩士白鳥孫三郎に近郷を守護させる。(亀田番所は、のちに亀田奉行所となる)

関連

33 寛永10年 1633

亀田村に高龍寺創建。

関連(1)
関連(2)

34 寛永10年 1633

松前氏封内の里程を測量。

35 寛永17年 1640

6

駒ケ岳爆発し、大津波起こり七〇〇余人溺死。

36 正保元年 1644

亀田に阿弥陀堂建立。(のちの称名寺)

関連

37 正保3年 1646

松前景広「新羅之記録」を子孫のために浄書させる。

38 正保4年 1647

高村卯之助の祖、辰之丞という者南部地方より移住開墾。「鍛冶村起源」

関連

39 明暦3年 1657

覚右衛門の祖、徳右衛門という者、南部地方より移住開墾。「鍛冶村起源」

関連

40 萬治元年 1658

亀田で春、夏疱瘡流行して多くの死者が出る。「渡島教育資料集」

41 寛文6年 1666

この冬飢饉となり難民統出、松前藩蓄穀乾魚等を施与して救済。

42 寛文9年 1669

シャクシャイン暴動を起こし和人を襲い二七三人を殺害。(酒井左兵衛、雑兵二〇〇人をもって亀田を守る)

関連

43 寛文9年 1669

亀田の戸数二〇〇戸余となる。

関連(1)
関連(2)

44 延宝8年 1680

松前藩、津軽藩から米五、〇〇〇石を借用。(奥羽凶作となり、松前への移入米少々)

45 貞享元年 1684

佐々木四郎の祖、佐四郎という者南部より移住、神山にて農業を営む。「鍛冶村起源」

関連

46 貞享3年 1686

神山に佐々木三郎という者、南部七戸より移住開墾。

47 元禄元年 1688

山上大神宮、亀田村より箱館片町へ移る。「岡田健蔵論集」

関連

48 元禄4年 1691

松前藩、制書を改めて亀田奉行に下付。

関連

49 元禄5年 1692

亀田村の作左衛門、水稲を試作し失敗して二、三年で廃止。「松前蝦夷記」

関連

50 元禄6年 1693

荒川喜平治の祖弁之助という者、鹿角より移住開墾。「鍛冶村起源」

関連

51 元禄7年 1694

吉村七兵衛、神山村に移住開墾。「神山村起源」

関連

52 元禄8年 1695

水島六蔵の祖六郎という者、志苔村より鍛冶村へ移住。

関連

53 元禄9年 1696

水島徳佐衛門の祖徳三郎という者、志苔村より鍛冶村へ移住開墾。

54 元禄12年 1699

平田松右衛門の祖松之助、菊谷弁太郎の祖弁之助、南部より神山へ移住開墾。「神山村起源」

関連

55 元禄13年 1700

越田三之丞という者、越後より神山へ移住。

関連

56 元禄13年 1700

蝦夷地全島の地図「元禄御国絵図」および「松前郷帳」完成。

57 元禄15年 1702

4

亀田川洪水。

58 元禄15年 1702

7

暴風雨、亀田村耕作地被害甚大。

関連

59 元禄16年 1703

亀田川の河口、土砂で埋まり港の使用困難となる。

関連(1)
関連(2)

60 元禄16年 1703

亀田衰退し、箱館興る。「新撰北海道史」

関連

61 元禄16年 1703

6

亀田川洪水、奉行役宅流失、高龍寺倒壊。民家多数流失。

関連

62 元禄17年/宝永元年 1704

4

越前の僧空念来道、亀田の称名寺に納経。

63 宝永3年 1706

亀田の高龍寺、箱館に移る。

関連

64 宝永5年 1708

亀田の称名寺、箱館に移る。

関連

65 宝永6年 1709

泉沢の浄玄寺、箱館に移る。

66 正徳4年 1714

神山の喜右衛門、榊原金之丞ら赤川を開墾。榊原氏小祠を建立。(現赤川三嶋神社のはじまり)

関連

67 享保5年 1720

亀田村のみ、畑作収穫の二〇分の一を上納。

68 享保7年 1722

神山に無量庵建立。「蝦夷日誌」

関連

69 享保7年 1722

赤川へ津軽から一四戸移住。

70 享保9年 1724

松前藩飢饉のため倹約令を出す。

71 享保14年 1729

9

蠣崎時右衛門広近、亀田奉行となる。

関連

72 享保15年 1730

亀田奉行、箱館入港船の沖改を始める。

73 享保16年 1731

津軽藩「津軽一統志」をまとめる。

74 元文5年 1740

元文年間に亀田村吉村某、大阪商品荷物取扱いの出店を箱館に置く。(問屋の元祖)

75 寛保元年 1741

松前藩、亀田奉行所を箱館に移したが、なお名は亀田奉行所と呼ぶ。このころ松前邦広、亀田村庄司山に移城を計画。「逢坂氏日記」

関連

76 寛保元年 1741

7

松前沖大島噴火、津波の被害甚大。

77 寛保2年 1742

酒井伊左衛門喜澄、亀田奉行となる。

関連

78 寛保3年 1743

松前邦広死去、邦広の庄司山移城は計画だけに終わる。

79 寛延3年 1750

亀田郷中の南部馬八九三頭。「逢坂氏日記」

80 宝暦2年 1752

亀田奉行所に井戸を掘る。

81 宝暦3年 1753

亀田奉行酒井伊左衛門、河野政通の供養碑を称名寺に建立。

82 宝暦8年 1758

亀田村家数二三、四軒。「蝦夷松前聞書」

関連

83 宝暦12年 1762

12

南部津軽大地震の余波を受けて、箱館地方に地震津波起こる。

84 安永8年 1779

茅部村の漁民五〇〇余人、役金免除並びに昆布一手買入れに反対し、亀田奉行所に強訴。

関連

85 安永9年 1780

松前広長の「福山秘府」全六〇巻完成。

86 安永10年/天明元年 1781

松前広長「松前志」を著す。

関連

87 天明3年 1783

天明の大飢饉。七年までつづく。

88 天明3年 1783

全国的に凶作となり、各地飢饉につき松前藩は造酒の禁止を布達。

89 天明4年 1784

1

駒ヶ岳の大噴火。

90 天明5年 1785

幕府蝦夷調査隊を遣わし、東西蝦夷地を探検。

91 天明5年 1785

箱館の戸数約四〇〇戸、人口二、二〇〇余人。

関連

92 天明6年 1786

山口鉄五郎、佐藤玄六郎ら「蝦夷拾遺」を著す。

関連(1)
関連(2)
関連(3)

93 天明6年 1786

鍛冶村四〇戸・一八〇人、亀田村三〇戸・一四〇余人、上山村五〇戸・二七〇人、箱館村四五〇戸・二、五〇〇人余。「蝦夷拾遺」

関連

94 寛政2年 1790

最上徳内「蝦夷草紙」を著す。

95 寛政11年 1799

幕府松前氏に命じ、箱館付近並びに東蝦夷地の上知を求め、七年を限り、仮に幕府直轄とする。

関連

96 寛政11年 1799

幕府は東蝦夷地各場所の請負人を廃し、道路を開き、会所を建て、駅馬を備え、官船を造り運輸の便を図る。

97 寛政11年 1799

幕府、南部・津軽の藩兵一、〇〇〇人をもって、東西蝦夷地各地を警備させる。

98 寛政11年 1799

幕府は鉄銭一万貫を江戸から回送して蝦夷地の通用に充てる。

99 寛政12年 1800

箱館近在で稲その他種々試作し、また養蚕をも試みる。

100 寛政12年 1800

5

伊能忠敬来道、箱館山で観測、ついで東蝦夷地を測量。