豊島区/としまひすとりぃ

年表検索結果
 
 
No 史資料 年表種別 元号年 西暦年 できごと

1

近代

としま(明治)

明治1

1868

下高田村544石262、内大竹佐馬太郎代官所355石439・芳心院領94石136・済松寺領66石975・蓮華寺領20石・宗参寺領7石712。雑司が谷村265石23015、内大竹代官所1石97315・自証院領181石38・伝通院領49石687・芳心院領22石19・法明寺領10石。池袋村607石06785、内松村忠四郎代官所173石483・水野小金次433石58485。長崎村587石4683、内大竹代官所29石5816・太田浦次郎255石2846・大草雅次郎167石8311・木村旧次郎98石537・木~(略)

2

近代

としま(明治)

明治1

1868

池袋村年寄甚右衛門、長崎村名主四郎左衛門、雑司が谷村年寄伝五郎、新田堀之内村年寄吉左衛門、済松寺領高田四っ家町名主福次郎 【資2-461、498】

3

近代

としま(明治)

明治2

1869

4月

3日

地方大年寄中年寄を命ずる。中年寄、高田村元名主吉右衛門倅万太郎、雑司が谷村元名主平次左衛門 【市史稿】

4

近代

としま(明治)

明治2

1869

5月

27日

日吉山王社神官樹下茂国、「悉仏説上附託し、神名を廃し、社殿を改め仏字に改唱せんとする之情慾顕然」として、雑司が谷法明寺などを批判 【農業風土人物誌】

5

近代

としま(明治)

明治2

1869

5月

自証院領雑司が谷村組頭文左衛門、開成所植物地の地守役となる 【通1-536】

6

近代

としま(明治)

明治2

1869

6月

雑司が谷松浦家下屋敷、開成所用地となる 【通1-536~7】

7

近代

としま(明治)

明治2

1869

雑司が谷村、年寄平次左衛門、組頭安兵衛・文左衛門 【資2-209~12】

8

近代

としま(明治)

明治2

1869

浦野庸斎(士族)、雑司が谷村に塾「玩索堂」を開く(1873年、生徒数男18人、女5人) 【通1-767】

9

近代

としま(明治)

明治4

1871

7月

雑司が谷本立寺、本殿を縮小する 【資3-152】

10

近代

としま(明治)

明治5

1872

7月

13日

府下士民の神葬地を定む。11月28日更に4か所増設する。雑司が谷元鷹部屋跡、上駒込村元建部邸跡など 【資4-318~8】

11

近代

としま(明治)

明治6

1873

3月

郭内外樹芸開墾の諸邸宅地調。高田(老松町・豊川町・高田村)約3万7778坪余。雑司が谷(雑司ケ谷旭出町)約9万2402坪余。巣鴨(仲町・原町・巣鴨1丁目・2丁目・駕籠町)約1万4854坪。駒込(蓬来町・駕籠町・富士前町・上富士前町・下駒込村・西片町)約9万4426坪 【市史稿】

12

近代

としま(明治)

明治7

1874

12月

14日

7月より11月までの墓地出入金表。入、染井墓地代価の内608円75銭、雑司が谷墓地代価の内10円50銭。出、青山・雑司が谷開拓入費御府納、122円86銭7厘、雑司が谷営繕839円24銭4厘3毛、染井営繕718円44銭9厘5毛 【市史稿】

13

近代

としま(明治)

明治8

1875

1月

13日

雑司が谷町の稲荷神社、同所大鳥神社へ合社 【市史稿】

14

近代

としま(明治)

明治8

1875

12月

27日

天皇、雑司が谷村にきて、陸軍兵演習をみる 【市史稿】

15

近代

としま(明治)

明治9

1876

2月

雑司が谷周辺各町村、前年12月の陸軍兵演習による被害状況を東京府に上申(~3月)。6月、補償金を受領 【資4-97~103】

16

近代

としま(明治)

明治10

1877

12月

14日

府下第9大区より第11大区迄の農事の景況を調査。高田村・雑司が谷村・池袋村ダイコン、上下駒込村・巣鴨村・染井植木 【市史稿】

17

近代

としま(明治)

明治11

1878

2月

11日

各地方著名の穀菜種子交換市(~21日)。東京府出品目録より、巣鴨村、夏ダイコン1升に40銭1合5銭、3月ダイコン同、長崎村奥成キュウリ1升2円80銭1合30銭、雑司が谷村本山マクワウリ1合33銭など 【市史稿】

18

近代

としま(明治)

明治11

1878

11月

2日

区内町村には戸長をおかないで、区長にその事務を掌らせて、郡内町村に戸長をおく。雑司が谷村・高田村・高田千登世町・高田若葉町・雑司が谷旭出町へ戸長1人、小石川村・巣鴨村・新田堀之内村・小石川六蔵分へ戸長1人、池袋村・中丸村・金井窪村へ戸長1人、下駒込村・上駒込村・駒込染井町・駒込妙義坂下町へ戸長1人、長崎村へ戸長1人 【市史稿】

19

近代

としま(明治)

明治12

1879

4月

12日

町村会議員選挙部分および員数を定める。雑司が谷村6・高田村7・高田千登世町5・高田若葉町1・雑司が谷旭出町1計20人、小石川村3・巣鴨村10・新田堀之内村1・小石川六蔵分1計15人、池袋村10・中丸村2・金井窪村3計15人、下駒込村11・上駒込村5・駒込染井町2・駒込妙義坂下町2計20人など 【市史稿】

20

近代

としま(明治)

明治12

1879

6月

5日

1879年度戸数割地方税の各区町村賦課額を定める。北豊島郡、雑司が谷村・高田村・高田千登世町・高田若葉町・雑司が谷旭出町125円71銭1厘、小石川村・巣鴨村・新田堀之内村114円12銭、池袋村・中丸村・金井窪村92円42銭6厘、下駒込村・上駒込村・駒込染井町・駒込妙義坂下町126円60銭3厘、長崎村90円4銭8厘など 【市史稿】