豊島区/としまひすとりぃ

年表検索結果
 
 
No 史資料 年表種別 元号年 西暦年 できごと

1

原始・古代・中世

としま(原始~織豊期)

元弘
建武頃

1338

後醍醐天皇に仕奉の北面の雑司、柳下若狭・幌(戸張)平次左衛門・長島内匠など、浪人して関東に下り、雑司が谷村を開く。一説に応永(1394-1428)の頃ともいう 【資1-411,資3-437】

2

原始・古代・中世

としま(原始~織豊期)

応永年間

1428

日宥、雑司が谷鬼子母神境内のいちょうを植えるという【新編若葉の梢】

3

原始・古代・中世

としま(原始~織豊期)

文安1

1444

5月

2日

雑司が谷村土着の戸張平司左衛門基賢没す 【資3-440】

4

原始・古代・中世

としま(原始~織豊期)

弘治年間

1558

雑司が谷武芳稲荷社勧請 【資3-438、578】

5

原始・古代・中世

としま(原始~織豊期)

永禄2

1559

2月

後北条氏、「小田原衆所領役帳」を作成する。区内の長崎・雑司が谷・高田・池袋・菅面(巣鴨)・駒込などの村々の名がみえる 【資1-80~3,通1-286~93】

6

原始・古代・中世

としま(原始~織豊期)

天正1

1573

雑司が谷宝城寺、日道によって和田戸山に創建される 【高田村誌】

7

原始・古代・中世

としま(原始~織豊期)

天正6

1578

5月

1日

雑司が谷鬼子母神堂、稲荷社地へ造営。東陽坊日性尊容を安置し、雑司が谷一郷の総鎮守となる 【資3-189、200~6、438、447】

8

原始・古代・中世

としま(原始~織豊期)

天正6

1578

5月

3日

雑司が谷の諸旦越が合力し、鬼子母神の社頭を建立する 【通1-297】

9

原始・古代・中世

としま(原始~織豊期)

天正6

1578

6月

15日

雑司が谷鬼子母神で草薙の神事始まる 【資3-584】