豊島区/としまひすとりぃ

年表検索結果
 
 
No 史資料 年表種別 元号年 西暦年 できごと

1

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和6

1931

12月

28日

府県道121号、落合・西巣鴨線の一部、長崎町・西巣鴨町内の路線認定変更、新道路の供用開始、旧道路の供用廃止(池袋駅西口から立教大学前を通り府県道45号まで) 【府公報】

2

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和7

1932

3月

スポーツ界の浄化策の一環として立教大学籠球部で選手20人除名 【百年史】

3

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和9

1934

9月

14日

立教大学、武器庫建築を文部大臣に申請。11月20日認可 【文部省公文書】

4

昭和

としま(昭和11-20年)

昭和11

1936

7月

1日

立教大学生、配属将校に使嗾され、不敬行為があったとして、木村重治学長排斥運動をおこす。7日学長辞任し、8日騒動解決 【朝日】

5

昭和

としま(昭和11-20年)

昭和16

1941

4月

立教大学報国団結成。9月11日再編成し、尽忠隊となる 【資4-1442~3】

6

昭和

としま(昭和11-20年)

昭和20

1945

9月

14日

三菱・安田・住友・帝国の各銀行の池袋支店及び出張所、立教大学構内に共同店舗を設置 【社史】

7

昭和

としま(昭和21-30年)

昭和27

1952

2月

23日

東京学芸大学付属豊島小学校PTA、立教大学、豊島教員組合など9団体有志50名、池袋東口で歓楽街校庭進出反対の署名運動。28日参院文部委員会、同問題で事情聴取 【朝日】

8

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和32

1957

立教大学野球部、6大学リーグで春秋連覇。杉浦・長島・本屋敷らを擁す。翌58年も春秋優勝 【校史】

9

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和34

1959

5月

19日

安保改定阻止立大(立教大学)会議結成。同年11月27日(第8次)・12月10日(第9次)・翌年4月26日(第15次)の統一行動に各々250名・150名・400名参加 【立教大学新聞】

10

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和34

1959

10月

10日

豊島区平和委員会準備会。東長崎原水爆に反対する会・池袋平和を守る会・立教大学平和の会・学習院平和会議など諸団体・個人の統合めざす。

11

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和35

1960

2月

10日

立教大学教授団、安保改定反対声明発表。3月30日、現在賛同者162名に達する 【立教大学新聞】

12

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和36

1961

12月

8日

立教大学原子炉臨界試験成功(日本で4番目) 【校史】

13

昭和

としま(昭和41-50年)

昭和44

1969

5月

2日

立教大学文学部共闘会議結成。以降12月まで大衆団交・スト・学生大会など紛争続く(大学紛争) 【校史】

14

昭和

としま(昭和41-50年)

昭和50

1975

10月

24日

区史編纂資料調査の一環として、豊島区地域の民俗資料調査を、立教大学宮本研究室へ委託(調査結果は、昭和52年12月『豊島区民俗資料調査報告書』として刊行) 【区文書】

15

昭和

世の中(昭和51-64年)

昭和53

1978

11月

11日

立教大学法学部で初の社会人入学試験。

16

昭和

としま(昭和51-64年)

昭和56

1981

8月

15日

「戦犯記念碑違憲訴訟」1周年を記念して、戦犯記念碑反対連絡会が区民センター文化ホールで「8.15平和のつどい」を開く。講演は全東映労連・堀江毅、歴史教育者協議会・本多公栄、立教大学助教授・粟屋憲太郎の3氏。

17

昭和

としま(昭和51-64年)

昭和58

1983

11月

12日

立教大学社会学部創立25周年記念式典、及び記念公開講演(19日、公開シンポジウム)。

18

昭和

としま(昭和51-64年)

昭和60

1985

3月

23日

立教大学と中国の山西大学、学生交流協定締結。協定調印式。

19

昭和

としま(昭和51-64年)

昭和60

1985

11月

2日

立教大学の学園祭「セントポールズフェスティバル」、9年ぶりに開催(~11月4日)。

20

昭和

としま(昭和51-64年)

昭和61

1986

8月

28日

豊島区都市計画審議会(会長星野昌一)、立教大学周辺の不燃化促進事業についての用途地域の変更等について、審議会の意見をまとめ区長に答申。