豊島区/としまひすとりぃ

年表検索結果
 
 
No 史資料 年表種別 元号年 西暦年 できごと

1

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和3

1928

2月

6日

第84銀行、昭和銀行にひきつがれ、その目白支店も昭和銀行目白支店になる 【社史】

2

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和4

1929

4月

2日

高田町会、音羽方面より目白駅に通ずる放射線路と池袋駅より護国寺に至る路線の拡築方に関する意見書決議。府知事・東京市長へ送付 【資4-380】

3

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和4

1929

4月

17日

目白伝道教会認可(高田町大字高田字大原1600) 【目白町教会四十年史】

4

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和4

1929

10月

3日

東京府市場協会目白市場、高田町大字高田字大原1700に新築移転 【東京府社会事業施設要覧】

5

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和5

1930

10月

巣鴨・池袋・高田の3警察署管内に東京工場協会巣鴨・池袋・目白の各支部創立 【区史、1941】

6

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和6

1931

4月

30日

目白女学校、高田町大字雑司ケ谷字中谷戸見行島815(元常磐女学校跡地)に設置を府知事認可 【文部省公文書】

7

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和7

1932

4月

26日

東京市長、市域拡張区域の区設置について府知事に内申。高田町、西巣鴨町、長崎町で池袋区を、巣鴨町、滝野川町で滝野川区をおく案であった。5月11日の府知事諮問では、池袋区が目白区になり、滝野川区には日暮里町も入る 【東京市域拡張史】

8

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和7

1932

5月

14日

東京逓信局規画課長、東京市に区域編成に関する希望を出し、その中で、巣鴨町を目白区に入れることを要望 【東京市域拡張史】

9

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和7

1932

10月

1日

高田本町・目白町地内府県道21号、松井・高田線と府県道40号、田無・小石川線の各一部路線の決定変更、新設道路の供用開始。旧道路の供用廃止(小石川区境から目白駅まで) 【府公報】

10

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和7

1932

10月

21日

椎名町を長崎東に、東長崎を長崎南に、高田を豊島高田本町に、雑司が谷旭出を豊島日出に、高田上り屋敷を雑司が谷6に、雑司が谷浅井原を雑司が谷5に、高田大原を目白に、巣鴨染井下を豊島駒込6に、巣鴨庚申塚を西巣鴨3に、巣鴨宮仲を大塚駅前に、巣鴨向原を西巣鴨1に、巣鴨堀の内を豊島堀之内に、北池袋を池袋3に、巣鴨宮仲橋を西巣鴨2に、西池袋を池袋2に、池袋駅東口を池袋1に、各郵便局改称 【法令全書】

11

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和8

1933

1月

1日

高田警察署を目白警察署と改称 【府公報】

12

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和8

1933

8月

21日

秋田雨雀(住所、雑司ケ谷町3-22)、目白警察署に検挙。1940年8月19日にも検挙 【警視庁文書】

13

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和8

1933

8月

東京市防空演習のために目白警察署付近にサイレン設置 【市公報】

14

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和8

1933

9月

2日

目白町1丁目地内、府県道(現在の目白通り)、区域決定、供用開始 【市公報】

15

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和8

1933

9月

12日

羽仁五郎(住所、豊島区雑司ケ谷町6-1148)、目白警察署に検挙される 【警視庁文書】

16

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和8

1933

9月

13日

布施辰治(住所、豊島区雑司ケ谷町6-815)、目白警察署に検挙される 【警視庁文書】

17

昭和

としま(昭和元-10年)

昭和8

1933

12月

7日

府県道34号、西巣鴨・戸塚線の一部(目白2丁目から淀橋区戸塚2丁目まで)、新設工事終了し、区域決定、供用開始 【府公報】

18

昭和

としま(昭和11-20年)

昭和11

1936

1月

1日

東京市電と日比谷乗合自動車株式会社江戸川・目白駅間と大塚辻町・池袋駅間との連帯運輸開始。料金10銭 【市公報】

19

昭和

としま(昭和11-20年)

昭和11

1936

2月

19日

妹尾義郎、目白警察署に検挙。3月26日釈放。12月7日検挙 【警視庁文書】

20

昭和

としま(昭和11-20年)

昭和11

1936

7月

30日

高田1丁目、小石川区高田豊川町・雑司ケ谷町地内府県道(現在の目白通り)区域変更(拡張)新道路部分の供用開始 【市公報】