豊島区/としまひすとりぃ

年表検索結果
 
 
No 史資料 年表種別 元号年 西暦年 できごと

1

近世

としま(江戸前期)

元禄9

1696

千川上水、小石川御殿・湯島聖堂・上野寛永寺などへの給水を目的として、玉川上水より分水される。工事請負人千川徳兵衛・千川太兵衛 【通1-566~7】

2

近世

としま(江戸前期)

元禄10

1697

千川上水素堀部分、検地により除地となる 【資2-382~3】

3

近世

としま(江戸前期)

宝永4

1707

長崎・池袋・巣鴨など20か村、千川上水の灌漑利用を願い認められる。水料米1反につき3升を千川氏へ納入する 【資1-567,資2-680】

4

近世

としま(江戸前期)

正徳4

1714

10月

千川上水の江戸市中給水中止 【通1-569】

5

近世

としま(江戸中期)

享保7

1722

10月

千川上水廃止され、以後農業用水となる。室鳩巣の建言によるという 【資2-680,資3-132、152、433、691】

6

近世

としま(江戸中期)

明和6

1769

2月

浅草田原町3丁目小兵衛店忠兵衛、同町1丁目嘉右衛門店孫兵衛、高砂町三郎兵衛店幸左衛門の3人願人となり、千川上水の再開工事を普請方役所に申請する。同年工事始まる 【御府内備考,新編武蔵風土記稿】

7

近世

としま(江戸中期)

安永8

1779

11月

28日

千川上水再開工事完成し,巣鴨庚申塚より駒込辺などの見分あり 【御府内備考】

8

近世

としま(江戸中期)

天明1

1781

本郷下谷辺に、千川上水の水掛樋普請を認める。ただし小間1間につき1銭ずつ上納のこと 【資3-500】

9

近世

としま(江戸中期)

天明2

1782

8月

千川上水の水銭、小間につき28文の上納命じられる。1786・天明6年5月より半減 【御府内備考】

10

近世

としま(江戸中期)

天明6

1786

11月

千川上水、江戸への給水中止。水道に毒を流すとの雑説あり 【資3-152、216、433】

11

近世

としま(江戸後期)

文政4

1821

4月

玉川上水減水により千川上水口、二分明に制限される。長崎・池袋・巣鴨など下流の村々渇水につき、苗代に難渋する 【資2-377】

12

近世

としま(江戸後期)

天保13

1842

2月

感応寺境内へ千川上水より引水の件調査あり 【櫨楓】

13

近代

としま(明治)

明治15

1882

11月

千川上水分水堰の標石建てられる 【豊島あちらこちら】

14

近代

としま(明治)

明治40

1907

6月

千川上水、給水をやめる 【東京都水道史】

15

昭和

としま(昭和11-20年)

昭和15

1940

5月

7日

千川上水公園、西巣鴨3-555に開園 【市公報】

16

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和33

1958

6月

千早町4丁目、千川上水暗渠工事のため井戸が枯れ水飢饉。6日住民大会(250名) 【豊島新聞】

17

昭和

としま(昭和41-50年)

昭和48

1973

3月

千川上水、最後の「堀割」(西巣鴨3丁目)に蓋(~5月)。

18

昭和

としま(昭和41-50年)

昭和49

1974

4月

千川上水のさくら、最後の1本枯死。

19

昭和

としま(昭和51-64年)

昭和57

1982

7月

2日

地域防災対策の一環として「防火用水確保のため千川上水の活用を求める意見書」、議員提出議案として提出され区議会本会で議決 【区議会会議録】

20

昭和

としま(昭和51-64年)

昭和62

1987

3月

巣鴨のむかしを語り合う会(会長小林謙一)が都知事と環境保全局長に「千川上水清流復活計画の一部見直しについて」の要望書を提出。