豊島区/としまひすとりぃ

年表検索結果
 
 
No 史資料 年表種別 元号年 西暦年 できごと

1

昭和

世の中(昭和31-40年)

昭和37

1962

5月

10日

住居表示に関する法律公布施行。

2

昭和

世の中(昭和31-40年)

昭和38

1963

2月

1日

住居表示始まる。

3

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和38

1963

8月

1日

区議会総務商工委員会、住居表示第1年度(4カ年計画)実施地区として長崎地区を決定。翌2日全員協議会で承認。

4

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和38

1963

10月

22日

長崎地区住居表示で第1回地元説明会。以降、町会単位で約30回開催。

5

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和38

1963

12月

9日

豊島区住居表示審議会第1回発足総会(議会・地域・知識経験者・関係行政機関の各代表25名)。

6

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和39

1964

3月

長崎地区の住居表示、区の町割り実施案に対する地元の反対で難航。3月、区議会への町割り案上程(当初4月1日告示、6月1日実施予定)中止。

7

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和39

1964

4月

長崎地区の住居表示につき区は町割り案再検討。地元町会は町民大会を開催し、要望意見を区に提出、住民に納得のいく町割り案や旧町名の存続を要求。

8

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和39

1964

5月

16日

要町3丁目婦人会(昭和24年発足)、住居表示町割り変更により解散。

9

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和39

1964

6月

17日

住居表示審議会第2回会合、第1回の委員紹介以来半年ぶり。

10

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和39

1964

7月

住居表示審議会第4回会合、椎名町地区を南長崎と変更することで住民と折り合いがつく。

11

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和39

1964

11月

1日

住居表示実施。豊島区全域の約12%。「椎名町」は「南長崎」に変更 【区広報】

12

昭和

としま(昭和31-40年)

昭和40

1965

6月

28日

雑司ケ谷町6・7丁目住民、住居表示問題で新町名を西池袋でなく目白にするよう要求して町民大会、反対署名2,077人分。9月16日、区議会で西池袋と決定。10月9日、住民(川崎明外1,745名)は地裁に訴え(全国2番目)。

13

昭和

としま(昭和41-50年)

昭和41

1966

1月

1日

住居表示実施。新しい町区域、西池袋1~5丁目、目白1~5丁目 【区広報】

14

昭和

としま(昭和41-50年)

昭和41

1966

2月

11日

住居表示のため住民代表と初の合同協議会、「あなたの町の名は、あなたに決めてもらう」という豊島方式は早くも難航 【朝日】

15

昭和

としま(昭和41-50年)

昭和41

1966

6月

16日

住居表示審議会、第3次住居表示につき区原案支持を決定し、区長に答申。反対地域住民100名が見守る中での強行採決。

16

昭和

としま(昭和41-50年)

昭和41

1966

7月

12日

区議会本会議、第3次住居表示について区原案を可決。11月1日実施に決定。

17

昭和

としま(昭和41-50年)

昭和41

1966

8月

16日

住居表示議決無効確認等請求事件」の行政訴訟(第2次住居表示地域住民の町名変更の訴え、川崎明外1,745名)で東京地裁は地元の訴え却下。住民(川崎明外105名)は30日、高裁に控訴。

18

昭和

としま(昭和41-50年)

昭和41

1966

9月

5日

第3次住居表示地区内高田本町の住民、新町名反対、「東目白」再考を要求して町民大会。9日、区に陳情。26日、住民2,208名は東京地裁に提訴。

19

昭和

としま(昭和41-50年)

昭和41

1966

11月

1日

第3次新住居表示実施。新町名、東池袋1~5丁目、南池袋1~4丁目、雑司が谷1~3丁目、高田1~3丁目 【区広報】

20

昭和

としま(昭和41-50年)

昭和41

1966

11月

8日

池袋東本町会(会員120名)、区内3番目の住居表示訴訟提起。