港区教育委員会/デジタル港区教育史

年表検索結果
 
 
No 史資料 年表種別 元号年 西暦年 事項文 備考 関連

1

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治元(慶応4)年

1868

閏4月

福沢諭吉、学塾を築地鉄砲洲より芝新銭座に移転、慶応義塾と改称

2

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治元(慶応4)年

1868

明治以前より芝・麻布・赤坂地区に、私塾・寺子屋が多く存続。明治六年の「開学願書・開学期細調」及び明治二三~二六年刊の「日本教育史資料」によると明治以前からのものは五六に達していた。 これを開業年別にみると、江戸晩期、芝には慶応義塾をはじめ一〇の私塾・龍江堂はじめ二七の寺子屋文久のころ、赤坂には二四の塾江戸末期、赤坂には歳泉堂(慶応のころ生徒数三八〇)明治初年、麻布には端塾はじめ一〇の私塾・三峡堂はじめ一三の寺子屋維新後、芝には慶応義塾、攻玉塾はじめ一四の私塾と区(郷)学校はじめ三五の寺子屋

3

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治3年

1870

3月

増上寺内源流院に東京府学六校のうち仮小学第一校として認可(鞆絵学校前身)

4

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治3年

1870

4月

区学所培其根 飯倉町に開所

5

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治3年

1870

6月

増上寺内源流院に文部省直轄仮小学第一校として開校(鞆絵小学校前身)

6

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治3年

1870

6月

赤坂裏伝馬町二の自身番跡 習学所開設(赤坂小学校の前身)

7

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治4年

1871

3月

慶応義塾、芝三田の旧島原藩邸に移転

8

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治4年

1871

3月

三田四国町二、春林寺本堂で授業開始(南海小学校前身)

9

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治4年

1871

3月

攻玉塾が慶応義塾あと新銭座に移る。

10

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治4年

1871

8月

工部省所属学舎「工学寮」虎ノ門内、日向延岡藩邸内に置く。寄宿寮を赤坂潮見坂下の松平大和守邸内「現大倉集古館」付近に設置

11

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治4年

1871

12月

小学第一校(鞆絵小学校前身)西久保巴町三五(四五)に移転 府内の他の五校とも文部省直轄となる。

12

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治5年

1872

4月

芝増上寺内に開拓使仮学校を開設(札幌農学校の前身 明治八年に北海道に移転)

13

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治5年

1872

4月

小学舎三田四丁目春林寺に開舎

14

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治5年

1872

5月

芝増上寺内の開拓使仮学校に開拓使女学校を併設(明治九年廃校)

15

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治5年

1872

5月

愛宕下町四丁目三 木下邸に育幼社開設(桜川小学校前身)

16

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治5年

1872

5月

私学開業願 芝九・麻布二・赤坂一

17

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治5年

1872

10月

三田台裏町薬王寺内 開蒙舎開校(児童数約一〇〇)(御田小学校前身)

18

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治5年

1872

11月

小学第一校 第一大学区第二中学区第一番小学校と称する。(鞆絵小学校前身)

19

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治5年

1872

11月

小学第一校(鞆絵小学校前身)他の五校とともに東京府管轄となる。

20

港区教育史 編纂過程

年表(行政)

明治6年

1873

3月

春林寺幼童学所開設(児童数一〇〇)(南海小学校前身)