守谷中央図書館/わたしたちの守谷市

年表検索結果
 

 

 

[年表] 守谷町史 (207 件)

No 史資料 年表種別 元号年 西暦年 事項文 備考 関連

1

守谷町史

年表

BC三〇、〇〇〇~一〇、〇〇〇

刃器・尖頭器・細石器などがつくられ先土器文化が発達する。郷州原遺跡

【日】:

関連(1)
関連(2)
関連(3)

2

守谷町史

年表

BC六、〇〇〇

このころ海運が最盛期となり、貝塚がつくられるようになる。北守谷遺跡など

【日】:

関連(1)
関連(2)

3

守谷町史

年表

BC四、〇〇〇

鈴塚遺跡・郷州原遺跡(縄文)など

【日】:

関連(1)
関連(2)
関連(3)
関連(4)

4

守谷町史

年表

BC三、〇〇〇

支谷に臨む台地上に大規模集落が形成されるようになる。今城遺跡など

【日】:

関連(1)
関連(2)
関連(3)
関連(4)

5

守谷町史

年表

BC二、〇〇〇

遺跡数がやや減少する。大日遺跡(縄文)

【日】:

関連(1)
関連(2)

6

守谷町史

年表

AD二〇〇

200

このころ、小貝川流域に水田が形成され、台地上に大規模な集落が営まれるようになる。大日遺跡(弥生)

【日】:

関連(1)
関連(2)
関連(3)

7

守谷町史

年表

三〇〇~四〇〇

300

郷州原遺跡(古墳)・乙子遺跡・北今城遺跡・仲原遺跡・大日遺跡(古墳)

【日】:

関連(1)
関連(2)
関連(3)
関連(4)
関連(5)
関連(6)
関連(7)
関連(8)
関連(9)

8

守谷町史

年表

三五〇~四五〇

350

このころ、茨城県内に初現期の古墳が築造される(八郷町丸山古墳・玉造町勅使塚古墳・岩瀬町狐塚古墳など)

【日】:

関連

9

守谷町史

年表

四五〇

450

このころから茨城県内に大形古墳が登場する(石岡市舟塚山古古墳・水戸市愛宕山古墳など)

【日】:

関連

10

守谷町史

年表

四五〇

450

常陸地方に六国が置かれ(高・久自・仲・茨城・筑波・新治)国造が支配する。守谷地方は印波国に属するとみられる

【日】:

11

守谷町史

年表

大化元

645

常陸国、六評(郡)となる(新治・筑波・久慈・那賀・多珂・茨城)。守谷地方は下総国相馬郡となる。このころ、常陸国庁を茨城(石岡)、下総国庁を葛餝(かつしか)(市川)に置く

【日】:

関連

12

守谷町史

年表

大化元

645

このころ、古墳づくりが一般化し、群集墳が盛行する

【日】:

関連

13

守谷町史

年表

持統元

687

常陸国に高麗人五六人が配住される

【日】:

14

守谷町史

年表

文武二

698

下総国大風、民家多数崩壊

【日】:

15

守谷町史

年表

大宝元

701

郡庁がおかれるようになる

【日】:

16

守谷町史

年表

大宝三

703

郡庁足下総守となる

【日】:

17

守谷町史

年表

和銅元

708

賀茂吉備麻呂下総守となる

【日】:

18

守谷町史

年表

和銅六

713

風土記撰上の詔。まもなく『風土記』の編纂がはじまる

【日】:

19

守谷町史

年表

霊亀元

715

このころ、里を郷とする

【日】:

20

守谷町史

年表

養老五

721

下総国倉麻(そうま)郡意布(おふ)郷戸籍(正倉院文書)

【日】:

関連