弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

年表検索結果
 

 

 

[目録] 通史編1(自然・原始) (0 件)

[目録] 通史編1(古代・中世) (0 件)

[目録] 通史編2(近世1) (0 件)

[目録] 通史編3(近世2) (0 件)

[目録] 通史編4(近・現代1) (0 件)

[目録] 通史編5(近・現代2) (0 件)

[目録] 資料編1(考古編) (0 件)

[目録] 資料編1(古代・中世編) (0 件)

[目録] 資料編2(近世編1) (0 件)

[目録] 資料編3(近世編2) (0 件)

[目録] 年表・索引編 (0 件)

[目録] 史資料 (37 件)

[目録] 文学館 (2 件)

[目録] 成田文庫 (52 件)

[本文テキスト] 通史編1(自然・原始) (20 件)

[本文テキスト] 通史編1(古代・中世) (80 件)

[本文テキスト] 通史編2(近世1) (53 件)

[本文テキスト] 通史編3(近世2) (60 件)

[本文テキスト] 通史編4(近・現代1) (55 件)

[本文テキスト] 通史編5(近・現代2) (96 件)

[本文テキスト] 資料編1(考古編) (30 件)

[本文テキスト] 資料編1(古代・中世編) (31 件)

[本文テキスト] 資料編2(近世編1) (4 件)

[本文テキスト] 資料編3(近世編2) (5 件)

[本文テキスト] 年表・索引編 (0 件)

[その他ページ] (1 件)

[索引語] 通史編1(自然・原始) (4 件)

[索引語] 通史編1(古代・中世) (21 件)

[索引語] 通史編2(近世1) (22 件)

[索引語] 通史編3(近世2) (12 件)

[索引語] 通史編4(近・現代1) (8 件)

[索引語] 通史編5(近・現代2) (21 件)

[年表] 通史編1(自然・原始) (10 件)

[年表] 年表・索引編 (61 件)

 
No 史資料 年表種別 元号年 西暦年 事項文 備考 関連

1

通史編1(自然・原始)

災害年表(古代~近世)

元亀2

1571

一月(二月)

二十一日(二十五日)

岩木山より物飛ぶ。(平山日記)

【災害】:噴火

2

通史編1(自然・原始)

災害年表(古代~近世)

慶長10

1605

二月(四月)

二十二日(十日)

岩木山より怪飛ぶ。(封内事実秘苑)

【災害】:噴火

3

通史編1(自然・原始)

災害年表(古代~近世)

寛永7

1630

九月

十八日

寺の三重塔焼失。

【災害】:落雷

4

通史編1(自然・原始)

考古学史年表

明治24

1891

5月

ロンドン留学中の坪井正五郎、縄文晩期の中空土偶に遮器土偶の名を提唱する。

【区分】:青森県の考古学史

5

通史編1(自然・原始)

 青森県の考古学史

明治24

1891

5月

ロンドン留学中の坪井正五郎、縄文晩期の中空土偶に遮器土偶の名を提唱する。

6

通史編1(自然・原始)

災害年表(近・現代)

昭和3

1928

七月二十九日から八月二十四日まで、雨の降らない日が二七日間続いた。特に南津軽郡で八五〇町歩に干害。水不足になるにつれ水争いが起こる。石川町農民と大寺柏木町両村農民が大闘争、十数名の死傷者を出した。

【災害】:干ばつ

7

通史編1(自然・原始)

災害年表(近・現代)

昭和26

1951

リンゴの品種では国が平年の六〇パーセント、紅玉五〇パーセントにとどまった。不作の原因は数年来の豊作で樹勢が衰弱したことと、赤ダニ発生による虫害および薬害などが重なったものとみられた。前年は県産リンゴ豊作で一九〇〇万箱であったが、本年は八八五万箱であった。

【災害】:リンゴ不作

8

通史編1(自然・原始)

考古学史年表

昭和32

1957

2月

19日

亀ヶ岡出土遮器土偶、重要文化財に指定。

【区分】:青森県の考古学史

9

通史編1(自然・原始)

 青森県の考古学史

昭和32

1957

2月

19日

亀ヶ岡出土遮器土偶、重要文化財に指定。

10

通史編1(自然・原始)

災害年表(近・現代)

昭和33

1958

西津軽郡にある深浦測候所で、二月十一日十八時四十分から、北の空一五度の高さに黄色の夜を観測した。この日、十八時三十分ころから二十時ころ北海道から関東地方にかけて、北から北東の空にオーロラが観測された。

【災害】:オーロラ観測