函館市/函館市地域史料アーカイブ

年表検索結果
 
 
No 史資料 年表種別 元号年 西暦年 事項文 備考 関連

1

函館市史 亀田市編

年表

慶長18年

1613

亀田番所設置、松前藩士白鳥孫三郎に近郷を守護させる。(亀田番所は、のちに亀田奉行所となる)

関連

2

函館市史 亀田市編

年表

元禄4年

1691

松前藩、制書を改めて亀田奉行に下付。

関連

3

函館市史 亀田市編

年表

享保14年

1729

9月

蠣崎時右衛門広近、亀田奉行となる。

関連

4

函館市史 亀田市編

年表

享保15年

1730

亀田奉行、箱館入港船の沖改を始める。

5

函館市史 亀田市編

年表

寛保元年

1741

松前藩、亀田奉行所を箱館に移したが、なお名は亀田奉行所と呼ぶ。このころ松前邦広、亀田村庄司山に移城を計画。「逢坂氏日記」

関連

6

函館市史 亀田市編

年表

寛保2年

1742

酒井伊左衛門喜澄、亀田奉行となる。

関連

7

函館市史 亀田市編

年表

宝暦2年

1752

亀田奉行所に井戸を掘る。

8

函館市史 亀田市編

年表

宝暦3年

1753

亀田奉行酒井伊左衛門、河野政通の供養碑を称名寺に建立。

9

函館市史 亀田市編

年表

安永8年

1779

茅部村の漁民五〇〇余人、役金免除並びに昆布一手買入れに反対し、亀田奉行所に強訴。

関連