札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

年表検索結果
 

 

 

[目録] 新札幌市史 第1巻 通史1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第2巻 通史2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[目録] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第1巻 通史1 (94 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第2巻 通史2 (19 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第3巻 通史3 (11 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第4巻 通史4 (9 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (12 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (9 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第6巻 史料編1 (1 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第7巻 史料編2 (2 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[本文テキスト] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (2 件)

[その他ページ] (1 件)

[索引語] 新札幌市史 第1巻 通史1 (14 件)

[索引語] 新札幌市史 第2巻 通史2 (2 件)

[索引語] 新札幌市史 第3巻 通史3 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第4巻 通史4 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5上 (0 件)

[索引語] 新札幌市史 第5巻 通史5下 (4 件)

[索引語] 新札幌市史 第8巻1 統計編 (0 件)

[年表] 新札幌市史 第8巻2 年表・索引編 (48 件)

 
No 史資料 年表種別 元号年 西暦年 事項文 備考 関連

1

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 明治以前

寛政12(庚申)

1800

閏4

19

伊能忠敬,蝦夷地測量を許されて江戸出発.5月19日三厩より吉岡に到着.東蝦夷地を測量してニシベツに至り,ネモロ・ノツケ・クナシリ島を遠測.9月17日福山に到着,大島・小島などを測量して同18日帰帆.地図大12枚・小1枚を作成し,12月21日幕府に呈上.

【関連】:
【出典資料番号】:74

2

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 明治以前

文化7(庚午)

1810

ラショワ島のアイヌのオロキセら8人,ロシア人の命を受け,島の様子を探るためエトロフ島に渡来し,シャナにて捕縛される.クナシリ島に送られ,拘留されたが,翌年5月釈放される.ただし,オロキセは釈放のためシベトロに護送の途中フウレベツでディアナ号に派遣され,そのまま同船に留め置かれる.

【関連】:
【出典資料番号】:70 79

3

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 明治以前

弘化3(丙午)

1846

5

9

松浦武四郎,西・北蝦夷地巡行の途次イシカリに寄港.10日ソウヤへ向け出港.5月中旬ソウヤより北蝦夷地へ渡り,東西海岸の調査を行い,7月19日ソウヤへ帰着.8月ソウヤよりの帰途イシカリに立ち寄り,8月19日イシカリ川を遡りハッサムに至る.20日ツイシカリよりシノツ・エベツプトを経て千歳川に出て,シママップ・チトセより22日ユウフツへ抜ける.9月上旬江差に着き,箱館に帰着.この時の『再航蝦夷日誌』は,イシカリ勤番所詰合やイシカリ川筋の地理・産物・アイヌの状況を詳細に記す.

【関連】:第1巻p548/第1巻p549/第1巻p658
【出典資料番号】:125

4

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 明治以前

安政3(丙辰)

1856

2

6

松浦武四郎,箱館に向け江戸出発.3月5日箱館着.6日竹内保徳に会見,向山源太夫の蝦夷地請取渡しの手附を命じられる.西海岸新道開削建白書を提出.4月1日箱館出発.松前を経て西海岸を陸行し,5月5日オタルナイ,6日ゼニバコよりコトニ・サッポロを経てイシカリ着(日記にサッポロ辺を詳述).8日向山源大夫を隊長として,松浦武四郎・立石元三郎ら,イシカリ川を遡上.9日一行,ツイシカリを出発,シノツ・エベツブトを経てイシカリ川をさらに遡上,雨竜川に転じてルルモッペに抜ける.20日武四郎,『石狩運上屋より川筋通り上りマシケ領へ山越の事』を向山源太夫に提出.23日ソウヤよりカラフトに渡り東海岸を探検し,8月7日ソウヤに帰着(ソウヤにて向山源太夫病没).オホーツク沿岸より南下し,10月13日箱館に帰着(直後大病).

【関連】:
【出典資料番号】:157 160

5

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 明治以前

安政4(丁巳)

1857

6

11

山田文右衛門,鮭引場増設につき阿部屋と話し合い,イシカリ浜中の川口西方・エベツブト近くのホリカモイ・千歳川筋の3カ所開設,これにともなう冥加金50両が運上金に上積みされ阿部屋を通して箱館奉行所に収納される(22日)(実際の出稼者は梶浦屋五三郎と瀬川屋孫兵衛).

【関連】:第1巻p782
【出典資料番号】:141

6

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 明治以前

安政5(戊午)

1858

2

16

松浦武四郎,定山渓ルート探索のため中山峠を越えてサッポロに入り.17日定山渓温泉で湯治.19日トイヒラのモニヲマの家を訪問.20日フシコベツのアイクシテの家を訪問し,イシカリ着.定山渓温泉について調役荒井金助に報告.

【関連】:第1巻p830/第1巻p834
【出典資料番号】:194 195

7

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 明治以前

安政5(戊午)

1858

4

13

箱館奉行,イシカリ改革を発令.場所請負人阿部屋伝次郎には,場所請負差免,出稼人となることを申渡す(差免の直接要因,①請負体制の弛緩,②場所運営の手抜き,③アイヌ酷使と私曲など).以後阿部屋は,イシカリ最大規模の網持出稼人・本陣守・人馬継立差配はこれまで通り.ユウフツ・サル・アッケシ場所請負人山田文右衛門には,イシカリ場所出稼(浜・川)はこれまで通り,かつサッポロ辺に店開設を申渡す.オタルナイ・フルビラ等場所請負人恵比寿屋半兵衛には,小休所取建・サンタラベツ辺に店開設を申渡す.水戸大津浜の人五十嵐勝衛門には,イシカリ川漁業出稼申付,イシカリ川筋からルルモッペにいたる新道開削の調査報告を申渡す.イシカリ場所出稼孫兵衛・同吉五郎には,稼方はこれまで通りを申渡す.

【関連】:
【出典資料番号】:39 122

8

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 明治以前

安政5(戊午)

1858

8

15

水戸藩士生田目(なまため)弥之介,イシカリ・サッポロ調査のため,水戸を出立.9.20箱館着.イワナイ・オタルナイを経て10月7日イシカリ着.12日まで滞在し,イシカリ場所の漁業の実態・アイヌの動向,エベツブトの実地検分.10.23箱館着.

【関連】:第1巻p692
【出典資料番号】:200 203

9

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 明治以前

万延1(庚申)

1860

この年

五十嵐勝右衛門の引網場,浜中と川筋バンナグロ・トウベツブトの2カ所で,水揚高300~400石程(当初計画の2800石に程遠い).

【関連】:第1巻p795
【出典資料番号】:202

10

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 明治以前

文久2(壬戌)

1862

この年

五十嵐勝右衛門,所持の網引場トウベツブト2統のみ(水揚約175石).この年を限りにイシカリにおける漁業権を三浦源治らに委ね,網持出稼人の座を降りる.浜名主交代(前年末か).

【関連】:第1巻p796
【出典資料番号】:202

11

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 政治・行政

明治3年(庚午)

1870

4

22

兵部省管轄トウベツ開墾場造成中止.大友亀太郎,兵部大録桜井安宅らに引継ぐ.

【関連】:
【出典資料番号】:330

12

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 政治・行政

明治4年(辛未)

1871

この年

ベッカウス(現西野)へ新潟県から5戸が入植.

【関連】:
【出典資料番号】:567

13

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 産業・経済

明治4年(辛未)

1871

この年

手稲村サンタロベツ(軽川)に通行屋を設置.

【関連】:
【出典資料番号】:567

14

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 産業・経済

明治5年(壬申)

1872

この年

発垂別(はったりべつ)で硬石山を発見し,採掘に着手.

【関連】:
【出典資料番号】:310

15

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 産業・経済

明治6(癸酉)

1873

11

19

厚別(あしりべつ)・発寒・円山・発垂別(はったりべつ)・真駒内・簾舞(みすまい)・野津幌の7カ所を用材山として官林に指定.

【関連】:
【出典資料番号】:314

16

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 産業・経済

明治12(己卯)

1879

2

札幌より南方の厚別(あしりべつ)山へ厚別(あしりべつ)水車器械所を建設.

【関連】:
【出典資料番号】:310

17

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 政治・行政

明治14(辛巳)

1881

7

28

報国社の入植地を月寒村厚別(あしりべつ)とし,三里塚に小屋を建てる.

【関連】:
【出典資料番号】:781

18

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 産業・経済

明治15(壬午)

1882

5

月寒村字厚別(あしりべつ)・白石村・札幌村・山鼻村・下手稲村字軽川に切手売下所設置決定.

【関連】:
【出典資料番号】:483

19

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 政治・行政

明治15(壬午)

1882

7

岡山県より岡本祥一ほか23戸60人が月寒村字厚別(あしりべつ)へ移住.

【関連】:
【出典資料番号】:2095 327

20

新札幌市史 第8巻2 年表・索引編

年表 社会・生活

明治16(癸未)

1883

7

16

厚別(あしりべつ)官林で火災が発生し,約230万坪を焼失.

【関連】:
【出典資料番号】:⑫-18830822