堺市立中央図書館/堺市史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一編 人物誌 第二章 全盛期(足利時代より豐臣時代迄)
(一九)細井正成
堺市立中央図書館/堺市史    堺市史 第七巻
れた。後關ヶ原の役に軍功あり、大和吉野郡内に於て三百石を增加せられた。(寬政重修
諸家譜卷第千百三)【堺政所職】慶長中堺政所職となり、(文化十年手鑑)同十八年十一
月二十八日享年四十二歳を以て病歿した。西念寺(...
第一編 人物誌 第三章 爛熟期(大阪陣より明治維新迄)
(一三)喜多見勝忠
堺市立中央図書館/堺市史    堺市史 第七巻
攝津高槻の城番を勤めた。元和二年近江の郡代となり、攝津國内に釆地五百石を加增せら
れ、千石を領した。【堺政所職】後攝津の郡代に轉じ、同四年堺政所職となり、攝、河、
泉三國の奉行を兼ね、又同七年には河内、武藏兩國...
第一編 人物誌 第二章 全盛期(足利時代より豐臣時代迄)
(二)三好長輝
堺市立中央図書館/堺市史    堺市史 第七巻
めんとした。然し長輝は未だ全く其落成を見るに及ばなかつたが、其子元長の代に至り、
輪奐の美殆ど成り、【堺政所】大永元年三月には政所の號を賜はつた。斯くして元長の歿
後、長慶、義興、義繼の三代相繼いでこゝを治所と...
第一編 人物誌 第三章 爛熟期(大阪陣より明治維新迄)
(二五八)今井道與
堺市立中央図書館/堺市史    堺市史 第七巻
を得、道與直ちに伊賀の國境に至りて義弘に謁し、隨從して住吉に來り、義弘は道與の別
墅に隱れた。然し當時堺政所の奉行は、關ヶ原の落人を搜索すること頗る嚴で、堺に入る
ことが容易でなかつたが、幸に道與は奉行と親交が...
第二編 神社、寺院、教會誌 第一章 神社誌
(六)高須神社
堺市立中央図書館/堺市史    堺市史 第七巻
一に天白稻荷と呼ばれ、もと舊堺奉行所の域内にあり、祭神は保食神である。(社寺明細
帳)天正四年石田三成堺政所の際、鎭守として勸請したもので、當時社殿壯麗を極め、(
堺史料編纂)德川幕府時代にも代々の奉行篤く之を...
第三編 名蹟誌 第一章 神社及神社址 第二節 神社址
(八)天白稻荷神社址
堺市立中央図書館/堺市史    堺市史 第七巻
【所在】堺政所の鎭守天白稻荷神社は車之町東二丁堺市役所西南隅にあつたが、明治四十
年九月高須神社へ合祀移轉した。奉行...