浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
中世編 第五章 戦国時代 第七節 宗教と文化 仏教
真宗
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
鶴見専心】親鸞の在世中から真仏の門弟に遠江鶴見(当市鶴見町)にすむ専心がいて、三
河の真宗教団を指導したよ...
中世編 第二章 鎌倉時代 第五節 社会と経済 荘園
蒲御厨
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
郷上飯田村・下飯田村18福増郷福増村19大塚郷西大塚村・東大塚村20新貝郷新貝村21半場
郷半場村22鶴見鶴見村23安富郷安富村24庄屋郷庄屋村【検校職蒲神明宮】蒲氏は、蒲検
校職(かばけんぎょうしき)とい...
中世編 第四章 室町時代 第四節 社会と経済 荘園制の解体
蒲御厨
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
まで抵抗した同氏の拠点である。【松井氏領】松井宗信は、今川義元から蒲東方飯田・大
塚の二村を与えられ、鶴見・長田両郷の今川氏蔵入地(くらいりち)(直轄領)の代官になっ
ている(『蠧簡集残篇』)。
中世編 第五章 戦国時代 第二節 戦国大名の基盤 遠江の有力な土豪
松井氏
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
。【蒲御厨二俣城】そして義元のときに松井宗信は、鎌田御厨をはじめ二俣・野辺・下平
河・津久部、蒲御厨の鶴見・長田両郷の代官職を知行し、今川家の支城二俣を守っていた
。すなわち宗信は遠江の中部に所領をもち、今川...