浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文検索結果
 
ソート機能:
原始編 第四章 弥生時代 第五節 銅鐸 浜松市内発見の銅鐸
ツツミドオリ出土銅鐸
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
④浜松市芳川町ツツミドオリ出土銅鐸明治元年(一八六八)七月、旧芳川村都盛で河川氾濫
のあと堤の中腹から、大小二口の銅鐸がいれこになって発見された。発見された地点には
現在「銅鐸...
古代編 第六章 奈良・平安時代の文化 第一節 神社と寺院 寺院
頭陀寺
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
るものはきわめて少ない。現浜松市の区域内の寺院で、平安時代にすでに存在した証跡の
あるものはただ一つ、都盛の頭陀寺(いまは当市頭陀寺町)だけである。同寺は『三代実録
』貞観五年(八六三)八月二日条に、定額(じ...
古代編 第六章 奈良・平安時代の文化 第四節 文化財 仏像
頭陀寺薬師如来像 竜禅寺千手観音像
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
この二点のほか、『静岡県史』第三巻には都盛(現頭陀寺町)の頭陀寺本堂の本尊である薬
師如来坐像(一木造、平安中期)・同じく本堂安置の不動明王立像...