浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第四節 社会と文化 第三項 士族と平民 記憶に残る士族たち
賀古鶴所
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
このほかに賀古鶴所(かこつるんど)(安政二年生、昭和六年一月没、七十七歳)がある。父
は公斎(『浜松市史二』参照)。浜松...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第六節 向上する文化 第一項 教養と娯楽 漢学
足立双松 賀古鶴所
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
に移り、のち陸軍軍医になった。少年時代浜松にあって良斎の指導を受けたものに法学博
士岡村輝彦・医学博士賀古鶴所・医学博士飯島魁などがある(内田旭「浜松の藩学」『郷
友』第一号)。
第七章 文化の興隆 第三節 漢学・医学・蘭学 蘭学
足立双松
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
の研究も怠らなかった。門弟に多くのすぐれた人を生んだが、そのうち法学博士岡村輝彦
、陸軍軍医監医学博士賀古鶴所、理学博士飯島魁らがあり、これらはみな浜松出身者であ
る。晩年は読書に親しみ、明治三十八年十二月没、享...
浜松市立中部公民館『浜松中心街の今昔』
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    わが町文化誌
4○作家を生んだ文学の舞台【岸弥助鷹野つぎ四季と子供渋江保森鴎外】446【渋江抽斎山
田屋庭勘浜松市歌賀古鶴所賀古公斎石川逸八】447○左官集団と火の見やぐら【松浦左官
漆喰彫刻大福寺遠州浜松各町書上】44819...