浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
写真図版目次
原始編
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
三方原台地周辺の無土器時代石器(浜松市立郷土博物館・戸塚賢二氏蔵)七三蜆塚遺跡全景
九五観塚遺跡出土の土器による時期区分図一〇〇蜆塚遺跡出土の縄文土器(浜松市立郷土
博物館蔵)一〇二...
目次
原始編
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
代石器旧石器文化縄文文化へのつながり第二節縄文時代七九縄文時代縄文文化の起源縄文
文化の発展過程第三章蜆塚遺跡とその時代第一節蜆塚遺跡の研究史八八江戸時代明治時代
大正時代昭和時代蜆塚遺跡保存会による発掘調査第二...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第一節 蜆塚遺跡の研究史 明治時代
若林勝邦氏の踏査
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
明治になって西欧の学問が取り入れられ、これを学んだ日本人の手によって、蜆塚遺跡
ようやく学界に知られるようになった。明治二十二年(一八八九)七月十四日のことである
。当時、東京理科...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第二節 時代の細別 蜆塚遺跡の実年代
[蜆塚遺跡の実年代]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
く対応しているために、考古学者の多くは、その数値にかなりの信頼をおいているようで
ある。いま参考までに蜆塚遺跡の年代に関連する測定値を示すと、まず、蜆塚第一期と第
二期の間に入ると考えられる千葉県姥山貝塚出土の木...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第五節 集落の構造  集落の構造とその変遷
墓地の配列
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
、そこに原始人たちの特異な思想の一端が現われている。ところで、これまで述べてきた
ような集落の構造は、蜆塚遺跡における生活の最後の日の姿を示すものである。ここまで
ゆきつくまでの過程は、最初に設定した年代の物差し...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第九節 蜆塚遺跡の終焉 蜆塚遺跡の終焉
[蜆塚遺跡の終焉]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
弥生時代の穂摘み用具によく似た機能をもっている。例数はきわめて少ないが注目すべき
石器である。第三は、蜆塚遺跡第九期以後の遺跡として考えられる引佐郡細江町岡ノ平遺
跡(第13図の③)は都田川流域に面する低い舌状丘...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第一節 蜆塚遺跡の研究史 昭和時代
蜆塚遺跡保存会の結成
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
この試掘調査が直接の契機となって、蜆塚遺跡を正式に大きな規模で調査してみたいとい
う気運が、考古学研究者の間に起こってきた。この動きは、昭和三十...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第一節 蜆塚遺跡の研究史 蜆塚遺跡保存会による発掘調査
蜆塚遺跡の保存と活用
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
この蜆塚遺跡保存会による大規模な発掘を最後として、蜆塚遺跡は永久保存の方策がとら
れた。まず昭和三十二年(一九五七...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第一節 蜆塚遺跡の研究史 江戸時代
曳駒拾遺の記事
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
蜆塚遺跡に関する記事が、最初に現われるのは、正徳三年(一七一三)のことである。当時
三十六歳だった国学者杉浦国...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第一節 蜆塚遺跡の研究史 明治時代
土屋彦六氏の踏査 足立文太郎氏の踏査
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
明治二十四年(一八九一)以降、土屋彦六氏も蜆塚遺跡を踏査していた。『東京人類学会雑
誌』第八巻八十号と、同巻八十四号には、土屋氏の報文があって、その採集...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第一節 蜆塚遺跡の研究史 蜆塚遺跡保存会による発掘調査
第四次発掘調査
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
八月十五日~二十五日)に実施された。第四次調査は、全面的に集落跡の調査に集中され
た。この調査をもって蜆塚遺跡保存会による発掘調査は、終了の予定になっていたので、
四次にわたる調査成果の総まとめという意味をもって...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第二節 時代の細別 蜆塚遺跡の年代の物差し
[蜆塚遺跡の年代の物差し]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
蜆塚遺跡の生活を跡づけるためには、やはり最初に土器による年代の物差しを示しておく
必要がある。以下順を追って解...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第二節 時代の細別 蜆塚遺跡の年代の物差し
第九期
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
変遷過程にてらしてみると、どのような位置を占めるのであろうか。それを第2表に示し
てみよう。こうして、蜆塚遺跡の営まれた時代の中心は、縄文時代後期にあったことを知
ることができる。(表)第2表蜆塚遺跡の年代尺度蜆...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第三節 自然環境 蜆塚遺跡の自然環境
蜆塚第一期のころ
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
蜆塚遺跡の営まれた自然環境を考えるうえで、以上のような海進海退の現象を無視できな
い。すなわち蜆塚第一期のころ...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第四節 生産活動と食生活 狩猟
石鏃篏入の猪骨 石鏃・骨鏃牙鏃
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
まず狩猟生活を考えてみよう。これに関して蜆塚遺跡では大変珍しい資料が発見されてい
る。それは長さ一三センチメートルのイノシシの腰骨で、これに石鏃(石製...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第四節 生産活動と食生活 貯蔵法
[貯蔵法]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
蜆塚遺跡においては、貯蔵施設として確かなものはない。ただ住居跡に接して埋葬施設と
は別のピット(掘り込み)が検...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第五節 集落の構造  住居跡
住居の広さ
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
積んで作られていた住居跡が知られている(岡本勇「静岡県小笠郡大畑遺跡」『日本考古
学年報』4)。しかし蜆塚遺跡では周堤として確認されたものはなく、ただ柱穴列の外側に
すぐ接して周堤の存在を示すような細い杭列の跡が...
原始編 第二章 市史への導入 第二節 縄文時代 縄文文化の発展過程
東日本の状態
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
時代遺跡は、ほとんど後期と晩期になって成立したものである。その代表的な遺跡は、い
うまでもなく浜松市の蜆塚遺跡である。蜆塚遺跡については次章に述べる。年表2縄文文
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第一節 蜆塚遺跡の研究史 昭和時代
戦後の状態
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
った。考古学研究熱は大いに高まり、とくに若い世代による遺跡の踏査活動は盛んに行な
われるようになった。蜆塚遺跡もこうして、相つぐ考古学徒の来訪を受けたが、その動き
は、正式な文献となっては現われなかった。時たま、...
原始編 第三章 蜆塚遺跡とその時代 第一節 蜆塚遺跡の研究史 蜆塚遺跡保存会による発掘調査
第一次発掘調査
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
に石鏃が突きささったものと、透輝石製の大珠が発見されたことは、特筆してよいもので
あった(後藤守一編『蜆塚遺跡』その第一次発掘調査)。