浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第七章 文化の興隆 第六節 生活と習俗 講
秋葉
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
秋葉秋葉山は火防の霊場としてあまねく知られた。【代参】早出村(当市早出町)では、
毎月講金をつみたて、代...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第二節 交通の発達 浜松を中心とする街道
浜松の主要交通路
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
り井平村へ弐拾五丁、的場・黒田村・山吉田・大野を経て鳳来寺薬師堂まで都合、道法、
浜松より拾弐里九丁【秋葉道】一秋葉山御堂までの道法浜松より光明山御堂まで道法六里
拾八丁、光明山より犬居まで壱里弐拾五丁、犬居...
第七章 文化の興隆 第一節 寺院と神社 庶民の神々
火の神
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
火の神【秋葉信仰】火伏の神とし犬居秋葉山が信仰された(高柳光寿「秋葉山神仏分離事
件調書」『明治維新神仏分離史料』...
浜松市立県居公民館『学びの里 祈りの丘』
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    わが町文化誌
11(二)宿場を支えた二十四か町【町割御役町無役町職人町】12(三)七地域に配備され
た武家屋敷14【秋葉町の奥平信昌秋葉神社三組町】17(四)地の利を得た寺社の配備18四
新しい浜松の始まり21(一)浜松県...
浜松市 合併町村史 春野町史 通史編上巻
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    合併旧町村史
園の形成■■170■■■■第四節地域の信仰■■174■■■■■■一神々の信仰■■174■
■■■■■二秋葉山の伝承■■178  第二編中世の春野■■■■■■■■第一
章山香庄と天野氏■■1...
浜松市 合併町村史 龍山村史
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    合併旧町村史
■三一■■■■三風向・風速■■三三■■■■四日照時間■■三五■■■■五龍山村の水
害■■三七■■第五節秋葉湖の水質とプランクトン■■四二■■■■一気温■■四四■■
■■二風向・風力・天気■■四四■■■■三水温...
第二章 復興への努力と民主主義 第七節 社会 第四項 行事・観光・娯楽の復活 二 遠州観光協会と浜名湖 近隣の行楽地
[近隣の行楽地]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【岩水寺中田島佐鳴湖観光協会秋葉詣で天竜下り天竜観光協会北遠振興会】戦後の復興が
進むにつれ、庶民の生活にややゆとりが生まれた。そして...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第四節 宗教・倫理 第二項 教団・宗派の教化活動 教化活動の現れ
[教化活動の現れ]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
は地場産業としての茶業の振興発展を祈願するもので、毎年の五月三日頃の恒例行事とし
て報道されている。【秋葉神社】昭和六十二年一月二十九日付記事として、三組町の秋葉
神社で、管粥(くだがゆ)祭・焼納祭が執行され...
第七章 文化の興隆 第一節 寺院と神社 浜松の神社
秋葉
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
秋葉社(当市三組町)由緒によると、叶坊浄全(かのうぼうじょうぜん)が家康の命により、
犬居秋葉社(周智郡春...
第四章 市制の施行と進む近代化 第六節 市民生活の向上 第四項 娯楽と災害 年中行事と浜松名所
年中行事
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
の一部となって親しまれるようになった。つぎにその主なものをあげてみよう(大正九年
版『浜名之栞』)。【秋葉神社祭典】正月元日(官民合同新年祝賀会)五日(消防組出初式、
浜松駅前広場)八日(聯隊観兵式、和地山歩...
浜松市立高台公民館『台地と水と輝き』
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    わが町文化誌
・和合町・和地山御殿屋台】141(五)高台連合143第四章信仰と名所旧跡145一民間信仰1
46(一)秋葉信仰146【住吉の秋葉神社】148【幸の秋葉神社泉の秋葉神社】149【馬船の
勝坂不動尊磐田市医王寺】...
浜松市立中部公民館『浜松中心街の今昔』
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    わが町文化誌
神明町商店街中之島おしるこの月ケ瀬】348六連尺町349【松菱トヨダヤ洋傘店店舗名浜松
城の堀曳馬萩筆秋葉神社】350七肴町【魚問屋肴町通りまちづくり昭和15年頃の市中心
街店舗名】352八田町【田町の沿革歩...
自然環境編 第二章 地形とその生い立ち 第一節 浜松をめぐる地形 地質の概観
北方の地質
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
さまれて、北へ行くほど楔状に狭くなり、いわゆる赤石楔状地が形成されている。【井伊
谷久根鉱山峰之沢鉱山秋葉山】浜名湖の北では、古生層にはさまれた石灰岩が盛んに採掘
されている。それは井伊谷(引佐郡引佐町)でも...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第三節 町や村の生活 町屋の発達
町民の生活
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
形ニ而質物預り不苦候事」と記していることである。【鴨江観音】春夏秋冬、そのときど
き楽しみもあった。【秋葉祭】享保年間の鴨江観音堂や普済寺の釈迦堂立替の地築には町
々ではいろいろの趣向をこらして参加しているし...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第三節 町や村の生活 町名のいわれ
侍屋敷
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
高町(北高町)とに分かれていた。なお、この坂をひくま坂ともいって(前述)紺屋町との境
に木戸があった。秋葉町(あきはまち)秋葉社の門前町(現在の三組町)。半頭町(はんこう
まち)秋葉町から鴨江寺へいく道筋で中...
第七章 文化の興隆 第一節 寺院と神社 庶民の神々
管粥神事
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
秋葉社(当市三組町秋葉神社。前述)正月二十八日。この日は粥の中に竹管を入れ、中には
いった粥の量によって農...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第四節 社会と文化 第一項 浜松漫録にみる浜松 明治維新の浜松
神社仏閣
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
五日で神輿が出で踊りや唐人囃がある。拝殿の額の正一位松尾大明神の書は左中将藤原朝
臣公英の筆である。【秋葉社】秋葉大明神は高町にあって正月二十八日、十一月十六日の
祭祀は詣人おびただしい。【八幡宮】八幡村の八...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第五節 学校教育の普及 第二項 中等教育 浜松商業学校の創立
浜商の父
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
秋葉の森】三十六年十月に三組町(秋葉神社北)に新校舎が落成し移転した。総坪数二千
余坪、総建坪三百三十三坪...
第三章 発展への基礎づくり 第四節 宗教・倫理 第一項 神道世界の蘇生 一 独立・復興と神社 社殿再建築の動き
[社殿再建築の動き]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
が復興していった。罹災した市内の神社のうち、社殿等の再建状況を記すと、次の通りで
ある。昭和二十三年・秋葉神社(三組町)鳥居再建、同二十五年・秋葉神社社務所再建、
白山神社(高林町)社殿再建、同二十六年・鹿島...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第四項 農業の近代化 三方原用水の完成
[三方原用水の完成]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
河特定地域として指定され、天竜川の水力資源を中心に流域の総合開発が推進された。こ
れにより佐久間ダム、秋葉ダムの電源開発が行われ、それぞれ昭和三十一年と三十三年に
完成した。三方原用水事業も、この総合開発事業...