浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 高度経済成長と市民の生活 第八節 医療・厚生 第五項 医療行政と看護教育 看護婦養成施設の設立
看護婦養成施設
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【浜松高等看護学院】他方、市内の看護婦養成施設のうち、正看護婦学校は国立浜松病院
附属高等看護学院のみであり、准看護婦養成所は浜松市医師会附...
第二章 復興への努力と民主主義 第八節 医療・厚生 第六項 医師会と看護婦 一 遠江医学会の発展 看護婦養成所の発足
[看護婦養成所の発足]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【馬淵一貫浜松博愛看護婦学校『日本医籍録』馬淵貞司浜松市医師会附属准看護婦養成所
馬淵敬而遠州病院付属乙種看護婦養成所聖隷准看...
第三章 発展への基礎づくり 第八節 医療・厚生 第六項 医師会と看護婦 看護婦養成
[看護婦養成]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
ているが、このうち後の二つは必見の資料であり、『浜松市史』五では大いに依拠すると
ころである。ここでは看護婦養成について記す。 【馬淵一貫・貞司浜松博愛看護婦
学校浜松市医師会附属准看護婦養成所】第二...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第三節 教育 第二項 高校教育 看護婦養成高校の誕生
[看護婦養成高校の誕生]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
三が昭和二十四年に聖隷保養農園内に遠州基督学園をつくったが二年後に学園を去ると、
長谷川保はこの学園を看護婦の養成所にすることを決め、昭和二十七年四月に聖隷准看護
養成所を開校した。これは、前年に保健婦助産婦...
第二章 復興への努力と民主主義 第八節 医療・厚生 第二項 結核蔓延と治療病院 一 結核予防 結核蔓延と看護婦不足
[結核蔓延と看護婦不足]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【結核蔓延看護婦不足】このころの結核蔓延状況について、『静岡新聞』には幾多の報道
がある。浜松保健所は市内の中学校と小...
第四章 市制の施行と進む近代化 第六節 市民生活の向上 第三項 社会施設 病院と保険制度
健康保険制度
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
保険者数も増加した。しかし戦争のため保険診療も停滞のやむなきにいたった。その他、
前頁上表に見るように看護婦・産婆などの養成・組織化も進んだ。(表)看護婦・産婆の養
成と組織化浜松看護婦学校大正9年遠江看護婦会...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第三節 教育 第五項 各種学校と専門学校 看護婦養成学校の設置
[看護婦養成学校の設置]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【浜松高等看護学院】看護婦養成については高等学校の項で取り上げたが、それだけでは
足りず看護婦養成のための学校が幾つか設置された...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第三節 教育 第三項 大学教育 浜松衛生短期大学の開学
[浜松衛生短期大学の開学]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【浜松衛生短期大学看護婦養成】昭和四十一年四月に衛生看護科の聖隷学園高等学校が開
校したことは先に記した。この学校を卒業すると...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第八節 医療・厚生 第五項 医療行政と看護教育 看護婦養成施設の設立
[看護婦養成施設の設立]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
昭和三十九年一月十七日付『静岡新聞』には、県立看護婦養成学校が三十九年度事業で開
校されることが報道されている。看護婦不足の現状は、浜松市の場合「病院十三...
まえがき・もくじ
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
項結核蔓延と治療病院一結核予防四〇一戦時中の結核対策聖隷保養農園付属病院結核予防
の実践運動結核蔓延と看護婦不足職場感染と法律不全二結核予防特別市の指定四〇六結核
予防週間と撲滅運動三結核治療四〇八治療技術の革...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第八節 医療・厚生 第一項 医療機関の充実 二 救急医療体制の整備 救命救急センターの開設
[救命救急センターの開設]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
ることになった(昭和五十六年九月十日付『静岡新聞』記事)。ところが、浜松の救命救急
センターの開設は、看護婦定員二十六名を満たせず、延期され、それ故に昭和五十七年十
月十五日のオープンは、循環器患者集中観察治療...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第三節 教育 第三項 大学教育 聖隷クリストファー大学の開学
[聖隷クリストファー大学の開学]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【聖隷クリストファー看護大学聖隷クリストファー大学】聖隷准看護婦養成所が開設され
たのは昭和二十七年四月、それが私立高校としては全国初の衛生看護科を持つ聖隷学園高
校に...
第二章 復興への努力と民主主義 第八節 医療・厚生 第一項 敗戦前後の医療・厚生体制 罹災した医療機関
『浜松市戦災史資料』
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
二月現在では診療所開設が三十九カ所、診療従事者が四十二名を数えるに至った。なお前
掲書には戦前の産婆、看護婦、五つの看護婦会(浜松・東洋・遠江・共立・昭和)の活動
についての記事があり、戦後には産婆二十名が営業...
第二章 復興への努力と民主主義 第八節 医療・厚生 第一項 敗戦前後の医療・厚生体制 病院再興と新設
国立浜松病院 天竜荘
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
部員)による記事である。実に簡潔にこの病院の使命、衛生施設、職員構成、医師国家試
験前の実地研修病院、看護婦教育、外来患者、入院患者、伝染病治療、細菌検査、病理検
査等の組織と機能の一端を伝えている。そのうちの...
第三章 発展への基礎づくり 第八節 医療・厚生 第六項 医師会と看護婦 新生の浜松市医師会
[新生の浜松市医師会]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
十五年三月までの医師会長)である。これによると、1、社団法人浜松市医師会設立、2、
医師会館建設、3、看護婦養成事業、4、医師会病院という課題があった。昭和二十年十一
月、戦後初の静岡県医師会浜松市支部常会が開...
まえがき
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
教育一一一高校生の急増対策と二高校の新設引佐高校庄内分校から浜松湖東高校へ新しい
高校の誕生と郊外移転看護婦養成高校の誕生新時代に対応する高校高校生の活動盛んにな
った部活動第三項大学教育一二七静岡大学工学部の...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第三節 教育 第五項 各種学校と専修学校、塾等 看護学校
[看護学校]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【浜松市立高等看護学院浜松市立看護専門学校】浜松市は看護婦不足の対策として昭和四
十九年四月に浜松市立高等看護学院を開校、三年課程で看護婦養成に乗り出した。同五...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第八節 医療・厚生 第一項 医療機関の充実 二 救急医療体制の整備 夜間救急室の開設
[夜間救急室の開設]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
師会とが合意したことが報ぜられている。この開設は四月(実現は五月)、場所は鴨江二丁
目の市立診療所内で看護婦宿舎の改築による仮設の建物という内容である。しかし、問題
点もある。開業医については、翌日の一般外来患...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第八節 医療・厚生 第一項 医療機関の充実 四 口腔保健医療センターと母子保健センター 構想結実
[構想結実]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
折があった。母子保健センターと総合健康診断センターが抜け、口腔保健医療センター、
歯科衛生士養成所、准看護婦養成所、医薬品管理センターが、この建造物に収まることと
なった。浜松市歯科医師会の審議結果と、先の自治...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第八節 医療・厚生 第二項 政令市指定後の保健所 新庁舎の施設と陣容
[新庁舎の施設と陣容]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
員、保健婦などを公募して補うという(ここで言う保健婦とは、昭和二十三年の法律第二
百三号、保健婦助産婦看護婦法に基づく表記である)。昭和五十年十月十九日付の『静岡
新聞』では保健婦不足が指摘されている。浜松市保...