浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第三項 工業等の復興 オートバイ工業の勃興とメーカーの乱立
オートバイ工業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
一郎によって始められたことはあまりにも有名である。本田宗一郎が二輪車生産へ乗り出
すきっかけは、陸軍の無線機発電用の小型発動機を改良し、それを自転車に装着したのが
始まりであったと言われている。戦後、本田宗一郎...
第三章 発展への基礎づくり 第六節 交通・通信 第六項 タクシー メーター取り付けと外車
[メーター取り付けと外車]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【メーター制無線機】昭和二十六年当時は、タクシーに料金メーターはまだ付いておらず
、行き先別に運賃が決められ、これを適用...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第六節 交通・通信 第四項 タクシー業界の動き 経営規模の拡大と合理化
[経営規模の拡大と合理化]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
ープ傘下となり、昭和四十年、社名を遠鉄タクシー(株)と変更した。同社は、増車および
新車への切り替えや無線機の取り付け(同三十四年)などを行い、営業所の新設を図る等し
た。浜名湖観光のクローズアップや浜松経済圏...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第六節 交通・通信 第三項 バスとタクシー タクシー業界の合理化とサービス多様化
[タクシー業界の合理化とサービス多様化]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
無線機】昭和三十年代中頃からタクシーに無線機が取り付けられ、昭和四十八年になる
と、市内には、八百四十余台の...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第二節 自衛隊・警察・消防・防災 第四項 東海地震への取り組み 消防署の地震対策
[消防署の地震対策]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
井戸は百三十二に及んだ。【消防機械】第二は消防機械の充実である。具体的には1.消
防用車両、2.消防用無線機、3.可搬式小型動力ポンプ、4.その他の機械、5.飲料水確
保機械等の五つである。【自主防災隊】1は震...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第六節 交通・通信 第六項 新時代の郵便と電話 多様なメディアの登場
[多様なメディアの登場]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
静岡新聞ニュースや地域の生活情報・交通情報等を提供した。平成八年八月には、生放送
や災害時の情報伝達に無線機材を搭載した中継車を導入した。【インターネット】平成五
年にインターネットが一般に利用できるようになり...