浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
中世編 第二章 鎌倉時代 第五節 社会と経済 交通
橋本宿
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
あそぶ、しばし松のこかげにやすらひて、しほ風の涼しき磯の松かげにまさごかたしき月
をみるかな」(以上「無名の記」『古典文庫』所収、橋本から浜名湖にかけての光景は紀
行文や歌集に多くみえている。『三ケ日町史資料』第...
中世編 第二章 鎌倉時代 第五節 社会と経済 交通
遠江と三河をむすぶ道路
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
二五二)三月の宗尊親王の行程を書いた『吾妻鏡』、文永二年(一二六五)から六年ころの
七月飛鳥井雅有の『無名の記』、建治元年(一二七五)三月飛鳥井雅有の『みやこぢのわか
れ』(以上『古典文庫』)、建治三年(一二七七...
中世編 第二章 鎌倉時代 第六節 宗教と文化 文化
文学
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
文に『十六夜日記』・『うたゝねの記』・『海道記』・『東関紀行』・『とはすかたり』
・『信生法師集』・『無名の記』・『みやこぢのわかれ』などがある。いずれも当市内に
あたる地区を通過した紀行をふくんでいる。【物語文...
中世編 第四章 室町時代 第四節 社会と経済 交通
実暁記
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
田懸河菊川吾妻鏡建長4年(1252)橋本引間池田懸河菊河(宗尊親王の下向。『宗尊親王御下
向記』同じ)無名の記文永年間(1264~75)飛鳥井雅有橋本もがみの河ぢ文永6年(1269)飛鳥
井雅有橋本みやこぢのわか...