浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 浜松城下町の形成 第二節 武家屋敷と無役町 町と村の別
町の意義
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
て、当時しばしば見られた「○○町村」という形態について述べよう。【田町村】慶長十
五年(一六一〇)の『浜松領御知行割』(『浜松市史史料編四』)に「一高三拾三石弐斗七升
五合田町村」とあるのは、当地方における古い事例であ...
第四章 浜松藩の確立 第三節 浜松藩領の成立と他領 初期の浜松藩領
浜松領の創立期
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
上から遠江地方の浜松藩領が具体的に知られるのは城主水野重仲(一六〇九―一六一九)の
時が始めであり、「浜松領御知行割」(『浜松市史史料編四』)がそれである。これによる
と慶長十五年(一六一〇)三月に六十八か村(郡名不詳...
第四章 浜松藩の確立 第三節 浜松藩領の成立と他領 浜松藩領の基本部分
浜松領の中心地域
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
300353003150036500350375087670005700006000070453典拠浜松領御知行割新訂寛政重修諸
家譜寛重修譜同上寛文印知集元禄高帳寛重修譜浜松領諸役御高帳寛重修譜同左水野家知行
目録