浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第九節 文学・文化 第七項 文化一般 地区図書館の充実と中央図書館の誕生
[地区図書館の充実と中央図書館の誕生]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
月、大人見町)の地区図書館、中央図書館駅前分室(平成十四年四月、旭町)が次々に開館
することとなる。【浜松市立中央図書館】これまでの浜松市立図書館は、昭和四十九年四
月の南図書館の開館に際して浜松市立中央図書館と改称された...
あとがき
図・表一覧
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
・タイトル・出典(発行者、発行年月日)・資料所蔵者等を記した(所蔵者名、提供者名の
記載のないものは、浜松市立中央図書館所蔵史料)。図表の番号については、写真及び図
版は、一括して「図」として扱い、各章ごとに通し番号を付し...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第九節 文学・文化 第一項 文芸界の動き 詩誌の消長と詩人たち
[詩誌の消長と詩人たち]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
刊された同人誌『麦』を念頭に置いていたことが知られる。『麦』については、『浜松市
史』四で取り上げた。浜松市立中央図書館には一(昭和二十七年一月刊)~五号(昭和三十
二年七月刊)が残されているが、数年で廃刊となったものと思...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第九節 文学・文化 第二項 総合雑誌と新聞 『東海文化新聞』
[『東海文化新聞』]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
化モニター』よりも早い創刊で、ほぼ同じ頃に消えていったローカル紙に、『東海文化新
聞』(月刊)がある。浜松市立中央図書館に保存されているのは、第48号(昭和三十八年五
月十一日発行)以下(ただし欠号あり)で、創刊号を見るこ...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第九節 文学・文化 第六項 郷土研究 終戦五十年の記念誌
[終戦五十年の記念誌]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
った。浜松市でも八月に『広報はままつ』が「浜松の戦後50年」を特集しているが、注目
すべき事業としては浜松市立中央図書館による『浜松市戦災史資料』(以下『戦災史資料
』)の編集発行がある。図4-46『浜松市戦災史資料』【『...
あとがき
あとがき
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
うものである。以上平成二十八年三月浜松市史編さん執筆委員会委員長岩崎鐵志史料提供
者等(順不同敬称略)浜松市立中央図書館 (浜松市)浜松市美術館 (浜松市)浜松市博物館 (
浜松市)木下恵介記念館 (浜松市)公益財団法人浜...
あとがき
主な参考文献
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
松市『広報はままつ』浜松市『市政の概要』浜松市『浜松市報』・『浜松市公報』浜松市
『浜松市戦災史資料』浜松市立中央図書館『浜松市戦災復興誌』浜松市都市計画公園部『
浜松市総合開発基本構想』浜松市『第2次浜松市総合計画基本構...
まえがき
凡例
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
三・四章第二節自衛隊・警察・消防・防災・治水元浜松市立高等学校教諭坪井俊三第二・
三・四章第三節教育元浜松市立中央図書館指導主事鈴木正之第二・三・四章第四節宗教・
倫理静岡県立大学名誉教授岩崎鐵志第二・三・四章第五節産業・...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第九節 文学・文化 第二項 総合雑誌と新聞 『東海展望』と『浜松百撰』の発展
[『東海展望』と『浜松百撰』の発展]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
化をはじめ郷土を総合的に知る上に有力な手掛かりをを与えてくれる情報源として廃刊を
惜しむ声は多かった。浜松市立中央図書館に保存されている四百冊に及ぶバックナンバー
は、現在も郷土史の貴重な資料として多くの人々に利用されてい...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第九節 文学・文化 第二項 総合雑誌と新聞 『浜松文化モニター』の創刊
[『浜松文化モニター』の創刊]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
行され続けたが、昭和六十二年頃から、時々二カ月分(時には三カ月分)の合併号として出
されるようになる。浜松市立中央図書館には、平成二年二月一日号(第二百四十七号)まで
が、ほぼ揃っているが、同紙はこの頃に二十余年にわたるロ...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第九節 文学・文化 第七項 文化一般 浜松JCの文化活動
[浜松JCの文化活動]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
十一日のことである。本来ならば、『浜松市史』四第二章において扱うべきであるが、こ
こで取り上げておく。浜松市立中央図書館所蔵の浜松JC作成の『創立50周年記念誌』(平
成十三年刊、以下『記念誌』)を見ると、第1期(昭和二十...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第九節 文学・文化 第一項 文芸界の動き 文芸作品の自費出版
[文芸作品の自費出版]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【『ルソンの小石』栩木淑子】浜松市立中央図書館の郷土資料室には、地元浜松在住の人
々によって自費出版された数多くの詩歌集が保存されている。これらの奥...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第九節 文学・文化 第二項 雑誌と新聞 新しいタウン誌の誕生と『浜松百撰』
タウン誌
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【『アポンギ』】次にこの頃のほかのタウン誌について見ておく。浜松市立中央図書館
は八誌が保存(それぞれ全冊とは限らない)されている。年代順に記せば次の通りである。
・『郷土春秋』(...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第九節 文学・文化 第二項 雑誌と新聞 社報の消長
社報
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
弘報』を出し、東京本社では『ホンダ社報』という月報と不定期に『ホンダ便り家族版』
を出しているとある。浜松市立中央図書館には、ここに挙げられたもののほかに当時の社
内報として『トーセロ』(東京セロフアン紙株式会社)、『しょ...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第九節 文学・文化 第四項 音楽の街づくり 浜松交響楽団の誕生
[浜松交響楽団の誕生]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
十一年十月(十二日~十八日)、JCの全国大会が浜松で開催され、浜響はこの大会を機に生
まれたのである。浜松市立中央図書館に『浜松交響楽団10年の歩み』(昭和六十一年三月
、浜響発行)という冊子が保存されているが、中に座談会...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第九節 文学・文化 第五項 演劇 演観協と高校演劇教室
[演観協と高校演劇教室]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
と略称。なお、平成十八年二月からは浜松演劇鑑賞会と改称)が発足したのは昭和三十七
年九月のことである。浜松市立中央図書館には、演観協の歴史を知る資料として①「浜演
」№100(浜松演観協、昭和五十一年刊)、②「浜演」№20...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第九節 文学・文化 第七項 文化一般 石造文化財の調査と報告書の作成
[石造文化財の調査と報告書の作成]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
が執筆に当たった。もう一つが調査個票を基にした詳細な『目録』である。先に記した調
査個票と写真、拓本は浜松市立中央図書館に保管されており、市民はいつでも活用するこ
とが出来る。