浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
『中村與資平作品写真集』
[解説]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    中村與資平関連資料
産銀行本店5.京城公会堂6.朝鮮銀行大連支店7.韓一銀行本店8.第一銀行京城支店9.番町小
学校10.浜松市公会堂11.誠心女学校12.小松ビル13.遠州銀行本店14.大安生命保険15.遠州
電気鉄道旭町駅16.浜松...
第二章 復興への努力と民主主義 第九節 文学・文化 第六項 音楽と舞踊 東洋劇場と公会堂での催し
[東洋劇場と公会堂での催し]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【東洋劇場浜松市公会堂】敗戦後、戦火に焼かれた浜松市内に、市民の様々な集会や催し
に利用できる公的な施設は一つも無かった。学...
第三章 発展への基礎づくり 第八節 医療・厚生 第六項 医師会と看護婦 新生の浜松市医師会
[新生の浜松市医師会]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
同二十二年六月の同会の臨時常会において新生医師会設立委員会(委員長・岡部慎爾)を
発足させ、設立総会を浜松市公会堂で開催した。同年八月には浜松市医師会第一回総会を
浜松市公会堂で開き、岡部慎爾が会長に就任した。しかし...
『浜松が生んだ名建築家中村與資平展』 中村與資平展資料 5.郷土の建吻
(1)浜松市公会堂 設計大正14年 竣工昭和2年
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    中村與資平関連資料
現在の市民会館の南(昔は諏訪神社社有地)に浜松市公会堂が起工されたのは大正14年12月
20日、建設地をめぐって論議があったが市役所や中心部に近いこともあっ...
『浜松が生んだ名建築家中村與資平展』 中村與資平年表
[中村與資平年表]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    中村與資平関連資料
水組(小石川)F西暦元号年令経歴・記事資料作品建設地現存資料竣工構造・規模施工備考1
925T1445浜松市公会堂設計赤羽小学校設計(芝)東京無NHM1926RC造清水組所員山崎河入所
関ロ台町小学校(小石川)東京無...
まえがき・目次
写真・図版目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
祭五三六浜松駅前の鹵簿五三八全国産業博覧会(西会場正門)五四一浜松市立図書館(紺
屋町所在当時)五四三浜松市公会堂(利町)五四三敷島館五五八大正初期の凧揚げ風景(
和地山練兵場)五六六死の塔(浜松市篠ヶ瀬町松本長十郎...
第四章 市制の施行と進む近代化 第四節 交通の発達 第五項 国鉄二俣線の開通 二俣線と都田駅
浜松地方と三河を結ぶ鉄道案
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
は、建設費三百四十六万円余、浜松からは宮本甚七・中村藤吉・鈴木幸作・伊藤要蔵らが
計画し、二年九月には浜松市公会堂で創立総会まで開かれたが、不況のため五年十月解散
となり実現しなかった。また、大正十五年には浜松から雄...
第四章 市制の施行と進む近代化 第六節 市民生活の向上 第二項 文化施設 図書館
市立浜松図書館 夜間開館 展覧会
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
館であったのを新市域に合併のさい、市立として受けついだものであった。浜松市立図書
館(紺屋町所在当時)浜松市公会堂(利町)
第五章 太平洋戦争と浜松 第一節 戦時体制下の浜松 第一項 翼賛体制下の市政 翼賛市政と隣組
新体制
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
月に結成、まもなく浜松支部も発会式をあげた。そして翌十六年は市制三十周年であった
(七月一日記念式典を浜松市公会堂で開催)。
第二章 復興への努力と民主主義 第一節 政治・行政 第一項 戦災と復興、藤岡市政の展開 行政機関の復興
[行政機関の復興]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
で鴨江町の中部配電から援護課、厚生課衛生係、社会係が、また、栄町の浜松銀行集会所
から教育課が、利町の浜松市公会堂から経済課等が移転、さらに翌年一月十六日には税務
課と会計課が新庁舎で業務を開始して、市役所の機能は次...
第二章 復興への努力と民主主義 第一節 政治・行政 第三項 坂田市政の展開 町村合併
五島・新津・河輪三村の浜松市合併
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
る構想を持っていたようだ。こうして五島・新津・河輪三村の合併は昭和二十六年三月二
十三日に行われ、同日浜松市公会堂で合併祝賀式が挙行された。三村でも前日、前々日に
同様な式典が開催された。 【笠井町の誕生】...
第二章 復興への努力と民主主義 第一節 政治・行政 第三項 坂田市政の展開 競馬場と競輪場
[競馬場と競輪場]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
二つの候補地が出たことに懸念を抱いた人たちはこの際、誘致運動を一本化しようと昭和
二十三年十二月十日に浜松市公会堂に集まり、協議の結果大井川以西の各市町村に協力を
要請し、一丸となって知事や県の委員会に陳情することに...
第二章 復興への努力と民主主義 第一節 政治・行政 第三項 坂田市政の展開 引揚者と復員者への援護
[引揚者と復員者への援護]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
和二十五年三月二十五日には引揚げ援護愛の運動浜松市協議会の主催により在外同胞引揚
げ促進西部県民大会が浜松市公会堂で開催された。この大会には静岡以西二市五郡の八百
五十名の未帰還者の家族が集まって、「ソ連並に中共地区...
第二章 復興への努力と民主主義 第三節 教育 第二項 新学制(六・三・三・四制)の発足 四 静岡大学 静岡大学工学部
[静岡大学工学部]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
松市に初めて国立の大学が設置されたことは画期的なことで、市民の喜びは大きく、昭和
二十四年十一月三日に浜松市公会堂において浜松工専と静岡二師の大学昇格を祝う大学昇
格祝賀会が開かれた。工学部の学内が開放され、テレビジ...
第二章 復興への努力と民主主義 第六節 交通・通信 第一項 東海道本線と浜松駅 二 駅舎の完成と電化 沼津─浜松間国鉄電化促進運動
[沼津─浜松間国鉄電化促進運動]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
した。なお、昭和二十二年には大井川以西の町村議会により電化促進決議が行われるとと
もに、同年九月八日に浜松市公会堂において、沼津─浜松間国鉄電化促進西部県民大会が
開催された。この結果、昭和二十三年二月、沼津─浜松間...
第二章 復興への努力と民主主義 第七節 社会 第一項 敗戦後の市民生活 二 連合国軍の進駐と浜松市民 占領下の市街と生活
[占領下の市街と生活]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
。続けて、二十六年三月に浜松市役所・浜松商工会議所・静岡県西遠地方事務所・静岡県
新聞協会西部支部は、浜松市公会堂大ホールでアメリカ事情講演会を開いた。講師にはGH
Q(連合国軍最高司令官総司令部)関東民事部報道部長...
第二章 復興への努力と民主主義 第七節 社会 第五項 子どもの世界 浜松こども博覧会と浜松市動物園
[浜松こども博覧会と浜松市動物園]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
人を乗せた貸切の親子列車が運転されるほどであった。また、浜松市の要請でNHKの人気
番組「二十の扉」が浜松市公会堂で開催され、全国中継された。このように市当局はもち
ろん、教育界や婦人連盟、国鉄などの協力により入場人...
第二章 復興への努力と民主主義 第九節 文学・文化 第六項 音楽と舞踊 荘良江のピアノリサイタル
[荘良江のピアノリサイタル]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
会で、観客に多大な感銘を与えたとして四家の祝福の言葉が紹介されている。荘良江門下
生のピアノ演奏会は、浜松市公会堂を会場に毎年開かれ、長年にわたって続けられた。な
お、国際的なメゾソプラノ歌手荘智世恵は良江の妹である...
第二章 復興への努力と民主主義 第九節 文学・文化 第七項 映画・演劇・ラジオ 高校演劇コンクール
[高校演劇コンクール]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
一回コンクールはこの組織の手で一切が運ばれた(浜松ユネスコ協力会と毎日新聞社が後
援)。六月二十五日、浜松市公会堂で開催され、浜松工業・掛川東・浜松北・掛川西・磐
田北・浜松西の六高校が参加した。審査の結果、浜松北高...
第二章 復興への努力と民主主義 第九節 文学・文化 第七項 映画・演劇・ラジオ アマチュア劇団
[アマチュア劇団]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
台に進出したのは、二十五年八月(日は不明)で、「夜の春雷」(間宮研二作)と「あこ
がれ」(槍双六作)を浜松市公会堂において公演し好評を得た。共に村越の演出であった
。しかし、当時の活動の中心は放送劇で、舞台での公演が...